[PR]

日別キーワード

第13位  浦和レッドダイヤモンズ - 2018年12月06日


関連するイメージは見つかりませんでした



浦和レッドダイヤモンズ
浦和レッドダイヤモンズ(うらわレッドダイヤモンズ、Urawa Red Diamonds)は、日本の埼玉県さいたま市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。呼称は浦和レッズ(うらわレッズ)である。 三菱重工業サッカー部(1950年創部)が前身であり、1991年にJリーグ加盟した10チームの一つ(オリジナル10)。ホームタウンはサッカー王国・静岡県と並び立つサッカーどころである埼玉県さいたま市(旧浦和市)。ホームスタジアムは埼玉スタジアム2002、練習グラウンドはさいたま市大原サッカー場である。チーム名は「ダイヤモンド」の最高の輝き、固い結束力に由来し、クラブカラーである「レッド」 と組合わせたものである。なお、三菱グループのマークのスリーダイヤモンド・三菱自動車のイメージカラーである赤もモチーフとなっている。 国内3大タイトル(J1リーグ、天皇杯、ナビスコカップ)の全てを獲得しているクラブの一つ。獲得タイトル数(日本国内外)はJリーグ全加盟クラブ中6位である。 (Wikipedia:浦和レッドダイヤモンズ)

浦和レッドダイヤモンズの選手一覧
浦和レッドダイヤモンズの選手一覧は、浦和レッドダイヤモンズに所属している選手・監督・コーチの一覧。 在籍選手・スタッフ 監督・コーチ ゴールキーパー(GK) ディフェンダー(DF) ミッドフィールダー(MF) フォワード(FW) 他チームに期限付き移籍中の選手 背番号の遍歴 1997年 - 2005年 2006年 - 外国籍選手 過去に在籍した選手・スタッフ 監督 コーチ 監督・選手として在籍経験のあるコーチは除く ゴールキーパー(GK) ディフェンダー(DF) ミッドフィールダー(MF) フォワード(FW) 下部組織出身者 Yはユース、JYはジュニアユースの略。 (Wikipedia:浦和レッドダイヤモンズの選手一覧)

浦和レッドダイヤモンズ・レディース
浦和レッドダイヤモンズレディース (うらわレッドダイヤモンズレディース)は、埼玉県さいたま市(旧・浦和市)を本拠とする女子サッカーチームである。 さいたまレイナス時代 1998年、かつてLリーグにも所属したことのある「浦和レディースFC」から一部のメンバーが脱退し「浦和レイナスFC」を設立。企業の支援を取り付けず、市民参加を全面的に打ち出したチーム運営を目指しての創部であった。 翌1999年にはLリーグに加盟。当初は下位に甘んじたが、2001年からは、かつてJリーグの浦和レッドダイヤモンズでDFとして活躍し、のちに浦和市議会議員、埼玉県議会議員を歴任した田口禎則を監督に起用して着実なレベルアップに成功。2002年からチーム名を「さいたまレイナスFC」に変更し、2003年には日本女子代表の正守護神に成長したGK山郷のぞみを中心に勝利を積み上げ、優勝争いに加わるまでになった。この年は結局、決勝(上位)リーグ4位に終わったが、この躍進により翌2004年からレベル別のリーグ戦方式により1部(L1)所属となったレイナスは、日本女子代表にも選ばれたMF安藤梢らの活躍により参戦6年目で悲願のリーグ初優勝を果たす。 (Wikipedia:浦和レッドダイヤモンズ・レディース)

浦和レッドダイヤモンズレディース
『浦和レッドダイヤモンズ・レディース』より : 浦和レッドダイヤモンズレディース (うらわレッドダイヤモンズレディース)は、埼玉県さいたま市(旧・浦和市)を本拠とする女子サッカーチームである。 さいたまレイナス時代 1998年、かつてLリーグにも所属したことのある「浦和レディースFC」から一部のメンバーが脱退し「浦和レイナスFC」を設立。企業の支援を取り付けず、市民参加を全面的に打ち出したチーム運営を目指しての創部であった。 翌1999年にはLリーグに加盟。当初は下位に甘んじたが、2001年からは、かつてJリーグの浦和レッドダイヤモンズでDFとして活躍し、のちに浦和市議会議員、埼玉県議会議員を歴任した田口禎則を監督に起用して着実なレベルアップに成功。2002年からチーム名を「さいたまレイナスFC」に変更し、2003年には日本女子代表の正守護神に成長したGK山郷のぞみを中心に勝利を積み上げ、優勝争いに加わるまでになった。この年は結局、決勝(上位)リーグ4位に終わったが、この躍進により翌2004年からレベル別のリーグ戦方式により1部(L1)所属となったレイナスは、日本女子代表にも選ばれたMF安藤梢らの活躍により参戦6年目で悲願のリーグ初優勝を果たす。 (Wikipedia:浦和レッドダイヤモンズレディース)

浦和レッドダイヤモンズ・オフィシャル・マッチデー・プログラム
浦和レッドダイヤモンズ・オフィシャル・マッチデー・プログラム(うらわれっどだいやもんず・おふぃしゃる・まっちでー・ぷろぐらむ)はプロサッカー日本プロサッカーリーグ Jリーグ・浦和レッドダイヤモンズのホームゲーム時に発行されるマッチデープログラム。
1992年9月5日、Jリーグ最初の公式戦となったJリーグカップ ナビスコカップの初戦ジェフユナイテッド市原・千葉 ジェフユナイテッド市原戦で第1号が発行された。当時はまだ、試合会場で有料の試合プログラムを買うと言う概念がなかったのか全くと言っていいほど売れず、5,000部発行して200部も売れなかったと言う。リーグ戦が開幕した1993年も1試合に1000部程度売り上げであったが年を追うごとに売り上げは次第に増えていき、現在では1試合10,000部以上売れる事もある。2004年度は年間合計で30万部以上発行されている。ビッグマッチの場合には完売してしまうこともあり、確実に購入するには出来るだけ早めに購入するか、通信販売(ただし送料が別途かかる+試合当日には到着しない)での購入が望ましい。
(Wikipedia:浦和レッドダイヤモンズ・オフィシャル・マッチデー・プログラム)

浦和レッドダイヤモンズ・アマチュア
font-color FFFFFF
background-color EE1B3C
原語表記 浦和レッドダイヤモンズ・アマチュア
愛称 浦和レッズアマ
カラー 赤
創設 1997
リーグ 埼玉県社会人リーグ
ディビジョン 1部
ホームタウン 埼玉県さいたま市
スタジアム
キャパ
法人名
代表 中村修三
監督 永井良明
浦和レッドダイヤモンズ・アマチュアは、日本プロサッカーリーグ Jリーグ・浦和レッドダイヤモンズのアマチュアチームである。埼玉県社会人リーグ1部に所属し、2008年シーズンの成績は8勝3敗3分勝点27の2位であり、関東社会人サッカー大会に出場したものの、1回戦で日立ビルシステムに敗れた。
浦和レッドダイヤモンズ あまちゆあ
関東地方のサッカークラブ
さいたま市のスポーツチーム
(Wikipedia:浦和レッドダイヤモンズ・アマチュア)


浦和レッドダイヤモンズ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

浦和レッドダイヤモンズ - アマゾン検索


「浦和レッドダイヤモンズ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す