[PR]

日別キーワード

第73位  宮本浩次 - 2018年12月06日


関連するイメージは見つかりませんでした



宮本浩次
宮本浩次 宮本浩次 (シンガーソングライター)(みやもと こうじ) 宮本浩次 (エレファントカシマシ)(みやもと ひろじ) - エレファントカシマシのボーカル。 (Wikipedia:宮本浩次)

宮本浩次 (シンガーソングライター)
宮本浩次(みやもと こうじ、1969年7月4日 - )は、シンガーソングライター。血液型はB型。山口県出身。身長164㎝。
1996年、シングル『タイトでキュートなヒップがシュールなジョークとムードでテレフォンナンバー』でデビュー。ちなみに同曲は、当時日本で最も長いタイトルのシングル曲であった。独特なポップセンスが高く評価されていたが、2004年にアーチストとしての活動を休止。根強いファンから復帰が待たれていたが、2009年8月7日遂に公式HPを更新、メールマガジンの発行を開始し5年強ぶりの活動再開を発表した。11月5日に渋谷O-Crestにて復活ライブを行い(チケットは発売と同時にソールドアウト)、追加公演を2010年1月に渋谷BOXXで行う予定。
渡辺美里や宇都宮隆らへ楽曲提供などもしている。
(Wikipedia:宮本浩次 (シンガーソングライター))

宮本浩次 (エレファントカシマシ)
宮本浩次(みやもと ひろじ、1966年6月12日 - )は、日本のロックミュージシャン、シンガーソングライター、元童謡歌手。ロックバンド・エレファントカシマシのボーカリストおよびギタリスト、音楽プロデューサー。東京都北区赤羽出身。 人物像 NHK東京放送児童合唱団に小学校3年生から5年生まで入団。声楽指導を受けていた。ソロを任されるほど歌が上手くボーイ・ソプラノのスター的存在であった。また、ウィーン少年合唱団との交流もあったと言う。声域は裏声も含めhihiAを越える曲もあり「覚醒(オマエに言った)」「生命賛歌」「部屋」などがある。「曙光」は、hihiA#。さらに「男は行く」「コール アンド レスポンス」はhihiB。「星くずの中のジパング」はhihiC#である。 デビュー当初からテレビ出演もライブでのMCもほとんどなく、雑誌などのインタビューでも無口・無愛想を貫くキャラクターであった。しかし1992年頃、何の前触れもなくライブで突然フレンドリーなMCをしはじめたときには、客席から「宮本ぉー、何があったのか言え!」との声が飛んだという。 (Wikipedia:宮本浩次 (エレファントカシマシ))


宮本浩次 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

宮本浩次 - アマゾン検索


「宮本浩次」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す