[PR]

日別キーワード

第61位  ルミナリエ - 2018年12月06日


関連するイメージは見つかりませんでした



ルミナリエ
『神戸ルミナリエ』より : 神戸ルミナリエ(こうべルミナリエ)は、神戸市の旧居留地において、1995年から毎年12月に行われている祭典または電飾されている場所を指す。通りや広場を独特の幾何学模様で構成されたイルミネーション(電飾)で飾り、昼間とは異なる風景を現出させてその景観を楽しむ。 基本的にはイタリア人のヴァレリオ・フェスティ(Valerio Festi)と神戸市在住の今岡寛和の共同作品であるが、2011年の第17回開催および2015年の第21回開催は、東京在住のイタリア人であるダニエル・モンテベルデがプロデューサーを務めている。 阪神・淡路大震災の発生を契機に鎮魂と追悼、街の復興を祈念して震災で激減した神戸への観光客を呼び戻す目的で毎年開催されている。 日本において、一般的に「ルミナリエ」とは、この祭典の事として著名ではあるが、語源のイタリア語では、「luminaria」の複数形「luminarie」であり、小電球などによる光の装飾(イルミネーション)の事を言う。 (Wikipedia:ルミナリエ)


ルミナリエ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ルミナリエ - アマゾン検索


「ルミナリエ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す