[PR]

日別キーワード

第56位  ブレーメン - 2018年12月06日


関連するイメージは見つかりませんでした



ブレーメン
ブレーメン(Bremen)は、ドイツの大都市で、自由ハンザ都市ブレーメン(通常ブレーメン州と呼ばれる)の州都。ドイツに11あるヨーロッパ大都市圏の1つであるブレーメン/オルデンブルク大都市圏に属している。 地理 ブレーメンはヴェーザー川の両岸に位置している。ヴェーザー川が北海に注ぐ河口の位置するブレーマーハーフェン(ブレーメン州に属する)から上流に約60km遡った地点に位置する。ブレーメン旧市街の上方でヴェーザー川は中流から下流に変わる。オクトゥム川が合流する付近からのウンターヴェーザー左岸一帯をヴェーザーマルシュと称する。同じくヴェーザー川下流の右岸はエルベ=ヴェーザー=ドライエックに属す。ヴュンメ川とハンメ川が合流してできたレーズム川、シェーネベッカー川、ブルーメンターラー・アウエがここから下流側の支流である。 市域は川沿いに長さ約38km, 幅約16kmである。市境の全長は136.5kmである。ブレーメンは広さでドイツ10位、人口で11位の都市であるが、北ドイツではハンブルクに次いで2番目、北西ドイツでは最大の都市である。 (Wikipedia:ブレーメン)

ブレーメン形
ブレーメン形 (Typ Bremen) は、超低床路面電車の形式の1つ。 ドイツのメーカー・MAN GHHが、1990年に試作車を発表し(ブレーメン市に納車)、1993年より量産を開始した。 左右独立車輪の採用により台車部分を含む客室床面の全面の超低床化を実現し、100%超低床路面電車の普及に貢献した。製造会社が幾度も変わっており、現在はボンバルディア・トランスポーテーション(Bombardier Transportation)が製造している。 メーカから正式な愛称を与えられていないため、最初に投入された都市ブレーメンにちなんだ Typ Bremen 以外に、製造会社にちなんだ Typ MAN/AEG、Typ AEG などいくつかの呼び方がある。「ブレーメン形」を指してGTシリーズと呼んでいる事例もあるが、これは適切ではない。GTはGelenkTriebwagen(連接の自走可能車)を意味し、ドイツの他のメーカの車両にも広く使われている一般的な車両形式名である。 (Wikipedia:ブレーメン形)

ブレーメン (州)
+Freie Hansestadt Bremen
州都 : ブレーメン
面積 : 1 E8 m² 404 km²
人口 : 662,000 ”(2001)”
人口密度 : 1,549 人/km²
第一市長
兼元老院議長 :
Henning Scherf (ドイツ社会民主党 SPD)
与党:
ドイツ社会民主党 SPD/ドイツキリスト教民主同盟 CDU 連立政権
自由ハンザ都市ブレーメン (Freie Hansestadt Bremen) はドイツ連邦共和国を構成する連邦州の一つ。
782年ブレーメンが歴史記録に登場。
787年ブレーメン司教座がおかれる。
1186年神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世 (神聖ローマ皇帝) フリードリヒ1世がブレーメンに「自由都市」の特許を与える。
1358年ハンザ同盟加盟。
(Wikipedia:ブレーメン (州))

ブレーメン州
『ブレーメン (州)』より : ブレーメン州 Freie Hansestadt Bremen ドイツ国内におけるブレーメン州の位置 ブレーメン州は、ドイツ連邦共和国を構成する連邦州の一つ。正式名称は自由ハンザ都市ブレーメン (ドイツ語: Freie Hansestadt Bremen フライエ・ハンゼシュタット・ブレーメン) である。 地理 ハンブルク市と同様に、中世以来の自由都市としての地位を現代まで維持している。 現在、ブレーメン州はブレーメン市と、北海へと注ぐヴェーザー川の河口に位置する同市の外港ブレーマーハーフェン市の2市からなる。 782年 - ブレーメンが歴史記録に登場。 787年 - ブレーメン司教座が置かれる。 1186年 - 神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世が、ブレーメンに自由都市の特許を与える。 1358年 - ハンザ同盟に加盟。 1404年 - 騎士ローラント像が完成。 1405年 - 市庁舎完成 1648年 - ヴェストファーレン条約(三十年戦争)によってスウェーデンに割譲。 (Wikipedia:ブレーメン州)

ブレーメンの音楽隊
ブレーメンの音楽隊(ブレーメンのおんがくたい)はグリム童話の物語の一編である。人間に捨てられ、あるいは食料にされようとした動物たちが一致協力して自分たちの新生活を切り開いていく話になっている。 あらすじ かつて働き者だったロバは年を取ってしまい、仕事が出来なくなってしまったので、飼い主から虐待されるようになった。これはかなわんと脱走し、ブレーメンに行って音楽隊に入ろうと考える。その旅の途中で同じような境遇のイヌ、ネコ、ニワトリに次々に出会い、彼らはロバの提案に賛成し、ブレーメンへと足を進めた。 ブレーメンへの道のりは遠く、日も暮れてしまったので動物たちは森の中で休憩をする事にした。すると、灯がともる家に気づいたので、その家に近づいてみると、中では泥棒たちがごちそうを食べながら金貨を分けている。ごちそうを食べたい動物たちは、泥棒を追い出すために一計を案じた。窓の所でロバの上にイヌが乗り、イヌの上にネコが乗り、ネコの上にニワトリが乗り、一斉に大声で鳴いたのである。泥棒たちはその声に驚き、窓に映った動物たちの影を見て、お化けが出たと叫んで逃げ出して行った。 (Wikipedia:ブレーメンの音楽隊)

ブレーメン級フリゲート
ブレーメン級フリゲート(ドイツ語: Fregatte BREMEN-Klasse, 英: Bremen-class frigate)は、西ドイツ海軍および統一ドイツ海軍(以後、ドイツ海軍)の汎用フリゲート。計画名から122型フリゲート(90年代の改修以後は122A型)とも呼ばれる。海上自衛隊においては、はつゆき型護衛艦がカウンターパートに相当する。 本級は、1960年代より着手された予備研究に由来する。当初は1,200トン級の防空コルベット10隻の建造が計画され、まもなく対潜戦の要請増大を考慮して2,500トン級に大型化した。しかし予算上の制約により、リュッチェンス級(103型)3隻、およびツォーベル級(142型)10隻の近代化に落ち着いた。その後、フリゲート70計画が開始され、予算は1969年1月23日に一旦は承認された。しかし設計作業が完了せず、また排水量3,600トンに大型化したことによるコスト上昇を受けて、これはのちにキャンセルされた。 これを受けて、海外の設計が検討の俎上にあげられることとなり、オランダの標準型フリゲート(S型)が最も適したものとして選定された。 (Wikipedia:ブレーメン級フリゲート)

ブレーメン級小型巡洋艦
ブレーメン級小型巡洋艦 (Bremen-Klasse) はドイツ海軍の巡洋艦。1904年から1907年にかけて7隻が竣工した。第一次世界大戦では「ライプツィヒ」が1914年12月8日フォークランド沖海戦で「ブレーメン」が1915年12月17日触雷し沈没した。第一次大戦後「リューベック」、「ミュンヘン」、「ダンチヒ」は解体された。残り2隻の内「ベルリン」は1947年に海没処分となり、「ハンブルク」は1944年爆撃により沈没した。 同型艦 ブレーメン 竣工:1904年5月19日 戦没:1915年12月17日 ハンブルク 竣工:1904年3月8日 除籍:1931年3月31日 ベルリン 竣工:1905年4月4日 除籍:1929年3月日 リューベック 竣工:1905年4月26日 除籍:1919年11月5日 ミュンヘン 竣工:1905年1月10日 除籍:1919年11月5日 ライプツィヒ 竣工:1906年4月20日 戦没:1914年12月8日 ダンチヒ 竣工:1907年12月1日 除籍:1919年11月5日 参考図書 「世界の艦船増刊 ドイツ巡洋艦史」(海人社)。 (Wikipedia:ブレーメン級小型巡洋艦)

ブレーメン級
『ブレーメン級小型巡洋艦』より : ブレーメン級小型巡洋艦 (Bremen-Klasse) はドイツ海軍の巡洋艦。1904年から1907年にかけて7隻が竣工した。第一次世界大戦では「ライプツィヒ」が1914年12月8日フォークランド沖海戦で「ブレーメン」が1915年12月17日触雷し沈没した。第一次大戦後「リューベック」、「ミュンヘン」、「ダンチヒ」は解体された。残り2隻の内「ベルリン」は1947年に海没処分となり、「ハンブルク」は1944年爆撃により沈没した。 同型艦 ブレーメン 竣工:1904年5月19日 戦没:1915年12月17日 ハンブルク 竣工:1904年3月8日 除籍:1931年3月31日 ベルリン 竣工:1905年4月4日 除籍:1929年3月日 リューベック 竣工:1905年4月26日 除籍:1919年11月5日 ミュンヘン 竣工:1905年1月10日 除籍:1919年11月5日 ライプツィヒ 竣工:1906年4月20日 戦没:1914年12月8日 ダンチヒ 竣工:1907年12月1日 除籍:1919年11月5日 参考図書 「世界の艦船増刊 ドイツ巡洋艦史」(海人社)。 (Wikipedia:ブレーメン級)

ブレーメンII
『ブレーメンII』(ブレーメンツー)は、川原泉による日本の漫画。「PUTAO」(白泉社)にて1998年に連載を開始し、その後、1999年に同社の「メロディ」に掲載誌を移して2004年まで連載された。単行本は白泉社ジェッツコミックス全5巻、文庫全4巻。 2005年に、第36回星雲賞コミック部門、および第4回センス・オブ・ジェンダー賞特別賞を受賞した。 『カレーの王子さま』(白泉社文庫版では『空の食欲魔人』)におさめられている『アンドロイドはミスティー・ブルーの夢を見るか?』の続編。キラ「イレブン・ナイン」船長とナッシュ社長、コンピュータ人格のアンブレラが再登場している。 ストーリー 宇宙時代を迎えた頃、少子化と宇宙進出により、人類はかつてない人手不足に見舞われていた。そこで、遺伝子工学やバイオテクノロジーによって、ブレーメン-「体格を人間並みとし、種の特性を持ちつつも、知性を高められた働く動物たち」が生み出され、キツくて危険な職場に於ける人手不足は解消されつつあった。 (Wikipedia:ブレーメンII)

ブレーメン通り商店街
ブレーメン通り商店街(ブレーメンどおりしょうてんがい)とは、東急東横線・元住吉駅西口より出てすぐ始まる商店街。神奈川県川崎市中原区木月にある。 1990年(平成2年)10月に元住吉西口商店街から名称変更し「モトスミ・ブレーメン通り商店街振興組合」となった。 1991年(平成3年)3月には、ドイツ・ブレーメン市にある商店街ロイドパサージュとの友好提携に合意した。商店街の中ほどには、ロイドパサージュから友好の証として贈られた「ブレーメン音楽隊」像がある。 東急東横線の高架を挟んで反対側にはオズ通り商店街がある。 外部リンク モトスミ・ブレーメン通り商店街 東急電鉄 元住吉駅座標: 北緯35度33分55.3秒 東経139度39分6秒。 (Wikipedia:ブレーメン通り商店街)

ブレーメン通り
『』より : (Wikipedia:ブレーメン通り)


ブレーメン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ブレーメン - アマゾン検索


「ブレーメン」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す