[PR]

日別キーワード

第30位  クラリネット - 2018年12月05日


関連するイメージは見つかりませんでした



クラリネット
クラリネットは管楽器の一種で、1枚の簧(リード)を振動源として音を出す単簧(シングル・リード)の木管楽器である。 クラリネットは、ドイツ・ニュルンベルクのデンナー(Johann Christoph Denner 1655-1707)が、1700年頃にシャリュモー(仏:chalumeau)を改造して製作したのが始まりとされる。シャリュモーはフランスの古楽器で、シングルリードの円筒形木管楽器であり、18世紀の後半頃までオーケストラに使用されていたといわれているが、現存する楽器は作者不詳のものが多く、関連資料もわずかしか残っていないため、製作年代はよくわかっていない。 パンフルートと同様に閉管構造の楽器で、全長のほとんどを占める管体の太さは、ほぼ一定である。閉管なので、同じ長さの開管楽器よりも、最低音が1オクターヴ低い。偶数倍音が殆ど発生しないため、音波の波形は矩形に近く、独特の音色を持っている。 本体は大きく4つに分割することができ、吹口の側からマウスピース、バレル、管体、ベルと呼ぶ。 (Wikipedia:クラリネット)

クラリネットソナタ第1番 (ブラームス)
『クラリネットソナタ (ブラームス)』より : 2つのクラリネットソナタ(第1番ヘ短調、第2番変ホ長調)作品120 はヨハネス・ブラームスによって1894年に作曲された室内楽曲。のちに作曲者自身によってヴィオラ用に編曲され、今日では、クラリネット版、ヴィオラ版ともによく演奏される。なお、作曲者自身の編曲によるヴァイオリン版も存在する。 作曲の経緯 晩年にいたり、ブラームスは創作意欲の衰えにより一度は作曲活動を中断するが、1891年に知り会った名クラリネット奏者リヒャルト・ミュールフェルトの演奏により再び創作意欲を取り戻し、クラリネット三重奏曲op.114(1891年)、クラリネット五重奏曲op.115(1894年)、さらにこのクラリネットソナタop.120と、クラリネット作品を立て続けに作曲した。 (Wikipedia:クラリネットソナタ第1番 (ブラームス))

クラリネットソナタ第2番 (ブラームス)
『クラリネットソナタ (ブラームス)』より : 2つのクラリネットソナタ(第1番ヘ短調、第2番変ホ長調)作品120 はヨハネス・ブラームスによって1894年に作曲された室内楽曲。のちに作曲者自身によってヴィオラ用に編曲され、今日では、クラリネット版、ヴィオラ版ともによく演奏される。なお、作曲者自身の編曲によるヴァイオリン版も存在する。 作曲の経緯 晩年にいたり、ブラームスは創作意欲の衰えにより一度は作曲活動を中断するが、1891年に知り会った名クラリネット奏者リヒャルト・ミュールフェルトの演奏により再び創作意欲を取り戻し、クラリネット三重奏曲op.114(1891年)、クラリネット五重奏曲op.115(1894年)、さらにこのクラリネットソナタop.120と、クラリネット作品を立て続けに作曲した。 (Wikipedia:クラリネットソナタ第2番 (ブラームス))

クラリネットソナタ (ブラームス)
2つのクラリネットソナタ(第1番ヘ短調、第2番変ホ長調)作品120 はヨハネス・ブラームスによって1894年に作曲された室内楽曲。のちに作曲者自身によってヴィオラ用に編曲され、今日では、クラリネット版、ヴィオラ版ともによく演奏される。なお、作曲者自身の編曲によるヴァイオリン版も存在する。 作曲の経緯 晩年にいたり、ブラームスは創作意欲の衰えにより一度は作曲活動を中断するが、1891年に知り会った名クラリネット奏者リヒャルト・ミュールフェルトの演奏により再び創作意欲を取り戻し、クラリネット三重奏曲op.114(1891年)、クラリネット五重奏曲op.115(1894年)、さらにこのクラリネットソナタop.120と、クラリネット作品を立て続けに作曲した。 (Wikipedia:クラリネットソナタ (ブラームス))

クラリネット五重奏曲
『クラリネット五重奏』より : クラリネット五重奏(クラリネットごじゅうそう)は、主にクラシック音楽で行われる合奏形態で、一般にクラリネット1本と弦楽四重奏から成るものを指す。また、クラリネット5本によるものもこう呼ばれるが、前者に比べると作品数は少ない。以下、前者の編成について記述する。 クラリネット五重奏という形態は少なくともモーツァルトまでさかのぼる。1789年に作曲された「クラリネット五重奏曲 イ長調 K. 581」は後の作曲家を刺激し、同種の作品を少なからず誕生させることとなった。ブラームスもその1人であり、彼の室内楽曲の代表作でもある「クラリネット五重奏曲 ロ短調」は、クラリネット奏者リヒャルト・ミュールフェルトによるモーツァルトの五重奏曲の演奏に接したことがきっかけで生まれたものである。 20世紀以降もそれなりに書かれているが、ピアニストに比べてクラリネット奏者が弦楽四重奏と共演する機会は少ないため、新作が発表されても再演が行われにくく、普及の面でハンディを負っている。 (Wikipedia:クラリネット五重奏曲)

クラリネット五重奏
クラリネット五重奏(クラリネットごじゅうそう)は、主にクラシック音楽で行われる合奏形態で、一般にクラリネット1本と弦楽四重奏から成るものを指す。また、クラリネット5本によるものもこう呼ばれるが、前者に比べると作品数は少ない。以下、前者の編成について記述する。 クラリネット五重奏という形態は少なくともモーツァルトまでさかのぼる。1789年に作曲された「クラリネット五重奏曲 イ長調 K. 581」は後の作曲家を刺激し、同種の作品を少なからず誕生させることとなった。ブラームスもその1人であり、彼の室内楽曲の代表作でもある「クラリネット五重奏曲 ロ短調」は、クラリネット奏者リヒャルト・ミュールフェルトによるモーツァルトの五重奏曲の演奏に接したことがきっかけで生まれたものである。 20世紀以降もそれなりに書かれているが、ピアニストに比べてクラリネット奏者が弦楽四重奏と共演する機会は少ないため、新作が発表されても再演が行われにくく、普及の面でハンディを負っている。 (Wikipedia:クラリネット五重奏)

クラリネット五重奏曲 (モーツァルト)
クラリネット五重奏曲 イ長調 K.581は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが 1789年9月29日に作曲したクラリネットと弦楽四重奏のための室内楽曲。友人アントン・シュタードラーのために作曲され、「シュタードラー五重奏」と呼ばれることもある。同年12月22日にブルク劇場でシュタードラーのクラリネットにより初演された。クラリネット協奏曲K.622と同様に、本来はシュタードラーが用いていた"Bass-klarinet"(現在のバセットクラリネット)のために作曲されたものである。現在一般に用いられる版は1802年に通常のクラリネット用に編曲されたもので、自筆譜は協奏曲同様に現在紛失している。 クラリネットは当時はまだ目新しく、ようやくオーケストラの仲間入りをし始めた楽器であった。しかしモーツァルトは当時の楽器のもつ可能性を利用し尽くし、クラリネット音楽の発展に対して重要な模範を提示した。この作品においても、広い音域や歌謡的能力を活用する優れた書法を見ることができる。 ブラームスはこのクラリネット五重奏曲に大いに関心を示し、彼自身クラリネット五重奏曲Op.115を作曲した。 (Wikipedia:クラリネット五重奏曲 (モーツァルト))

クラリネット協奏曲 (モーツァルト)
クラリネット協奏曲イ長調K.622は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトによって、1791年に作曲されたクラリネットと管弦楽のための協奏曲である。2006年英国クラシックFMのモーツァルトの人気曲第1位になった。 モーツァルトが協奏曲のジャンルで残した最後の作品であり、クラリネットのための唯一の協奏曲。自筆譜は消失しているが、モーツァルトによる作品目録への書き込みから、1791年9月28日から11月15日の間に親しい友人でフリーメイソンの一員でもあったアントン・シュタードラーのために作曲されたことが分かっている。 シュタードラーは当時ウィーン宮廷楽団に仕えていたクラリネットとバセットホルンの名手で、この曲とクラリネット五重奏曲K.581は彼に刺激されてモーツァルトが筆を執ったのであった。なお、カール・マリア・フォン・ウェーバーやヨハネス・ブラームスのクラリネット作品も、同様に特定の奏者に触発されて作曲されている。 この作品の第1楽章は、1787年に同じくシュタードラーのために作曲されたとされるG管バセットホルンのための協奏曲(ケッヘル第6版で621b、199小節まで現存)に手直しを加えたものである。 (Wikipedia:クラリネット協奏曲 (モーツァルト))

クラリネットソナタ
クラリネットソナタとは、クラリネットのためのソナタである。クラリネットとピアノの二重奏の演奏形態が多い。ブラームスの作品が特に有名で、フランスの作曲家によるものがそれに続く。
カール・マリア・フォン・ウェーバー
クラリネットソナタ Op.48
フェリックス・メンデルスゾーン
クラリネットソナタ 変ホ長調
ヨハネス・ブラームス
クラリネットソナタ (ブラームス) クラリネットソナタ op.120-1,2
カミーユ・サン=サーンス
クラリネットソナタ (サン=サーンス) クラリネットソナタ 変ホ長調 Op.167
アルテュール・オネゲル
クラリネットとピアノのためのソナチネ
ダリウス・ミヨー
クラリネットとピアノのためのソナチネ
フランシス・プーランク
クラリネットソナタ
(Wikipedia:クラリネットソナタ)

クラリネット協奏曲
クラリネット協奏曲は、クラリネットを独奏楽器とする協奏曲。モーツァルトは本来バセットホルンのために書いたので、ここではバセットクラリネットも含めて作品名を挙げる。 主な作曲家と作品 モルター - 6曲 J.シュターミッツ - 1曲 C.シュターミッツ - 11曲、2本のクラリネットのための協奏曲(1曲) クロンマー - 1曲、2本のクラリネットのための協奏曲(2曲) モーツァルト - 1曲(イ長調) クルーセル - 3曲 シュポーア - 4曲 ウェーバー - 2曲(第1番、第2番)、小協奏曲 メンデルスゾーン - クラリネットとバセットホルンのためのコンツェルトシュテュック(2曲) スタンフォード - 1曲 ドビュッシー - 第1狂詩曲 ニールセン - 1曲 フィンジ - 1曲 コープランド - 1曲 フランセ - 1曲 ストラヴィンスキー - エボニー協奏曲 ヒンデミット - 1曲 アーノルド - 2曲 E・カーター - 1曲 ルトスワフスキ - 1曲(協奏曲とは冠していないが管弦楽伴奏の「舞踏前奏曲」) コリリアーノ - 1曲 武満徹 - 1曲(「ファンタズマ/カントス」) 北爪道夫 - 1曲 ラッヘンマン - 1曲(「アカント」) 西村朗 - 1曲(「カヴィラ(天界の鳥)」)。 (Wikipedia:クラリネット協奏曲)


クラリネット - 関連ブログ

データが取得できませんでした

クラリネット - アマゾン検索


「クラリネット」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す