[PR]

日別キーワード

第74位  始皇帝 - 2018年12月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



Wikipedia API is too busy.

始皇帝 - 関連ブログ

暴君・始皇帝を賛美する中国ドラマ──独裁国家を待ち受ける滅亡の運命 | 風刺画で読み解く中国の現実 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

China's Latest Emperor / (c)2021 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN <真実を歪めなければ、わずか15年で滅亡した秦の歴史に学べるはずだが...> 「神州大地」とは古くからある中国の自称だが、近年ブームになった荒唐無稽な抗日神劇(神ドラマ)や、最近盛んに作られている歴史神劇を見ると、「神州大地」...

斉藤一人さん 見た目を磨くとすべてが上手く回りだす - コンクラーベ

自分から外見を素敵に整えていくと、 まるで魔法にかかったかのように、 周りの人達でステキに変わり、 どんどん、人生も良い方向に向かっていくのです アクセサリーは豪華に見えることが大事 ここいちばんとは日頃のこと、毎日の仕事です 小道具はあくまでも小道具、主役はあなた 賢く押し出し、欲と理性のバランス ア...

習近平のキリスト教弾圧が致命傷に。中国は欧米一体の封じ込め戦略で沈む=勝又壽良 | マネーボイス

中国はまさに四面楚歌 習近平中国国家主席は、自国の国力を過大評価している。GDPを水増ししているので、実際の経済力が分からなくなっているのかも知れない。外交戦略は、「戦狼外交」と呼ばれるように、傍若無人を貫いている。ちょうど2200年前の紀元前221年、秦の始皇帝は中国を統一した。今の習近平氏のような振る舞...

10年代SF傑作選から『サハリン島』まで、多数の傑作SFが刊行されたてんこ盛りな2020年を振り返る - 基本読書

アンソロジーが記憶に残った年 今年を振り返って記憶に残ったのは、やはり10年という区切りの年だったこともあってか優れたアンソロジーが多数刊行されたこと。たとえば、『なめらかな世界と、その敵』の伴名練が編者に入った『2010年代SF傑作選1・2』(大森望・伴名練編)は野崎まどの笑撃作「第五の地平」から小川一水...

中国人「中国での大虐殺についての日本人の論理をまとめてみた…とても狂ってる」 (( `ハ´)中国の反応ブログ) - 海外の反応宇宙

中国人「中国での大虐殺についての日本人の論理をまとめてみた…とても狂ってる」(中国の反応) 中国での大虐殺についての日本人の論理をまとめてみた・・・とても狂ってる 中国人が、日本の中国に対する壮絶な大虐殺を批判する時、日本人はこう反論する。 ・あなた達は趙国の四十万人を殺した。南京大虐殺よりも多い。 ...

菜根譚86、急がば回れ(秦王政と鄭国、韓非): ひたすら文学を研究するブログ

「石を磨くということは、まるで百回練磨する金属のようにするのがよい。手短にやろうと思えば深みを出すことはできない。 事業はまるで手間暇かけて作られる高価な弩のように行われるのが良い。軽々しく作っては大した戦果は得られない」 ・人の修養というのも、手軽に最短経路でいけばいかにも効率が良いかのようなイ...

【山本一郎】「三國志 覇道」悠久の古代中国を往く――曹丕&高順で泥棒ライフハック!

【山本一郎】「三國志 覇道」悠久の古代中国を往く――曹丕&高順で泥棒ライフハック! ライター:山本一郎 皆さーん! 「三國志 覇道」(iOS / Android)楽しんでますー? 私は気ままに中国全土で泥棒しまくってたところ“全鯖でもっとも泥棒してる軍団ランキング”の第1位に輝いたとかで,はじめての公式番組で晒されてし...

立花宗茂こそ「最強」の武将!歴史通が口をそろえる理由 |教養|婦人公論.jp

九州を舞台に活躍した戦国武将、立花宗茂をご存じだろうか? あまり知られていないかもしれないが、あまたいる戦国武将の中でも「最強」と名高く、地元福岡県柳川市では「大河ドラマ化招致応援委員会」が立ち上がるなど、知る人ぞ知る人気武将の一人だ。歴史家で戦国武将に関する著書も数多く執筆している作家の加来耕...

菜根譚77、一輪の花(始皇帝と諸葛亮、そして王翦と魏延の話): ひたすら文学を研究するブログ

「人を信じる者は、相手を必ずしもすべて信じているわけではないが、自分だけは真であると言える。 人を疑う者は、相手が必ずしも既に偽っているわけではなくても、自分は先に疑っているものである」 ・相手がどうであるか云々は放っておいても、先に自分がどうであるかを決めていると。ある意味頭でっかちですし、先に...

反三国志というアンチ L'eclat des jours(2020-12-21)

_ 反三国志というアンチ FBで知人が反三国志について書いていたので(最近Kindle版として復刊したのだな)思い出したが、翻訳が出てすぐ買って読んでうんざりして、同じく三国志好きな父親(小学5年か6年のころにおもしろい本はないか? と聞いたら吉川英治の三國志を読めといって全10巻を買ってくれたくらいだ)に貸し...


始皇帝 - アマゾン検索


「始皇帝」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す