[PR]

日別キーワード

第52位  三菱重工 - 2018年12月05日


関連するイメージは見つかりませんでした



三菱重工
『三菱重工業』より : 三菱重工業株式会社(みつびしじゅうこうぎょう、英: Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.)は、三菱金曜会及び三菱広報委員会に属する日本の企業。 日本最大の機械メーカーであり、三菱東京UFJ銀行・三菱商事と並ぶ三菱グループ御三家の一角。その製品数は700を超え、「機械のデパート」とも呼ばれる。主力製品は、船舶・エネルギー関連機器・産業機械・航空機・ロケットエンジンなど。また、鉄道車両(リニア・電気機関車・懸垂型モノレール・新交通システム・LRVなど)の製造、さらにエアコンや事業所向け大型冷凍機、産業向け工作機械、ターボチャージャー、ETCシステムの製造でも知られ、過去には「シルバーピジョン」というスクーターも製造していた。 なお、エアコン・ETCシステム・加湿器は三菱グループ内で三菱電機と競合している(単に「三菱パッケージエアコン」「三菱ルームエアコン」といった場合、通常は三菱電機の製品を指す)。 (Wikipedia:三菱重工)

三菱重工業
三菱重工業株式会社(みつびしじゅうこうぎょう、英: Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.)は、三菱金曜会及び三菱広報委員会に属する日本の企業。 日本最大の機械メーカーであり、三菱東京UFJ銀行・三菱商事と並ぶ三菱グループ御三家の一角。その製品数は700を超え、「機械のデパート」とも呼ばれる。主力製品は、船舶・エネルギー関連機器・産業機械・航空機・ロケットエンジンなど。また、鉄道車両(リニア・電気機関車・懸垂型モノレール・新交通システム・LRVなど)の製造、さらにエアコンや事業所向け大型冷凍機、産業向け工作機械、ターボチャージャー、ETCシステムの製造でも知られ、過去には「シルバーピジョン」というスクーターも製造していた。 なお、エアコン・ETCシステム・加湿器は三菱グループ内で三菱電機と競合している(単に「三菱パッケージエアコン」「三菱ルームエアコン」といった場合、通常は三菱電機の製品を指す)。 (Wikipedia:三菱重工業)

三菱重工長崎硬式野球部
三菱重工長崎硬式野球部(みつびしじゅうこうながさきこうしきやきゅうぶ)は、長崎県長崎市に本拠地を置き、日本野球連盟に所属する社会人野球チームである。。 三菱重工業が母体の野球部5チームのうち、1917年創部の長崎が一番長い歴史を有する。 1991年と1999年には都市対抗野球で準優勝、2001年には社会人野球日本選手権大会で優勝しており、九州の社会人野球チームでは強豪のひとつとして位置づけられていたが、近年は数年にわたって都市対抗野球・日本選手権への出場を逃し、低迷が続いている。 1917年創部。九州社会人野球界は新日鐵八幡と門司鉄道局(現・JR九州)が長年強豪チームとして君臨しており、さらに電電九州などの台頭もあった。本格的なチーム補強が実り、念願の都市対抗野球初出場を果たすのは1975年である。 1991年の都市対抗では小島啓民・林修治・牧瀬寅男らが活躍し快進撃したが、決勝で東芝に敗れ準優勝に終わった(チームは小野賞、小島が久慈賞)。 (Wikipedia:三菱重工長崎硬式野球部)

三菱重工横浜硬式野球部
ページ名 三菱重工横浜硬式野球部
チーム名(通称) 三菱横浜、重工横浜、三菱重工横浜
加盟区分 企業チーム
創部 1971年
チーム名の遍歴 三菱重工横浜硬式野球部(1971年~2001年)
→三菱重工横浜硬式野球クラブ(2001年~2008年)
→三菱重工横浜硬式野球部(2008年~)
本拠地自治体 神奈川県横浜市
練習グラウンド 三菱金沢グラウンド(横浜市金沢区)
チームカラー
監督 松下安男
都市対抗出場回数 3回
都市対抗最近の出場 2009年
都市対抗最高成績 8強1回
日本選手権出場回数 3回
日本選手権最近の出場 2009年
日本選手権最高成績 4強
クラブ選手権出場回数 ※出場資格なし
(Wikipedia:三菱重工横浜硬式野球部)

三菱重工業サッカー部
三菱重工業サッカー部(みつびしじゅうこうぎょうサッカーぶ)は、かつて存在した日本のサッカークラブ。中日本重工業のサッカー部として創部した。呼称は三菱。日本プロサッカーリーグに加盟する浦和レッドダイヤモンズの前身となったクラブである。 これとは別に女子チームの三菱重工業女子サッカー部も存在していた。 創部は1950年だが、三菱重工は当時GHQの指令に従って、東日本重工業・中日本重工業・西日本重工業の3社に分割されており、そのうちの「中日本重工業サッカー部」としての創部である。当初は同好会であったが1952年に社名変更に伴い「新三菱重工業神戸サッカー部」となった。当時のチームの中心選手は岡野良定で 、やがて岡野が選手兼任監督となり、生駒友彦、井上健、村田忠男ら関西学院大学体育会サッカー部出身者が次々と加入し強化が進んだ。1956年の全国都市対抗選手権では、当時95連勝と無敵を誇っていた田辺製薬を関西予選で下し、本大会でも快進撃。決勝では長沼健を中心とし岡野俊一郎らを補強した東京キッカーズに延長で敗れたが準優勝し、全国リーグ創設前の強豪クラブの一つとしての地位を確保した。 (Wikipedia:三菱重工業サッカー部)

三菱重工名古屋硬式野球部
三菱重工名古屋硬式野球部(みつびしじゅうこうなごやこうしきやきゅうぶ)は、愛知県名古屋市に本拠地を置き、日本野球連盟に所属する社会人野球チームである(練習グラウンドは愛知県大府市に所在し、三菱自動車岡崎と同じ三菱大府グランドである)。母体は三菱重工業。 1953年に創部し、全国大会の出場も豊富であるが、1993年に三菱自動車岡崎が分離独立するなど、列強が居並ぶ東海地区で苦戦が続くようになり、15年間にわたり都市対抗野球の出場を逃す時期もあった。2003年には同大会で42年ぶりの8強入り、2007年の日本選手権では準優勝を果たした。 設立・沿革 1953年 「新三菱重工名古屋」として創部 1957年 都市対抗野球大会初出場(2回戦敗退) 1964年 本社再編に伴い「三菱名古屋」にチーム名を改称 1980年 日本選手権大会初出場(初戦敗退) 1993年 自動車製造の岡崎工場で三菱自動車岡崎が分離独立、チーム名を「三菱重工名古屋」に改称 練習場 三菱大府グランド愛知県大府市横根町蓑手107-121大府グランドでの練習は三菱重工名古屋は午後から、三菱自動車岡崎が午前中という場合が多い。 (Wikipedia:三菱重工名古屋硬式野球部)

三菱重工神戸硬式野球部
三菱重工神戸・高砂硬式野球部(みつびしじゅうこうこうべたかさごこうしきやきゅうぶ)は、兵庫県神戸市と高砂市に本拠地を置き、日本野球連盟に所属する社会人野球チームである(練習グラウンドは兵庫県明石市に所在する)。母体は三菱重工業。神戸地区(三菱重工業)と高砂地区(三菱重工業・三菱日立パワーシステムズ)を拠点としている。 三菱重工業が母体の野球部5チームのうち、1917年創部の長崎に次いで2番目に古い。都市対抗野球では1970年に決勝に進出し、左腕・安田猛を擁する大昭和製紙と延長14回の死闘を繰り広げ、再試合で敗れた。 設立・沿革 1918年 「三菱造船神戸」として創部 1934年 本社改称に伴い「三菱重工神戸」に改称 1950年 本社改称に伴い「中日本重工業神戸」に改称 1952年 本社改称に伴い「新三菱重工神戸」に改称 1962年 都市対抗野球大会初出場(初戦敗退) 1964年 本社改称に伴い「三菱重工神戸」に改称 1974年 社会人野球日本選手権大会初出場(第1回大会;8強) 1997年 社会人野球日本選手権大会初優勝 2015年 チーム名を「三菱重工神戸・高砂」に改称、都市対抗野球大会では神戸市・高砂市の両市代表となる 練習場 三菱二見グラウンド 兵庫県明石市二見町南二見1番地 主要大会の出場歴・最高成績 都市対抗野球大会 出場31回、準優勝1回(1970年) 日本選手権大会 出場21回、優勝1回(1997年) JABA日立市長杯争奪大会 優勝1回(2013年) JABA静岡大会 優勝2回(1992、2003年) JABA高砂市長杯争奪大会 優勝1回(1980年) 主な出身プロ野球選手 阪田隆外野手(1970年南海ドラフト5位) 香川正人投手(1977年近鉄ドラフト5位) 栗田聡投手(1986年広島ドラフト1位) 五十嵐英樹投手(1992年横浜ドラフト3位) 後藤利幸投手(1994年ロッテドラフト5位) 小田幸平捕手(1997年巨人ドラフト4位→中日) 西川雅人投手(2008年オリックス5位。 (Wikipedia:三菱重工神戸硬式野球部)

三菱重工広島硬式野球部
三菱重工広島硬式野球部(みつびしじゅうこうひろしまこうしきやきゅうぶ)は、広島県広島市に本拠地を置き、日本野球連盟に所属する社会人野球チームである。 戦後間もない1946年に創部、第1回の社会人野球日本選手権大会で4強入り、1979年には初出場した第50回都市対抗野球大会で優勝した。2004年、三菱重工業本社の方針により正式な運動部からクラブへの降格が言い渡されたが、チームはこれをバネに奮起し、翌年、9年ぶりに第74回都市対抗野球大会への出場を決めた。その後2008年9月、クラブ登録から企業登録へ変更された。 設立・沿革 1946年 「三菱重工広島」として創部 1950年 本社改称に伴い「中日本重工業広島」に改称 1952年 本社改称に伴い「新三菱重工広島」に改称 1964年 本社改称に伴い「三菱重工広島」に改称 1974年 日本選手権初出場(4強) 1979年 都市対抗野球初出場、初優勝 2004年 企業チーム登録からクラブチーム登録に変更(チーム名称変更は行われず) 2008年 クラブチーム登録から企業チーム登録に復帰 練習場 三菱広島グラウンド広島県広島市西区観音新町4-6-22 主要大会の出場歴・最高成績 都市対抗野球 出場14回、優勝1回(1979年) 日本選手権 出場15回、4強2回(1974,2013年) JABA岡山大会 優勝2回(1978,2014年) JABA九州大会 優勝1回(1974年) JABA広島大会 優勝9回(1973,75,78,84-86,88,95,96年) 主な出身プロ野球選手 高木真一投手(1977年広島東洋カープドラフト6位) 礒部公一捕手(1996年近鉄バファローズドラフト3位→東北楽天ゴールデンイーグルス。 (Wikipedia:三菱重工広島硬式野球部)

三菱重工横浜硬式野球クラブ
三菱日立パワーシステムズ横浜硬式野球部(みつびしひたちパワーシステムズよこはまこうしきやきゅうぶ)は、神奈川県横浜市に本拠地を置き、日本野球連盟に所属する社会人野球チームである。母体は三菱日立パワーシステムズ。 1971年に「三菱重工横浜」として創部。2001年に三菱重工業本社のスポーツ支援体制見直しに伴いクラブチーム化したが、2004年・2005年都市対抗野球神奈川県2次予選で新日本石油ENEOSの本大会出場を2年連続で阻むなど、その後も企業チームと匹敵する力を維持し同県強豪の一角を担う。廃部の危機を2006年に乗り越え、2007年には14年ぶり2度目・クラブチーム化後初の日本選手権出場を果たした。 2008年7月、都市対抗野球予選で敗退後、企業チームへの再登録を果たした。2009年の第80回都市対抗野球大会予選では、第1代表決定戦で引き分け再試合を経ての激戦を制し、13年ぶりの本戦出場を決めた。 2014年2月、三菱重工業と日立製作所の火力発電システム事業統合により誕生した三菱日立パワーシステムズの野球部として名称変更を日本野球連盟に届け出た。 (Wikipedia:三菱重工横浜硬式野球クラブ)

三菱重工プラント建設
社名 三菱重工プラント建設株式会社
英文社名 MHI Plant Construction Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 横浜市西区みなとみらい三丁目3番1号
設立 1969年(昭和44年)12月15日
業種 特定建設業
事業内容 機械器具設置工事,土木工事,建築工事,電気工事 他
代表者 貴島 昭(取締役社長)
資本金 3億円
売上高 194億(2007年)
従業員数 512名(2007年4月1日現在)
三菱重工プラント建設株式会社(みつびしじゅうこうプラントけんせつ,”MHI Plant Construction Co., Ltd.”)は日本の企業。
三菱重工業100%出資の子会社。プラント機器の据付工事が主な事業。
当初は三菱重工業広島製作所で製作されていた発電用ボイラー・タービン(長崎造船所、横浜製作所に移管済み)、製鉄機械(三菱日立製鉄機械に三菱重工業から移管済み)などの据付工事を行っていたが、その後他事業所(長崎造船所、高砂製作所、横浜製作所)で製作されるプラント機器の据付工事も行っている。
(Wikipedia:三菱重工プラント建設)

三菱重工相模原ダイナボアーズ
原語表記=三菱重工相模原ダイナボアーズ
愛称=ダイナボアーズ
カラー=緑
創設=1981
リーグ=トップイースト11
代表=
監督=相良南海夫
HP=http://www.mhi.co.jp/gsh/dynaboars/
三菱重工業 三菱重工相模原ダイナボアーズは、神奈川県相模原市に本拠地を置くラグビーチーム。外国人選手以外はすべて三菱重工社員で構成されている。
1981年に発足。6年後には関東社会人リーグ2部優勝。1988年に1部に昇格。その後は関東社会人1部で活躍も同率優勝が3度あったが、2001年のチャレンジリーグ(秩父宮ラグビー場 秩父宮)で釜石シーウェイブス 新日鉄釜石を破り、悲願の東日本社会人リーグに昇格するも、全敗。
2006年度のトップイースト11で優勝を果たす。チャレンジマッチでは九州電力キューデンヴォルテクスに敗れたものの、近鉄ライナーズに32-31の僅差で勝利。神奈川県のチームとしては初となるジャパンラグビートップリーグ トップリーグ昇格を果たす。
(Wikipedia:三菱重工相模原ダイナボアーズ)

三菱重工爆破事件
三菱重工爆破事件(みつびしじゅうこうばくはじけん)は、1974年8月30日に日本の東京都千代田区丸の内で発生した、東アジア反日武装戦線「狼」による無差別爆弾テロ事件で、連続企業爆破事件の一つである。東アジア反日武装戦線の呼称はダイヤモンド作戦。虹作戦で使用する予定であった爆弾を流用した。 事件の背景 東アジア反日武装戦線は第二次世界大戦以前の日本を完全な悪と捉えており、太平洋戦争を侵略戦争として憎んでいた。戦前・戦中に日本の重工業を支え、戦後も日本を代表する重工メーカーであり、防衛産業を手掛け、海外進出を行っていた三菱重工業は現在においても「帝国主義」であると断定。グループの政治思想に基づき「経済的にアジアを侵略している」として無差別爆破テロに至った。 東アジア反日武装戦線は、1974年8月14日決行予定だった昭和天皇暗殺作戦「虹作戦」に失敗していた。しかし、翌8月15日に在日韓国人で朝鮮総連系団体活動家の文世光が朴正煕大統領暗殺を企てた文世光事件を起こした。彼らは虹作戦を断念したことを不甲斐なく感じ、文世光の闘争に呼応するため新たな爆弾テロを進めた。 (Wikipedia:三菱重工爆破事件)

三菱重工ビル爆破事件
『三菱重工爆破事件』より : 三菱重工爆破事件(みつびしじゅうこうばくはじけん)は、1974年8月30日に日本の東京都千代田区丸の内で発生した、東アジア反日武装戦線「狼」による無差別爆弾テロ事件で、連続企業爆破事件の一つである。東アジア反日武装戦線の呼称はダイヤモンド作戦。虹作戦で使用する予定であった爆弾を流用した。 事件の背景 東アジア反日武装戦線は第二次世界大戦以前の日本を完全な悪と捉えており、太平洋戦争を侵略戦争として憎んでいた。戦前・戦中に日本の重工業を支え、戦後も日本を代表する重工メーカーであり、防衛産業を手掛け、海外進出を行っていた三菱重工業は現在においても「帝国主義」であると断定。グループの政治思想に基づき「経済的にアジアを侵略している」として無差別爆破テロに至った。 東アジア反日武装戦線は、1974年8月14日決行予定だった昭和天皇暗殺作戦「虹作戦」に失敗していた。しかし、翌8月15日に在日韓国人で朝鮮総連系団体活動家の文世光が朴正煕大統領暗殺を企てた文世光事件を起こした。彼らは虹作戦を断念したことを不甲斐なく感じ、文世光の闘争に呼応するため新たな爆弾テロを進めた。 (Wikipedia:三菱重工ビル爆破事件)

三菱重工長崎サッカー部
三菱重工長崎サッカー部(みつびしじゅうこうながさきさっかーぶ)は、長崎県長崎市を本拠地とするサッカーの実業団チームである。三菱重工長崎SCとも。 1947年に発足。 1982年に九州サッカーリーグがそれまでの8チームから10チーム体制に拡大した際に同リーグに参入、初年度は7位。翌年の1983年には3位と躍進したが、それ以外は1990年に再び3位となった以外は、3度の5位を除き下位に低迷。 1993年シーズンには最下位となり長崎県リーグに降格するが、1年で九州サッカーリーグに復帰した。 1995年の復帰後も最高で6位が2回、それ以外は下から数えた方が速い順位に低迷しているが、時として優勝を狙うチームを倒す「ジャイアントキラー」ぶりを発揮する事がある。 V・ファーレン長崎の九州サッカーリーグ昇格以降は、V・ファーレンが将来のJリーグ参入を表明し、さらに日本フットボールリーグに昇格したため、後塵を拝する形となっている。 (Wikipedia:三菱重工長崎サッカー部)

三菱重工長崎 (サッカー)
『三菱重工長崎サッカー部』より : 三菱重工長崎サッカー部(みつびしじゅうこうながさきさっかーぶ)は、長崎県長崎市を本拠地とするサッカーの実業団チームである。三菱重工長崎SCとも。 1947年に発足。 1982年に九州サッカーリーグがそれまでの8チームから10チーム体制に拡大した際に同リーグに参入、初年度は7位。翌年の1983年には3位と躍進したが、それ以外は1990年に再び3位となった以外は、3度の5位を除き下位に低迷。 1993年シーズンには最下位となり長崎県リーグに降格するが、1年で九州サッカーリーグに復帰した。 1995年の復帰後も最高で6位が2回、それ以外は下から数えた方が速い順位に低迷しているが、時として優勝を狙うチームを倒す「ジャイアントキラー」ぶりを発揮する事がある。 V・ファーレン長崎の九州サッカーリーグ昇格以降は、V・ファーレンが将来のJリーグ参入を表明し、さらに日本フットボールリーグに昇格したため、後塵を拝する形となっている。 (Wikipedia:三菱重工長崎 (サッカー))

三菱重工相模原
『』より : (Wikipedia:三菱重工相模原)

三菱重工プラント
『』より : (Wikipedia:三菱重工プラント)


三菱重工 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

三菱重工 - アマゾン検索


「三菱重工」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す