[PR]

日別キーワード

第37位  カルロス・ゴーン - 2018年12月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



カルロス・ゴーン
カルロス・ゴーン(Carlos Ghosn、1954年3月9日 - )は、フランスの自動車会社ルノーの取締役会長兼CEO(PDG)にして、日産自動車の社長兼最高経営責任者(CEO)。またルノーと日産は、2010以降全世界自動車市場の約10%のシェアを保っているが 、ゴーンは両社の株式の相互保有を含む戦略的パートナーシップを統括する「ルノー・日産アライアンス」の社長兼最高経営責任者(CEO)をも兼務する。 両親はレバノン人で、ブラジルで誕生。幼少期をブラジルで過ごし、中等教育は父の母国であるレバノンのベイルートで受けた。フランスの工学系グランゼコールの一つであるパリ国立高等鉱業学校を卒業した後、フランス大手タイヤメーカー、ミシュランに入社し18年間在籍。同社での業績を評価され、ルノーに上席副社長としてスカウトされ、同社の再建にも貢献した。 1999年3月、当時経営と財政危機に瀕していた日産がルノーと資本提携を結び、同年6月、ルノーの上席副社長の職にあったゴーンが、ルノーにおけるポジションを維持しつつ、日産の最高執行責任者(COO)に就任。 (Wikipedia:カルロス・ゴーン)


カルロス・ゴーン - 関連ブログ

田舎道をドライブすると開拓精神が満たされてスッキリする | Books&Apps

「どんなに気分がムシャクシャした時でも、車のキーを回してアクセルを踏むとスッキリとした気持ちで朝を迎えられる。自動車会社のCEOになろうと決意した理由だ」 以前、カルロス・ゴーンさんの自伝で日産自動車のCEOを引き受けた理由として、このような事が述べられていた。 その当時、僕は車の免許すら持っていなかっ...

我々が直面しているアブナイ現実と未来~猫組長『ダークサイド投資術』を読む | 読んで学んで、考えて。

この記事では猫組長『ダークサイド投資術』を紹介し、今の我々がどーやって生き残るかを考察したいと思います。 今のところ、生活の激変で対応するのに手いっぱい、というのが本音なんですが、 こんな時こそ、読書人としては一歩前の未来を思い描くようにしないと、と考えています。 この本は、現在の世界を新型コロナウ...

生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後」の日産にXデーが迫る | 加谷珪一 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

<ゴーン元CEOを追放して拡大路線と決別した日産だが、業界の趨勢を見ると自ら破滅の道を選んでいるようにしか思えない> 日産が巨額赤字に苦しんでいる。昨年12月に新CEOに就任した内田誠氏は、従来の拡大路線から決別し、身の丈にあった経営を目指すとしている。だが同社が拡大路線を追求してきたのは、100年に1度のパ...

苦境の日産自動車、前社長と前暫定CEOに「退職慰労金」含む4億円超の総報酬(井上久男) - 個人 - Yahoo!ニュース

最高額は山内康裕前暫定CEOの4億1900万円 日産自動車は6日、有価証券報告書を公表した。それによると、今年2月に退任した西川廣人前社長兼CEOに対して4億1200万円、昨年9月の西川氏の辞任後に暫定CEOを務めて同じく2月に退任した山内康裕氏に対して4億1900万円の総報酬を支払った。 日産は2...

実刑確定後、41人所在不明に 6月末現在、法制審で説明―法務省:時事ドットコム

実刑確定後、41人所在不明に 6月末現在、法制審で説明―法務省 2020年07月06日17時47分 法務省は6日、実刑が確定したにもかかわらず、6月末現在で41人が収容に応じず、所在が分からなくなっていると明らかにした。保釈中の被告や実刑確定者らの逃亡防止策を検討する法制審議会(法相の諮問機関)刑事法部会で説明...

ゴーン被告逃亡事件、トルコで初公判 5被告を保釈 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News

レバノンの首都ベイルートで、記者会見場に到着したカルロス・ゴーン被告(2020年1月8日撮影)。(c)AFP 【7月4日 AFP】日産自動車(Nissan Motor)前会長のカルロス・ゴーン(Carlos Ghosn)被告が昨年12月、日本からトルコ・イスタンブール経由でレバノンに逃亡した事件で、逃亡に関与したとして起訴された被告7人の初...

弘中弁護士が読売新聞提訴 | 共同通信

前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告の弁護人だった弘中惇一郎弁護士は30日、被告の逃亡を黙認したとする記事で名誉を傷つけられたとして、読売新聞東京本社と同大阪本社に計1320万円の支払いを求め、東京地裁に提訴した。

弘中弁護士が読売新聞を提訴 ゴーン前会長逃亡巡る記事 | 共同通信

金融商品取引法違反罪などに問われた日産自動車前会長カルロス・ゴーン被告の弁護人だった弘中惇一郎弁護士は30日、被告の逃亡を黙認したとする記事で名誉を傷つけられたとして、読売新聞東京本社と同大阪本社に慰謝料など計1320万円の支払いを求め、東京地裁に提訴した。 訴状によると、今年1月31日付の読売新聞朝刊は...

郷原信郎【「深層」カルロス・ゴーンとの対話 起訴されれば99%超が有罪となる国で】 on Twitter: "昨日、ゴゴスマという番組で、橋下徹氏@hashimoto_lo が、私の名前を出し「郷原氏は認知しただけで交付罪が成立すると言っている。(自民党本部が)具体的に買収指示をしていないと交付罪は成立しない」との趣旨の発言をしたらしい。… https://t.co/cXP2dQcJIA"

昨日、ゴゴスマという番組で、橋下徹氏@hashimoto_lo が、私の名前を出し「郷原氏は認知しただけで交付罪が成立すると言っている。(自民党本部が)具体的に買収指示をしていないと交付罪は成立しない」との趣旨の発言をしたらしい。… https://t.co/cXP2dQcJIA

内部告発「裏切り者に制裁」後絶たず…16年ぶり法改正も、通報者が守られない理由 - 弁護士ドットコム

企業などの不正を内部通報した人を保護する、改正公益通報者保護法が6月8日、成立した。通報窓口の担当者等に罰則つきの守秘義務を課すことなどを柱とするもので、2022年6月までに施行される。 近年、内部通報によって事業者の不祥事が明るみに出るケースが後を絶たず、制度が広く知られるようになった。その一方で、通...


カルロス・ゴーン - アマゾン検索


「カルロス・ゴーン」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す