[PR]

日別キーワード

第71位  原子爆弾 - 2018年12月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



原子爆弾
原子爆弾(げんしばくだん、原爆、英: Atomic bomb)は、ウランやプルトニウムなどの元素の原子核が起こす核分裂反応を使用した核爆弾で、初めて実用化された核兵器でもある。水素爆弾を含めて「原水爆」とも呼ばれる。 核兵器は通常兵器と比較して威力が極めて大きいため、大量破壊兵器として核不拡散条約や部分的核実験禁止条約などで規制されており、核廃絶を求める主張もある。 原子爆弾の開発 第二次世界大戦下においてドイツ、日本、アメリカ合衆国、イギリスなどで開発が行われた。1945年にアメリカによって初めての核実験が行われて以降、冷戦期にアメリカ・ソ連・フランスを中心に約2,000回の核実験が行われている。 原子爆弾はアメリカ合衆国が最初に開発に成功した。開発は1942年からのマンハッタン計画で進められ、1945年7月16日にニューメキシコ州のアラモゴード軍事基地の近郊の砂漠で人類最初の原爆実験(トリニティ実験)が実行された。 (Wikipedia:原子爆弾)

原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律
原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律(げんしばくだんひばくしゃにたいするえんごにかんするほうりつ、平成6年法律第117号)は、原子爆弾の被爆者に対する保障などを定めた日本の法律である。 本法施行により、従前の原子爆弾被爆者の医療等に関する法律、原子爆弾被爆者に対する特別措置に関する法律は廃止された。略称は被爆者援護法、原爆被爆者援護法などがある。 被爆者に該当する人 原子爆弾が投下された際、指定の区域で直接被爆した人とその人の胎児 当時の広島市、安佐郡祇園町、安芸郡戸坂村のうち、孤爪木、安芸郡中山村のうち、中、落久保、北平原、西平原、寄田、安芸郡府中町のうち、茂陰北 当時の長崎市、西彼杵郡福田村のうち、大浦郷、小浦郷、本村郷、小江郷、小江原郷、西彼杵郡長与村のうち、高田郷、吉無田郷 原子爆弾が投下されてから2週間以内に、救援活動、医療活動、親族探しなどのために、広島市内、長崎市内に立ち入った人とその人の胎児 その他、多数の死体の処理、被爆者の援護などに従事したなど、身体に放射線の影響を受けるような事情にあった人とその胎児 被爆者健康手帳 被爆者健康手帳は、原子爆弾の被爆者であることを示す証明書。 (Wikipedia:原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律)

原子爆弾症
『原爆症』より : 原爆症(げんばくしょう、英語: atomic bomb injury)とは、原子爆弾(原爆)の爆発による、主に放射線障害の略称。原子爆弾症・原子爆弾傷とも表記する。 発症は被爆直後の場合が多いが、10年、20年経った後に発症することも少なくない。60年以上経った現在でも、新たに発症するケースが見られる。また、直接被爆をしていなくても、原爆投下直後に救援等のため被災地に入ったことによっていわゆる「入市被爆」したり、放射性降下物を含んだ「黒い雨」を浴びたり、さらに母胎内で被爆して生まれた子供にも発症した。広島市、長崎市では被爆直後は健康に見えた人の容態が突然悪化し、死亡したケースが数多く確認されている。多くの場合、体にだるさを感じた後、目が見えなくなったり、節々に痛みを感じたりしたのち死亡した。原子爆弾が投下された当時、一部を除いて医療関係者でも放射線障害に関する知識が皆無であったため、治療を施した後や外見上問題のない者が死んだり、被災地域に入っただけの者が発症して倒れる現象を『ピカの毒にあたった』と表現して恐れた。 (Wikipedia:原子爆弾症)

原子爆弾傷
『原爆症』より : 原爆症(げんばくしょう、英語: atomic bomb injury)とは、原子爆弾(原爆)の爆発による、主に放射線障害の略称。原子爆弾症・原子爆弾傷とも表記する。 発症は被爆直後の場合が多いが、10年、20年経った後に発症することも少なくない。60年以上経った現在でも、新たに発症するケースが見られる。また、直接被爆をしていなくても、原爆投下直後に救援等のため被災地に入ったことによっていわゆる「入市被爆」したり、放射性降下物を含んだ「黒い雨」を浴びたり、さらに母胎内で被爆して生まれた子供にも発症した。広島市、長崎市では被爆直後は健康に見えた人の容態が突然悪化し、死亡したケースが数多く確認されている。多くの場合、体にだるさを感じた後、目が見えなくなったり、節々に痛みを感じたりしたのち死亡した。原子爆弾が投下された当時、一部を除いて医療関係者でも放射線障害に関する知識が皆無であったため、治療を施した後や外見上問題のない者が死んだり、被災地域に入っただけの者が発症して倒れる現象を『ピカの毒にあたった』と表現して恐れた。 (Wikipedia:原子爆弾傷)

原子爆弾酒
原子爆弾酒(げんしばくだんしゅ)は、大韓民国 韓国の酒の一種で、コップ一杯のビールにグラス一杯のウイスキーを入れたもの。ビールの泡が弾ける様子が原子爆弾によるキノコ雲のように見えるために命名された。韓国では、一般にウイスキーをビールで割る飲み方を爆弾酒と呼び、原子爆弾酒はその一種である。
2006年4月18日、韓国のインターコンチネンタルホテルズグループ インターコンチネンタルホテル・アジア太平洋本部が外国の貴賓を招いて主催した会に日本の大島正太郎駐韓特命全権大使 大使が出席した際、ホテル社長のシムジェヒョク氏が原子爆弾酒を「広島市への原子爆弾投下 広島に原子爆弾が投下された時のキノコ雲がわき上がる様子に似ていますね」と紹介した。怒りに顔を険しくする大島大使と、大笑いするホテルの韓国人スタッフらの様子が、韓国国内で放映された。
(Wikipedia:原子爆弾酒)

原子爆弾投下
『』より : (Wikipedia:原子爆弾投下)


原子爆弾 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

原子爆弾 - アマゾン検索


「原子爆弾」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す