[PR]

日別キーワード

第79位  釉薬 - 2018年12月05日


関連するイメージは見つかりませんでした



釉薬
釉薬(ゆうやく、うわぐすり、釉、上薬、英語: glaze)とは、陶磁器や琺瑯の表面をおおっているガラス質の部分である。陶磁器などを製作する際、粘土等を成形した器の表面にかける薬品のこと。粘土や灰などを水に懸濁させた液体が用いられる。 陶磁器 粘土でつくった器をそのまま焼いたものは「素焼き」と呼ばれ、表面が粗く、材質の異なる粘土を選ぶ以外には色を選ぶことが出来ない上、水を吸収しやすく用途が限定される。素焼きした陶器の表面に釉薬を釉掛け(くすりがけ、釉薬を付けること)して焼くと、表面をガラス質が覆い、小孔をふさぐために耐水性が増す。 また、ガラス質特有の光沢を得ることができ、様々な色や模様も得られる。これは、釉薬の中の長石が焼成時に溶け出してガラス質を形成し、金属成分が熱による化学変化を起こして色を付けるためである。 昔の釉薬は、粘土を水で溶いたものに木灰・藁灰を加えたもので、灰や粘土の中に含まれる金属成分によって色が付いていた。しかし、この方法では、望む色が付かなかったり、色むらができたりしてしまっていたため、現在では、あらかじめ金属成分を溶かしいれ、絵具のように用い素焼きの陶磁器に模様を付ける(絵付けと呼ばれる)。 (Wikipedia:釉薬)

釉薬瓦
釉薬瓦(ゆうやくがわら)とは、表面を釉薬で化粧した粘土瓦のことで、日本工業規格(JIS)の製法区分上の名称として定められる。古くは瑠璃瓦(るりがわら)と呼ばれていた。陶磁器の焼成区分上は「陶器」に当たるところから、「陶器瓦」の呼称もよく使われる1966年に三州瓦の産地である愛知県三河国 西三河地方で呼ばれるようになったもの
2004年の経済産業省 経産省工業統計では瓦の出荷量の78%を占める。日本最大の産地は「三州瓦」の愛知県西三河地方、次いで「石州瓦」の島根県石見地方となっている。
続日本紀には767年、平城京の東院玉殿に瑠璃(るり)の瓦をもって葺くという記述があり、古来からの屋根材であることがわかる。
Glazed tile
simple:Glazed tile
(Wikipedia:釉薬瓦)


釉薬 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

釉薬 - アマゾン検索


「釉薬」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す