[PR]

日別キーワード

第92位  文化庁 - 2018年12月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



文化庁
文化庁(ぶんかちょう、Agency for Cultural Affairs)は、日本の文部科学省の外局のひとつで、文化の振興及び国際文化交流の振興を図るとともに、宗教に関する行政事務を適切に行うことを任務とする(文部科学省設置法第18条)。 上記の文部科学省設置法に示された任務を達成するため、芸術創作活動の振興、文化財の保護、著作権等の保護、国語の改善・普及・施策、国際文化交流の振興、宗教に関する事務を所掌する。国家行政組織法および文部科学省設置法により文部科学省の外局として設置されている。 文化庁長官を長とし、内部部局として長官官房、文化部、文化財部を本庁に置くほか、審議会として文化審議会および宗教法人審議会を、特別の機関として日本芸術院をおく。 定期刊行の広報誌として『文化庁月報』および『月刊文化財』をそれぞれ月刊で発行している。『月刊文化財』の発行主体は第一法規株式会社であり、文化庁は監修に携わっている。また、宗務行政については文化部宗務課から『宗務時報』が発行されている。 庁舎は中央合同庁舎第7号館旧文部省庁舎の5、6階にある。 (Wikipedia:文化庁)

文化庁メディア芸術祭
文化庁メディア芸術祭(ぶんかちょうメディアげいじゅつさい、英語: Japan Media Arts Festival)は、文化庁メディア芸術祭実行委員会(文化庁、国立新美術館)が主催しているアートとエンターテインメントの祭典。メディア芸術の創造とその発展を図ることを目的に、1997年度から毎年実施されている。 アート部門、エンターテインメント部門、アニメーション部門、マンガ部門 の4部門について大賞と優秀賞を選定、表彰している。受賞者にはそれぞれトロフィー、賞金、そして文部科学大臣賞が贈呈される。 実施当初は、デジタルアート(インタラクティブ)、デジタルアート(ノンインタラクティブ)、アニメーション、マンガの4部門だったが、2003年度(第7回)から現在の4部門に変更された。 受賞作品展は、1997・1998年度(第1・2回)は新国立劇場小劇場、1999年度(第3回)は草月会館、2000〜2006年度(第4〜10回)は東京都写真美術館、2007年度(第11回)からは国立新美術館で開催されている。 (Wikipedia:文化庁メディア芸術祭)

文化庁芸術祭
『芸術祭』より : 芸術祭(げいじゅつさい、National Arts Festival)は、1946年(昭和21年)から文化庁の主催(文化庁設置前の1967年(昭和42年)までは文部省の主催)により、毎年秋に日本国内で行なわれている諸芸術の祭典。 ここでは1985年(昭和60年)から一時期、文化庁主催により設けられていた「芸術作品賞」についても述べる。 文化庁文化部芸術文化課にある「文化庁芸術祭執行委員会」が主管しており、毎年10月から11月の間に実施される。この期間中に、以下のような区分で「芸術祭」に関する公演・作品が発表される。 主催公演 - 執行委員会の企画・依頼によって発表される公演。文化庁は経費の負担や、脚本・楽曲等の募集などを行うことができる。なお、10月1日には芸術祭開幕祝典が行われる。 協賛公演 - 実績のある個人・団体が発表するものの中で、執行委員会が選定・委嘱する公演。文化庁は経費を負担することができ、公演の広報・宣伝にも努める。 参加公演 - 芸術祭に参加を希望する個人・団体の中で、参加にふさわしいと各部門の審査委員長が認めた公演。 (Wikipedia:文化庁芸術祭)

文化庁芸術祭賞
『』より : 芸術祭(げいじゅつさい、National Arts Festival)は、1946年(昭和21年)から文化庁の主催(文化庁設置前の1967年(昭和42年)までは文部省の主催)により、毎年秋に日本国内で行なわれている諸芸術の祭典。 ここでは1985年(昭和60年)から一時期、文化庁主催により設けられていた「芸術作品賞」についても述べる。 文化庁文化部芸術文化課にある「文化庁芸術祭執行委員会」が主管しており、毎年10月から11月の間に実施される。この期間中に、以下のような区分で「芸術祭」に関する公演・作品が発表される。 主催公演 - 執行委員会の企画・依頼によって発表される公演。文化庁は経費の負担や、脚本・楽曲等の募集などを行うことができる。なお、10月1日には芸術祭開幕祝典が行われる。 協賛公演 - 実績のある個人・団体が発表するものの中で、執行委員会が選定・委嘱する公演。文化庁は経費を負担することができ、公演の広報・宣伝にも努める。 参加公演 - 芸術祭に参加を希望する個人・団体の中で、参加にふさわしいと各部門の審査委員長が認めた公演。 (Wikipedia:文化庁芸術祭賞)

文化庁長官
『』より : (Wikipedia:文化庁長官)


文化庁 - 関連ブログ

まんが原画の保存に25年間、心血を注ぎ続ける美術館があった――ニッポンの漫画を文化遺産として残す為の“国内最高峰の原画 | ニコニコニュース

信頼できる公的な機関で原画を保護する取り組みはないか? 筆者はマンガ原画を取り巻く状況を調べるなかで、ある美術館の存在を知った。「横手市増田まんが美術館」は、クールジャパンが提唱されるより以前、25年前から秋田県で粛々と原画保存に取り組んできている。 横手市増田まんが美術館 外観 (写真提供:横手市増...

Amazon人気ドラマ「ザ・ボーイズ」原作コミック - mojiru【もじをもじる】

ザ・ボーイズ 4 「ザ・ボーイズ 4」収録内容 「ザ・ボーイズ 4」Amazonでの購入はこちら※Kindle版です 「ザ・ボーイズ 4」楽天市場での購入はこちら Amazonオリジナルドラマ「ザ・ボーイズ シーズン1」はこちら Amazonオリジナルドラマ「ザ・ボーイズ シーズン2」はこちら 「FireFire TV Stick」紹介記事 「Fire TV...

初心者必読!ブログを書く前に知っておきたい著作権の知識【まとめ】 - マブハイブログ

ブロガーの皆さん、こんにちは! 毎日のブログ活動ご苦労様です。 フィリピン系ブロガーの、マブハイブログ管理人です。 ブログを書くときに、こんな悩みってありませんか? この画像使っていいのかな? 引用の仕方がいまいちよく分からない それって著作権大丈夫? 最近僕も、この問題でよく書いている手が止まってしま...

津田大介インタビュー。「あいちトリエンナーレ2019」がつなぐもの|美術手帖

津田大介インタビュー。「あいちトリエンナーレ2019」がつなぐもの「あいちトリエンナーレ2019」の開催から1年。次回2022年の開催に向けた新体制が始動するなか、前芸術監督の津田大介があいトリ2019が次へとつなぐものについて語る。 聞き手=橋爪勇介(ウェブ版「美術手帖」編集長) ──「あいちトリエンナーレ2019」(...

民放連が動画のネット配信ビジネスを殺した – アゴラ

毎日新聞によると、河野行革担当相が規制改革推進会議の投資ワーキンググループで、放送の規制改革について文化庁に「やる気がないなら担当部署を変える」と迫ったという。 この記事だけではわかりにくいが、「放送をインターネットで同時配信する際、映像などの使用許諾が別々に求められるため事業者の権利処理の負担が...

「ヨシヒデ・スガ、それともスガ・ヨシヒデ?」ローマ字表記「姓→名」変更要求に欧米メディアが反発(木村正人) - 個人 - Yahoo!ニュース

「日本はメディアに“姓→名”への表記変更を強いる」独メディア[ロンドン発]ドイツの国外向け公共放送ドイチェ・ヴェレ(DW)が菅義偉首相の姓名のローマ字表記について「ヨシヒデ・スガ、それともスガ・ヨシヒデ(Yoshihide Suga or Suga Yoshihide)?」「日本はメディアに“姓→名”への表記変更を強いる」と報じました。...

「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

河野太郎行政改革・規制改革担当相が25日に行われた内閣府の規制改革推進会議の「投資等ワーキンググループ(WG)」のオンライン会合で、放送を巡る規制改革についての検討スケジュールを示した文化庁に「やる気がないなら担当部署を変える」と迫る一幕があった。河野氏は全省庁に印鑑の廃止の3カ月前倒しを求めるなど改...

Vtuberが「文化芸術活動の継続支援事業」申請してみた|わたあめ子|note

やっほー、わたあめ子です。 個人でVtuberをしています。 企業などへの所属はなく、開業届を出して、個人事業主としてVtuberをやっています。 個人事業主なので、夏ごろから文化庁さんがやってくれている「文化芸術活動の継続支援事業」に申請をしてみました。 で、本日めでたく交付決定のお知らせが来たので、「こんな...

「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破 - 毎日新聞

河野太郎行政改革・規制改革担当相が25日に行われた内閣府の規制改革推進会議の「投資等ワーキンググループ(WG)」のオンライン会合で、放送を巡る規制改革についての検討スケジュールを示した文化庁に「やる気がないなら担当部署を変える」と迫る一幕があった。河野氏は全省庁に印鑑の廃止の3カ月前倒しを求めるなど改...

「○活」は全年代で浸透 「ガン○」は世代間で格差 文化庁調査 | トレンド | NHKニュース

日本語の新しい表現のうち、「婚活」や「終活」といった「活」をつける表現は、すべての年代で定着した一方、「ガン見」や「ガン寝」といった「ガン」をつける表現は、世代間で定着に大きな差があることが文化庁の調査で分かりました。 この中で新しい表現について聞いたところ、定着したことを示す「他人が言うのは気に...


文化庁 - アマゾン検索


「文化庁」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す