[PR]

日別キーワード

第60位  赤穂浪士 - 2018年12月05日


関連するイメージは見つかりませんでした



赤穂浪士
本項目では、赤穂浪士(あこうろうし)をはじめとした、赤穂事件に関連する人物に関して記載する。 赤穂浪士 赤穂浪士(あこうろうし)は、元禄15年12月14日(1703年1月30日)深夜に旧主浅野長矩の仇である高家吉良義央の屋敷に討ち入り、吉良義央および家人を殺害した(赤穂事件)元赤穂藩士大石良雄以下47人の武士である。 かつては赤穂の牢人(浪人)といわれることが多かったが、明治の中期から赤穂義士(あこうぎし)と呼ばれ、忠孝の教えの観点から戦前は全国的にも赤穂義士の名称が一般的だった。明治以降壬生浪士の影響から浪人を浪士と称することもある。戦後、大佛次郎の小説がテレビドラマ化されてからは、赤穂浪士の方が周知されている。四十七士(しじゅうしちし)ともいう。 四十七士ではなく、四十六士であるという説もある。この問題はすなわち討ち入り後、泉岳寺にある長矩の墓に行くまでに突然姿を消した足軽寺坂信行が、逃亡者であるのか、それとも何らかの理由で同志達の許可を得たうえで離れた者であるのかの問題である。 (Wikipedia:赤穂浪士)

赤穂浪士の討ち入り
『元禄赤穂事件』より : 赤穂事件(あこうじけん)は、18世紀初頭の江戸時代元禄期に起きた事件で、江戸城松之大廊下で、高家旗本の吉良上野介(きらこうずけのすけ)に斬りつけたとして切腹に処せられた播磨赤穂藩藩主の浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)に代わり、家臣の大石内蔵助以下47人が吉良を討ったものである。 この事件は、一般に「忠臣蔵」と呼ばれるが、「忠臣蔵」という名称は、この事件を基にした人形浄瑠璃・歌舞伎の『仮名手本忠臣蔵』の通称、および、この事件を基にした様々な作品群の総称である。これら脚色された創作作品と区別するため、史実として事件を述べる場合は「赤穂事件」と呼ぶ。 なお、浅野が吉良に斬りかかった理由は、史実としては不明である。赤穂事件を扱ったドラマ・映画等では、浅野が、吉良から要求された賄賂を拒否した事で起きた吉良による嫌がらせを原因として描かれ、また主君の浅野に代わり、家臣が、吉良を討った「仇討ち」事件として描かれることが多い。 (Wikipedia:赤穂浪士の討ち入り)

赤穂浪士 (テレビドラマ 1999年)
赤穂浪士(あこうろうし)は、1999年(平成11年)1月2日にテレビ東京系列で放送された12時間超ワイドドラマ(現在の新春ワイド時代劇)である。原作は大佛次郎の同名小説。主演は松方弘樹。全六部。
第一部 「元禄騒乱!刃傷松の廊下」
第二部 「籠城か殉死か!涙の連判状」
第三部 「仇討ちの盟約!赤穂城明け渡し」
第四部 「運命の時・それぞれの別れ」
第五部 「吉良上杉の逆襲 決死の江戸入り」
第六部 「吉良邱討ち入り 本懐遂ぐ」
原作:大佛次郎 「赤穂浪士」
脚本:高田宏治、藤井邦夫、ちゃき克彰
監督:原田雄一、上杉尚祺、牧口雄二、杉村六郎、吉川一義
プロデューサー : 江津兵太、小川治(テレビ東京)、深沢道尚、橋本新一、亀岡正人、矢後義和(東映)
(Wikipedia:赤穂浪士 (テレビドラマ 1999年))

赤穂浪士 (NHK大河ドラマ)
『赤穂浪士』(あこうろうし)は、1964年1月5日 - 12月27日にNHKで放映された2作目の大河ドラマ。 原作は、大衆文学の重鎮である大佛次郎の大作『赤穂浪士』。主役の大石内蔵助に大映の看板俳優で後に国民栄誉賞を受賞する長谷川一夫を担ぎ出し、歌舞伎界や新劇界の大物、歌謡界の人気アイドルまでも起用し、前作『花の生涯』を上回る豪華キャストの競演で話題を集めた。赤穂四十七士たちの討ち入りを決意するまでの苦悩や葛藤、彼らに関わる人々の思惑などを1年間かけてじっくりと描き出す大河ドラマならではのストーリー展開で、その結果視聴率は優に30%を超え、浪士の討入りが放送された回には視聴率53.0%という大河ドラマ史上最高視聴率記録をも打ち立てた。この記録は2010年現在まで未だに破られていない。ただし、この当時は大河ドラマはまだ日曜午後8時からの放送ではなかった(当時、日曜午後8時枠はコメディドラマの『若い季節』であった)。全話の平均視聴率は31.9%で歴代4位(2011年現在)。 大河ドラマの名称は、この『赤穂浪士』放送中に、読売新聞が外国の大河小説に倣って、前作『花の生涯』で井伊直弼、今作『赤穂浪士』で大石内蔵助の生涯を描くことから、「大河ドラマ」と呼称したことに由来する。 (Wikipedia:赤穂浪士 (NHK大河ドラマ))

赤穂浪士 (映画)
『赤穂浪士』(あこうろうし)は、1961年(昭和36年)3月28日公開の日本映画である。東映製作・配給。監督は松田定次、主演は片岡千恵蔵。カラー、東映スコープ、150分。 東映創立10周年記念映画で、東映俳優陣オールスター・キャストで製作された。配収は4億3500万円で、1961年度の邦画配収ランキング第2位となった。 1956年製作の「赤穂浪士 天の巻 地の巻」に続く大佛次郎原作「赤穂浪士」の東映としては二度目の映画化作品である。 スタッフ 製作:大川博 企画:坪井与、辻野公晴、玉木潤一郎、坂巻辰男、中村有隣 原作:大佛次郎 脚本:小国英雄 撮影:川崎新太郎 美術:川島泰三 編集:宮本信太郎 音楽:富永三郎 録音:東城絹児郎 照明:山根秀一 記録:熊田陽光 殺陣:足立怜二郎 色彩考証:和田三造 衣裳考証:甲斐庄楠音 進行主任:渡部健作 監督:松田定次 キャスト 脚注 外部リンク 赤穂浪士 - 日本映画データベース 赤穂浪士 - allcinema 赤穂浪士 - KINENOTE 赤穂浪士 - インターネット・ムービー・データベース(英語)。 (Wikipedia:赤穂浪士 (映画))


赤穂浪士 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

赤穂浪士 - アマゾン検索


「赤穂浪士」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す