[PR]

日別キーワード

第78位  生命科学 - 2018年12月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



生命科学
生命科学(せいめいかがく、英: life science、ライフサイエンス)とは、生命現象を生物学を中心に化学・物理学等の基本的な面と、医学・薬学・農学・工学・心理学等の応用面とから総合的に研究しようとする学問である。 主に自然科学領域を指すことが多いことから、自然科学の代名詞とも言える物質科学と対を成した学問領域と考えられることもある。ただし、生物・生命体の構成要素も物質であることから、物質科学と生命科学の境界は曖昧である。例えば、ウイルスは細胞に感染するが、完全に自己完結した自己増殖能をもたないので、生物かどうか定義が議論されるが、それでも生命科学の領域で取り扱われる。ただし、生命科学とは生物の生命活動に関わる科学という領域ということで定義すれば、ウイルスは生物の生命活動に影響を与える物質であるため、生命科学の範囲内であるということができる。 生物学または生物科学と同義とされることもあるが、一般にはより広義に、物理学や化学など物質科学に分類される自然科学との融合領域である生化学・生物物理学・生物物理化学や、応用的な学問である医学・薬学・心理学・工学・生命工学・栄養学・農学なども含む。 (Wikipedia:生命科学)

生命科学ブレイクスルー賞
生命科学ブレイクスルー賞 (Breakthrough Prize in Life Sciences) は、2013年2月20日に創設されたブレイクスルー賞の一部門の学術賞。ユーリ・ミルナー(ロシアの著名投資家。デジタル・スカイ・テクノロジーの創業者)の提唱により創設された。 創設者は、アーサー・D・レヴィンソン(アップル会長)、サーゲイ・ブリン(Googleの共同創業者)、アン・ウォジツキー(遺伝情報解析企業23andMeの創業者。ブリンの妻)、マーク・ザッカーバーグ(Facebookの創業者)、プリシラ・チャン(ザッカーバーグの妻)、ユーリ・ミルナーである。 ブレイクスルー賞にはその他に数学ブレイクスルー賞と基礎物理学ブレイクスルー賞とがある。 同賞は、難病を治療したり人間の寿命を延ばしたりする上で顕著な功績のあった研究者に授与され、各受賞者に賞金300万ドルが贈られる。受賞資格に年齢制限はなく、複数の人物が共有できる。また、同一人物が複数回受賞することを妨げない。 同賞の創設と同時に、賞を運営する非営利団体「生命科学ブレイクスルー賞財団 (Breakthrough Prize in Life Sciences Foundation) 」の設立、及び2013年の受賞者11名が発表された財団の理事長はレヴィンソンが務める。 (Wikipedia:生命科学ブレイクスルー賞)

生命科学部
生命科学部(せいめいかがくぶ)は、生命科学・ライフサイエンス分野における学問を教育研究する学部である。日本では1994年に東京薬科大学に初めて設立された。 生命科学部を置いている大学 国立大学 なし 公立大学 首都大学東京 理工学系 生命科学コース[1] 私立大学 東京薬科大学 東洋大学 法政大学 立命館大学 京都産業大学 倉敷芸術科学大学 性質が似ている学部 応用生物学部 応用生命科学部 農学生命科学部 / 農学部(弘前大学) 生物生命学部(崇城大学) 生物理工学部 生命歯学部/新潟生命歯学部(日本歯科大学) 生命理工学部(東京工業大学) 生命環境学部 生命環境科学部 / 環境科学部 関連項目 学部 生命科学。 (Wikipedia:生命科学部)


生命科学 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

生命科学 - アマゾン検索


「生命科学」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す