[PR]

日別キーワード

第65位  東野圭吾 - 2018年12月05日


関連するイメージは見つかりませんでした



東野圭吾
東野 圭吾(ひがしの けいご、1958年2月4日 - )は、日本の小説家。大阪府大阪市生野区生まれ(本籍は東区玉造・現中央区)。本名同じ。 学生時代 1958年、大阪市生野区に生まれる。当時の街が1999年に刊行された『白夜行』や『浪花少年探偵団』シリーズの舞台となっているなど、作品には自身の体験が幅広く取り入れられている。また、東野という名字は、最初は「とうの」と読んでいたが、圭吾の父親が「ひがしの」と読み方を変えたらしい。以来その地で育ち、大阪市立小路小学校、大阪市立東生野中学校に進学。この頃の体験などを綴った自身のエッセイ『あの頃僕らはアホでした』などによると、成績は「オール3」であり、また読書少年でもなかった。 その後大阪府立阪南高等学校に入学し、2年生になった1974年、偶然手に取った小峰元『アルキメデスは手を汚さない』を読み、推理小説に初めて嵌る。同時に江戸川乱歩賞の存在を知り、さらに松本清張の著作を読み漁るようになり、やがて推理小説を書き始める。 (Wikipedia:東野圭吾)

東野圭吾ミステリーズ
『東野圭吾ミステリーズ』(ひがしのけいごミステリーズ)は、2012年7月5日から9月20日まで毎週木曜日22:00 - 22:54に、フジテレビ系の「木曜劇場」枠で放送されたオムニバス形式のミステリードラマ。全11話。 東野圭吾が発表してきた光文社文庫から刊行された3作の短編集『犯人のいない殺人の夜』『怪しい人びと』『あの頃の誰か』の中から厳選された11作品を原作に、毎週主演が週毎に替わり、シリアス、ホラー、コメディーといった様々なジャンルのストーリーを描くオムニバス形式のミステリー。ナビゲーターを何者かによって殺された編集長・倉敷に扮する中井貴一が担当しており、冒頭と終わり頃に挿入されているナビゲーターパートは、幽霊となった倉敷の視点で、彼がなぜ殺されたのかが明かされる連続性のあるストーリーが展開される。 収録作 ナビゲーションパート 2012年8月10日の正午より、5話までの放送分を約8分の本編として構成された特別編がYouTubeで公開された。 (Wikipedia:東野圭吾ミステリーズ)

東野圭吾ミステリー「悪意」
『』より : (Wikipedia:東野圭吾ミステリー「悪意」)


東野圭吾 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

東野圭吾 - アマゾン検索


「東野圭吾」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す