[PR]

日別キーワード

第1位  鞘師里保 - 2018年12月08日


関連するイメージは見つかりませんでした



鞘師里保
鞘師 里保(さやし りほ、1998年5月28日 - )は、日本のアイドル・タレント、ハロー!プロジェクトのメンバーであり、女性アイドルグループ・女性ボーカル&ダンスグループモーニング娘。の元メンバー(9期)である。 広島県東広島市出身。アップフロントプロモーション(旧:アップフロントエージェンシー)所属。アクターズスクール広島に在籍していた。 国内に数十人程度しかいない様な珍姓だが、先祖は姫路城の刀の鞘を作る名工だったという。 モーニング娘。加入以前 幼稚園のお遊戯会で「Go Girl 〜恋のヴィクトリー〜」を踊った時、この曲が大好きになった。モーニング娘。が歌っていると知り、自分もそういう人になりたいと思い、ダンスや歌を始め、さらに、アクターズスクール広島に入学した。 アクターズスクール広島では毎年2回発表会が行われており、鞘師は2005年3月13日の「2005 SPRING ACT」より出演。その後2010年秋まで出演している。2005年春(6歳)にKIDSクラス、2005年秋(7歳) - 2009年春(10歳)はAクラス、2009年秋(11歳) - 2010年秋(12歳)はBクラスに在籍していた。 (Wikipedia:鞘師里保)


鞘師里保 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  中日新聞杯 - 2018年12月10日


関連するイメージは見つかりませんでした



中日新聞杯
中日新聞杯(ちゅうにちしんぶんはい)は、日本中央競馬会(JRA)が中京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。 寄贈賞を提供する中日新聞社は、愛知・東京・石川・静岡に本社を置く新聞社。 正賞は中日新聞社賞。 1965年に「中日杯(ちゅうにちはい)」の名称で創設された、5歳(現4歳)以上の馬による重賞競走。翌年から現名称となった。 創設時は中京競馬場に芝コースがなかったため砂コースの1800mで行われていたが、中京競馬場に芝コースが新設された1970年より、芝1800mに変更。2006年から芝2000mで行われている。施行時期も2000年から2011年までは暮れの中京開催で行われたが、左記以外は春季競馬で行われている。 本競走は1981年より内国産種牡馬奨励策の一環として、愛知杯(1972年から2003年まで)・カブトヤマ記念(1974年から2003年まで)とともに「父内国産馬限定」の競走条件で行われていたが、2008年から外国産馬の出走が可能になった。 (Wikipedia:中日新聞杯)


中日新聞杯 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  カップ - 2018年12月10日


関連するイメージは見つかりませんでした



カップ
カップ カップ 葛布 - 葛の繊維の布。 cup 杯 食器の一種。杯、コップを参照。 コーヒーカップ、ティーカップ、マグカップ、カップ麺など。 計量カップ 優勝者に贈られる杯状の記念品(トロフィー)。優勝杯。 また、それをかけた試合のこと(例:中央競馬のNHKマイルカップやサッカーのカップ戦など) カップ (タロット) - タロットの小アルカナにおける四大スートの一種。「チャリス」とも。 その他 ゴルフでボールを入れる穴のこと。ホール(hole)とも言う。 ブラジャーの乳房を覆う部分のこと。 また、その大きさで表される乳房(バスト)の大きさのこと。(例:Cカップ) 和集合を表す数学の記号(∪) Kapp ドイツ語圏の姓。 ヴォルフガング・カップ - ドイツの政治家。カップ一揆の首謀者。 アルトゥール・カップ - エストニアの作曲家。 エウゲン・カップ - エストニアの作曲家。アルトゥールの子。 ヴィレム・カップ - エストニアの作曲家。 (Wikipedia:カップ)

カップリング曲
『レコード』より : A面/B面(エーめん/ビーめん、A side/B side)とは、アナログレコードや両面1層方式DVDなど、両面ディスクでのそれぞれの面、またその収録楽曲を表す言葉である。 そこから転じて、CDのような片面ディスクでも、2曲収録のシングル盤の収録曲のそれぞれをA面/B面と呼ぶことがあるが、タイトル曲/カップリング曲(title track / coupling track)と呼ぶことも多い。以下では、A面曲/B面曲とタイトル曲/カップリング曲を同義語として扱う。 プロモーション上の目的で、1曲目がA面、2曲目がB面とはならない例外もある。 歴史と用語 アナログレコードでは、その両面に音楽などを記録することができる。この表面、裏面のことを通常それぞれA面、B面(ポリドールのレコードは1976年までD面、S面。ワーナー・パイオニアのレコード盤面には SIDE 1、SIDE 2 と印刷)と呼んでいた。 アナログレコードのシングル盤は、片面約5分のEPレコードの両面に1曲ずつ、計2曲収録されるのが普通だったため、それぞれの曲もA面(曲)/B面(曲)と呼んだ。 (Wikipedia:カップリング曲)

カップヌードル
カップヌードル (英語: Cup Noodle) とは、日清食品が1971年(昭和46年)9月18日から発売しているカップ麺の名称。親会社である日清食品ホールディングスの登録商標。 世界初のカップ麺とされるロングセラー商品で、味とサイズが異なる各種製品が販売されているがカップに熱湯を注いで3分で食べられるタイプであり、扁平の細麺と粉末スープとフリーズドライ化された具材が入っている。 味別の販売数ランキング(2006年時点)は、第1位「オリジナル(しょうゆ)」、第2位「シーフード」、第3位「カレー」となっており、「オリジナル(しょうゆ)」は発売以来順位に変化がなく不動の首位を継続している。 2011年時点で世界80カ国で発売され、発売以降の累計販売数は310億食を突破した。日本国内の累積販売数は2011年7月に200億食を超えた。 表記は、原則として日本国内向けは「CUP NOODLE」で、日本国外では「CUP NOODLES」。ただし、日本国内でも「CUP NOODLES」表記で販売される商品も一部存在する(2014年4月発売のトムヤムクンヌードルなど)。 (Wikipedia:カップヌードル)

カップルテストバッジ
『ドラえもんの道具 (かた-かほ)』より : ドラえもんのひみつ道具 (かた-かほ) では、藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』、『大長編ドラえもん』(VOL.1〜17)、藤子・F・不二雄のその他の著作に登場するひみつ道具のうち、読みが「かた」で始まるものから「かほ」で始まるものまでを列挙する。 片づけラッカー 片づけラッカー(かたづけラッカー)は、「かたづけラッカー」(てんとう虫コミックス17巻に収録)などに登場する。 スプレー缶状の道具。このラッカーを物体にかけると、その物体は目には見えなくなってしまう。成分は非フロン系ガス、光屈折プラズマ、透明粘着微粒子。吹きつけられた物には光屈折プラズマと透明粘着微粒子が付着し、光を物体から反らせて屈折させる事により物体が見えなくなる。見えなくなった物は、専用の虫眼鏡を使うと見ることができる。急な来客の時など、散らかった部屋を見かけだけ綺麗にするのが本来の目的。人間に対しても使用可能で、姿を消すために用いることが多いが、ラッカーの量が足りないと服だけが消えて、見た目が裸の状態になってしまう。 (Wikipedia:カップルテストバッジ)

カップル喫茶
カップル喫茶とは、男女同伴の条件で入店できる喫茶店(カフェないしクラブを含む)。 ここでは、風俗産業におけるカップル喫茶(略語でC喫茶。かつては同伴喫茶やアベック喫茶、連れ込み喫茶とも言われた)を説明する。 起源 1950年代後半、ジャズ喫茶や名曲喫茶が流行し、同伴席を設け同伴喫茶の原型となった。この時代の同伴喫茶は若者向けの軽音楽やクラシックなどを流し、同伴席は薄暗い店内で背の高いソファーが列車のように同じ方向を向いており個室風に利用できるスペースとなっていた。中学〜高校、大学生などがおとなしく抱き合うなどの利用が多かった。 1963年頃当時の住宅事情や家庭環境も背景にあり、未成年の若年層が安価で利用できる同伴喫茶や深夜喫茶がピークを迎え、都内だけで2000軒以上存在し青少年犯罪(飲酒、喫煙、不純異性交遊、睡眠薬遊びなどの薬物乱用)の温床として問題となっていて、補導も26万人に上った。 (Wikipedia:カップル喫茶)

カップ麺
カップ麺(カップめん)とは、乾燥麺や生タイプ麺等の即席麺類のうち、食器として使用できる容器(コップ状の耐熱耐水容器等)に入れ、かやく(具材)を添付したものである。日本で生まれ、世界各地にも消費が広がっている。 規約上の正式名は「即席カップめん」である。内容物がインスタントラーメンのものをカップラーメン、蕎麦、うどんのものをカップそば、カップうどん、焼きそば風のものをカップ焼きそば(インスタント焼きそば)とも言う。 調理は熱湯を注ぐだけで完了する(生麺を使用する製品については湯切りが必要とされるものもある)。この製品のカップは調理器具であると同時に食器(陳列時にはパッケージとしての役割も果たしている)でもある。また、電子レンジで加熱調理を行うタイプも多い。 日清食品が1971年9月18日に発売した「カップヌードル」が最初の製品(事前に行われた試験販売を除く)である。今では主食としても食べられているが、当初は間食としての普及を視野に入れて開発されており、欧米に即席ラーメンのセールスに行った際、ラーメン用のどんぶりが無かったため、紙コップにチキンラーメンを割り入れて湯を注ぎフォークで試食する姿からの発想だったとされている。 (Wikipedia:カップ麺)

カップラーメン
『カップ麺』より : カップ麺(カップめん)とは、乾燥麺や生タイプ麺等の即席麺類のうち、食器として使用できる容器(コップ状の耐熱耐水容器等)に入れ、かやく(具材)を添付したものである。日本で生まれ、世界各地にも消費が広がっている。 規約上の正式名は「即席カップめん」である。内容物がインスタントラーメンのものをカップラーメン、蕎麦、うどんのものをカップそば、カップうどん、焼きそば風のものをカップ焼きそば(インスタント焼きそば)とも言う。 調理は熱湯を注ぐだけで完了する(生麺を使用する製品については湯切りが必要とされるものもある)。この製品のカップは調理器具であると同時に食器(陳列時にはパッケージとしての役割も果たしている)でもある。また、電子レンジで加熱調理を行うタイプも多い。 日清食品が1971年9月18日に発売した「カップヌードル」が最初の製品(事前に行われた試験販売を除く)である。今では主食としても食べられているが、当初は間食としての普及を視野に入れて開発されており、欧米に即席ラーメンのセールスに行った際、ラーメン用のどんぶりが無かったため、紙コップにチキンラーメンを割り入れて湯を注ぎフォークで試食する姿からの発想だったとされている。 (Wikipedia:カップラーメン)

カップめん
『カップ麺』より : カップ麺(カップめん)とは、乾燥麺や生タイプ麺等の即席麺類のうち、食器として使用できる容器(コップ状の耐熱耐水容器等)に入れ、かやく(具材)を添付したものである。日本で生まれ、世界各地にも消費が広がっている。 規約上の正式名は「即席カップめん」である。内容物がインスタントラーメンのものをカップラーメン、蕎麦、うどんのものをカップそば、カップうどん、焼きそば風のものをカップ焼きそば(インスタント焼きそば)とも言う。 調理は熱湯を注ぐだけで完了する(生麺を使用する製品については湯切りが必要とされるものもある)。この製品のカップは調理器具であると同時に食器(陳列時にはパッケージとしての役割も果たしている)でもある。また、電子レンジで加熱調理を行うタイプも多い。 日清食品が1971年9月18日に発売した「カップヌードル」が最初の製品(事前に行われた試験販売を除く)である。今では主食としても食べられているが、当初は間食としての普及を視野に入れて開発されており、欧米に即席ラーメンのセールスに行った際、ラーメン用のどんぶりが無かったため、紙コップにチキンラーメンを割り入れて湯を注ぎフォークで試食する姿からの発想だったとされている。 (Wikipedia:カップめん)

カップそば
『カップ麺』より : カップ麺(カップめん)とは、乾燥麺や生タイプ麺等の即席麺類のうち、食器として使用できる容器(コップ状の耐熱耐水容器等)に入れ、かやく(具材)を添付したものである。日本で生まれ、世界各地にも消費が広がっている。 規約上の正式名は「即席カップめん」である。内容物がインスタントラーメンのものをカップラーメン、蕎麦、うどんのものをカップそば、カップうどん、焼きそば風のものをカップ焼きそば(インスタント焼きそば)とも言う。 調理は熱湯を注ぐだけで完了する(生麺を使用する製品については湯切りが必要とされるものもある)。この製品のカップは調理器具であると同時に食器(陳列時にはパッケージとしての役割も果たしている)でもある。また、電子レンジで加熱調理を行うタイプも多い。 日清食品が1971年9月18日に発売した「カップヌードル」が最初の製品(事前に行われた試験販売を除く)である。今では主食としても食べられているが、当初は間食としての普及を視野に入れて開発されており、欧米に即席ラーメンのセールスに行った際、ラーメン用のどんぶりが無かったため、紙コップにチキンラーメンを割り入れて湯を注ぎフォークで試食する姿からの発想だったとされている。 (Wikipedia:カップそば)

カップうどん
『カップ麺』より : カップ麺(カップめん)とは、乾燥麺や生タイプ麺等の即席麺類のうち、食器として使用できる容器(コップ状の耐熱耐水容器等)に入れ、かやく(具材)を添付したものである。日本で生まれ、世界各地にも消費が広がっている。 規約上の正式名は「即席カップめん」である。内容物がインスタントラーメンのものをカップラーメン、蕎麦、うどんのものをカップそば、カップうどん、焼きそば風のものをカップ焼きそば(インスタント焼きそば)とも言う。 調理は熱湯を注ぐだけで完了する(生麺を使用する製品については湯切りが必要とされるものもある)。この製品のカップは調理器具であると同時に食器(陳列時にはパッケージとしての役割も果たしている)でもある。また、電子レンジで加熱調理を行うタイプも多い。 日清食品が1971年9月18日に発売した「カップヌードル」が最初の製品(事前に行われた試験販売を除く)である。今では主食としても食べられているが、当初は間食としての普及を視野に入れて開発されており、欧米に即席ラーメンのセールスに行った際、ラーメン用のどんぶりが無かったため、紙コップにチキンラーメンを割り入れて湯を注ぎフォークで試食する姿からの発想だったとされている。 (Wikipedia:カップうどん)

カップル板
『カテゴリ雑談 (2ちゃんねるカテゴリ)』より : カテゴリ雑談(カテゴリざつだん)は、匿名掲示板2ちゃんねるのカテゴリの1つである。 1999年5月30日 - 無職・だめ板が新設される。 1999年6月14日 - しりとり板(当時はしりとり、575板)が新設される。 1999年11月21日 - カップル板が新設される。 1999年12月6日 - 女性板が新設される。 1999年12月12日 - 独身女性限定板が新設される。 1999年12月18日 - 既婚女性板が新設される。 2000年1月4日 - 独身男性板が新設される。 2000年2月3日 - おたく板が新設される。 2000年2月6日 - 年代別板が新設される。 2000年2月25日 - のほほんダメ板が新設される。 2000年5月28日 - しりとり、575板から五七五・短歌板が分割される。 2000年8月8日 - アウトロー板が新設される。 2001年3月23日 - ヒッキー板が新設される。 2001年3月30日 - リーマン板が新設される。 2001年4月13日 - 大学生活板が新設される。 2003年6月2日 - メンヘルサロン板が新設される。 (Wikipedia:カップル板)

カップ戦
カップ戦(カップせん)とは、スポーツ競技の大会のうち、リーグ戦と比較して開催期間が短い、もしくは大会に要する試合数が比較的少ない大会のこと。大会形式は、はじめから終わりまで、すべての試合をノックアウト方式(勝ち抜き)で行う方式や、数チームを1組とし、その中のチーム同士による総当りのグループステージと、グループステージを勝ち抜いたチームによるノックアウトステージを組み合わせた方式を採用する場合が多い。また、スポーツなどの主要な国際大会では、セントラル方式でなおかつカップ戦の形式をとることが多い。 ただし、「カップ戦」と言う言い方は日本語特有のものである。詳細についてはリーグ戦冒頭を参照。 カップ戦の実情 ここでは、サッカー競技を例にして記述する。 各国国内におけるカップ戦 国内におけるカップ戦としては大きく分けて、その国のトップリーグのチームのみに参加を限定するリーグカップと、参加資格を限定しない(オープンにした)オープンカップの2つに分けられる。 (Wikipedia:カップ戦)

カップリングパーティー
カップリングパーティーとは、結婚または交際を希望する男女が一堂に会してカップル成立を目指すパーティーである。テレビ番組「ねるとん紅鯨団」を原型として全国に広まったことから、ねるとんパーティー、婚活パーティー、お見合いパーティー、恋活パーティーとも呼ばれる。1992年頃からニッチな産業として全国の主要都市で定着している。参加者は全国で年間80 - 100万人(リピート客含む)以上と考えられる。 パーティーの形式 限られた時間のパーティーで、参加者を満足させ、カップルを成立させるには、以下のような課題に応える必要がある。 限られた時間で効率的に多数の異性と会話する 気に入った異性とは時間をかけて会話する 自分に好意を持っていない相手に時間をかけてしまうことを防ぐ 話し下手な参加者が「壁の花」になることを防ぐ 参加者に恥をかかせない初期のカップリングパーティーは「ねるとん紅鯨団」の形式を踏襲していたが、以上の課題に応えるためにパーティの改良が進み、現在では次のような形式が定着している。 (Wikipedia:カップリングパーティー)

カップリング反応
カップリング反応(英: coupling reaction)とは、2つの化学物質を選択的に結合させる反応のこと。特に、それぞれの物質が比較的大きな構造(ユニット)を持っているときに用いられることが多い。天然物の全合成などで多用される。 結合する2つのユニットの構造が等しい場合はホモカップリング、異なる場合はクロスカップリング(またはヘテロカップリング)と言う。一般式としては以下のように表される: ホモカップリング: R-X + R-X → R-R クロスカップリング: R-X + R'-Y → R-R'カップリング反応として様々な方法が開発されている。近年は特に触媒量の遷移金属化合物の存在下で、有機金属化合物あるいは不飽和炭化水素化合物が有機ハロゲン化合物と縮合するカップリング反応がいろいろ知られてきており、天然物合成などで多用されるようになった。 2010年のノーベル化学賞はこのカップリング反応のうち、ヘック反応・根岸カップリング・鈴木・宮浦カップリングの合成方法を確立した3者に授与された。 (Wikipedia:カップリング反応)

カップウィナーズ・カップ
『UEFAカップウィナーズカップ』より : カップウィナーズカップ(Cup Winners' Cup)とは、カップ戦の優勝チームが参加する、スポーツの国際大会である。 サッカー - 1990年代後半から2000年代前半、多くの大会が、別の大会と統合されて終了する UEFAカップウィナーズカップ - 1961年から1999年まで行われていた、ヨーロッパのクラブチームによる大会 アジアカップウィナーズカップ - 1991年から2002年まで行われていた、アジアのクラブチームによる大会 アフリカンカップウィナーズカップ - 1975年から2003年まで行われていた、アフリカのクラブチームによる大会 CONCACAFカップウィナーズカップ - 1991年から1998年まで行われていた、北米、中米、カリブ海のクラブチームによる大会 アラブ・カップウィナーズカップ - 1990年から2002年まで行われていた、アラブのクラブチームによる大会 LENカップウィナーズカップ - 1974年から2003年まで行われていた、ヨーロッパのクラブチームによる水球大会 サポルタ・カップ - 1967年から2002年まで行われていた、ヨーロッパのクラブチームによるバスケットボール大会。 (Wikipedia:カップウィナーズ・カップ)

カップ焼きそば
カップ焼きそば(カップ焼そば、カップやきそば)とは、日本発祥で、カップ麺のうち焼きそばを模したものを指す。袋麺タイプも含めた「インスタント焼きそば」の1ジャンルである。 通常のカップ麺と同じく、熱湯を用意するだけで調理可能である。カップ麺の特性上、袋麺タイプの「インスタント焼きそば」と違って「焼く」調理過程がなく、厳密には焼きそばではなく「焼きそば風」のカップ麺である。21世紀初頭では袋麺タイプのものよりも広く浸透し、定着している。 需要として、季節的には春から夏にかけて売上が伸びる傾向となっている。 スープを伴う通常のカップ麺とは調理方法が違い、湯をそそいで所定の時間(3分程度)が経過した後、蓋に設けられている湯切り口を開けてそこから湯を捨て、その後にソースまたは調味料を掛け、かき混ぜて調理終了となる(詳細は後述)。 商品の性質上、湯切りをしても完全に水分を除けないことが多く、麺に水っぽさを感じて敬遠してしまう消費者もいる。麺に残る水分を逆に生かすために、カップ焼きそば添付のソースには粉末タイプのソースや高濃縮で味の濃い液体ソースを採用し、また焼いた食感を出すために油分を多く含有させている。 (Wikipedia:カップ焼きそば)

カップリング (同人)
カップリング(カプ、CPとも略称される)とは、同人創作活動においてキャラクター同士の恋愛関係を表す語である。女性同性愛(百合)、男性同性愛(やおい・ボーイズラブ)創作をはじめ、異性愛でも広く用いられる。 表記方法 恋愛の対象となる二人のキャラクターを「キャラクターA×キャラクターB」などと表記する。しばしば間の「×」は省略される。×の前に記されるキャラクターを攻めと呼び、能動的な立場で性行為では男性側を指す。×の後のキャラクターを受けと呼び、受動的な立場で性行為では女性側を指す。前述した例を元にするとキャラクターAは攻め、キャラクターBは受けとなる。 近年では従来の概念である「攻める=能動的=男役、受ける=受動的=女役」を逆にする天邪鬼思考の腐女子も現れ、「襲われ攻め(受動的な男役)」「襲い受け(能動的な女役)」などの表現が増えており、同じカップリングでも嗜好の違いによる対立なども問題になっている。 (Wikipedia:カップリング (同人))

カップヌードル欧風チーズカレー
カップヌードル欧風チーズカレーは、日清食品の商品「カップヌードル」の種類。
2002年から発売されていたが、2006年9月にリニューアル新発売。パッケージも新しいデザインに変えられた。
具材には、チェダーチーズ、モッツァレッラ モッツァレラチーズを使用。麺には、ゴーダチーズ、スープにはエメンタールチーズと、4種類のチーズを使用し、濃厚な口あたりを生み出している。また、その感覚と、デミグラスをベースにしたカレースープのなめらかさが絶妙な味を生み出している。
具には、豚肉・ニンジン・マッシュルームを使用し、いかにも欧風という味を作っている。
コマーシャルメッセージ コマーシャルには、「チーズ星人」というキャラクターを使用し、2006年9月には、「セイジンビートボックス篇」を放送。
(Wikipedia:カップヌードル欧風チーズカレー)

カップル文化
カップル文化(-ぶんか)は、男性と女性によるカップルでの行動を優先する欧米の文化。
日本では恋人同士のデートの機会を除くと、同性同士の行動が基本となることが多い。また子どもがいれば、カップルというより子どもを中心とした家族単位での行動が多くなる。
北米やヨーロッパでは、女性は常にステディな関係にある男性のエスコートを受けるべきものという観念があり、女性同士での外での行動があまり歓迎されない。そのため女性が外出するときは、パートナーを伴っていることが多く、プライベートな生活も(家族というより)カップル単位が基本となる。また男性は女性に比べれば、単独での行動は許容されているものの、パーティーはカップル単位での参加が原則であることが多く、守るべき女性を伴うことで、優しさと強さをアピールする。
(Wikipedia:カップル文化)

カップヌードルロブスターソースシーフード
カップヌードルロブスターソースシーフードは、日清食品の商品「カップヌードル」の種類。
2006年9月より、期間限定発売。カップヌードルシーフード シーフードヌードルのスープをベースに、ロブスターの風味と味噌のコクを加え、更にトマトやハーブ、ホワイトペッパーで、味わい深く洋風スープに仕上げてある。
具には、彩り鮮やかなシーフード具材(タコ・カニ他)がふんだんに使用されている。
エネルギー 470kcal
蛋白質 11.8g
脂質 19.6g
炭水化物 61.8g
ナトリウム 2.5g
ビタミンB1 3.16mg
ビタミンB2 0.27mg
カルシウム 115mg
(1食102g当たり)
BIG(期間限定発売)
インスタントラーメン かつふぬうとるふすたあそおすしいふうと
日清食品 かつふぬうとるろふすたあそおすしいふうと
(Wikipedia:カップヌードルロブスターソースシーフード)

カップケーキ
カップケーキ(英:cupcake、イギリス英語:fairy cake、アイルランド英語:buno、オーストラリア英語:fairy cakeまたはpatty cake)は薄い紙やアルミ箔のカップに生地を流し込んで焼いた、一人分の大きさほどの小さなケーキである。これより大きいサイズのものと同様に、アイシングやキャンディーなどを用いたケーキデコレーションで飾られることもある。 カップケーキに関する初めての記述は、アメリア・シモンズによって執筆された American Cookery という本において「小さなカップで焼かれたケーキ "a cake to be baked in small cups"」のレシピが記載された1796年まで遡る。また、カップケーキ(cup cake)という言葉の記載が初めて確認できる書物は、1828年に出版された エリザ・レスリーによる Seventy-five Receipts for Pastry, Cakes, and Sweetmeatsというレシピ本であるとされる。 (Wikipedia:カップケーキ)


カップ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  ITmedia - 2018年12月10日


関連するイメージは見つかりませんでした



ITmedia
ITmedia(アイティメディア)は、ソフトバンクグループ傘下のアイティメディア株式会社(英文名称:ITmedia Inc.)が運営するIT系ニュースサイトである。ソフトバンクグループ子会社で出版・ブロードバンドコンテンツ等のメディアやマーケティング事業を統括する純粋持株会社「SBメディアホールディングス株式会社」の傘下に有る。 1997年、当時ソフトバンク傘下だった米Ziff DavisのIT系ニュースサイト「ZDNet」の日本語版「ZDNet JAPAN」としてスタート。2004年、ソフトバンクによるZiff Davisの出版部門のCNETへの売却にともない「ITmedia」に名称変更された。これによりZDNet JAPANは消滅したが、2005年にCNETの日本法人が復活。現在は朝日インタラクティブによって運営されている。 運営会社もソフトバンク出版事業部(その後ソフトバンクパブリッシングを経て現在のソフトバンククリエイティブ)の一部門として開始、1999年に「ソフトバンク・ジーディーネット」として分社設立、2004年にサイト名称変更とともに社名も「ソフトバンク・アイティメディア」となった。 (Wikipedia:ITmedia)


ITmedia - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  MBS - 2018年12月10日


関連するイメージは見つかりませんでした



MBS
『毎日放送』より : MBS 毎日放送 (Mainichi Broadcasting System, Inc.) - 大阪府大阪市にあるラテ兼営放送局。 TV放送に関してはMBSテレビを、ラジオ放送に関してはMBSラジオもそれぞれ参照。 同局の番組制作子会社については、MBS企画を参照。 マンチェスター・ビジネス・スクール (Manchester Business School) - マンチェスター(イギリス)にあるビジネススクール。 ミシガン州(アメリカ)にある3都市(ミッドランド、ベイシティ及びサギノー)の総称。 空港に関しては、MBS International Airportを参照。 アダルトゲームメーカーのMay-Be SOFTおよびMBS TRUTH。→運営会社のテックアーツも参照のこと。 山口県宇部市に本社を置くリフォーム関連企業・エムビーエス。 南九州コカ・コーラボトリングの子会社「南九州ビバレッジサービス」の略称。 共同放送システム(en:Mutual Broadcasting System) - かつてアメリカにあったラジオネットワーク。 (Wikipedia:MBS)

MBSテレビ
『毎日放送』より : MBSテレビ(エムビーエステレビ)は、大阪府大阪市に本社を置くラジオ・テレビ兼営局である毎日放送(MBS)のテレビジョン放送部門の呼称である。放送対象地域は近畿広域圏。コールサインはJOOR-DTV(大阪 16ch)、リモコンキーIDは「4」。 2011年7月24日の地上デジタル放送完全移行を機に、同日付の新聞・テレビ情報誌などの表記が、(テレビ放送)開局以来使われてきた「毎日テレビ」(または「毎日」)から「MBSテレビ」(または「MBS」)に統一された。地上波デジタルテレビジョン放送のGガイドでは「MBS毎日放送」と表記している。 2011年7月23日までは一般呼称を「毎日放送テレビ」といっていた他、単にMBSと呼称される場合や、アナログ時代には新聞などのラジオ・テレビ欄では「毎日テレビ」と表記されていたが、中日新聞(伊賀・紀州・滋賀・福井版のみ)と日刊県民福井ではラジオと同様「毎日 MBS」と、スポーツニッポンと日刊スポーツ、神戸新聞、デイリースポーツでは「毎日」と表記されていた。 (Wikipedia:MBSテレビ)

MBSラジオ
『毎日放送』より : MBSラジオ(エムビーエスラジオ)は、大阪府大阪市に本社を置くラジオ・テレビ兼営局である毎日放送 (MBS) の中波放送の呼称。 2011年7月24日までは「毎日放送ラジオ」の呼称も同等に用いられ、おたよりのあて先などはこちらで紹介されることが多かったが、現在では「MBSラジオ」の呼称に置き換えられている。 コールサインは JOOR 周波数は1179kHz(京都中継局も同一周波数)開局時は1210kHzであり、その後1180kHzを経て現在に至る。 本放送の開始は、1951年9月1日、大阪市北区角田町の阪急百貨店梅田本店の屋上に建てられたスタジオから中波放送を開始。同じ日の朝6時30分に開局した名古屋市の中部日本放送(CBCラジオ)に続いて正午に放送を開始した。第一声は、坂本登志子アナウンサーの「JOOR、みなさまの新日本放送でございます。」であった。開局当初は、『うっかりテスト』、『知らぬが佛(ほとけ)』、『バイバイ・ゲーム』、『おたのしみヒント』といった、一般参加のバラエティ番組が中心の編成だった。 (Wikipedia:MBSラジオ)

MBSヤングタウン
『MBSヤングタウン』(エムビーエスヤングタウン)は、1967年10月2日からMBSラジオ(毎日放送のラジオ部門)で夜ワイド枠に放送している番組。開始当初は深夜帯に放送されていた。現在の放送時間は、毎週土曜日・日曜日の夜22:00 - 23:30。 通称は「ヤンタン」で、番組開始から1970年9月までのタイトルは『歌え! MBSヤングタウン』であった。笑福亭鶴瓶は1975年から、明石家さんまは1976年から出演している。 一時は全曜日にわたって放送されていたため、当ページでは曜日別の呼称として、便宜上「ヤン○」(○は曜日名の頭文字)という略称を使用する(#エピソードを参照)。なお、現在放送中の土曜日についてはヤングタウン土曜日、日曜日についてはヤングタウン日曜日のページを参照されたい。 1960年代後半から、深夜番組の黄金期を築いてきた番組で、フュージョンによるテーマソング(通称『MBSヤングタウンのテーマ』)が代々、使われている。 (Wikipedia:MBSヤングタウン)

MBSタイガースナイター
『MBSベースボールパーク』(エムビーエスベースボールパーク、MBS Baseball Park)は、 毎日放送(MBSラジオ)が2014年から放送のプロ野球中継番組。 中継タイトルの変遷 1973年 - 2002年:毎日放送ダイナミックナイター(まいにちほうそうダイナミックナイター、Mainichi Broadcasting System Dynamic Nighter)以下、『ダイナミック - 』 2003年 - 2010年:MBSタイガースナイター(エムビーエスタイガースナイター、MBS Tigers Nighter)以下、『 - ナイター』 2011年 - 2013年:MBSタイガースライブ(エムビーエスタイガースライブ、MBS Tigers Live)以下、『 - ライブ』 2014年 - :(with Tigers) MBSベースボールパーク(ウィズタイガースエムビーエスベースボールパーク、with Tigers MBS Baseball Park)(以下、『 - パーク』) 放送日・放送時間 番組としての放送開始時間は、平日が17:46、土・日曜は17:59。 (Wikipedia:MBSタイガースナイター)

MBSナウ
『MBSナウ』(エムビーエス・ナウ、英称:MBS NOW)は、1976年1月5日から2000年9月29日まで毎日放送で放送された報道番組。関西地区で初めて誕生したニュースワイドである。番組は単に「ナウ」とも呼ばれていた。また、「NOW」とも表記されていた。 協力・毎日新聞社(ただし、1994年9月5日以降はクレジット表示無し)。 1975年3月31日にネットワークの腸捻転が解消したのに伴い、毎日放送はANN(NETテレビ→テレビ朝日)系列からJNN(TBS)系列へとネットチェンジ。その翌年の1976年1月5日に、『毎日新聞ニュース』の後継番組としてこの『MBSナウ』は放送を開始した。最高視聴率は、1989年2月24日(大喪の礼)の22.4%(ビデオリサーチ調べ)。 当初の放送時間は月曜 - 金曜 18:00 - 18:30 (JST、以下同)で、初代キャスターは小池清(月曜・火曜・水曜)と平松邦夫(木曜・金曜)の両アナウンサーだった。 (Wikipedia:MBSナウ)

MBSスタジオ in USJ
名称=MBSスタジオ in USJ
旧名称=
用途=スタジオ (映像撮影) スタジオ
旧用途=
設計者=大林組
構造設計者=
施工=
建築主=大林組
構造形式=
敷地面積=
建築面積=
延床面積=
階数=
高さ=
着工=
竣工=2001年3月
改築=
所在地=大阪府大阪市此花区桜島2丁目1番33号
(Wikipedia:MBSスタジオ in USJ)

MBSニュース
『MBSニュース』(エムビーエスニュース)は、毎日放送(MBS)のラジオ・テレビで放送されるニュース番組のタイトル。テレビでは2011年11月から、『MBS NEWS』のタイトルで放送している。 ラジオ 1951年9月1日、新日本放送(NJB)として開局した当初から、毎日新聞社の協力による『毎日新聞ニュース』のタイトルで放送されてきた。1974年ニュース編集権が毎日新聞からMBSへ移管されたことに伴い、『毎日ニュース』に改題したが、1999年頃から『MBSニュース』にタイトルを改めた。MBSラジオのニュースは、共同通信社、毎日新聞、JNN、JRNからの配信と、MBS報道局が取材したニュースを伝えている。 生ワイド番組の内包ニュースとして放送される場合は、ニュースの合間に、番組の出演者と担当のアナウンサーでクロストークを展開することがある。『それゆけ!』金曜日のパーソナリティをやしきたかじんが務めていた時期には、12時過ぎの『毎日ニュース』で、たかじんと平松邦夫(当時の担当アナウンサー、後の大阪市長)のやり取りをはさんで40分以上も時間を費やしたこともあった。 (Wikipedia:MBSニュース)

MBS新世代漫才アワード
『MBS漫才アワード(エムビーエスまんざいアワード)』は、関西のテレビ・ラジオ放送局である毎日放送(MBS)が主催していた漫才コンテスト。2011年開催の第9回までは『MBS新世代漫才アワード(エムビーエスしんせだいまんざいアワード)』の名称で開催された。 これまで、NHK上方漫才コンテスト(NHK大阪放送局主催)や、ABCお笑い新人グランプリ→ABCお笑いグランプリ(ABCテレビ)、上方お笑い大賞→笑いの超新星→ytv漫才新人賞(讀賣テレビ放送)など、在阪の放送局各社が新人のお笑い芸人のコンテストを行ってきた中で、唯一そのようなコンテストを持っていなかったMBSが『MBS新世代漫才アワード』の名称で2003年からスタートさせた。 (Wikipedia:MBS新世代漫才アワード)

MBS夜な夜な倶楽部
MBS夜な夜な倶楽部(-よなよなくらぶ)はMBSラジオの深夜放送で2004年4月からスタート。放送時間は、火曜~金曜日1時00分から4時00分(月曜 - 木曜深夜)。生放送である。 永遠のライバル”であるABCラジオに対抗すべく、MBSラジオの深夜放送の一大改革として2002年4月から「+M」、「B」と合わせて「深夜のMBS」というイメージを開拓しようと、2時00分 ~ 4時50分の枠を「S」と題して、月~木曜(実際の日付では火~金曜)に4人のパーソナリティーによる音楽とトークの番組を企画したのが原点である。 それを2004年4月から更に大幅に見直し、火曜 - 金曜日(月 ~ 木曜深夜)の1時00分 ~ 3時00分までの2時間(野球中継が延長した場合、MBSサウンドパークスの兼ね合いもあり最大1時間ずらした上、時間短縮)に渡り日替わりで5人(火曜日のみ2名)が番組を担当してリニューアルスタートした。 (Wikipedia:MBS夜な夜な倶楽部)

MBS京都プロジェクト
MBS京都プロジェクト (えむびーえすきょうとぷろじぇくと)とは、毎日放送(MBS)が制作・放送する、京都府の伝統や美術に関するの番組やイベントなどの総称である。
毎年11月23日を京都の日と定め、特別番組を放送している。
真実の料理人(特別番組を放送)
ちちんぷいぷい (テレビ番組) ちちんぷいぷい(京都からの生放送)
水野真紀の魔法のレストラン(京都特集)
2007年5月19日土曜日は、「MBS京都スペシャル」として9時25分(実質11時58分)~17時30分まで特別番組が多数放送された。
せやねん! 京都秘(まるひ)の美SP 雅&角のブラブラどこいこ!?(11:58 - 13;54)
せやねん!メインパーソナリティのトミーズ雅と、ちちんぷいぷい (テレビ番組) ちちんぷいぷいメインパーソナリティの角淳一が、「京都の美」をテーマに町を練り歩く。途中、「スタア祇園の隠れ家」「京大生100人が教える! 劇うまラーメンキング」などの情報もVTRで紹介。ほかの出演は、里見浩太朗・未知やすえ・松井愛(MBSアナウンサー)・チュートリアル (お笑いコンビ) チュートリアル・ロザン・千鳥 (お笑いコンビ) 千鳥ら。
(Wikipedia:MBS京都プロジェクト)

MBS企画
株式会社MBS企画(エムビーエスきかく、MBS Planning Corporation)は、日本のコングロマリット。大阪府に本社を置く放送局、毎日放送(MBS)の関連会社の一つで、MBSなどのテレビ・ラジオ番組の企画・制作やイベント・出版物の企画・刊行、住宅展示場の運営・管理などを行っている。 1968年7月31日、MBSの全額出資により「株式会社ミリカ音楽出版」として設立。MBSのラジオ番組「MBSヤングタウン」で生まれたヒット曲の権利ビジネスを展開することを目的とした。 1989年7月10日に「株式会社エムビーエス企画」に商号を変更し、音楽出版社からテレビ・ラジオ・イベントの企画・制作を手がける総合制作プロダクションに移行した。2001年7月、音楽出版事業を「株式会社ミリカ・ミュージック」に分社したのち、2002年11月29日、現行の「株式会社MBS企画」(社名登記をカタカナから英字に変更)に商号を変更した。 (Wikipedia:MBS企画)

MBSドクホン
MBSドクホン(エムビーエスドクホン)は、毎日放送が発行していた情報誌(フリーペーパー)。 2004年1月に創刊0号を発行。第19号(2007年4月発行)をもって休刊中。 発行 編集・発行(株)毎日放送 編成局宣伝部定価0円配布場所サポートショップ(一覧) 表紙構成 創刊0号から11号までは表紙が一色で構成されており、番組出演者の写真と白抜きで台詞が書かれる(創刊0号は角淳一が登場し、『ちちんぷいぷい』の「こんにちは。私は角淳一です。あなたはどなたでしょうか。」という台詞が載った)ものだった。これに対し、裏表紙に共演者からのツッコミが入るという構成がほとんどであった。 12号以降は表紙が全面リニューアル。白地をバックに番組出演者をカッコよく描いたイラストが掲載されるようになった。 また裏表紙の下隅には海原はるかの頭髪部の拡大写真が掲載され、バーコードと称している。一度だけブラックマヨネーズの小杉竜一が登場しており、同社制作の『ジャイケルマクソン』に出演した際の罰ゲームでパンチパーマになった時の拡大写真が掲載された。 (Wikipedia:MBSドクホン)

MBSニュースワイドアングル
MBSニュースワイドアングルは、毎日放送ラジオ(MBSラジオ)で2003年1月から2005年3月までの間放送されたニュース報道および情報系のラジオ番組である。 「MBSイブニングレーダー」から続くMBSラジオ伝統の夕方報道ワイド枠(全国のラジオ・テレビ併営局では珍しい「ラジオ報道部」が製作)の番組として、「情報ラヂオ・スパイス!」の終了(2002年(平成14年)12月30日)に伴い、2003年(平成15年)1月6日からスタートした。放送時間は毎週月曜日から金曜日の16:00〜17:33。2003年9月29日月曜日からは16:00〜17:30となった。 毎回日替わりのコメンテーターによるニュース解説や近藤勝重による「ラジオイミダス」や、金曜日は「アングル金曜かわら版」と題し、月〜木とは若干趣きを変え、リスナーからの時事川柳などを紹介したりしていた。 2005年春の番組改編の為、2005年(平成17年))3月22日火曜日の放送をもって番組を終了し、「MBSイブニングレーダー」→「諸口あきらのイブニングレーダー」→「情報ラヂオ・スパイス!」→「MBSニュースワイドアングル」と約21年間続いたMBSラジオの夕方報道ワイド番組が終了することとなった。 (Wikipedia:MBSニュースワイドアングル)

MBSナイトアングル
『MBSナイトアングル』(エムビーエスナイトアングル)は、2003年4月から2005年3月31日までMBSラジオ(毎日放送)で放送されていた報道番組である。 『MBSニュースワイドアングル』の姉妹編として、平日 21:00 - 21:30に放送。ただし、プロ野球シーズン中には原則『MBSタイガースナイター』の終了後に30分間放送という形を取っていた。番組は大きく3コーナーからなり、序盤がその日1日のまとめのニュース、中盤が特集「トゥディズ・アングル」、終盤がスポーツと天気という構成だった。 後継番組は23:55 - 0:00に放送の『MBSニュース最終便』。 トゥディズ・アングル 月曜日 エコノアングル(経済情報) 火曜日 週刊プレジデント(インタビュアー:子守康範) 水曜日 週刊お仕事図鑑 木曜日 木曜アングルレポート 金曜日 来週の予定放送開始当初は火曜日が「アングルレポート」、木曜日が「週刊プレジデント」という構成だったが、半年で曜日を交換した。 (Wikipedia:MBSナイトアングル)

MBSミッドナイトドライブ
MBSミッドナイトドライブ(エムビーエスミッドナイトドライブ)は、毎日放送(MBSラジオ)でかつて深夜に放送されていた音楽ラジオ番組である。 なお放送開始・終了日などはあくまで暦日で表記しているため、注意のこと。 番組開始は1980年代の後半ごろで、当時は日曜日(土曜深夜)の2時台に放送されていた。 その後日曜日3時間枠での放送となる。 1996年(平成8年)度上半期のみ月曜日(日曜深夜)の3時35分 ~ 4時50分に一旦移動したが半年で日曜日(土曜深夜)に復帰 1997年度から2002年3月の放送終了までは月曜日(日曜深夜)を除く毎夜放送された。 1997年-1999年3月、2:00 - 3:00 1999年 4月 - 2001年9月、3:00 - 4:00、 2001年10月 - 2002年3月、3:00 - 5:00※1999年3月まで3時台はTBSラジオからのネット受け(当初「いすゞ歌うヘッドライト〜コックピットのあなたへ〜」2時間だったが、1997年4月に1時間短縮となり当該枠は「Ride on music!」となった)をしていたが、1999年4月以後「Ride on music!」のネット縮小と、多くの局が「Be@t B@by!!」(TBSラジオは0時-1時)のネットに切り替えるも、MBS/ABCとも編成の都合上ネットしなかったため、この番組も3時スタートに繰り下げとなった。 (Wikipedia:MBSミッドナイトドライブ)

MBSニュース&天気
(Wikipedia:MBSニュース&天気)

MBSニュース最終便
『MBSニュース最終便』(エムビーエス・ニュースさいしゅうびん)は、2005年4月から2008年3月28日までMBSラジオ(毎日放送)で放送されていた、その日の『MBSニュース』のまとめ番組である。番組はその日のニュース、スポーツの結果、天気情報を伝えていた。 元々は『MBSナイトアングル』という番組で、2003年4月から2005年3月まで21:00 - 21:30(プロ野球シーズン中には原則、変動あり)に放送されていたが、『MBSニュースワイドアングル』の終了とワイド番組『ナニワ音楽ショウ』(金曜日は『UKビートフライヤー1179』)との枠交換によって2005年4月にタイトルを変更。23:45 - 24:00まで放送の15分番組となり、同時にストレートニュース番組に変更された。さらに2005年10月には『ゴーゴーモンキーズ』の枠拡大によって放送時間が15分前倒しの23:30 - 23:45になり、2006年4月には『ナニワ音楽ショウ』の枠拡大によって23:55 - 翌0:00に放送の5分番組となった。 (Wikipedia:MBSニュース最終便)

MBSニュース&天気
MBSニュース&天気(えむびーえすにゅーすあんどてんき)は、大阪・MBSテレビ(毎日放送)で毎週土曜日の18:50~19:00(特番期は、30分の繰り上げあり)に放送していた報道番組 報道・ニュース番組。1997年に土曜版MBSナウの終了に伴いスタート。(それまでこの枠は、「チャンネルメイト」という番宣番組を放送していた。)その日のニュースと、気象予報士による天気で構成されていたが、2005年夏頃から、古川アナだけの出演となり、同年10月1日の放送を以って事実上の最終回となった(余談だが、機動戦士ガンダムSEED DESTINYもこの日が最終回だった)。
古川圭子(毎日放送 MBSアナウンサー)
(Wikipedia:MBSニュース&天気)

MBSサウンドパークス
MBSサウンドパークスは毎週火曜から金曜日(月曜 - 木曜深夜)3時00分 ~ 4時00分に放送(野球中継が延長された場合でも番組編成の兼ね合いで必ず3時00分から1時間放送)されていたMBSラジオの音楽番組である。 なお放送開始・終了日などはあくまで暦日で表記しているため、注意のこと。 この番組はタイトルに一部あるように、2003年10月にオープンしたなんばパークス内に設置されたMBSラジオのサテライトスタジオ「パークスラジオパラダイス(通称パラパラスタジオ)」からの公開放送で、日替わりのパーソナリティーがこだわりの音楽と、アーティストをゲストに迎えてのトーク&ライヴセッションを展開するという番組である。2004年9月24日の放送を最後にMBS夜な夜な倶楽部の時間延長(1時00分 - 4時00分に拡大)に伴い終了した。 出演者 火曜日(月曜深夜)さんじゅうしちはち 水曜日(火曜深夜)中嶋慶子 木曜日(水曜深夜)JUN 金曜日(木曜深夜)LEO。 (Wikipedia:MBSサウンドパークス)


MBS - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す