[PR]

日別キーワード

第76位  郡山市 - 2018年12月06日


関連するイメージは見つかりませんでした



郡山市
郡山市(こおりやまし)は、福島県中通り中部に位置する市である。中核市に指定されている。 市域は、中央分水界となっている奥羽山脈の東西にわたる。市の西部は日本海側である猪苗代湖南岸に位置し、 東部は阿武隈高地に及ぶ。 市街地エリアは、栃木県宇都宮市と宮城県仙台市の中間に位置しており、東北新幹線・東北本線・東北自動車道・国道4号で繋がれている。また、西(日本海側)の会津若松市や新潟市と、東(太平洋側)のいわき市へは、磐越自動車道や磐越西線・磐越東線および国道49号で移動する事が可能である。そのため、東日本の交通の十字路として拠点化が進み、経済・内陸工業・流通・交通の要衝として、東北地方第2の人口と経済規模を擁する郡山都市圏を形成している。このような本市の拠点性により、県域放送をしているテレビ局2局とFM局1局が立地し、県庁所在地ではないにも関わらず、本県の情報集散地のひとつとしても機能している。民営事業所数15,927か所、商業事業所数4,341か所、年間商品販売額1兆4913億円(2007年度)で、いずれも経済分野で福島県内で第1位(東北地方で第2位)であり、「商都」「経済県都」とも呼ばれている。 (Wikipedia:郡山市)

郡山市営開成山野球場
郡山総合運動場開成山野球場(こおりやまそうごううんどうじょう かいせいざんやきゅうじょう)は、福島県郡山市の開成山公園にある野球場。郡山市が運営管理を行っている。 郡山市中心部、市役所に隣接する開成山公園内に1952年(昭和27年)開場。陸上競技場、プール、弓道場と共に「開成山総合運動場」を構成している。開場以来、高校野球など県内アマチュア野球公式戦の試合会場として使われている。 フィールドは両翼100mと当時としては広く、日本の野球場が国際規格を踏襲した設計となる以前においては、熊本県熊本市の藤崎台県営野球場(両翼99.1m、中堅121.9m)と並んで日本最長の規模を誇っていた。1969年(昭和44年)に内野スタンドが増築され、こけら落としとして同年7月13日にプロ野球イースタン・リーグ公式戦の読売ジャイアンツ対ロッテオリオンズ戦が開催された。 翌1970年(昭和45年)11月14日には初の一軍戦となる秋季オープン戦、読売ジャイアンツ対大洋ホエールズ戦が開催された。 (Wikipedia:郡山市営開成山野球場)

郡山市営開成山球場
『郡山市営開成山野球場』より : 郡山総合運動場開成山野球場(こおりやまそうごううんどうじょう かいせいざんやきゅうじょう)は、福島県郡山市の開成山公園にある野球場。郡山市が運営管理を行っている。 郡山市中心部、市役所に隣接する開成山公園内に1952年(昭和27年)開場。陸上競技場、プール、弓道場と共に「開成山総合運動場」を構成している。開場以来、高校野球など県内アマチュア野球公式戦の試合会場として使われている。 フィールドは両翼100mと当時としては広く、日本の野球場が国際規格を踏襲した設計となる以前においては、熊本県熊本市の藤崎台県営野球場(両翼99.1m、中堅121.9m)と並んで日本最長の規模を誇っていた。1969年(昭和44年)に内野スタンドが増築され、こけら落としとして同年7月13日にプロ野球イースタン・リーグ公式戦の読売ジャイアンツ対ロッテオリオンズ戦が開催された。 翌1970年(昭和45年)11月14日には初の一軍戦となる秋季オープン戦、読売ジャイアンツ対大洋ホエールズ戦が開催された。 (Wikipedia:郡山市営開成山球場)

郡山市民文化センター
名称 郡山市民文化センター”Koriyama City Cultural Center”
通称
正式名称
旧名称
完成年 1984
完成月 9
完成日
開館年 1984
開館月 11
開館日 10
開館公演
閉館年
閉館月
閉館日
最終公演
収容人数
客席 大ホール 1,998席中ホール 800席
延床面積 19,694
(Wikipedia:郡山市民文化センター)

郡山市ふれあい科学館
郡山市ふれあい科学館(こおりやましふれあいかがくかん)は福島県郡山市にある宇宙をテーマとした科学館。愛称はスペースパーク。直径23mのドームに五藤光学研究所製のSuper-HELIOSが設置されプラネタリウム施設としては日本でも有数の規模を誇る。郡山駅西口隣のビッグアイ20階~23階に所在し、地上から世界一高い場所にあるプラネタリウムとしてギネスブックの認定も受けている。 施設概要 宇宙劇場(プラネタリウム) 直径23m傾斜型ドーム 座席数:234席 投影機:五藤光学Super-HELIOS + デジキャンバス 大型映像:五藤光学アストロビジョン70L² 展示ゾーン トリプルスピン(宇宙飛行士の訓練体験装置) 宇宙探検シミュレーション ムーンジャンプ(月面上の重力を体験できる) 宇宙探査車操作体験 びっくり実験ラボ(サイエンスショーや科学教室など実施) 隕石展示 鉄道模型ジオラマ 面積40m² トレインシミュレーター ジオラマ解説(明治から現在の郡山駅前をジオラマとビデオで解説) 展望フロア 地上96mから郡山市市街地を望むことが出来る ショップ カフェ 研修室 パソコン工房室※宇宙劇場と展示ゾーンは有料エリア。 (Wikipedia:郡山市ふれあい科学館)

郡山市立美術館
郡山市美術館(こおりやましびじゅつかん)は、福島県郡山市にある美術館である。
ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー ターナーなどのイギリス美術、岸田劉生などの日本の近代美術、および、郡山にゆかりのある美術家の絵画や彫刻のコレクションがある。また、企画展や海外展なども年5~6回行われている。
所在地:福島県郡山市安原町字大谷地130-2
休館日:月曜日、年末年始
開館時間:9:30~17:00
建築名称 - 郡山市博物館
建築主 - 郡山市
設計者 - 柳澤孝彦+TAK建築・都市計画研究所
施工 - 大林組+東洋建設共同企業体 JV
規模 - 地下1階、地上2階
敷地面積 -
建築面積 - 4,322m²
延床面積 - 6,848m²
着工 -
竣工 -
構造 - 鉄筋コンクリート造 RC造、鉄骨鉄筋コンクリート構造 SRC造
(Wikipedia:郡山市立美術館)

郡山市営西部サッカー場
郡山市営西部サッカー場(こおりやましえいせいぶサッカーじょう)は福島県郡山市大槻町にあるサッカー場である。 1995年に行われたふくしま国体のサッカー競技のメインスタジアムとして、1994年7月に開設された。 天皇杯の試合が開催されるほか、あらゆるカテゴリーにおいて、全国大会の県予選では、ほとんどの大会で会場として使用されている。2004年には、AFC U-17選手権も開催された。かつては、JFLで地元・郡山を本拠とした福島FC主管試合が開催されたほか、東京電力女子サッカー部マリーゼの一部ホームゲーム(メイン本拠地はJヴィレッジ)も開催されていた。 2013年には福島ユナイテッドFCがホームゲームを1試合開催する予定だったものの積雪により中止となり、振り替え開催も別会場となった(福島市信夫ヶ丘競技場)ため、同チームの試合の開催はなくなった。現在はJリーグの開催をする場合、J3リーグでは最低で5000人以上の座席を必要とする規定があり、これに充足していないため、開催することは不可能となっており、福島Uの主催試合の開催は事実上幻となった。 (Wikipedia:郡山市営西部サッカー場)

郡山市美術館
『』より : (Wikipedia:郡山市美術館)


郡山市 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

郡山市 - アマゾン検索


「郡山市」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す