[PR]

日別キーワード

第47位  デカルト - 2018年12月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



デカルト
『ルネ・デカルト』より : デカルト (Descartes) ルネ・デカルト - フランス出身の哲学者、自然哲学者、数学者。以下はこれにちなむ。 デカルト座標 - ルネ・デカルトの確立した直交座標。直交座標系や平面#デカルト座標を参照。 デカルトの正葉線 - 直交座標の方程式によって表される曲線。 デカルト閉圏 - 任意の2つの対象の直積上で定義される射が直積因子の一方で定義される射と自然に同一視できること。 デカルト級防護巡洋艦 - フランスが建造した防護巡洋艦の艦級。 デカルト・シャーマン - アニメ映画『劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』の登場人物。機動戦士ガンダム00の登場人物#デカルト・シャーマンを参照。 (Wikipedia:デカルト)

デカルトドラゴン
『巨大ゾイド』より : 巨大ゾイド(きょだいゾイド)は、トミー(現タカラトミー)より発売されている『ゾイド』シリーズに登場する架空の兵器。主に大型の電動モーター駆動キット、およびこれに類する大きさのものを指す。90年まで展開された「メカ生体ZOIDS」では「B/O」シリーズと呼ばれていた。 アイアンコング エナジーライガー オルディオス ヘリック共和国空軍グラハム大尉の開発したペガサス型の大型飛行ゾイド。カラーリングは白青赤と金(金メッキ)のいわゆるトリコロールカラー。ヘリック共和国はイメージカラーとして青と白のカラーリングを基調としていたが、決意を示すための色として赤を用いたと言う。中央大陸戦争末期に導入されたゾイドコアの遺伝子組み換え技術が導入されており、馬型ゾイドと暗黒大陸の竜型ゾイドをバイオテクノロジーで融合させて完成させた合成獣型ゾイドであり、一種のキメラ的な部分を持っている。 (Wikipedia:デカルトドラゴン)

デカルト座標
『直交座標系』より : 数学における直交座標系(ちょっこうざひょうけい、英: rectangular coordinate system, 英: orthogonal coordinate system)とは、互いに直交している座標軸を指定することによって定まる座標系のことである。平面上の直交座標系ではそれぞれの点に対して一意に定まる二つの実数の組によって点の位置が指定される。同様にして空間上の直交座標系では三つの実数の組によって座標が与えられる。 1637年に発表された『方法序説』において平面上の座標の概念を確立したルネ・デカルトの名を採ってデカルト座標系 (Cartesian coordinate system) とも呼ぶ。 平面上の直交座標系 まず平面上に数直線を一本引く。この直線を x 軸と呼ぶことにする。x 軸に対して直角に直線を引いた直線上の全ての点は、同じ x 座標の値をとると定める。次にこの x 軸に対して、原点から直角にもう一本数直線を引く。これを y 軸と呼ぶことにする。y 軸も x 軸と同様に y 軸に対して直角に直線を引いた直線上の全ての点は、同じ y 座標の値をとると定める。 (Wikipedia:デカルト座標)

デカルト座標系
『直交座標系』より : 数学における直交座標系(ちょっこうざひょうけい、英: rectangular coordinate system, 英: orthogonal coordinate system)とは、互いに直交している座標軸を指定することによって定まる座標系のことである。平面上の直交座標系ではそれぞれの点に対して一意に定まる二つの実数の組によって点の位置が指定される。同様にして空間上の直交座標系では三つの実数の組によって座標が与えられる。 1637年に発表された『方法序説』において平面上の座標の概念を確立したルネ・デカルトの名を採ってデカルト座標系 (Cartesian coordinate system) とも呼ぶ。 平面上の直交座標系 まず平面上に数直線を一本引く。この直線を x 軸と呼ぶことにする。x 軸に対して直角に直線を引いた直線上の全ての点は、同じ x 座標の値をとると定める。次にこの x 軸に対して、原点から直角にもう一本数直線を引く。これを y 軸と呼ぶことにする。y 軸も x 軸と同様に y 軸に対して直角に直線を引いた直線上の全ての点は、同じ y 座標の値をとると定める。 (Wikipedia:デカルト座標系)

デカルトの正葉線
デカルトの正葉線(デカルトのせいようせん、folium of Descartes)は直交座標の方程式 x^3 + y^3 - 3axy = 0 \,によって表される曲線である。パラメータ表示では x=\frac{3at}{1 + t^3},~y=\frac{3at^2}{1 + t^3}\;(t\ne-1)と表される。 原点Oで自らと交わる。y=-x-a を漸近線に持つ。ループで囲まれる面積は S=\frac{3a^2}{2}である。 (Wikipedia:デカルトの正葉線)


デカルト - 関連ブログ

データが取得できませんでした

デカルト - アマゾン検索


「デカルト」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す