[PR]

日別キーワード

第44位  スターリン - 2018年12月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



Wikipedia API is too busy.

スターリン - 関連ブログ

菅内閣の「五輪中止総辞職」は秒読みか。海外も嘲笑スガーリンのコロナ迷走劇=今市太郎 | マネーボイス

海外紙が菅首相のことを「スガーリンというあだ名が付いている」と報じています。この不名誉なあだ名を地で行く政策を繰り返しており、桜が咲くまでに東京五輪の中止発表・総辞職を余儀なくされそうな状況です。(『今市的視点 IMAICHI POV』今市太郎) 【関連】また日本搾取か。菅総理が心酔する“知日派”アトキンソン...

【写真特集】埋もれゆくシベリア「骨の道」の記憶 | Picture Power | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

総延長距離2000キロに及ぶロシア連邦道路R504(通称コリマ道路)はスターリン時代に強制労動を科された政治犯たちによって建設された <スターリン時代、この道を通って100万人を超える政治犯が強制労働収容所へと送られ、その多くは過酷な労働で命を失った> 冬の平均気温がマイナス38度にも達するロシア極東のコリマ地...

ヴィトルト・ピレツキ『アウシュヴィッツ潜入記』 - 紙屋研究所

まもなくアウシュヴィッツが解放された記念日(国際ホロコースト記念日)である1月27日である。 私はアウシュヴィッツで危険なゲームをやっていた。いや、この文章は現実を正しく伝えているとはいえない。実際、私の経験は世間の人々が考える危険をはるかに超えるものだったのだ…… 本書の冒頭に掲げられている著者ヴィト...

『サピエンス全史』ユヴァル・ノア・ハラリが解き明かす、 世界的陰謀論の虚偽と欺瞞。The New York Times記事翻訳を全文公開|Web河出

ユヴァル・ノア・ハラリ 単行本 - 人文書 『サピエンス全史』ユヴァル・ノア・ハラリが解き明かす、 世界的陰謀論の虚偽と欺瞞。The New York Times記事翻訳を全文公開 ユヴァル・ノア・ハラリ 2020.12.10 『サピエンス全史』ユヴァル・ノア・ハラリが解き明かす、 世界的陰謀論の虚偽と欺瞞。そして、人類に必要とされ...

ハンガリー映画『この世界に残されて』ネタバレ・あらすじ「生き抜いて欲しい」感想「純愛がステキ」結末 | 運だぜ!アート

映画『この世界に残されて』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『この世界に残されて』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 『運だぜ!アート...

海外「独裁者?」日本の首相の新しいニックネームに海外興味津々!(海外の反応) - 海外の反応宇宙

菅義偉首相はインターネット番組で「ガースーです」と愛称で自己紹介し、「緊張感がない」と批判を浴びたが、このところ別の呼び名も使われているようだ。その名も旧ソ連の権力者、スターリン(1878~1953年)になぞらえた「スガーリン」。首相の強権的な一面をのぞかせている。  「最近、首相は役所の中で『ス...

【米国極左】米放送協会「トランプ支持者は強制収容キャンプへ、議会には火炎瓶を投げつけろ!」アメリカ共産化【海外の反応】 - 海外の反応宇宙

■数々の告発スクープを連発しているジェームス・オキーフ記者。今度は全米放送協会(税金で運用されている公共機関)の首席顧問であるマイケル・ベラーが政治的暴力を扇動する発言している動画を公表し大騒動になっているのでご紹介します。もしバイデンが勝ったらと言う発言をしているので明らかに選挙前に録画された動...

藤原ヒロシが「文春砲」を逆取材! 藤原ヒロシvs『週刊文春』新谷学・白熱対談(前編) (3/3) | JBpress autograph

藤原 彼の冤罪説を書いていた革マル(※11)の人たちはどうなったんですかね? 新谷 めちゃくちゃ詳しいですね(笑)。 藤原 僕、酒鬼薔薇聖斗事件の本、毎回買っていたんですよ。新谷さん、「模索舎」(※12)という書店は行かれますか? 自主流通本を中心に扱っていて、マルクス主義からパンク、HIP HOPまでアンダー...

余録:老害で旧ソ連の停滞を招いたブレジネフ書記長は… - 毎日新聞

老害で旧ソ連の停滞を招いたブレジネフ書記長はアネクドート(風刺小話)の格好の標的だった。――その演説の聴衆にいたスパイが逮捕された。ブレジネフは摘発した軍人になぜ敵と分かったのかと尋ねた▲「はい閣下のおっしゃる『敵は眠らない』を指針としたのであります」――。ほかの聴衆は居眠りをしていたらしい。「書記長...

コロナ禍でまたぞろ忍び寄る〝日本型ポピュリズム〟の影  WEDGE Infinity(ウェッジ)

1930~40年代と現代の類似性が高いことが指摘されることが多くなってきた。何かにつけてすぐにこうした例えを持ち出すのもどうかと思うところもあるが、今般は、やはりかなりの程度それが当たっている点があることは否定できないであろう。一方で、議会制民主主義や言論の自由などの「自由民主主義」を否定した「全体主...


スターリン - アマゾン検索


「スターリン」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す