[PR]

日別キーワード

第69位  額田王 - 2018年12月06日


関連するイメージは見つかりませんでした



額田王
額田王(ぬかたのおおきみ、ぬかたのきみ、生没年不詳)は、飛鳥時代の日本の皇族・歌人。天武天皇の妃(一説に采女や巫女)。 額田王(『万葉集』)の表記が一般的だが額田女王、額田姫王(『日本書紀』)、額田部姫王(『薬師寺縁起』)とも記される。 係累他 『日本書紀』には、鏡王の娘で大海人皇子(天武天皇)に嫁し十市皇女を生むとある。鏡王は他史料に見えないが、「王」称から2世 - 5世の皇族(王族)と推定され一説に宣化天皇の曾孫という。また、近江国野洲郡鏡里の豪族で壬申の乱の際に戦死したともいう。 出生地に関しては大和国平群郡額田郷や島根県東部(出雲国意宇郡)に求める説がある。 『万葉集』『日本書紀』に見える鏡姫王(鏡王女)を姉とする説もあるが(本居宣長『玉勝間』)、それは「鏡王女」の表記を「鏡王の女(むすめ)」と解釈したもので無理があるとの意見もある。また、表記の解釈は同様で「鏡王の女(むすめ)」とは額田王自身のことを指すのではないかという新説も提出されている。 十市皇女の出生後、天武天皇の兄である中大兄皇子(天智天皇)に寵愛されたという話は根強いが確証はない。 (Wikipedia:額田王)


額田王 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

額田王 - アマゾン検索


「額田王」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す