[PR]

日別キーワード

第29位  ソフトバンク - 2018年12月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



ソフトバンク
ソフトバンク株式会社(英文社名: SoftBank Corp.、ブランド名: SoftBank)は、ソフトバンクグループ傘下の株式会社で、日本で携帯電話などの無線通信サービス(移動体通信事業者)および長距離・国際通信を提供する日本の大手電気通信事業者である。2015年7月1日にソフトバンクモバイル株式会社から社名変更した。 ソフトバンクが展開するSoftBankブランドの携帯電話についてはSoftBank (携帯電話)、当社との協業によるMVNO(仮想移動体通信事業者)や当社が吸収合併した事業者から継承した他ブランド(PHS事業を含む)などについては、それぞれ別記事で扱う。 会社組織上の原点は日本国有鉄道(国鉄)が分割民営化するのに先立ち、1986年(昭和61年)に国鉄の鉄道電話事業の継承を目的として設立された鉄道通信株式会社(JR通信)である。その後、1989年に旧国鉄が新電電子会社として設立した日本テレコムを吸収合併し、JR通信は日本テレコム(2代目)へ改称した。 (Wikipedia:ソフトバンク)

ソフトバンクホークス
『福岡ソフトバンクホークス』より : 福岡ソフトバンクホークス(ふくおかソフトバンクホークス、英語: Fukuoka SoftBank Hawks)は、日本のプロ野球球団。パシフィック・リーグに所属する。現在の監督は工藤公康。法人の会長には王貞治が就任している。 福岡県を保護地域とし、同県福岡市中央区にある福岡ヤフオク!ドームを専用球場(本拠地)としている。また、二軍(ウエスタン・リーグ所属)の本拠地は同県筑後市津島にあるHAWKSベースボールパーク筑後である。 球団の歴史 南海時代 1944年から1947年にかけての「近畿日本」、「グレートリング」と言う名称だった時代も含む。 = 球団設立 = 1938年3月1日に南海鉄道を親会社とする「南海軍(なんかいぐん)」が結成され、関西の私鉄界では阪神電気鉄道、阪神急行電鉄(阪急)に続く3番目のプロ野球球団となった。阪神の細野躋や阪急の小林一三が南海の寺田甚吉社長と小原英一取締役に設立を勧め、寺田のツルの一声で決まったとされている。 (Wikipedia:ソフトバンクホークス)

ソフトバンクモバイル
『ボーダフォン』より : ソフトバンク株式会社(英文社名: SoftBank Corp.、ブランド名: SoftBank)は、ソフトバンクグループ傘下の株式会社で、日本で携帯電話などの無線通信サービス(移動体通信事業者)および長距離・国際通信を提供する日本の大手電気通信事業者である。2015年7月1日にソフトバンクモバイル株式会社から社名変更した。 ソフトバンクが展開するSoftBankブランドの携帯電話についてはSoftBank (携帯電話)、当社との協業によるMVNO(仮想移動体通信事業者)や当社が吸収合併した事業者から継承した他ブランド(PHS事業を含む)などについては、それぞれ別記事で扱う。 会社組織上の原点は日本国有鉄道(国鉄)が分割民営化するのに先立ち、1986年(昭和61年)に国鉄の鉄道電話事業の継承を目的として設立された鉄道通信株式会社(JR通信)である。その後、1989年に旧国鉄が新電電子会社として設立した日本テレコムを吸収合併し、JR通信は日本テレコム(2代目)へ改称した。 (Wikipedia:ソフトバンクモバイル)

ソフトバンクモバイルの端末一覧
当項目では、デジタルホン、J-フォン、ボーダフォン及びデジタルツーカー時代を含むソフトバンクモバイルの携帯電話端末について記す。
関東、東海、関西地区でのサービス開始当初からJ-フォン開始までの端末。ここではDPシリーズを記す。
DP-111 - デジタルホン初号機
DP-125- この機種を最後にデジタルホンから完全撤退。J-Fと付いた機種は存在しない。
DP-134 - ドルフィンライン
DP-145 - スカイメール スカイウォーカー対応
DP-154EX
DP-211 - 携帯初の前面タッチパネル式、付属のペンで手書き入力が可能
DP-211sw - スカイウォーカー対応
”デジタルツーカーを参照”
関東、東海、関西地区以外でのサービス開始当初からJ-フォンに社名変更するまでの端末。機種によりデジタルホンローミングとツーカーローミングに分かれる。
(Wikipedia:ソフトバンクモバイルの端末一覧)

ソフトバンクテレコム
ソフトバンクテレコム株式会社(英称:SoftBank Telecom Corp.)は、かつて存在したソフトバンク(現:ソフトバンクグループ)の連結子会社で、日本の大手電気通信事業者の一つである。本社は東京都港区東新橋一丁目9番1号に所在した。 2015年4月1日付で、ソフトバンクBB、ワイモバイルとともにソフトバンクモバイル(現:ソフトバンク)に吸収合併され、解散した。 ソフトバンクテレコムは、日本国有鉄道設立の日本テレコムを出発点とし、数回の合併、資本提携、経営権の変更を経て、2015年3月時点ではソフトバンクの100%出資会社として、法人および個人向けに電気通信業務を行う企業であった。法人向けでは、音声サービスやクラウドサービス、ネットワークサービスを中核としデータセンターなどの提供も行う。 識別番号は国内電話が0088、国際電話が0061である。 日本テレコム株式会社(初代) 第二次臨時行政調査会の提言のもと中曽根内閣によって進められた行政改革のひとつである三公社五現業の民営化に伴い、日本電信電話公社の民営化が既定路線となり、同時に通信自由化もなされる事となった。 (Wikipedia:ソフトバンクテレコム)

ソフトバンクプリペイドサービス
ソフトバンクプリペイドサービス(英文表記:SoftBank Prepaid Service)は、ソフトバンクモバイルが提供する第2世代移動通信システム 第2世代携帯電話(PDC)V4・V3・V2・V1およびJ-0Xシリーズ。によるプリペイド式携帯電話サービスである。
基本使用料が無料なのが売りだった。ここでは、東海地域以外でサービス提供されている、ソフトバンクプリペイドサービス(SPS)と東海地域で提供されているPjについて記述する。いずれも2008年3月31日をもって新規受付を終了しており、2010年3月31日午前2時をもって、サービス廃止(併せて、他のサービスに移行しない場合は、この時点で強制解約)を予定している。
第3世代移動通信システム 3Gプリペイドサービス「プリモバイル」については同項目を参照のこと。本サービス利用者がMNPを利用する場合についても、同項目に詳述されているため、併せて参照されたい。
(Wikipedia:ソフトバンクプリペイドサービス)

ソフトバンククリエイティブ
SBクリエイティブ株式会社(SB Creative Corp.)は、日本の情報通信業者ソフトバンクグループの系列出版社。コンピュータやIT、コンピュータゲーム関連の書籍や、ビジネス書、ライトノベル、文庫、新書等の発行を主業務とし、電子書籍事業、デジタルサイネージ事業、ブロードバンドコンテンツ育成事業も手掛ける。 現在は、ソフトバンクグループ内で出版・ブロードバンドコンテンツなどのメディアやマーケティング事業を統括する純粋持株会社(中間持株会社)「SBメディアホールディングス株式会社」(SB Media Holdings Corp. 、SMH)の傘下にある。 創設当時の日本ソフトバンク(現、ソフトバンクグループ)の出版部がその前身となっており、「Oh!PC」などに代表される、当時は珍しかったパソコン機種別の雑誌を発行。以後も「Beep」「C MAGAZINE」などの雑誌を発行してきている。 2005年に、ソフトバンクパブリッシングやソフトバンク・メディア・アンド・マーケティングなどが合併し、ソフトバンク クリエイティブ株式会社となった。 (Wikipedia:ソフトバンククリエイティブ)

ソフトバンクパブリッシング
『ソフトバンククリエイティブ』より : SBクリエイティブ株式会社(SB Creative Corp.)は、日本の情報通信業者ソフトバンクグループの系列出版社。コンピュータやIT、コンピュータゲーム関連の書籍や、ビジネス書、ライトノベル、文庫、新書等の発行を主業務とし、電子書籍事業、デジタルサイネージ事業、ブロードバンドコンテンツ育成事業も手掛ける。 現在は、ソフトバンクグループ内で出版・ブロードバンドコンテンツなどのメディアやマーケティング事業を統括する純粋持株会社(中間持株会社)「SBメディアホールディングス株式会社」(SB Media Holdings Corp. 、SMH)の傘下にある。 創設当時の日本ソフトバンク(現、ソフトバンクグループ)の出版部がその前身となっており、「Oh!PC」などに代表される、当時は珍しかったパソコン機種別の雑誌を発行。以後も「Beep」「C MAGAZINE」などの雑誌を発行してきている。 2005年に、ソフトバンクパブリッシングやソフトバンク・メディア・アンド・マーケティングなどが合併し、ソフトバンク クリエイティブ株式会社となった。 (Wikipedia:ソフトバンクパブリッシング)

ソフトバンクBB
ソフトバンクBB株式会社(ソフトバンクビービー、英文名称:SOFTBANK BB Corp.)は、かつて存在したソフトバンク(現:ソフトバンクグループ)の連結子会社で、ソフトバンクグループ内でADSLやFTTHなどの固定通信事業を担っていた。 2015年4月1日付で、ソフトバンクテレコム、ワイモバイルとともにソフトバンクモバイル(現:ソフトバンク)に吸収合併され、解散した。 2006年(平成18年)以降、通信三社(ソフトバンクBB、ソフトバンクテレコム、ソフトバンクモバイル)での合同採用形式に移行している。(ソフトバンクBBでの採用は100人程度) 2005年(平成17年)12月1日から2007年(平成19年)3月31日までのソフトバンクBB株式会社は、当社からコンテンツサービス事業・FTTH事業・流通事業を分割した会社である。同期間中、当社は商号を「BBテクノロジー株式会社」としてADSL事業を行う会社であった。 沿革 1999年(平成11年)9月21日 - ソフトバンク・コマース株式会社がソフトバンク株式会社の完全子会社として設立。 (Wikipedia:ソフトバンクBB)

ソフトバンクビービー
『ソフトバンクBB』より : ソフトバンクBB株式会社(ソフトバンクビービー、英文名称:SOFTBANK BB Corp.)は、かつて存在したソフトバンク(現:ソフトバンクグループ)の連結子会社で、ソフトバンクグループ内でADSLやFTTHなどの固定通信事業を担っていた。 2015年4月1日付で、ソフトバンクテレコム、ワイモバイルとともにソフトバンクモバイル(現:ソフトバンク)に吸収合併され、解散した。 2006年(平成18年)以降、通信三社(ソフトバンクBB、ソフトバンクテレコム、ソフトバンクモバイル)での合同採用形式に移行している。(ソフトバンクBBでの採用は100人程度) 2005年(平成17年)12月1日から2007年(平成19年)3月31日までのソフトバンクBB株式会社は、当社からコンテンツサービス事業・FTTH事業・流通事業を分割した会社である。同期間中、当社は商号を「BBテクノロジー株式会社」としてADSL事業を行う会社であった。 沿革 1999年(平成11年)9月21日 - ソフトバンク・コマース株式会社がソフトバンク株式会社の完全子会社として設立。 (Wikipedia:ソフトバンクビービー)

ソフトバンクモバイルオフィス
ソフトバンクモバイルオフィス(通称:社員間通話定額、略称:SMO)とは、2004年12月1日に開始したオンネットグループ内の通話が無料になるソフトバンクモバイルのサービス。
SoftBank 3G端末を用いてオンネットグループ内の通話が無料になるサービスで、月額利用料金は5,460円(税込)である。この料金には基本使用料も含まれている。また、ハッピーボーナスなどの基本使用料割引やデュアルパケット定額など一般回線向け定額サービス(通称:ボーダフォン4つの定額)の対象内である。現在2回線から導入することが可能である。また無線LANなどを用いるIP%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9#.E3.83.A2.E3.83.90.E3.82.A4.E3.83.AB.E3.82.BB.E3.83.B3.E3.83.88.E3.83.AC.E3.83.83.E3.82.AF.E3.82.B9.E3.82.B5.E3.83.BC.E3.83.93.E3.82.B9 モバイルセントレックスサービスとは違い、設備を別途用意する必要はない。現在ではホワイトプラン及びWホワイトの方が安くなる場合もある。
(Wikipedia:ソフトバンクモバイルオフィス)

ソフトバンクテレコム販売
社名 ソフトバンクテレコム販売株式会社
英文社名 SOFTBANK TELECOM SALES Corp.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 SBTC-S
本社所在地 東京都港区 (東京都) 港区東新橋一丁目9番1号東京汐留ビルディング
設立 1999年3月24日(ソフトバンク・ファイナンス株式会社)
業種 : 日本の情報・通信業 情報・通信業
事業内容 法人向け携帯電話端末の仕入れ、販売
代表者 宮内謙(代表取締役社長)
資本金 100百万円
売上高 172百万円(2006年3月期)
従業員数
主要株主 ソフトバンク株式会社 51%SBBM株式会社 49%
決算期 毎年3月31日
特記事項 2007年2月1日に吸収合併および商号変更し、現在はソフトバンクテレコム ソフトバンクテレコム株式会社。
ソフトバンクテレコム販売株式会社(英文名称: SOFTBANK TELECOM SALES Corp.)とは、2007年2月1日に(旧)ソフトバンクテレコム株式会社を吸収合併(逆さ合併)し、現在は「ソフトバンクテレコム ソフトバンクテレコム株式会社」となっている企業の旧商号である。
(Wikipedia:ソフトバンクテレコム販売)

ソフトバンクアフターサービス
ソフトバンクアフターサービスとは、ソフトバンクモバイルのオプションサービス。
2003年10月1日 - ブランド名を「J-PHONE」から「ボーダフォン」へ変更するのに伴い、「J-PHONE CLUB」についても「ボーダフォンアフターサービス」へ名称を変更。サービス内容を統一し、全国サービスとして導入した。
2006年10月1日 - ブランド名を「ボーダフォン」から「ソフトバンク」へ変更するのに伴い、「ソフトバンクアフターサービス」へ名称を変更。
2006年10月23日 - MNP開始に伴い、「スーパー安心パック」にサービス内容を変更することになった。
2006年10月25日 - 「スーパー安心パック」の開始にともない、本サービスの新規申し込みを受け付け終了した。
2003年10月1日時点でのサービス内容
(Wikipedia:ソフトバンクアフターサービス)

ソフトバンクIDC
株式会社IDCフロンティア(英称:IDC Frontier Inc.)はIaaS型クラウドサービスとデータセンター事業を軸としたITインフラを提供している日本の事業者であり、ヤフーのグループ企業である。 近年の取り組み 新宿データセンター内ハウジングスペースの空調効率を高めるために、コールドモールと呼ばれる環境を構築し2007年から運用開始した。また、福岡県北九州市に環境配慮型のデータセンター施設「アジアン・フロンティア」が2008年10月に開業、冷却に外気を取り入れるグリーンモールと呼ばれる空調方式を採用した。2010年10月には福島県白河市に環境配慮型の大規模データセンター建設を発表し、2012年10月に「白河データセンター」として開業した。 2009年6月30日、IaaS型のパブリッククラウド「NOAHプラットフォームサービス(現:IDCフロンティア クラウドサービス マネージドタイプ)」の提供を開始した。 (Wikipedia:ソフトバンクIDC)

ソフトバンクアイディーシー
『ソフトバンクIDC』より : 株式会社IDCフロンティア(英称:IDC Frontier Inc.)はIaaS型クラウドサービスとデータセンター事業を軸としたITインフラを提供している日本の事業者であり、ヤフーのグループ企業である。 近年の取り組み 新宿データセンター内ハウジングスペースの空調効率を高めるために、コールドモールと呼ばれる環境を構築し2007年から運用開始した。また、福岡県北九州市に環境配慮型のデータセンター施設「アジアン・フロンティア」が2008年10月に開業、冷却に外気を取り入れるグリーンモールと呼ばれる空調方式を採用した。2010年10月には福島県白河市に環境配慮型の大規模データセンター建設を発表し、2012年10月に「白河データセンター」として開業した。 2009年6月30日、IaaS型のパブリッククラウド「NOAHプラットフォームサービス(現:IDCフロンティア クラウドサービス マネージドタイプ)」の提供を開始した。 (Wikipedia:ソフトバンクアイディーシー)

ソフトバンクインベストメント
『ソフトバンク・インベストメント』より : ソフトバンク・インベストメントはSBIホールディングス株式会社およびSBIインベストメント株式会社の旧商号である。 1999年7月8日から2005年7月1日のソフトバンク・インベストメント株式会社はSBIホールディングス#沿革を参照。 2005年7月1日から2006年10月1日のソフトバンク・インベストメント株式会社はSBIインベストメントを参照。 (Wikipedia:ソフトバンクインベストメント)

ソフトバンク・インベストメント
ソフトバンク・インベストメントはSBIホールディングス株式会社およびSBIインベストメント株式会社の旧商号である。 1999年7月8日から2005年7月1日のソフトバンク・インベストメント株式会社はSBIホールディングス#沿革を参照。 2005年7月1日から2006年10月1日のソフトバンク・インベストメント株式会社はSBIインベストメントを参照。 (Wikipedia:ソフトバンク・インベストメント)

ソフトバンクのイメージキャラクター
本記事では、ソフトバンクのイメージキャラクターについてVodafone・J-PHONE・デジタルホン時代を含めて詳細に説明する。 ◎は、白戸家とコラボしたイメージキャラクター。コラボの詳細は脚注や白戸家を参照(コラボが複雑なSMAPのみこちらにも記載する)。 現在のイメージキャラクター メインキャラクター 吉永小百合(2013年9月3日 -) SMAP(2009年8月1日 -) ◎ 機種CMに登場。初回OA日の18時59分頃、特別バージョンCM(60秒)が全国の民放テレビ局で、同じタイミングで(一部の放送局は若干早く)放送された。 SMAP全員としては1999年4月から2009年3月までNTT東日本のCMに出演、また木村拓哉単独では2006年から2008年まで富士通のドコモ向け端末のイメージキャラクターを務めていた。 出演しているCMにおいては「二つ折りの唄」篇を除いてサービスなどのナレーションを一切流さず、BGMもしくは五人のセリフもしくは歌で構成する形式となっている。 (Wikipedia:ソフトバンクのイメージキャラクター)

ソフトバンクグローバルレンタル
『』より : (Wikipedia:ソフトバンクグローバルレンタル)

ソフトバンクグループ
『』より : ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連企業等を傘下に置く持株会社。また、プロ野球チーム「福岡ソフトバンクホークス」の親会社でもある。 携帯電話通信事業者としては世界3位の売上高で、売上の6割を占める。また、固定電話やインターネットに関わるインフラ事業、インターネット・カルチャー事業も行っている。 各事業に関する説明はグループ会社を参照。 沿革 1970年代 1978年夏、孫正義が開発した電子翻訳機を売り込みに、日本の電機企業を10社前後訪問する。ロゴの2本線は「海援隊」の旗に基づいており、「ソフトバンクは、同志の船。マストに翻るのは、21世紀の海援隊」という願いが込められた。同時に「=(イコール)」を意味し、情報ネットワークを誰もが公平に楽しめる世の中を実現するための「アンサー」を導きだすのはソフトバンク、という決意と願望が込められた。 (Wikipedia:ソフトバンクグループ)


ソフトバンク - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ソフトバンク - アマゾン検索


「ソフトバンク」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す