[PR]

日別キーワード

第56位  モーツァルト - 2018年12月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



モーツァルト
『ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト』より : ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(ドイツ語: Wolfgang Amadeus Mozart、洗礼名:ヨハンネス・クリュソストムス・ウォルフガングス・テオフィルス・モザルト(Johannes Chrysostomus Wolfgangus Theophilus Mozart)、1756年1月27日 - 1791年12月5日)はオーストリアの作曲家、演奏家。古典派音楽の代表であり、ハイドン、ベートーヴェンと並んでウィーン古典派三大巨匠の一人である。称号は神聖ローマ帝国皇室宮廷作曲家、神聖ローマ帝国皇室クラヴィーア教師、ヴェローナのアカデミア・フィラルモニカ名誉楽長などを務めた。 生涯 幼年期 1756年1月27日、ザルツブルクに生まれる。現在はオーストリアの都市であるが、当時は神聖ローマ帝国領(当時の正式名称は「ドイツ国民の神聖ローマ帝国」に属する大司教領であり、オーストリアの前身国家である大公領には含まれていない。 (Wikipedia:モーツァルト)

モーツァルトの楽曲一覧
モーツァルトの楽曲一覧(モーツァルトのがっきょくいちらん)は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの主な楽曲一覧。 ジャンル別一覧 注意事項:モーツァルトの時代には絶対音楽をジャンル別に分類し、作曲あるいは出版順に通し番号を与えるという発想・習慣はなかった。したがって、たとえば「交響曲第○番」とか「ピアノ・ソナタ第○番」といった通し番号はモーツァルト自身が与えたものではなく、後世の者によって便宜上付けられたものである。なおモーツァルトの一部の作品は生前に出版され、作品番号が与えられた楽曲もあるが、こんにちではそうした作品番号ほとんど用いられていない。 交響曲 作曲年順 管弦楽曲の楽章 K.deest (交響曲かどうかは不明、断片、16小節のみ) 交響曲第1番 変ホ長調 K.16 (1764/65) 交響曲 イ短調 K.16a『オーデンセ』(1765? 1983年にデンマークのオーデンセで再発見。 (Wikipedia:モーツァルトの楽曲一覧)

モーツァルトのための劇場
モーツァルトのための劇場(”Haus für Mozart”)、旧ザルツブルク祝祭小劇場(”Das Kleine Festspielhaus”)はオーストリアのザルツブルクにある劇場。2006年ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト モーツァルト生誕250年を記念して「モーツァルトのための劇場」と改称された。なお日本では モーツァルトの家 とも呼ばれる。1960年に完成した隣接する祝祭大劇場とともに、ザルツブルク音楽祭の主会場である。
1924年ザルツブルクの建築家エドワルト・ヒュッター(”Eduard Hütter”)により、ザルツブルク宮廷の旧厩舎が改築され、最初の 祝祭劇場を使用したフーゴ・フォン・ホーフマンスタールの神秘劇が、マックス・ラインハルトの演出で開催された。翌1925年には、すでにクレメンス・ホルツマイスター(”:en:Clemens Holzmeister”)による改修が行われ、現在まで続く祝祭劇場の重要な利用目的、つまりドーム広場で開催される『イェーダーマン』(”:de:Jedermann”)が雨天の場合の上演場所が確保された。同年、祝祭劇場でブルーノ・ワルター、カール・ムック(”:de:Karl Muck”)、フランツ・シャルクの指揮による3回のウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の公演が行われた。祝祭劇場でのはじめてのオペラ公演は、1927年ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン ベートーヴェンの没後100周年にちなみ、フランツ・シャルク指揮、ウィーン国立歌劇場の出演で『フィデリオ』が上演された。1936年の改修記念として、再び『フィデリオ』がアルトゥーロ・トスカニーニ トスカニーニの指揮で上演された。ちなみに両方の公演ともロッテ・レーマン(”:en:Lotte Lehmann”)がタイトル・ロール(フィデリオ レオノーレ)を歌った。1939年の改修記念として、カール・ベームの指揮によるリヒャルト・シュトラウスの『ばらの騎士』が上演された。
(Wikipedia:モーツァルトのための劇場)

モーツァルト家
モーツァルト家(モーツァルトけ、独: Mozart)は、オーストリアの音楽家一家。 モーツァルトという姓は、1330年ごろのシュヴァーベン公国(現バイエルン州)にさかのぼり、今でもレヒ川、ドナウ河、アルゴイ高地といった地域に点在する。作曲家モーツァルトの父方の祖先もその地域の出身である。元来はモツハルト(MotzhartまたはMotzhardt)という綴りで、「みすぼらしい奴・卑しい奴」とか「湿地の藪」というほどの意味であった。ある時期から、姓を現在のような語形に変えたのは、そのような消極的なイメージを避けるためだったと見なされている。ちなみにモーツァルトという姓がきわめて有名になったのは、レオポルト・モーツァルトととりわけその息子ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトによってである。 ダーフィト・E.モツハルトDavid E. Motzhardt(アウクスブルクの農夫) ダーフィト・モツハルトDavid Motzhardt(1620-1685、アウクスブルクの煉瓦職人で大工の棟梁。 (Wikipedia:モーツァルト家)

モーツァルト国際コンクール
モーツァルト国際コンクール(International Mozart Competition)は、モーツァルテウムが主催する若手音楽家のためのコンクールである。
声楽部門(女声)
第1位 Tamar Javakhishvili (グルジア)
第2位 Eszter Wierdl (ハンガリー)、Diana Damrau (ドイツ)
声楽部門(男声)
第1位 なし
第2位 Yves Saelens (ベルギー)
第3位 Istvan Kovacs (ハンガリー)
ピアノ部門
第1位 Irma Kliauzaite (リトアニア)
第2位 Cristina Marton (ドイツ)
第3位 木野真美(日本)
フォルテピアノ部門
第1位 Jury Martinov (ロシア)
第2位 Elena Privano-Karl (ドイツ)
第3位 Florian Birsak
ヴァイオリン部門
第1位 Barnabas Kelemen (ハンガリー)
(Wikipedia:モーツァルト国際コンクール)

モーツァルト (曖昧さ回避)
モーツァルト(Mozart) 単独で呼称される場合は通常ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトを指す。 モーツァルト家 ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - 古典派音楽を代表する作曲家。 レオポルト・モーツァルト - ヴォルフガングの父で宮廷作曲家。 アンナ・マリア・モーツァルト - ヴォルフガングの母。 マリア・アンナ・モーツァルト - ヴォルフガングの姉。通称ナンネルもしくはナンネルル。 マリア・アンナ・テークラ・モーツァルト - ヴォルフガングの従妹。通称ベーズレ。 コンスタンツェ・モーツァルト - ヴォルフガングの妻。 カール・トーマス・モーツァルト - ヴォルフガングの次男。 フランツ・クサーヴァー・モーツァルト - ヴォルフガングの四男で音楽家。 モーツァルト! - ヴォルフガングを取り上げたミュージカル。 Mozartプログラミングシステム - プログラミング言語Ozの実装。 モザルト・カマルゴ・グアルニエリ(Mozart Camargo Guarnieri) - ブラジルの作曲家。 (Wikipedia:モーツァルト (曖昧さ回避))

モーツァルトの家
『』より : (Wikipedia:モーツァルトの家)

モーツァルト北浜
『』より : (Wikipedia:モーツァルト北浜)


モーツァルト - 関連ブログ

街の喧噪を逃れて田舎に行きたい!ベートーヴェン:交響曲 第6番 ヘ長調 Op.68『田園』より第1楽章『田舎に到着したときのほがらかな感情の目覚め』 - 孤独のクラシック ~私のおすすめ~

『田園』を作曲するベートーヴェン 偉大なる〝田園交響楽〟 前回まで、ヴィヴァルディのコンチェルト集『四季』、ハイドンのオラトリオ『四季』と、季節の移り変わりを描いた標題音楽を聴いてきました。 そこには、大自然の素晴らしさと、その恵みと厳しさを受けながら生きる人々の暮らしが見事に描かれています。 まる...

たった51個しか見つかっていない、「完全数」は相当珍しい | とてつもない数学 | ダイヤモンド・オンライン

(ながの・ひろゆき)。永野数学塾塾長。1974年東京生まれ。父は元東京大学教養学部教授の永野三郎(知能情報学)。東京大学理学部地球惑星物理学科卒。同大学院宇宙科学研究所(現JAXA)中退後、ウィーン国立音大へ留学。副指揮を務めた二期会公演モーツァルト「コジ・ファン・トゥッテ」(演出:宮本亞門、指揮:パス...

たった51個しか見つかっていない、「完全数」は相当珍しい | とてつもない数学 | ダイヤモンド・オンライン

(ながの・ひろゆき)。永野数学塾塾長。1974年東京生まれ。父は元東京大学教養学部教授の永野三郎(知能情報学)。東京大学理学部地球惑星物理学科卒。同大学院宇宙科学研究所(現JAXA)中退後、ウィーン国立音大へ留学。副指揮を務めた二期会公演モーツァルト「コジ・ファン・トゥッテ」(演出:宮本亞門、指揮:パス...

音楽史上最大の謎、モーツァルト“幻の交響曲”に新事実…従来の仮説を覆す発見か

「Getty Images」より 2009年、米バージニア州在住のある女性が大好きな蚤の市をぶらぶらしていたところ、なんの変哲もない箱が目にとまりました。その中には、人形やプラスチック製の牛の置物と一緒に絵画が入っていたそうです。絵画そのものよりもその額縁が気に入った彼女は、たった7ドルで購入して家に持ち帰ったの...

中沢新一が語る新しい都市生活 人 と 自然 の適切な距離感 - インタビュー : CUFtURE(カフチャ)|テクノロジー×カルチャーで、未来を耕すWEBメディア

1980年代以来、宗教、人類学、芸術、哲学、さらにはサブカルチャーとも合流しながら、世界について思考し続けてきた中沢新一。ネパールでのフィールドワークから生まれた『チベットのモーツァルト』や、日本の大都市の古層を探る『アースダイバー』などに見られる、多様な知の体系と経験を結びつける研究活動は、しばし...

マニア161 今昔モノ語vol1~写真~ - MASA日記

7月3日 金曜日 マニアな小ネタの世界161 こんばんは。 「マニアな小ネタの世界」として久々の新シリーズ「今昔モノ語」です。 コロナ禍の自粛生活で、家の中を整理する時間があり、様々な昔のモノを見つけました。そんな昔のモノをご紹介するのですが、第1回目はありきたりな「写真」です。しかも故郷の徳島の写真です...

Schubert: P-Sonata#21 D960@Khatia Buniatishvili : MusicArena

ソニー・クラシカルからのリリースで、カティア・ブニアティシヴィリが弾くシューベルト晩年の大作を収めたアルバム。 https://tower.jp/item/4870878/ Franz Schubert: Piano Sonata No.21 in B flat major, D960 1. Ⅰ.Molto moderato 2. Ⅱ.Andante sostenuto 3. Ⅲ.Scherzo - Allegro vivace con delicatezza 4. Ⅳ....

全文公開 『2020年6月30日にまたここで会おう』 第五檄「人生は『3勝97敗』のゲームだ」|瀧本哲史『2020年6月30日にまたここで会おう』特設note|note

はい。では次のスライドいきましょう。 リーダー論を少し。 「なぜ日本にはリーダーが育たないのか?」 こういった議論を昔からよく見かけますが、これは問い方が間違っているんだと思いますね。 この問いが前提としているリーダーって、要は「カリスマ」のことなんですよ。誰か自分の代わりに世の中を良くしてくれる救...

過ぎ去った青春の日々を取り戻すには。ハイドン:オラトリオ『四季』より第4部『冬』第37~39曲〝終曲〟 - 孤独のクラシック ~私のおすすめ~

プッサン『人生の踊り』 四季こそ人生、というメタファー 今回はハイドンのオラトリオ『四季』の13回目、第4部『冬』のおわり、すなわち『四季』全曲のグランドフィナーレです。 霞がただよい、温かい空気に包まれて山野に草花が萌え、雪が消えた畑を農夫が耕し、若者たちが楽しく野山に繰り出した『春』。 夜明けにけた...

賞金はいつも0円、絶対に参加してはいけない「サイコロゲーム」 | とてつもない数学 | ダイヤモンド・オンライン

(ながの・ひろゆき)。永野数学塾塾長。1974年東京生まれ。父は元東京大学教養学部教授の永野三郎(知能情報学)。東京大学理学部地球惑星物理学科卒。同大学院宇宙科学研究所(現JAXA)中退後、ウィーン国立音大へ留学。副指揮を務めた二期会公演モーツァルト「コジ・ファン・トゥッテ」(演出:宮本亞門、指揮:パス...


モーツァルト - アマゾン検索


「モーツァルト」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す