[PR]

日別キーワード

第78位  古代ローマ - 2018年12月06日


関連するイメージは見つかりませんでした



古代ローマ
元老院ならびにローマ市民 Senatus Populusque Romanus 国の標語: Senatus Populusque Romanus(ラテン語:ローマの元老院と市民)元老院ならびにローマ市民の位置ローマの領域の変遷 古代ローマ(こだいローマ、羅: Roma antiqua)は、イタリア半島中部に位置した多部族からなる都市国家から始まり、領土を拡大して地中海世界の全域を支配する世界帝国までになった国家の総称である。当時の正式な国号は元老院ならびにローマ市民(Senatus Populusque Romanus)であり、共和制成立から使用されて以来滅亡まで体制が変わっても維持された。 ローマ市は、帝国の滅亡後も一都市として存続し、世界帝国ローマの記憶は以後の思想や制度に様々な形で残り、今日まで影響を与えている。 なお、中世以降のローマ帝国は、その統治区域から東ローマ帝国と呼ばれ、便宜上古代ローマと区別されることが多い。 時代区分 王政期 紀元前753年(建国)から紀元前509年まで、ロームルスに始まる伝説上の七人の王が治めていた期間(伝承による)。 (Wikipedia:古代ローマ)

古代ローマ帝国
『ローマ帝国』より : ローマ帝国 Imperium Romanum 国の標語: Senatus Populusque Romanus(ラテン語: ローマの元老院と市民)ローマ帝国の位置西暦117年当時のローマ帝国の最大版図 ローマ帝国(ローマていこく、羅: Imperium Romanum)は、古代ローマがイタリア半島に誕生した都市国家から、地中海にまたがる領域国家へと発展した段階以降を表す言葉である。従って厳密には古代ローマの体制が共和制だった頃を含んでいる。最盛期には地中海沿岸全域に加え、ブリタンニア、ダキア、メソポタミアなど広大な領域を版図とした。シルクロードの西の起点であり、古代中国の文献では大秦の名で登場する。 帝国という訳語があてられている事から、狭義にはオクタウィアヌスがアウグストゥスの尊称を与えられた紀元前27年からの古代ローマを指す場合もある。しかし、本来の表現からすればこの場合は帝政ローマ、またはローマ帝政期とした方が正確である。 「ローマ帝国」はラテン語の “Imperium Romanum” の訳語である。 (Wikipedia:古代ローマ帝国)

古代ローマ暦
『ローマ暦』より : ローマ暦(ローマれき)は、古代ローマで使用されていた暦法。狭義には、古代ギリシアの太陰暦を元にしてつくられた暦法を言う。ローマ建国紀元とは異なる。広義には、その後使用されたユリウス暦もローマ暦に含める。さらに広義には、ユリウス暦を改変して使用されたグレゴリオ暦も含む。本項では、ユリウス暦より以前のローマ暦について述べる。 最初期のローマ暦 紀元前753年(紀元前745年説あり)、最初のローマ暦が古代ローマで採用された。この暦法は、ローマを建国したとされる王ロームルスの名をとり、ロムルス暦と呼ばれる。3月から始まり12月で終わっていた。各月の名称と日数は次のとおり。 Martius (マルティウス、31日、軍神マルスの月) Aprīlis (アプリーリス、30日、美の女神ウェヌスの月、おそらく、ギリシア語アプロディーテを起源とするエトルリア語 Apru より) Māius (マーイウス、31日、豊穣の女神マイアの月) Jūnius (ユーニウス、30日、結婚生活を守護する女神ユーノーの月) Quīntīlis (クィーンティーリス、31日、quīntus(5番目)の月) Sextīlis (セクスティーリス、30日、sextus(6番目)の月) September (セプテンベル、30日、septem(7)の月、-berは*-mēmbris/*-mēnsris(mens:月)の略) Octōber (オクトーベル、31日、octo(8)の月) November (ノウェンベル、30日、novem(9)の月) December (デケンベル、30日、decem(10)の月)1年の長さは304日で、12月30日と3月1日の間に、日付のない日が約61日間続いた。 (Wikipedia:古代ローマ暦)

古代ローマ共和国
『共和政ローマ』より : 共和政ローマ Res Publica Romana 国の標語: Senatus Populusque Romanus(ラテン語:ローマの元老院と市民)共和政ローマの位置カエサル統治下の共和政ローマ (紀元前44年) 共和政ローマ(きょうわせいローマ)は、紀元前509年の王政打倒から、紀元前27年の帝政の開始までの期間の古代ローマを指す。 この時期のローマは、イタリア中部の都市国家から、地中海世界の全域を支配する巨大国家にまで飛躍的に成長した。帝政成立以後ではなく地中海にまたがる領域国家へと発展して以降を「ローマ帝国」と呼ぶ場合もある。また、1798年に樹立されたローマ共和国 (18世紀)、1849年に樹立されたローマ共和国 (19世紀)と区別するために「古代ローマ共和国」と呼ばれることもある。 共和政の開始 紀元前509年、第7代の王タルクィニウス・スペルブスを追放し共和制を敷いたローマだが、問題は山積していた。 (Wikipedia:古代ローマ共和国)

古代ローマ共和国・帝国
『古代ローマ』より : 古代ローマ(こだいローマ)は、古代にイタリア半島中部に位置した多部族からなる都市国家で、領土を拡大して地中海世界の全域を支配する世界帝国になった。ローマ市は、帝国の滅亡後も一都市として存続し、世界帝国ローマの記憶は以後の思考と制度にさまざまな形で残った。
なお、日本で通常「古代ローマ」と言った場合は1453年まで続いた東ローマ帝国(ビザンティン帝国・ビザンツ帝国)は含まない場合が多い。
紀元前753年(建国)から紀元前510年(または紀元前509年)まで。伝説上の7人の王が治めていた期間。王政ローマを参照。
初期の4人の王はローマ建設時の中心となったラテン人とサビニ人から選ばれているが、その後の3人の王はエトルリア人出身であるとされる。これは初期のローマにおいてエトルリア人という他民族支配を受けていたことを示すと考えられている。
(Wikipedia:古代ローマ共和国・帝国)

古代ローマの公職
古代ローマの公職は、古代ローマの公職について記す。
注:訳語が一定しないものについては、混同を避けるため可能な限りカナ表記とラテン名と訳語を併記した。
執政官 コンスル(consul、執政官、統領)
プラエトル(praetor、法務官)
アエディリス(aedilis、按察官、造営官)
クァエストル(quaestor、財務官、会計検査官)
護民官 トリブヌス・プレビス(tribunus plebis、護民官)
(上記5つはクルスス・ホノルムに該当する)
ケンソル(censor、監察官、戸口調査官、財務官)
独裁官 ディクタトル(dictator、独裁官)
マギステル・エクィトゥム(magister equitum、騎兵長官)
属州総督(rector provinciae)
プロコンスル(proconsul、執政官代行官、前執政官、属州総督)
プロプラエトル(propraetor、法務官代行官、前法務官、属州総督)
(Wikipedia:古代ローマの公職)

古代ローマ人の一覧
古代ローマ人の一覧は、古代ローマの出身者の一覧である。この一覧ではローマの王政ローマ 王政期、ローマ共和国 共和政期、ローマ帝国 帝政期、および西ローマ帝国を扱う。
人名の並びは五十音順で男性は原則家族名で登録している。ただし一部の人名には家族名ではなく通称を採用している。
「V」に関しては「ウァ」行で表記し、「ll」「rr」は促音で表記している。
アウグストゥス
マルクス・ウィプサニウス・アグリッパ
アグリッパ・ポストゥムス
アッリアノス
マルクス・アントニウス
ウィトルウィウス
ウェルギリウス
オクタウィア
オクタウィアヌス→アウグストゥス
ガイウス・ユリウス・カエサル
(Wikipedia:古代ローマ人の一覧)

古代ローマの公職一覧
古代ローマの公職は、古代ローマの官職・称号についての一覧表である。 特別職 レクス(rex, ローマ王) インテルレクス(interrex, 摂政) アウグストゥス(Augustus, ローマ皇帝) プリンケプス(Princeps, 終身元首, プリンキパトゥス) ドミヌス(Dominus, 専制君主, ドミナートゥス) アウグスタ(Augusta, ローマ皇后) プリンケプス・セナートゥス(Princeps senatus, 元老院主席) カエサル(Caesar, 副帝) ノビリッシムス・カエサル(Nobilissimus Caesar, 皇子) 政務職 ディクタートル(dictator, 独裁官)‐ 臨時の独裁権保持者 マギステル・エクィトゥム(Magister Equitum, 騎士長官, 騎兵長官)‐ 独裁官の補佐官 クルスス・ホノルム(五大官職) コンスル(consul, 執政官, 執政, 統領)‐ 元首、インペリウム保持者 プラエトル(praetor, 法務官)‐ コンスルの補佐、法律管理を担当、インペリウム保持者 アエディリス(aedilis, 造営官, 按察官)‐ 都市管理を担当 上級アエディリス(curule aediles)‐「貴族のアエディリス」 下級アエディリス(aedilis)‐「平民のアエディリス」 クァエストル(quaestor, 財務官)‐ 財政管理を担当 トリブヌス・プレビス(tribunus plebis, 護民官)‐民衆の庇護者、身体の不可侵権・議決拒否権保持者 ケンソル(censor, 監察官)‐ 市民権保持者・元老院議員・騎士の管理 レクトル・プロウィンキアエ(rector provinciae, 属州総督)‐ 属州の統治者、コンスルとプラエトルの経験者から選抜 プロコンスル(proconsul, 執政官経験者) プロプラエトル(propraetor, 法務官経験者) プロマギストラテス(Promagistrates, 政務代行官) プラエフェクトゥス(Praefectus, 長官職) プラエフェクトゥス・プラエトリオ(Praefectus praetorio, 近衛隊長官, 近衛隊長) プラエフェクトゥス・ウルビ(Praefectus urbi, 首都長官) マギステル・オフィキオルム(Magister officiorum, 内務長官) クァエストル・サクリ・パラティ(quaestor sacri palatii, 法務長官) ラティオナリス(Rationalis, 財務長官) ドゥウムウィリ(Duumviri, 二人官) デケムウィリ(Decemviri, 十人官) ウィギンティセクスウィリ(Vigintisexviri, 二十六人官) 軍務職 インペラトル(Imperator, 総司令官) マギステル・ミリトゥム(magister militum, 軍務長官) ドゥクス(Dux, 公, 地方司令官)‐ 公爵の源流 コメス(Comes, 伯, 随行者, 地方副司令官)‐ 伯爵の源流 レガトゥス ‐ 指揮官 レガトゥス・レギオニス(legatus legionis, 軍団長) レガトゥス・アウグステ・プロプラエトル(legatus Augusti pro praetore, 属州代理, 知事, 上級軍団長) トリブヌス・ミリトゥム(tribunus militum, 幕僚) トリブヌス・ミリトゥム・コンスラリ・ポテスタテ(tribunus militum consulari potestate, 上級幕僚) プロテクトレス・アウグステ・ノストリ(Protectores Augusti Nostri, 名誉司令官) プリムス・ピルス(prīmus pīlus, 主席百人隊長) ケントゥリオ(Centurio, 百人隊長) コルニクラーリウス(cornicularius, 百人隊長補) デクリオ(Decurio, 十人隊長) シグニフェリ(Signiferi, 旗手) アクィリフェル(Aquilifer, 鷲章旗手) ドラコナリウス(Draconarius, 竜章旗手) ウェクシラリウス(Vexillarius, 軍団旗手) ドゥプリカリウス(Duplicarius, 特別恩給兵) オピト(optio, 選抜兵) エウォカトゥス(evocatus, 復帰兵) ディスケンス(discens, 訓練兵) 神官職 ポンティフェクス(pontifex, 神祇官、司祭) ポンティフェクス・マクシムス(pontifex maximus, 最高神祇官、最高司祭長) レクス・サクロルム(rex sacrorum, 祭儀監督官) フラミネス(flamines, 祭司) フラメン・ディアリス(Flamen Dialis, ユーピテル神の祭司) フラメン・マルティアリス(Flamen Martialis, マールス神の祭司) フラメン・クィリナリス(Flamen Quirinalis, クゥイリーヌス神の祭司) アウグル(Augur, 鳥卜官、卜鳥官、鳥占官) 補助職 リクトル(Lictor, 警士) カッリグラプス(Calligraphus, 書記官) コンプルソル(Compulsor, 徴税官) ドメスティキ(Domestici, 護衛兵) パラティネ(Palatine, 侍従) プラエポシトゥス・サクリ・クビクリ(Praepositus sacri cubiculi, 側用人長) クビクラリウス(Cubicularius, 側用人) 関連項目 クルスス・ホノルム 政務官 (ローマ)。 (Wikipedia:古代ローマの公職一覧)

古代ローマの公衆浴場
古代ローマの公衆浴場(こだいローマのこうしゅうよくじょう)では、古代ローマの公衆浴場について記述する。 バルネア (balnea)またはテルマエ (thermae)とは、古代ローマの公衆浴場である。 古代ローマの多くの都市に少なくとも1つの公衆浴場があり、社会生活の中心の1つになっていた。古代ローマ人にとって入浴は非常に重要だった。彼らは1日のうち数時間をそこで過ごし、時には一日中いることもあった。裕福なローマ人が1人か複数人の奴隷を伴ってやってきた。料金を支払った後、裸になり、熱い床から足を守るためにサンダルだけを履いた。奴隷は主人のタオルを運び、飲み物を取ってくるなどした。入浴前には運動をする。例えば、ランニング、軽いウェイトリフティング、レスリング、水泳などである。運動後、奴隷が主人の身体にオイルを塗り、(木製または骨製の)肌かき器で汚れと共にオイルを落とした。 ヴィッラやドムスや砦にも私的な浴室があり、それらも「テルマエ」と呼ばれた。これらは付近を流れる川や用水路から水を供給していた。浴室の設計については、ウィトルウィウスが『建築について』で論じている。 (Wikipedia:古代ローマの公衆浴場)

古代ローマの奴隷
古代ローマ社会において奴隷は社会・経済分野で重要な役割を担っていた。肉体労働や接客業務だけでなく、高度な知的労働にも従事していた。たとえば教師や会計士、医師は多くの場合奴隷が従事する職業で、これら高度な知識が必要とされる業務は、多くの場合ギリシア人奴隷が充てられた。それに対して、能力の劣る奴隷は農場や鉱山で使役されていた。 奴隷の用途 奴隷の主な用途は、都市の邸宅で使役される家内奴隷と、地方の奴隷制農場(ラティフンディウム)で使役されるものであった。奴隷は業務ごとにそれぞれ別個の人間が割り当てられる場合も多く、家内奴隷では乳母、子供の世話、教育(家庭教師)、給仕、輿担ぎ、手紙の朗読、代筆、食事時の演奏者、門番、夜伽(よとぎ)、時報、使い走りなどがあった。奴隷制農場では、耕作、果樹の剪定、水運び、陶器造り、羊毛加工などがあった。これら以外にも洗濯、衣服の縫製、散髪、性的奉仕などの業務もあった。 公有奴隷という区分もあり、国家や都市が多くの奴隷を所有していて、道路や公共施設の補修や帳簿作成など様々な公共の仕事をさせていた。 (Wikipedia:古代ローマの奴隷)


古代ローマ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

古代ローマ - アマゾン検索


「古代ローマ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す