[PR]

日別キーワード

第100位  安倍晋三 - 2018年12月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



Wikipedia API is too busy.

安倍晋三 - 関連ブログ

月刊朝鮮「朴槿恵の性奴隷の発言に極度のストレスを受けた安倍、先に慰安婦合意提案」① - 海外の反応宇宙

朴槿恵の性奴隷の発言に極度のストレスを受けた安倍、先に慰安婦合意提案 月刊朝鮮 2021.02 朴槿恵政府作成の対外秘『元従軍慰安婦関連文書』 朴槿恵は海外の首脳に「日本は第二次世界大戦中に、韓国の少女を連れて行き性奴隷にした」と彼らの蛮行を容赦なく伝えた。 ●朴、就任初期、慰安婦女性の全数調査の指示 ●多数の...

スタンフォード大教授「韓国は日本と対立してアジア太平洋地域から疎外された…文政府、関係改善に出なければ」=韓国の反応 - 海外の反応宇宙

韓国のポータルサイトネイバーから「韓国、日本と対立してアジア太平洋地域から疎外…文政府、関係改善に出なければ」という記事を翻訳してご紹介。 「韓国、日本と対立してアジア太平洋地域から疎外…文政府、関係改善に出なければ」 2021.01.18|8:41 スタンフォード大学のシン・ギウク教授。 スタンフォード大学社会学...

コロナと連動する菅内閣支持率 | 声なき声を捕捉せよ | 平田崇浩 | 毎日新聞「政治プレミア」

頼みの40代以下も支持離れ 菅内閣の支持率は新型コロナウイルスの感染状況と連動する傾向が鮮明になった。政府が11都府県に緊急事態宣言を発令した後の1月16日、社会調査研究センターと毎日新聞が実施した全国世論調査の内閣支持率は33%。安倍晋三前首相が退任を表明する前の34%(昨年8月22日)以来の水準に落ち込み、...

薄ら笑いを浮かべる首相とメディアの共犯性…国境なき記者団の特別報告者が驚いた日本の記者たちの現状 (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

「安倍路線」の継承を掲げて総理に就任した菅義偉氏。官房長官時代の会見では、不都合な質問を封じ、強弁で押し通した。こうした姿勢は総理となった今も続いている。 【写真】「菅さんは会見で決定的なミスをした」と語る望月衣塑子記者の姿はこちら 権力者と記者との関係の問題点に切り込み、旧態依然としたメディアの...

安倍晋三】桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな|日刊ゲンダイDIGITAL

虚偽答弁問題で昨年末、安倍前首相は国会での説明を行ったが、多くの疑問が残ったまま2020年は終わった。 新たな年は、コロナ感染の急拡大で、「虚偽答弁」問題から関心が遠ざかり気味だ。しかし、現在の感染の危機的状況も、安倍内閣から菅内閣に引き継がれた「説明責任無視」の悪政が影響している。その根本にある...

河野太郎ワクチン担当大臣の登場は、菅内閣挽回の救世主になるか(大濱崎卓真) - 個人 - Yahoo!ニュース

菅内閣の目玉政策に「ワクチン対策」が急浮上 通常国会初日から、大ニュースが飛び込んできました。菅総理は、2月中旬にもはじまる新型コロナウイルス感染症のワクチン接種について担当大臣を新設し、河野太郎行政改革担当大臣を充てる方向だと報道各社が一斉に報じました。施政方針演説ではこのような内容には触れら...

首相、施政方針で低姿勢に終始 「世論に振り回されている」漂う手詰まり感 - 毎日新聞

菅義偉首相が18日に行った施政方針演説は、11都府県を対象とした緊急事態宣言下で、新型コロナウイルス禍の影響を色濃く反映した内容となった。内閣支持率の低下にも歯止めがかからず、政権運営には暗雲が漂う。秋までにある次期衆院選を控え、首相は正念場を迎えている。 コロナ対策では力なく釈明 「大変申し訳なく思...

菅義偉が野球の敗戦処理投手にしか見えないのは気のせい?プロ野球だったら安倍晋三が敗戦投手になってるから、ここから挽回したら勝ち投手になれるぞ - かずきち。の日記

コロナの敗戦投手はどう考えても安倍晋三 引用: https://www.kantei.go.jp/jp/99_suga/meibo/index.html テレビで菅さんがコロナの会見をしているたびに…安倍さんの敗戦処理をしているように感じる。 ja.wikipedia.org 引用: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%95#:~:text=%E5%85%88%E...

社説:安倍氏の「桜」前夜祭 国会の場で疑惑の解明を - 毎日新聞

「桜を見る会」前夜祭の費用補塡(ほてん)問題について、疑念は解消されていない。 安倍晋三前首相は記者会見や国会で、知らないところで秘書が補塡していたと述べた。しかし、到底納得できるものではない。 あすから始まる国会で、疑惑を解明する必要がある。 安倍氏を不起訴とした東京地検の処分には、市民団体が検察...

月刊日本編集部が振り返る、2020年に憂国を痛感した掲載記事5選 | ハーバー・ビジネス・オンライン

真正保守論壇誌として、旗幟鮮明な誌面づくりをしている『月刊日本』。同誌が昨年報じた記事の中で印象に残っている記事をピックアップしてもらった。 1.新型コロナ解説で「安倍批判は控えてほしい」と某局ディレクターに言われた<上昌弘氏> 2020年は何と言ってもコロナ禍に苦しめられた1年だった。安倍晋三総...


安倍晋三 - アマゾン検索


「安倍晋三」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す