[PR]

日別キーワード

第1位  iPhone - 2018年12月10日


関連するイメージは見つかりませんでした




iPhone - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  Android - 2018年12月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



Android
Android(アンドロイド)は、Googleによってスマートフォンやタブレットなどの携帯情報端末を主なターゲットとして開発されたプラットフォームである。カスタマイズ版Linuxカーネル、ライブラリやフレームワークその他のミドルウェア、ART仮想マシン、主要なアプリケーションからなるソフトウェアスタック(集合)パッケージで構成されている。2015年現在、スマートフォン用のOSとしては、世界シェア1位である。 2003年にアンディ・ルービン、リッチ ・マイナー、ニック・シアーズ、クリス・ホワイトがアメリカカリフォルニア州パロアルトに携帯電話向けソフトウェアプラットフォームを開発するAndroid社を設立した。2005年にGoogleがAndroid社を買収し、一時はGoogleが「gPhone」という独自の携帯電話端末の開発を進めているという憶測が流れた。 2007年11月5日 携帯電話用ソフトウェアのプラットフォームであるAndroidを、Google、米クアルコム、独通信キャリアのT-モバイル (T-Mobile International) などが中心となり設立した規格団体 「Open Handset Alliance」(オープン・ハンドセット・アライアンス、OHA)が発表した。 (Wikipedia:Android)

Androidのバージョン履歴
この項目ではGoogleが開発した、スマートフォンやタブレットコンピュータに代表されるモバイル機器向けのオペレーティングシステムであるAndroidのバージョン履歴について扱う。 一部の例外を除き、Android Developers[1]やGoogleから発表されている標準のAndroidについて記述する。サードパーティ(メーカーまたはキャリア)が独自に追加・改変した機能は含まない。 歴代のコードネームのうち、1.5 Cupcakeからは頭文字がバージョンの発表順にCからのアルファベット順で始まる菓子の名前が付けられており、それぞれにマスコットのロボット(正式名称なし)がコードネームの菓子に扮している。 正式リリース前のバージョン(2007年から2008年) Android ベータ版 Androidのベータ版は、2007年11月5日よりリリースした。また同年11月12日より、ソフトウェア開発キット (SDK) をリリースした。11月5日はAndroidの誕生日として祝われた。 2007年11月16日:M3-rc22a 2007年12月14日:M3-rc37a 2008年2月13日:M5-RC14 2008年3月3日:M5-RC15 2008年8月18日:0.9 2008年9月23日:1.0-R1 Android 1.0 Androidの最初のバージョンは2008年9月23日に公開された。 (Wikipedia:Androidのバージョン履歴)

Android One
Android One(アンドロイド ワン)は、Googleが選定したハードウェアメーカーとの協力の上で発売している、Android搭載端末のOEMブランドである。ハイエンドモデルのGoogle Nexusと異なり、主に開発途上国市場での流通を目的とした、ミドルからローエンドの低価格帯スマートフォンである。 Android Oneはインドやフィリピン、インドネシアなどの開発途上国市場に提供される。これらの国では裕福層が少なく、高価な端末を購入できる人が少ない。逆に安い端末となると性能が低すぎる上にアップデートが提供されない問題が起きている。Googleはこれらの問題を解消するために、Android Oneを市場に展開した。 Android Oneの製造メーカーは、MicromaxやKarbonn、Spiceなど中東やアジアを中心とし、Nexusと同様に様々である。パートナー企業は前述の3つの加えて、エイサー、Alcatel Onetouch、ASUS、HTC、Intex、Lava、レノボ、パナソニック、Xolo、クアルコムも参加している。 (Wikipedia:Android One)


Android - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  プリキュア - 2018年12月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



プリキュア
プリキュアシリーズは、朝日放送(ABCテレビ)、アサツー ディ・ケイ(ADK)、東映アニメーションが制作、テレビ朝日系列で放送されている日本の女児向けアニメシリーズである。 プリキュアシリーズはABCの日曜朝8時30分のアニメとして制作され、テレビ朝日系列で『明日のナージャ』の後続作品として2004年に放映された『ふたりはプリキュア』の大ヒットから端を発し、以降10年以上にわたってシリーズを重ねている(13年目の2016年は『魔法つかいプリキュア!』を放映中)。東映アニメーションの女児向け作品としては、『美少女戦士セーラームーン』シリーズ以来の新風を巻き起こしている。1シリーズの放送話数は原則、番組単位として1年ごとにリセットされており、各シリーズ間には『映画 プリキュアオールスターズ』などのクロスオーバー作品を除いて『スーパー戦隊シリーズ』と同じく登場人物や世界観などの連続性はない。 (Wikipedia:プリキュア)

プリキュアSS
『ふたりはプリキュア Splash Star』より : 『ふたりはプリキュア Splash Star』(ふたりはプリキュア スプラッシュ スター)は、東映アニメーション制作のアニメ作品。『プリキュアシリーズ』の第3作である。全49話。タイトルロゴにもあるとおり『ふたりはプリキュア Splash☆Star』と☆つきで表記されることもある。 2006年(平成18年)に新たな『ふたりはプリキュア』シリーズとして放送を開始した2代目プリキュア。『Splash Star』とは本作品の世界観をイメージして付けられたものである。2004年(平成16年)の開始の際からスタッフ間で今までのキャラクターのまま続行するか検討した際、「キャラクターを変えてシリーズを続ければどうか」といった提案から企画された番組である。女児向けアニメシリーズがメインキャラクターを一新することは前例になく、当時スタッフ間ではかなりの議論が行われた。そこに至るまでに前作のキャラクターのままシリーズを続投するという選択肢も存在していたが、「従来通りの継続方法では、数年後先細りするかもしれない」という危惧や、オリジナル作品を2年間監督し続けたシリーズディレクターの西尾大介の消耗を感じていたことから新たな方針を提案し、そのまま決定した。 (Wikipedia:プリキュアSS)

プリキュアスプラッシュスター
『ふたりはプリキュア Splash Star』より : 『ふたりはプリキュア Splash Star』(ふたりはプリキュア スプラッシュ スター)は、東映アニメーション制作のアニメ作品。『プリキュアシリーズ』の第3作である。全49話。タイトルロゴにもあるとおり『ふたりはプリキュア Splash☆Star』と☆つきで表記されることもある。 2006年(平成18年)に新たな『ふたりはプリキュア』シリーズとして放送を開始した2代目プリキュア。『Splash Star』とは本作品の世界観をイメージして付けられたものである。2004年(平成16年)の開始の際からスタッフ間で今までのキャラクターのまま続行するか検討した際、「キャラクターを変えてシリーズを続ければどうか」といった提案から企画された番組である。女児向けアニメシリーズがメインキャラクターを一新することは前例になく、当時スタッフ間ではかなりの議論が行われた。そこに至るまでに前作のキャラクターのままシリーズを続投するという選択肢も存在していたが、「従来通りの継続方法では、数年後先細りするかもしれない」という危惧や、オリジナル作品を2年間監督し続けたシリーズディレクターの西尾大介の消耗を感じていたことから新たな方針を提案し、そのまま決定した。 (Wikipedia:プリキュアスプラッシュスター)

プリキュアKids
プリキュアKids (プリキュアキッズ)は、アニメ『ふたりはプリキュア』、およびそのシリーズ作品の主人公たちに扮してステージショーなどのイベントに出演するユニットであった。
テレビアニメ『ふたりはプリキュア』のタイアップ企画として2004年にスタート。番組本編での主人公メンバー追加・変更に合わせて、ユニットの構成も同様に変更される。『おジャ魔女どれみ』の「おジャ魔女Kids」、『明日のナージャ』の「ナージャKids」の後継企画である。
バンダイミュージアムでのショーをメインに活動している他、全国ツアーにも出発している。ショーの内容はアニメのオープニング・エンディングテーマに合わせたダンスを主として、他にトークなどが行われていた。
(Wikipedia:プリキュアKids)

プリキュアオールスターズ
『映画 プリキュアオールスターズDX みんなともだちっ☆奇跡の全員大集合! 』(えいが プリキュアオールスターズデラックス みんなともだちっ きせきのぜんいんだいしゅうごう)は、2009年3月20日公開のアニメ映画。プリキュアシリーズの歴代作品のクロスオーバー作品である。シリーズにおいて過去最高の興収である10億円を達成した。 キャッチコピーは「プリキュアたち14人が夢のコラボ!!」、「力を合わせて、みんなの未来を救え!」。 前年の『映画 Yes!プリキュア5GoGo! お菓子の国のハッピーバースディ♪』で同時上映された短編映画『ちょ〜短編 プリキュアオールスターズ GoGoドリームライブ』の内容を再編集・再構成した、長編作品としては初のオールスターズ映画である。『ふたりはプリキュア』シリーズ、『ふたりはプリキュア Splash Star』、『Yes!プリキュア5』シリーズのプリキュア9人およびシャイニールミナスとミルキィローズ、そして『フレッシュプリキュア!』のキュアピーチ、キュアベリー、キュアパインの3人を加えた延べ14人のプリキュアが世界観を超えて(統一させて)結集し、一つの敵に立ち向かうというストーリーである。 (Wikipedia:プリキュアオールスターズ)

プリキュアシリーズ
プリキュアシリーズは、朝日放送(ABCテレビ)、アサツー ディ・ケイ(ADK)、東映アニメーションが制作、テレビ朝日系列で放送されている日本の女児向けアニメシリーズである。 プリキュアシリーズはABCの日曜朝8時30分のアニメとして制作され、テレビ朝日系列で『明日のナージャ』の後続作品として2004年に放映された『ふたりはプリキュア』の大ヒットから端を発し、以降10年以上にわたってシリーズを重ねている(13年目の2016年は『魔法つかいプリキュア!』を放映中)。東映アニメーションの女児向け作品としては、『美少女戦士セーラームーン』シリーズ以来の新風を巻き起こしている。1シリーズの放送話数は原則、番組単位として1年ごとにリセットされており、各シリーズ間には『映画 プリキュアオールスターズ』などのクロスオーバー作品を除いて『スーパー戦隊シリーズ』と同じく登場人物や世界観などの連続性はない。 (Wikipedia:プリキュアシリーズ)

プリキュア5
『』より : 『Yes!プリキュア5』(イエス・プリキュア・ファイブ)は、東映アニメーション制作のTVアニメ作品。『プリキュアシリーズ』第4作にして3代目のプリキュアである。本項目では第5作にあたる『Yes!プリキュア5GoGo!』(イエス・プリキュア・ファイブ・ゴーゴー)についても解説する。 以下、本項目では『Yes!プリキュア5』を『プリキュア5』または『5』、『Yes!プリキュア5GoGo!』を『GoGo!』と略記する。 当初、2007年は前作『ふたりはプリキュア Splash Star』をもう1年継続する予定だったが、ビジネス的な都合で急遽新しい作品を制作することが決まり、本作品が制作されることとなった。字幕の色は全員赤。 シリーズのコンセプトだった「ふたり」がタイトルから外れ、プリキュアが5人になった。それまでも追加キャラクターを加えた多人数での戦闘はあったが、プリキュアが5人になったことで従来シリーズと一線を画す大きな変更となる。スタッフ達は前作までの思い入れからその変更に対する抵抗感があったという。 (Wikipedia:プリキュア5)

プリキュアキッズ
『』より : (Wikipedia:プリキュアキッズ)


プリキュア - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  ベガルタ仙台 - 2018年12月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



ベガルタ仙台
ベガルタ仙台(ベガルタせんだい)は、日本の宮城県仙台市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブである。 1988年創部の東北電力サッカー部が前身であり、1999年にJリーグへ加盟した。ホームタウンは宮城県仙台市(地図)。ホームスタジアムはユアテックスタジアム仙台(地図)である(詳細は#ホームスタジアムを参照)。練習場は泉サッカー場(地図)および泉パークタウンスポーツガーデン・サッカー場(地図)である。 チーム名の「ベガルタ」は、仙台七夕にちなんで七夕の「織り姫」と「彦星」とされる星の名前、「ベガ (Vega)」と「アルタイル (Altair)」を合わせた造語。マスコットは「ベガッ太」。 Jリーグ加盟以前 1988年創部の東北電力サッカー部が前身。1994年に東北社会人サッカーリーグ及び全国地域サッカーリーグ決勝大会で優勝。1995年よりジャパンフットボールリーグ(JFL)へ昇格。また、1994年10月に運営法人として「株式会社東北ハンドレッド」(現在の「株式会社ベガルタ仙台」)を設立し、クラブ名を「ブランメル仙台」(後述)に改称した。 (Wikipedia:ベガルタ仙台)

ベガルタ仙台・ブランメル仙台の選手一覧
ベガルタ仙台・ブランメル仙台の選手一覧は、ベガルタ仙台に所属している選手・スタッフの一覧。
なお、過去在籍選手・スタッフは、前身の「ブランメル仙台」時代も含む。
手倉森誠監督(2008-)
手倉森浩ヘッドコーチ(2008-)
渡邉晋コーチ(2008-)
佐藤洋平GKコーチ(2009-)
高木昭次フィジカルコーチ(2008-)
1 萩原達郎(2001-)
16 林卓人(2007-):コンサドーレ札幌からレンタル移籍 期限付き移籍中
21 関憲太郎(2008-)
22 桜井繁(2009-):モンテディオ山形から完全移籍で新加入
2 木谷公亮(2005-)
3 渡辺広大(2005-)
4 細川淳矢(2007-)
5 一柳夢吾(2008-):期限付き移籍から完全移籍に移行
6 エリゼウ・フェレイラ・マルシアーノ エリゼウ(2009-):横浜FCから完全移籍で新加入
27 朴柱成(2009-):水原三星ブルーウィングス(大韓民国 韓国)から完全移籍で新加入
(Wikipedia:ベガルタ仙台・ブランメル仙台の選手一覧)

ベガルタ仙台の選手一覧
ベガルタ仙台の選手一覧は、現在ベガルタ仙台に所属している選手・スタッフ、および過去ベガルタ仙台・ブランメル仙台に在籍していた選手・スタッフの一覧。 在籍選手・スタッフ 監督・コーチ ゴールキーパー(GK) ディフェンダー(DF) ミッドフィールダー(MF) フォワード(FW) 他クラブへ期限付き移籍中の選手 背番号変遷 1999年 - 2008年 2009年 - 現在 外国籍選手 過去在籍選手・スタッフ スタッフ = 総監督 = 日本の旗 壱岐洋治(1998-1999) = 監督 = 日本の旗 佐藤長栄(1996) スロベニアの旗 ブランコ・エルスナー(1997) スロベニアの旗 ミロシュ・ルス(1997):横浜FC監督 日本の旗 三浦俊也(1997) 日本の旗 鈴木武一(1994-1995・1998-1999):A.Cアズーリ監督 日本の旗 清水秀彦(1999-2003) 日本の旗 石井肇(2003):モンテディオ山形テクニカルディレクター スロベニアの旗 ズデンコ・ベルデニック(2003-2004) 日本の旗 都並敏史(2005):ブリオベッカ浦安テクニカルディレクター ブラジルの旗 ジョエル・サンタナ(2006) 日本の旗 望月達也 (2007):ヴァンフォーレ甲府ヘッドコーチ 日本の旗 手倉森誠 (2008-2013):U-23日本代表監督 オーストラリアの旗 グラハム・アーノルド(2014) = ヘッドコーチ = 日本の旗 望月達也(2006):ヴァンフォーレ甲府ヘッドコーチ 日本の旗 手倉森誠(2007):U-23日本代表監督 日本の旗 手倉森浩(2008-2010):日本サッカー協会復興支援特任コーチ = コーチ = 日本の旗 鈴木淳(1994-1995) 日本の旗 井上卓也(1996) 日本の旗 三浦俊也(1997) 日本の旗 中村順(1996-1998):大宮アルディージャジュニアユース監督 日本の旗 平野直樹(1999):履正社高等学校監督 日本の旗 和田治雄(1997・2004):FC大阪監督 日本の旗 越後和男(2001-2004):ベガルタ仙台ユース監督 日本の旗 齋藤芳行(2005):ブリオベッカ浦安監督 日本の旗 手倉森誠(2006):U-22日本代表監督 日本の旗 手倉森浩(2007) 日本の旗 大槻毅(2011):浦和レッドダイヤモンズ強化部スタッフ 日本の旗 中村伸(2012-2013):サンフレッチェ広島コーチ 日本の旗 沖田優(2013-2014):コンサドーレ札幌コーチ 日本の旗 丸山亮太(2015):松本山雅FC U-18コーチ 日本の旗 原崎政人(2012-2015):ベガルタ仙台アカデミーコーチ = GKコーチ = スロベニアの旗 ルス(1997) ブラジルの旗 レナシ(2000-2004) 日本の旗 藤川孝幸(2005):国際武道大学監督 ブラジルの旗 ヴィトール(2006) 日本の旗 佐々木理(2007-2008):名古屋グランパス育成グループチーフGKコーチ、日本サッカー協会ナショナルトレセンコーチ東海GK担当チーフ 日本の旗 佐藤洋平(2009-2014):U-15日本代表GKコーチ 日本の旗 高橋範夫(2015):ベガルタ仙台アカデミーコーチ = フィジカルコーチ = 日本の旗 矢野由治(1995-1996):FC東京フィジカルコーチ 日本の旗 大森一伸(1999) ブラジルの旗 マルコ(2000-2002) ブラジルの旗 ロナウド(2006) 日本の旗 谷真一郎 (2002-2007):ヴァンフォーレ甲府フィジカルコーチ 日本の旗 高木昭次 (2008-2009) 韓国の旗 李昌燁 (2010-2011):V・ファーレン長崎フィジカルコーチ オーストラリアの旗 アンドリュー・クラーク(2014) 日本の旗 里内猛(2014):ジェフユナイテッド千葉フィジカルコーチ = アシスタントコーチ = 日本の旗 越後和男(2000):ベガルタ仙台ユース監督 日本の旗 賀谷英司(2002):鹿島アントラーズジュニアユースノルテ監督 ゴールキーパー(GK) 日本の旗 小野寺英貴(1994-1996) 日本の旗 佐藤直樹(1994-1996) 日本の旗 岸本浩右(1996) 日本の旗 千葉修(1996-1997) 日本の旗 茶木裕司(1997) 日本の旗 松永成立(1997):横浜F・マリノスGKコーチ 日本の旗 大崎常喜(1994-1996・1998-1999) 日本の旗 石川研(1997-2000):アビスパ福岡GKコーチ 日本の旗 桜井啓(2000) 日本の旗 高橋範夫(1996-2002):ベガルタ仙台アカデミーコーチ 日本の旗 前川大樹(2001-2002):宮城県警巡査 日本の旗 森田耕一郎(2003-2005) 日本の旗 高桑大二朗(2003-2006):横浜F・マリノスGK担当グループジュニアユース追浜・プライマリー担当コーチ 日本の旗 小針清允(2002-2007) 日本の旗 シュナイダー潤之介(2007-2008):ザスパクサツ群馬GKコーチ 日本の旗 萩原達郎(2001-2010) 日本の旗 川俣慎一郎(2011):鹿島アントラーズ 日本の旗 阿部陽輔(2012) 日本の旗 林卓人(2007-2013):サンフレッチェ広島 オーストラリアの旗 ヴコヴィッチ(2014):パース・グローリーFC 日本の旗 桜井繁(2009-2014) ディフェンダー(DF) 日本の旗 及川聡(1994-1995) 日本の旗 高瀬良晴(1994-1995) 日本の旗 藤原健恭(1994-1995) 日本の旗 吉澤武志(1994-1995) 日本の旗 河本充弘(1995) 日本の旗 明間正義(1994-1996) 日本の旗 加藤宏明(1994-1996) 日本の旗 斉藤浩史(1994-1996):東京ヴェルディ1969フットボールクラブ取締役 日本の旗 小浜博(1995-1996) 日本の旗 小屋禎(1996) 日本の旗 影山雅永(1996) ドイツの旗 シュトゥンプ(1996) 日本の旗 吉田暢(1995-1997) 日本の旗 小杉敏之(1996-1997) 日本の旗 阪倉裕二(1996-1997):清水エスパルスヘッドコーチ 日本の旗 田中信孝(1996-1997) 日本の旗 谷口圭(1997) 日本の旗 眞中幹夫(1997) 日本の旗 本明利樹(1994-1998) 日本の旗 松村祐史(1997-1998) 日本の旗 渡辺佳孝(1996-1999) 日本の旗 山路嘉人(1996-2000):ベガルタ仙台レディース強化部長、日本サッカー協会ナショナルトレセンコーチ東北担当 セルビアの旗 ドゥバイッチ(1997-2000) 日本の旗 御厨景(1998-2000) 日本の旗 今川元樹 (en)(1999-2000) 日本の旗 小野寺央記(1999-2000) 日本の旗 佐山敏(1999-2000) 日本の旗 辻上裕章(2000):日本サッカー協会、ベガルタ仙台強化・育成部スタッフ 日本の旗 斎藤克幸(1997-2001):福島県立福島工業高等学校コーチ 日本の旗 賀谷英司(2000-2001):鹿島アントラーズジュニアユースノルテ監督 日本の旗 田沢浩之(2000-2001) 日本の旗 飯尾和也(2000-2002) ブラジルの旗 リカルド(2000-2002):ジョインヴィレEC(ブラジル) 日本の旗 森勇介(2001-2002) 日本の旗 片野坂知宏(2002):大分トリニータ監督 日本の旗 矢畑智裕(2000-2003):松本山雅FCスクールコーチ 日本の旗 小村徳男(2002-2003) 日本の旗 鈴木健仁(2002-2003):アビスパ福岡チーム統括部長 日本の旗 中田一三(2002-2003):ISE YAMATO FC監督 日本の旗 小峯隆幸(2003) 日本の旗 根本裕一(2003) 日本の旗 羽山拓巳(2003) ブラジルの旗 ファビアーノ(2003):ゴイアスEC(ブラジル) ブラジルの旗 マルケン(2003) 日本の旗 山内友喜(2003) 日本の旗 村田達哉(2001-2004):東京ヴェルディコーチ 日本の旗 渡邉晋(2001-2004):ベガルタ仙台監督 日本の旗 數馬正浩(2002-2004) スロバキアの旗 ガスパル(2004):パニオニオス(ギリシャ) 日本の旗 小原章吾(2004) マケドニア共和国の旗 セドロスキー(2004):SVマッテルスブルク(オーストリア) 日本の旗 樋口昌俊(2004) 日本の旗 森川拓巳(2003-2005):九州産業大学サッカー部コーチ 日本の旗 大河内英樹(2004-2005):AS.Laranja Kyoto 日本の旗 根引謙介(2004-2005):柏レイソルU-15コーチ 日本の旗 富澤清太郎(2005):ジェフユナイテッド市原・千葉 日本の旗 三田光(2005) 日本の旗 池田昇平(2006) 日本の旗 中田洋介(2004-2007):岩手県職員 日本の旗 左山晋平(2006-2007):佐川急便中国 日本の旗 白井博幸(2006-2007) 日本の旗 丸山良明(2006-2007):セレッソ大阪コーチ 日本の旗 磯崎敬太(2005-2008):サガン鳥栖 日本の旗 岡山一成(2007-2008):奈良クラブ 日本の旗 木谷公亮(2005-2009):サガン鳥栖コーチ 日本の旗 一柳夢吾(2008-2010):ザスパクサツ群馬 ブラジルの旗 エリゼウ(2009-2010) 日本の旗 細川淳矢(2007-2011):水戸ホーリーホック 韓国の旗 曺秉局(2011):上海申花(中国) 韓国の旗 朴柱成(2009-2012):貴州人和(中国) 日本の旗 原田圭輔(2011-2012) 日本の旗 内山俊彦(2012):モンテディオ山形コーチ 日本の旗 和田拓也(2013):大宮アルディージャ 日本の旗 島川俊郎(2009-2013):レノファ山口FC 日本の旗 渡辺広大(2005-2014):モンテディオ山形 日本の旗 角田誠(2011-2014):清水エスパルス 日本の旗 鈴木規郎(2014):グローバルFC(フィリピン) 日本の旗 鎌田次郎(2010-2015):柏レイソル 日本の旗 上本大海(2012-2015):V・ファーレン長崎 日本の旗 多々良敦斗(2015):ジェフユナイテッド市原・千葉 日本の旗 村上和弘(2001-2006、2014.7-2015):ベガルタ仙台育成部スタッフ ミッドフィールダー(MF) 日本の旗 阿部健二(1994-1995) 日本の旗 鈴木武一(1994-1995):A.C アズーリ監督 日本の旗 中村英樹(1994-1995) 日本の旗 山口貴之(1995) ブラジルの旗 エンリケ(1994-1996) 日本の旗 岸根邦博(1994-1996) 日本の旗 斉藤秀一(1994-1996) 日本の旗 澤口恵二(1994-1996) 日本の旗 鈴木淳(1994-1996) 日本の旗 中西順治(1994-1996) 日本の旗 三品佳功(1994-1996) 日本の旗 阿部円(1996) 日本の旗 大久保寿也(1996) 日本の旗 須藤和之(1996) 日本の旗 棚橋賢(1996) チェコの旗 フランタ(1996) 日本の旗 星岳志(1996) 日本の旗 入井和久(1996-1997) ドイツの旗 シュミット(1996-1997) 日本の旗 須藤秀之(1996-1997) ドイツの旗 リトバルスキー(1996-1997) 日本の旗 古賀聡(1997):早稲田大学監督 スロベニアの旗 ビング(1997) 日本の旗 越後和男(1996-1999):ベガルタ仙台ユース監督 日本の旗 千葉泰伸(1996-1999):ベガルタ仙台レディース監督 日本の旗 伊藤壇(1998-1999):ラカプラ・ユナイテッド(ミャンマー) 日本の旗 佐藤浩章(1998-1999) コロンビアの旗 ニクソン(1999) ブラジルの旗 パウロ・エンリケ(1999) 日本の旗 花山英二(1999):黒羽サッカークラブ 日本の旗 伊藤卓(2000) 日本の旗 平間智和(2000):日本サッカー協会 日本の旗 中村学(1996-2001) 日本の旗 蓮見知弘(1999-2001):東京ヴェルディコーチ ブラジルの旗 ヴィエラ(2001) 日本の旗 斎藤太一郎(2001) 日本の旗 花渕修平(2001) 日本の旗 中島浩司(1996-2002) 日本の旗 木戸康史(2001-2002) 日本の旗 中村伸(2001-2002):サンフレッチェ広島コーチ 日本の旗 安藤正裕(2002) 日本の旗 山田隆裕(2000-2003) 日本の旗 岩本輝雄(2001-2003) 日本の旗 阿部敏之(2002-2003) 日本の旗 福永泰(2002-2003):ベガルタ仙台コーチ 日本の旗 森保一(2002-2003):サンフレッチェ広島監督 日本の旗 望月重良(2003):SC相模原代表 日本の旗 西洋祐(2002-2004):ベガルタ仙台ジュニアコーチ 日本の旗 石井俊也(2003-2004) 日本の旗 西谷正也(2004) 日本の旗 原崎政人(2004):ベガルタ仙台アカデミーコーチ 日本の旗 財前宣之(1999-2005):ベガルタ仙台ユーススタッフ ブラジルの旗 シルビーニョ(2002-2005) 日本の旗 秋葉竜児(2004-2005) 日本の旗 熊谷浩二(2004-2005):鹿島アントラーズユースコーチ 日本の旗 松浦宏治(2005):ヴィッセル神戸スクールコーチ 日本の旗 清水康也(2005-2006):ブリオベッカ浦安 ブラジルの旗 チアゴ・ネーヴィス(2006):CRフラメンゴ(ブラジル) 日本の旗 村松潤(2006) 日本の旗 大橋良隆(2006-2007):AC長野パルセイロスタッフ 日本の旗 熊林親吾(2006-2007):ブラウブリッツ秋田 U-18監督 ブラジルの旗 ロペス(2006-2007) ブラジルの旗 ジョニウソン(2007):CRヴァスコ・ダ・ガマ(ブラジル) ブラジルの旗 ファビーニョ(2007) ブラジルの旗 レアンドロ(2007) 日本の旗 金子慎二(2006-2008) 日本の旗 田ノ上信也(2007-2008) 日本の旗 佐藤由紀彦(2008):FC東京普及部コーチ 日本の旗 宮沢正史(2008) 日本の旗 西山貴永(2008-2009) 日本の旗 飛弾暁(2008-2009) 日本の旗 曽我部慶太(2009):SC相模原 日本の旗 千葉直樹(1996-2010):ヴォスクオーレ仙台(フットサル) 日本の旗 永井篤志(2007-2010) 日本の旗 三澤純一(2008-2010) ブラジルの旗 フェルナンジーニョ(2010):ガイナーレ鳥取 日本の旗 斉藤大介(2008-2011.7):栃木SC ブラジルの旗 マックス(2011) 日本の旗 高橋義希(2010-2011):サガン鳥栖 日本の旗 関口訓充(2004-2012):セレッソ大阪 ブラジルの旗 サッコーニ(2012) 日本の旗 田村直也(2007-2013):東京ヴェルディ 日本の旗 松下年宏(2011-2013):横浜FC 日本の旗 越後雄太(2012-2013) ブラジルの旗 ヘベルチ(2013) ブラジルの旗 ジオゴ(2013) ニュージーランドの旗 マグリンチィ(2014) 日本の旗 佐々木勇人(2013-2014):栃木SC 日本の旗 八反田康平(2014):清水エスパルス 日本の旗 武井択也(2014-2015):松本山雅FC フォワード(FW) ブラジルの旗 エジマール(1994-1996) 日本の旗 佐藤直樹(1994-1996) 日本の旗 内田貴之(1996):ベガルタ仙台ジュニアユースコーチ ドイツの旗 オッツェ(1996) 日本の旗 鈴木大造(1996) 日本の旗 松尾主税(1996) 日本の旗 草野修治(1996-1997):塩釜NTFCヴィーゼ監督 日本の旗 水内猛(1996-1997) スロベニアの旗 アンテ(1997) 日本の旗 磯山和司(1997):東洋大学コーチ 日本の旗 大倉智(1997) 日本の旗 根子達也(1994-1998):岩手県立盛岡商業高等学校コーチ 日本の旗 山中丈典(1998) 日本の旗 平聡(1994-1999):岩手県立盛岡商業高等学校副部長 日本の旗 阿部良則(1995・1998-1999) 日本の旗 高田純(1997-1999) 日本の旗 相沢清喜(1999-2000) 日本の旗 小林康剛(2000) 日本の旗 辻本俊介(旧姓:野中)(2000) ブラジルの旗 ロドリゴ (2000) 日本の旗 瀬川誠(1997-2001):仙台大学派遣コーチ 日本の旗 大友慧(2000-2002): 日本の旗 藤吉信次(2000-2002):東京ヴェルディユース監督 日本の旗 菅間望(2001-2002) 日本の旗 光岡眞矢(2001-2002) 日本の旗 山下芳輝(2002-2003) ブラジルの旗 エデー(2003):コンヤスポル(トルコ) 韓国の旗 金殷中(2003):済州ユナイテッドFC(韓国) ブラジルの旗 ドッダ(2003):アポロン・スミルニス(ギリシャ) 日本の旗 福田健二(2003):YFCMD(香港) ブラジルの旗 マルコス(2001-2004) 日本の旗 佐藤寿人(2003-2004):サンフレッチェ広島 ブラジルの旗 ファビオ・ヌネス(2004) ブラジルの旗 シュウェンク(2005):クリシューマEC(ブラジル) ブラジルの旗 バロン(2005) 日本の旗 大柴克友(2004-2006):ヴァンフォーレ甲府U-15コーチ ブラジルの旗 ボルジェス(2006):サントスFC(ブラジル) 日本の旗 萬代宏樹(2004-2007):水戸ホーリーホック ブラジルの旗 ウィリアン(2007):ECサント・アンドレ(ブラジル) ブラジルの旗 フェリッペ(2007) ブラジルの旗 ナジソン(2008):スポルチ・レシフェ(ブラジル) 日本の旗 鈴木弾(2007-2009) 日本の旗 田中康平(2008-2009):十勝フェアスカイ・ジェネシス ブラジルの旗 サーレス(2009) ブラジルの旗 マルセロ・ソアレス(2009):ポンチ・プレッタ(ブラジル) 日本の旗 平瀬智行(2008-2010):ベガルタ仙台アンバサダー ブラジルの旗 レイナルド(2010):ASA(ブラジル) 韓国の旗 朴成鎬(2010) ブラジルの旗 マルキーニョス(2011) ブラジルの旗 ディエゴ(2011年):モンテディオ山形 日本の旗 大久保剛志(2005-2007,2011):バンコク・グラスFC(タイ) 日本の旗 中島裕希(2006-2011):FC町田ゼルビア 日本の旗 中原貴之(2003-2005,2007-2014):アビスパ福岡 日本の旗 赤嶺真吾(2010-2014):ファジアーノ岡山FC 日本の旗 柳沢敦(2011-2014):鹿島アントラーズコーチ 日本の旗 武藤雄樹(2011-2014):浦和レッズ 日本の旗 山本大貴(2014-2014,6、2015):松本山雅FC 2種・特別指定 GK千葉理史(1999/2種) 宮崎遼(2006/2種) 大場浩哉(2007/2種):ベガルタ仙台スクールコーチ 田中勘太(2015-2016/2種・特別指定) 阿部輝(2016/2種) 松浦祥太郎(2016/2種)DF佐々木康司(1999/2種) 細川淳矢(2006/特別指定) 蜂須賀孝治(2012/特別指定) 二見宏志(2013/特別指定) 小島雅也(2015/2種) 榎本滉大(2015-2016/特別指定)MF斎藤太一郎(1999/2種) 西洋祐(1999/2種) 中村裕武(2002/強化指定・2種) 茂木駿佑(2014/2種) 佐々木匠(2014-2015/2種)FW茂木弘人(2000/強化指定・2種) 富山貴光(2007-2008/特別指定・2種) 奥埜博亮(2009-2011/特別指定) 下部組織出身者 1980年/1981年生 佐山敏 ブランメル仙台ユース→ベガルタ仙台 今川元樹 ブランメル仙台ユース→ベガルタ仙台 木村孝次 ブランメル仙台ユース→ソニー仙台FC 1982年/1983年生 斎藤太一郎 前橋商業高校→ブランメル仙台/ベガルタ仙台ユース→ベガルタ仙台 斉藤紀由 ブランメル仙台/ベガルタ仙台ユース→東京農業大学→FCホリコシ/アルテ高崎→ロッソ熊本/ロアッソ熊本 1983年/1984年生 西洋祐 ブランメル仙台ユースU-15→ベガルタ仙台ユース→ベガルタ仙台→グルージャ盛岡→ソニー仙台FC→グルージャ盛岡 1986年/1987年生 大久保剛志 ベガルタ仙台ジュニアユース→ベガルタ仙台ユース→ベガルタ仙台→ソニー仙台→ベガルタ仙台→ソニー仙台FC→モンテディオ山形→バンコク・グラスFC 1988年/1989年生 鈴木弾 エスペランサいわき→尚志高校→ベガルタ仙台ユース→ベガルタ仙台→グルージャ盛岡→新潟経営大学 1989年/1990年生 奥埜博亮 ベガルタ仙台ジュニアユース→ベガルタ仙台ユース→仙台大学→ベガルタ仙台→V・ファーレン長崎→ベガルタ仙台 1991年/1992年生 西村光司 ベガルタ仙台ユース→仙台大学→ラインメール青森 菅井慎也 ベガルタ仙台ジュニアユース→聖和学園高校→仙台大学→ヴァンラーレ八戸 菅井拓也 ベガルタ仙台ジュニアユース→聖和学園高校→仙台大学→ヴァンラーレ八戸 嶺岸佳介 ベガルタ仙台ジュニアユース→東北高校→国士舘大学→ツエーゲン金沢 1993年/1994年生 越後雄太 ベガルタ仙台ジュニアユース→ベガルタ仙台ユース→ベガルタ仙台→グルージャ盛岡 五十嵐亘 ベガルタ仙台ユース→東京学芸大学→ソニー仙台FC 1996年/1997年生 茂木駿佑 柏レイソルU-15→ベガルタ仙台ユース→ベガルタ仙台→ツエーゲン金沢→ベガルタ仙台 1997年/1998年生 小島雅也 クマガヤサッカースポーツクラブ→ベガルタ仙台ユース→ベガルタ仙台 佐々木匠 ベガルタ仙台ジュニア→ベガルタ仙台ジュニアユース→ベガルタ仙台ユース→ベガルタ仙台 関連項目 ベガルタ仙台 Jリーグ Jリーグのクラブに所属するサッカー選手のクラブ別一覧。 (Wikipedia:ベガルタ仙台の選手一覧)

ベガルタ仙台・ブランメル仙台に在籍した全選手一覧
『』より : (Wikipedia:ベガルタ仙台・ブランメル仙台に在籍した全選手一覧)


ベガルタ仙台 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  Aqours - 2018年12月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



Aqours
『ラブライブ! School idol project』(ラブライブ スクールアイドルプロジェクト)は、学校で結成された架空のアイドルグループの奮闘と成長を描く日本のメディアミックス作品群。 アスキー・メディアワークス、ランティス、サンライズの3社によるプロジェクト。2010年に開始した雑誌『電撃G's magazine』の読者参加企画を皮切りに、作中のアイドルグループが歌う楽曲のCD、作中のライブシーンを担当声優が再現するライブ公演、テレビアニメや劇場アニメといったアニメ化、スマートフォンゲームや携帯型ゲームといったゲーム化など、メディアミックス展開していった。 本作には、μ's(ミューズ)が主人公で2010年に開始した『ラブライブ!』と、Aqours(アクア)が主人公で2015年に開始した『ラブライブ!サンシャイン!!』がある。本記事では両者について解説する。 KADOKAWA/アスキー・メディアワークスが発行する美少女総合エンタテインメントマガジン『電撃G's magazine』、大手アニメ制作会社『サンライズ』、音楽会社ランティス(担当プロデューサーは斎藤滋、木皿陽平)の三者による合同プロジェクト。 (Wikipedia:Aqours)


Aqours - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す