[PR]

日別キーワード

第75位  教育基本法 - 2018年12月06日


関連するイメージは見つかりませんでした



教育基本法
教育基本法(きょういくきほんほう、平成18年12月22日法律第120号)は、教育についての原則を定めた日本の法律である。 教育基本法は、その名のとおり、日本の教育に関する根本的・基礎的な法律である。教育に関するさまざまな法令の運用や解釈の基準となる性格を持つことから「教育憲法」と呼ばれることもある。 2006年(平成18年)12月22日に公布・施行された現行の教育基本法は、1947年公布・施行の教育基本法(昭和22年法律第25号)(以後旧法という)の全部を改正したものである。 前文では、「たゆまぬ努力によって築いてきた民主的で文化的な国家を更に発展させるとともに、世界の平和と人類の福祉の向上に貢献することを願う」とした上で、この理想を実現するために教育を推進するとしている。 本則は18条ある。第1章から第4章までに分けられており、それぞれ「教育の目的及び理念」「教育の実施に関する基本」「教育行政」「法令の制定」について規定されている。 (Wikipedia:教育基本法)

教育基本法の改悪をとめよう!全国連絡会
教育基本法の改悪をとめよう!全国連絡会(きょういくきほんほうのかいあくをとめよう!ぜんこくれんらくかい)は、教育基本法(教基法)の「改悪」に反対する4人の教育者が呼びかけ、2004年4月に発足した市民活動 市民運動ネットワーク。2007年1月に解散。
教育基本法の改正は、国家主義を教育現場に強制し、格差社会を固定化しようとするものであり、改悪であると主張し、その阻止を目的に、全国集会・デモ、国会議員への要請、国会前座り込みなどさまざまな活動を行った。「非暴力」を原則として掲げており、会の活動は、主に「呼びかけ人」の「呼びかけ」に賛同する全国の市民団体や労働組合・法曹団体などの構成員によって展開された。
2006年12月に国会で改正教育基本法可決、成立したのを受け、翌2007年1月13日の全体会議で解散を決定した。
(Wikipedia:教育基本法の改悪をとめよう!全国連絡会)

教育基本法「改正」情報センター
教育基本法「改正」情報センター(きょういくきほんほう「かいせい」じょうほうせんたー)は、市民・国会議員ほか、日本の教育基本法「改正」に関心をもつ人々に「問題の広がりと深さを理解できるような情報提供を行う」ことを目的として、2006年5月に設立された。代表は佐貫浩・法政大学教授。
日常的には、ホームページを運営して、教育基本法や関連教育法の改正問題に関する分析、情報提供を行っている。また、年数回シンポジウムを開催し、情報・分析成果の共有、運動の交流の場を提供してきた。最近では、2007年4月8日に東京大学教育学部を会場に、緊急集会「学校法、教免法、地教行法『改正』で教育はどうかわる?―教育三法の批判的検討―」を開催した。報告テーマおよび報告者は次の通りである。
(Wikipedia:教育基本法「改正」情報センター)


教育基本法 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

教育基本法 - アマゾン検索


「教育基本法」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す