[PR]

日別キーワード

第1位  働き方改革 - 2018年12月11日


関連するイメージは見つかりませんでした




働き方改革 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  GDP - 2018年12月13日


関連するイメージは見つかりませんでした



GDP
国内総生産(こくないそうせいさん、英:Gross Domestic Product、GDP)は、一定期間内に国内で産み出された付加価値の総額のことである。 国内総生産は「ストック」に対する「フロー」をあらわす指標であり、経済を総合的に把握する統計である国民経済計算の中の一指標で、GDPの伸び率が経済成長率に値する(経済学用語のフロー、ストックはフローとストックを参照)。 原則として国内総生産には市場で取引された財やサービスの生産のみが計上される。市場で取引されない活動は、GDPには含まれない。このため、家事労働やボランティア活動などは国内総生産には計上されない。この点は、国民総生産でも同じである。こうした取り扱いの例外として、持ち家の家賃など帰属計算が行われるものがある(国民経済計算の帰属家賃の説明を参照)。また、今期新たに生産されたのでない財(例:古美術品)の取引、最終財の原材料となる中間財の取引は算入されない。地下経済なども計上されないことが一般的であったが、2014年以降、EU圏内では麻薬取引や売春サービスも計上し始めている。 (Wikipedia:GDP)

GDPデフレーター
『国内総生産』より : 経済学において、GDPデフレーター(GDP deflator)とは、ある国(または地域)の名目GDPから実質GDPを算出するために用いられる物価指数である。名目GDPと実質GDPはそれぞれ物価変動の影響を排除していないGDPと排除したGDPであるため、その比にあたるGDPデフレーターは、物価変動の程度を表す物価指数であると解釈される。従ってGDPデフレーターの増加率がプラスであればインフレーション、マイナスであればデフレーションとみなせる。 算出 国民経済計算における計測 ほとんどの国民経済計算の体系において、GDPデフレーターは名目(nominal)GDPと実質(real)GDPの比を計測する。次の計算式が用いられる。 \operatorname{GDP\ deflator} = \frac{\operatorname{Nominal\ GDP}}{\operatorname{Real\ GDP}}\times 100名目GDPをGDPデフレーターで割って100倍する(デフレートする)と実質GDPの価額になる。 (Wikipedia:GDPデフレーター)


GDP - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  ゴジラ - 2018年12月13日


関連するイメージは見つかりませんでした



ゴジラ
ゴジラは、日本の東宝が1954年(昭和29年)に公開した特撮怪獣映画『ゴジラ』に始まる一連のシリーズ作品及び、それらの作品に登場する架空の怪獣の名称である。これら一連のシリーズ作品のことを「ゴジラ映画」と呼ぶこともある。 本項ではシリーズ作品全般についての解説を行う。個々の作品の詳細は後述のリストを参照のこと。 1954年に第1作が公開されて以降、半世紀以上にわたって製作されている怪獣映画。演技者がぬいぐるみ(着ぐるみ)に入って演じる手法を主体としており、この手法は以後、日本の特撮映画やテレビ特撮番組の主流となった。怪獣や怪獣同士の格闘のみならず、逃げ回る住民や攻防する軍隊等の周辺の人間描写も毎回描かれ好評を得ている。日本のみならず海外でも放映されて人気を呼び、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに日本のキャラクターとしては唯一の例として登録されている。 ゴジラ映画の変遷 第1期・昭和ゴジラシリーズ = シリーズの特徴・経緯 = 1954年11月3日、特撮映画製作を熱望していたスタッフが、当時社会問題となっていたビキニ環礁の核実験に着想を得て製作した、第1作“水爆大怪獣映画”『ゴジラ』が公開される。 (Wikipedia:ゴジラ)

ゴジラ大怪獣百科
『ゴジラ』より : ゴジラは、日本の東宝が1954年(昭和29年)に公開した特撮怪獣映画『ゴジラ』に始まる一連のシリーズ作品及び、それらの作品に登場する架空の怪獣の名称である。これら一連のシリーズ作品のことを「ゴジラ映画」と呼ぶこともある。 本項ではシリーズ作品全般についての解説を行う。個々の作品の詳細は後述のリストを参照のこと。 1954年に第1作が公開されて以降、半世紀以上にわたって製作されている怪獣映画。演技者がぬいぐるみ(着ぐるみ)に入って演じる手法を主体としており、この手法は以後、日本の特撮映画やテレビ特撮番組の主流となった。怪獣や怪獣同士の格闘のみならず、逃げ回る住民や攻防する軍隊等の周辺の人間描写も毎回描かれ好評を得ている。日本のみならず海外でも放映されて人気を呼び、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに日本のキャラクターとしては唯一の例として登録されている。 ゴジラ映画の変遷 第1期・昭和ゴジラシリーズ = シリーズの特徴・経緯 = 1954年11月3日、特撮映画製作を熱望していたスタッフが、当時社会問題となっていたビキニ環礁の核実験に着想を得て製作した、第1作“水爆大怪獣映画”『ゴジラ』が公開される。 (Wikipedia:ゴジラ大怪獣百科)

ゴジラシリーズ
『ゴジラ』より : ゴジラは、日本の東宝が1954年(昭和29年)に公開した特撮怪獣映画『ゴジラ』に始まる一連のシリーズ作品及び、それらの作品に登場する架空の怪獣の名称である。これら一連のシリーズ作品のことを「ゴジラ映画」と呼ぶこともある。 本項ではシリーズ作品全般についての解説を行う。個々の作品の詳細は後述のリストを参照のこと。 1954年に第1作が公開されて以降、半世紀以上にわたって製作されている怪獣映画。演技者がぬいぐるみ(着ぐるみ)に入って演じる手法を主体としており、この手法は以後、日本の特撮映画やテレビ特撮番組の主流となった。怪獣や怪獣同士の格闘のみならず、逃げ回る住民や攻防する軍隊等の周辺の人間描写も毎回描かれ好評を得ている。日本のみならず海外でも放映されて人気を呼び、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに日本のキャラクターとしては唯一の例として登録されている。 ゴジラ映画の変遷 第1期・昭和ゴジラシリーズ = シリーズの特徴・経緯 = 1954年11月3日、特撮映画製作を熱望していたスタッフが、当時社会問題となっていたビキニ環礁の核実験に着想を得て製作した、第1作“水爆大怪獣映画”『ゴジラ』が公開される。 (Wikipedia:ゴジラシリーズ)

ゴジラ (架空の怪獣)
ゴジラ (Godzilla) は、東宝映画『ゴジラ』シリーズに登場する、架空の怪獣である。 本記事ではゴジラザウルス (Godzillasaurus) とG細胞(ゴジラさいぼう、または ジーさいぼう)についても記述する。 その姿は昔の「直立した姿で描かれた2足歩行恐竜の復元図」に似ており、いわゆる怪獣の代名詞的存在である。日本のみならず、世界各国で高い人気を誇る。 最初の異名は水爆大怪獣(すいばくだいかいじゅう)で、現在は怪獣王(かいじゅうおう)と呼ばれるのが一般的。日本国外ではKing of Monsters。ラドンやモスラと並び、「東宝三大怪獣」と称される。 広辞苑にその名が載っている唯一の日本の怪獣である。 登場作品 製作経緯 プロデューサーの田中友幸はアメリカ映画『原子怪獣現わる』をヒントに、恐竜型怪獣が暴れる映画を当初から構想していた。怪獣の描き方について、『キングコング』に魅了されていた特技監督の円谷英二はモデルアニメーションによる撮影に意欲を見せたが、予算の都合で着ぐるみによる撮影に決定した。 (Wikipedia:ゴジラ (架空の怪獣))

ゴジラ (1954年の映画)
作品名=ゴジラ (1954年の映画) ゴジラ
原題=GODZILLA KING OF THE MONSTERS!
監督=本多猪四郎(本編)円谷英二(特撮)
製作総指揮=小林一三
製作=田中友幸
脚本=村田武雄本多猪四郎
出演者=宝田明河内桃子平田昭彦志村喬
音楽=伊福部昭
主題歌=
撮影監督=
撮影=玉井正夫(本編)有川貞昌(特撮)
編集=平泰陳
配給=東宝
上映時間=97分
言語=日本語
制作費=
興行収入=
前作=
(Wikipedia:ゴジラ (1954年の映画))

ゴジラ FINAL WARS
『ゴジラ FINAL WARS』(ゴジラ ファイナル ウォーズ)は、2004年(平成16年)12月4日に公開された日本映画で、ゴジラシリーズの第28作である。 第3期ゴジラシリーズ(ミレニアムシリーズ)の第6作で、ゴジラ生誕50周年作品であり、ゴジラシリーズの最終作と銘打たれた。ゴジラ生誕50周年作品を作るにあたり2003年の早い時期から著名な小説家、漫画家なども招き3本ほどの具体的な企画が作られたが、本当に新しいゴジラ映画、誰も知らないゴジラ映画は今現在の技術では作れないという結論に達し、その結果として、今現在で確保できる限りの最高の条件を揃え、シリーズ集大成となる最高の「ゴジラ映画」を作り上げてゴジラシリーズを締めくくることとなった。 (Wikipedia:ゴジラ FINAL WARS)

ゴジラ ファイナルウォーズ
『ゴジラ FINAL WARS』より : 『ゴジラ FINAL WARS』(ゴジラ ファイナル ウォーズ)は、2004年(平成16年)12月4日に公開された日本映画で、ゴジラシリーズの第28作である。 第3期ゴジラシリーズ(ミレニアムシリーズ)の第6作で、ゴジラ生誕50周年作品であり、ゴジラシリーズの最終作と銘打たれた。ゴジラ生誕50周年作品を作るにあたり2003年の早い時期から著名な小説家、漫画家なども招き3本ほどの具体的な企画が作られたが、本当に新しいゴジラ映画、誰も知らないゴジラ映画は今現在の技術では作れないという結論に達し、その結果として、今現在で確保できる限りの最高の条件を揃え、シリーズ集大成となる最高の「ゴジラ映画」を作り上げてゴジラシリーズを締めくくることとなった。 (Wikipedia:ゴジラ ファイナルウォーズ)

ゴジラ・ファイナルウォーズ
『ゴジラ FINAL WARS』より : 『ゴジラ FINAL WARS』(ゴジラ ファイナル ウォーズ)は、2004年(平成16年)12月4日に公開された日本映画で、ゴジラシリーズの第28作である。 第3期ゴジラシリーズ(ミレニアムシリーズ)の第6作で、ゴジラ生誕50周年作品であり、ゴジラシリーズの最終作と銘打たれた。ゴジラ生誕50周年作品を作るにあたり2003年の早い時期から著名な小説家、漫画家なども招き3本ほどの具体的な企画が作られたが、本当に新しいゴジラ映画、誰も知らないゴジラ映画は今現在の技術では作れないという結論に達し、その結果として、今現在で確保できる限りの最高の条件を揃え、シリーズ集大成となる最高の「ゴジラ映画」を作り上げてゴジラシリーズを締めくくることとなった。 (Wikipedia:ゴジラ・ファイナルウォーズ)

ゴジラ (1984年の映画)
作品名=ゴジラ
原題=
監督=橋本幸治(本編)中野昭慶(特撮)
製作総指揮=田中友幸
製作=西野一夫
脚本=永原秀一
出演者=小林桂樹田中健 (俳優) 田中健沢口靖子宅麻伸石坂浩二小泉博武田鉄矢夏木陽介
音楽=小六禮次郎
主題歌=GODZILLA(本編EDでの表記)
撮影監督=
撮影=原一民(本編)山本武(特撮)大根田俊光(特撮)
編集=黒岩義民
配給=東宝
上映時間=103分
言語=日本語
制作費=
興行収入=17億円
前作=メカゴジラの逆襲
(Wikipedia:ゴジラ (1984年の映画))

ゴジラvsビオランテ
『ゴジラvsビオランテ』(ゴジラたいビオランテ、または、ゴジラ ブイエス ビオランテ)は1989年12月16日に公開された日本映画で、「ゴジラシリーズ」の第17作である。観客動員数は200万人、配給収入は10億4千万円。 キャッチコピーは「超ゴジラ それはゴジラ細胞から生まれた」「正月映画日本代表」「勝った方が人類最大の敵になる」など。また宣伝イラストでは人差し指を立てたディフォルメされたゴジラのイラストに「'90正月映画No.1宣言!」と書かれたものがある。 入場者プレゼントはゴジラスタンプ(全4種)。 平成ゴジラシリーズの原点となる『ゴジラ』(1984年)の直接の続編。平成VSゴジラシリーズの第1弾でもある。登場怪獣はゴジラとビオランテ。 当初の仮題は『ゴジラ2』。原案を一般公募で募集した結果、『帰ってきたウルトラマン』の第34話「許されざるいのち」の原案者である小林晋一郎の作品が採用された。バイオテクノロジーをテーマにしている点や、レオゴンと同様に植物と動物の融合怪獣・ビオランテの登場、出現場所も芦ノ湖であるなど、「許されざるいのち」と本作には共通する要素も多い。 (Wikipedia:ゴジラvsビオランテ)

ゴジラVSビオランテ
『ゴジラvsビオランテ』より : 『ゴジラvsビオランテ』(ゴジラたいビオランテ、または、ゴジラ ブイエス ビオランテ)は1989年12月16日に公開された日本映画で、「ゴジラシリーズ」の第17作である。観客動員数は200万人、配給収入は10億4千万円。 キャッチコピーは「超ゴジラ それはゴジラ細胞から生まれた」「正月映画日本代表」「勝った方が人類最大の敵になる」など。また宣伝イラストでは人差し指を立てたディフォルメされたゴジラのイラストに「'90正月映画No.1宣言!」と書かれたものがある。 入場者プレゼントはゴジラスタンプ(全4種)。 平成ゴジラシリーズの原点となる『ゴジラ』(1984年)の直接の続編。平成VSゴジラシリーズの第1弾でもある。登場怪獣はゴジラとビオランテ。 当初の仮題は『ゴジラ2』。原案を一般公募で募集した結果、『帰ってきたウルトラマン』の第34話「許されざるいのち」の原案者である小林晋一郎の作品が採用された。バイオテクノロジーをテーマにしている点や、レオゴンと同様に植物と動物の融合怪獣・ビオランテの登場、出現場所も芦ノ湖であるなど、「許されざるいのち」と本作には共通する要素も多い。 (Wikipedia:ゴジラVSビオランテ)

ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃
『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』(ゴジラ・モスラ・キングギドラ だいかいじゅうそうこうげき)は、2001年(平成13年)12月15日に公開された日本映画で、ゴジラシリーズの第25作である。併映は『劇場版 とっとこハム太郎 ハムハムランド大冒険』。 登場怪獣はゴジラ、バラゴン(婆羅護吽)、モスラ(最珠羅)、キングギドラ(魏怒羅)。 第3期「ゴジラシリーズ」の第3作。本作ではゴジラは第1作のみを踏まえ、それ以後の日本に怪獣はまったく現われなかった設定となっている。主要襲撃地点は、太平洋、孫の手島(架空)、静岡県と山梨県の富士山麓、神奈川県、新潟県、鹿児島県。 本作でのゴジラは感情移入を拒む恐怖の対象や悪の権化として描かれ、戦争のメタファーとしての要素が強調されている。 平成ガメラ3部作の金子修介が監督したことでも話題になった。金子は以前よりゴジラ映画の監督への登用を東宝プロデューサーの富山省吾へ打診しており、従来のシリーズではプロデューサー主導で準備稿が完成してから監督が起用されていたが、本作での金子は企画段階から参加している。 (Wikipedia:ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃)

ゴジラ (1954)
『ゴジラ』は1954年(昭和29年)の東宝による日本映画。巨大な怪獣・ゴジラ (架空の怪獣) ゴジラの東京襲来を衝撃的に描いた特撮映画であり、ゴジラシリーズの第1作。日本の怪獣映画の元祖であると同時に、日本映画史上の古典的名作の一つに数えられる。1954年11月3日公開。
上映時間は97分で、モノクロにて製作された。
南洋の核実験 水爆実験のため海底の住み処を追われた太古の怪獣「ゴジラ」が、大都市東京に襲いかかる。初代ゴジラ映画。この1作により、特撮技術者・円谷英二の名が広く知れ渡った。作中で鍵となる装置「オキシジェンデストロイヤー」(参考:東宝特撮映画の登場兵器)が有名。
(Wikipedia:ゴジラ (1954))

ゴジラ (1984)
『ゴジラ』は1984年の日本映画で、ゴジラシリーズ第16作目の怪獣映画。
9年ぶりに製作され、『ゴジラvsデストロイア』まで続く新しいゴジラシリーズのスタート作品となった。1985年の正月映画として1984年年末に公開されたため、年の表示は1985年とされることもある。映画のキャッチコピーは「いま 壮大なロマンの目覚め!」。
劇中では1954年のゴジラ出現から30年後に再びゴジラが出現する設定になっており、シリーズ第2作から第15作までは無かったことになっている。
1973年の映画『日本沈没』や1980年の『地震列島』に代表される災害映画の流れを組んでおり、「生物災害」をリアルに表現するため、政府や自然災害など、各方面の専門家を特別スタッフとして招いている。
(Wikipedia:ゴジラ (1984))

ゴジラvsデストロイア
『ゴジラvsデストロイア』(ゴジラたいデストロイア、または、ゴジラ ブイエス デストロイア)は1995年12月9日に公開された日本映画で、「ゴジラシリーズ」の第22作である。観客動員数は400万人。配給収入は20億円。キャッチコピーは「ゴジラ死す」。 ゴジラの死を描いた作品として公開された、平成vsシリーズの完結編。 1954年公開のシリーズ第1作『ゴジラ』へのオマージュ色が濃く、タイトルクレジットが現れる画面では初代ゴジラの鳴き声とともに第1作のタイトルクレジットとして使用された「ゴジラ」の三文字が現れて爆発。オキシジェン・デストロイヤーに飲み込まれて海に沈み、その上から新たに本作のタイトルが現れるという演出が入る他、第1作に登場した山根恵美子が同一の役者で登場する。回想シーンでも第1作の映像が使用されている。 この作品は1954年のシリーズ第1作から製作に携わっていた田中友幸の名前がクレジットされる最後のゴジラ映画となっており、また、音楽担当の伊福部昭もゴジラシリーズ最後の参加となった。 (Wikipedia:ゴジラvsデストロイア)

ゴジラVSデストロイア
『ゴジラvsデストロイア』より : 『ゴジラvsデストロイア』(ゴジラたいデストロイア、または、ゴジラ ブイエス デストロイア)は1995年12月9日に公開された日本映画で、「ゴジラシリーズ」の第22作である。観客動員数は400万人。配給収入は20億円。キャッチコピーは「ゴジラ死す」。 ゴジラの死を描いた作品として公開された、平成vsシリーズの完結編。 1954年公開のシリーズ第1作『ゴジラ』へのオマージュ色が濃く、タイトルクレジットが現れる画面では初代ゴジラの鳴き声とともに第1作のタイトルクレジットとして使用された「ゴジラ」の三文字が現れて爆発。オキシジェン・デストロイヤーに飲み込まれて海に沈み、その上から新たに本作のタイトルが現れるという演出が入る他、第1作に登場した山根恵美子が同一の役者で登場する。回想シーンでも第1作の映像が使用されている。 この作品は1954年のシリーズ第1作から製作に携わっていた田中友幸の名前がクレジットされる最後のゴジラ映画となっており、また、音楽担当の伊福部昭もゴジラシリーズ最後の参加となった。 (Wikipedia:ゴジラVSデストロイア)

ゴジラvsキングギドラ
『ゴジラvsキングギドラ』(ゴジラたいキングギドラ、または、ゴジラ ブイエス キングギドラ)は1991年(平成3年)12月14日公開の日本の特撮映画。ゴジラシリーズの第18作、東宝創立60周年記念作品でもある。上映時間103分、カラー、ビスタビジョン(パナビジョン)。観客動員数は約270万人。配給収入の14億5千万円は1992年の邦画で第8位だった。 キャッチコピーは「世紀末、最大の戦いが始まった。」「お前だけには絶対負けない!」「12・14決戦!」。 前作『ゴジラvsビオランテ』が一定程度の成功にとどまったことから、当初はモスラが主演怪獣である『モスラVSバガン』が企画されたが、東宝上層部がゴジラのほうが成績が良いと判断し、昭和ゴジラシリーズの人気怪獣で子供達のリクエストが多かったキングギドラが登場することとなった。 (Wikipedia:ゴジラvsキングギドラ)

ゴジラVSキングギドラ
『ゴジラvsキングギドラ』より : 『ゴジラvsキングギドラ』(ゴジラたいキングギドラ、または、ゴジラ ブイエス キングギドラ)は1991年(平成3年)12月14日公開の日本の特撮映画。ゴジラシリーズの第18作、東宝創立60周年記念作品でもある。上映時間103分、カラー、ビスタビジョン(パナビジョン)。観客動員数は約270万人。配給収入の14億5千万円は1992年の邦画で第8位だった。 キャッチコピーは「世紀末、最大の戦いが始まった。」「お前だけには絶対負けない!」「12・14決戦!」。 前作『ゴジラvsビオランテ』が一定程度の成功にとどまったことから、当初はモスラが主演怪獣である『モスラVSバガン』が企画されたが、東宝上層部がゴジラのほうが成績が良いと判断し、昭和ゴジラシリーズの人気怪獣で子供達のリクエストが多かったキングギドラが登場することとなった。 (Wikipedia:ゴジラVSキングギドラ)

ゴジラ対ガイガン
『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』より : 『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』(ちきゅうこうげきめいれい ゴジラたいガイガン)は、「東宝チャンピオンまつり」の一編として東宝が製作し、1972年(昭和47年)3月12日に公開した日本映画で、「ゴジラシリーズ」の第12作である。観客動員数は178万人。カラー、シネマスコープ。 ストーリー 売れない劇画家の小高源吾は、マネージャー・友江トモ子が取ってきた、東京郊外で現在建設中の世界子供ランドの怪獣デザインの仕事にありつく。世界子供ランドは「絶対の平和」をうたう謎めいた非営利団体の運営によって、中心にそびえる「ゴジラ塔」の頭の部分に事務局が置かれていた。ゴジラ塔を訪ねた源吾だったが、妙な英語混じりの言葉を話す事務局長のクボタは何やら不思議な人物であった。彼らは子供ランド完成の暁には、「平和の敵」であるゴジラをはじめとする怪獣島の怪獣たちをすべて抹殺すると豪語する。 そんな中、子供ランドの都内オフィスの前で、源吾はクボタたちに追われていた1人の女が落とした奇妙な磁気テープを拾う。 (Wikipedia:ゴジラ対ガイガン)

ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS
『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』(ゴジラ モスラ メカゴジラ とうきょうエス・オー・エス)は、2003年(平成15年)12月13日に公開された日本映画で、「ゴジラシリーズ」の第27作である。併映は『とっとこハム太郎 ハムハムハグランプリン オーロラ谷の奇跡』。興行収入は13億円、観客動員は110万人。 第3期ゴジラシリーズ(ミレニアムシリーズ)の第5作である本作は、前年に公開された『ゴジラ×メカゴジラ』の好評を受けて製作された、同作の直接の続編である。制作の富山省吾は、製作報告会見で本作を新世紀のゴジラシリーズのゴールと位置づけていた。 前作で主人公を演じた釈由美子も少し登場するが、本作の主人公は金子昇が演じる3式機龍の整備士となる。また、金子は『百獣戦隊ガオレンジャー 火の山、吼える』でも主演しているが、これは上映時間が短いため、長編映画としては本作が初である。 前作に引き続き、自衛隊の全面協力が行われており、主演の金子昇も整備士の役作りのため航空自衛隊に体験入隊をしている。 (Wikipedia:ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS)


ゴジラ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  三億円事件 - 2018年12月13日


関連するイメージは見つかりませんでした



三億円事件
『三億円強奪事件』より : 三億円事件(さんおくえんじけん)は、東京都府中市で1968年12月10日に発生した、窃盗事件である。三億円強奪事件ともいわれる。1975年(昭和50年)12月10日に公訴時効が成立し未解決事件となった。 現金輸送車に積まれた東京芝浦電気(現・東芝)従業員のボーナス約3億円(2億9430万7500円)が、白バイまで用意した偽の白バイ隊員に奪われた事件である。被害金額3億円は現金強奪事件としては当時の最高金額であった。その後の現金強奪事件では金額こそ三億円事件よりも強奪金額が多い事件があるが、1968年(昭和43年)当時の3億円は、平成26年(2014年)の貨幣価値に直すと約10億円に当たり、貨幣価値においては現金強奪事件としては日本最高である。 三億円強奪事件ともいわれているが、事件のあった日本において、本件犯行は強盗罪には該当せず、窃盗罪となる。犯人が暴力に訴えず計略だけで強奪に成功していること、盗まれた3億円は日本の保険会社が支払った保険金により補填され(事件の翌日には従業員にボーナスが支給された)、その保険会社もまた再保険(日本以外の保険会社によるシンジケート)に出再していたので損害の補填をうけ、直接的に国内で金銭的損失を被った者がいなかったという認識から、及び被害金額2億9430万7500円の語呂から、“憎しみのない強盗”のあだ名もある。 (Wikipedia:三億円事件)


三億円事件 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  日経平均株価 - 2018年12月13日


関連するイメージは見つかりませんでした



日経平均株価
日経平均株価(にっけいへいきんかぶか、英: Nikkei Stock Average)は、日本の株式市場の代表的な株価指標の一つ。単に日経平均や日経225(にっけいにひゃくにじゅうご、にっけいにーにーご)とも呼ばれる。英語圏の報道機関ではNikkei 225と表記される場合もある。1960年4月の株価の基準値を1000とした。 ダウ式平均株価であり、東京証券取引所第一部に上場する約1700銘柄の株式のうち225銘柄を対象にしている。日本経済新聞社が知的財産権を保有、銘柄を制定、15秒毎(2010年以降)に算出し公表する。 日本の株価指標としては東証株価指数 (TOPIX) と並んで普及している。最も知名度の高い株式指標であるため、純粋に民間が作成している経済指標でありながら、日本国政府の経済統計としても使われている。 日経平均株価は、東証第一部上場銘柄のうち取引が活発で流動性の高い225銘柄を選定し、ダウ平均株価の株価平均型方式を基にした計算方法で修正平均を算出する。 (Wikipedia:日経平均株価)

日経平均株価先物
『日経225先物取引』より : 日経225先物取引(にっけい225さきものとりひき、Nikkei 225 Futures)とは、日経平均株価を原資産とする株価指数先物取引であり、大阪取引所等に上場されている。TOPIX先物取引、日経225オプション取引と並んで、日本を代表する株価指数を原資産とするデリバティブ取引である。日経平均先物取引(にっけいへいきんさきものとりひき)、もしくは単に日経225先物、日経平均先物ともいう。 あらかじめ定められた期日(満期日)に特定の資産(原資産。ここでは日経平均株価)を、あらかじめ決められた価格で売買する契約。 原資産が日経平均株価(株価指数)という実体のないものであるため、決済はすべて差金決済となる。 先物の「買い方」(=取引を買いで開始した人)は、満期日の原資産(厳密には「SQ値」、後述)が約定(やくじょう)価格を上回れば利益を得、下回れば損失となる。「売り方」(=取引を売りで開始した人)は、逆に、満期日の原資産が約定価格を下回れば利益を得、上回れば損失となる。 (Wikipedia:日経平均株価先物)


日経平均株価 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す