[PR]

日別キーワード

第1位  スマートフォン - 2018年12月22日


関連するイメージは見つかりませんでした



スマートフォン
スマートフォン(英: Smartphone)は、携帯電話機の一形態を指す用語である。明確な定義はないが、多機能携帯電話であることが要件とされる場合が多い。タブレットと同様に「スマートデバイス」の一種とされる。日本では「スマホ」とも称されている。スマートフォン以前に普及していた多機能携帯電話のことはフィーチャー・フォンを参照。 オペレーティングシステム シェアはiOSとAndroidの2強となっており、日本ではiOSが過半数であるが、それ以外の国ではAndroidが圧倒的となっている。 Android - Android社を買収したGoogleが開発しているOS。LinuxカーネルやWebKit、Dalvikと呼ぶ独自の仮想マシンなどで構成される。 Cyanogen OS - Android派生OS。一部のスマートフォンに搭載されている。Androidのオープンソース部分を基にしているため、非オープンソースなアプリは搭載されていない。 Maru OS - Android及びDebian派生OS。 iOS(当初は OS X iPhone、その後 iPhone OS、現在 iOS) - アップルが開発した自社ハードウェア専用のOS。 (Wikipedia:スマートフォン)


スマートフォン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  社会保障 - 2018年12月24日


関連するイメージは見つかりませんでした



社会保障
社会保障(しゃかいほしょう、英: Social security schemes)は、個人的リスクである、病気・けが・出産・障害・死亡・老化・失業などの生活上の問題について貧困を予防し、貧困者を救い、生活を安定させるために国家または社会が所得移転によって所得を保障し、医療や介護などの社会的サービス(Social benefits)を給付する制度を指す。社会保障という言葉は社会福祉と同義で使われることも多いが、公的には、社会福祉の他に公衆衛生をも含む、より広い概念である。 社会保障の目的は多くの国で共通するが、言葉の意味するところは国によって異なる。たとえばイギリスでは、Social Security(社会保障)は経済的保障のみを指す。国際労働機関や欧州連合などではSocial Securityに代えてSocial Protection(社会保護、社会的保護)という言葉も用い、経済協力開発機構(OECD)の統計ではSocial Expenditure(社会支出)の概念を採用するなど、国際比較や統計処理のために様々な分類を行っている。 (Wikipedia:社会保障)

社会保障制度
『社会保障』より : 社会保障(しゃかいほしょう、英: Social security schemes)は、個人的リスクである、病気・けが・出産・障害・死亡・老化・失業などの生活上の問題について貧困を予防し、貧困者を救い、生活を安定させるために国家または社会が所得移転によって所得を保障し、医療や介護などの社会的サービス(Social benefits)を給付する制度を指す。社会保障という言葉は社会福祉と同義で使われることも多いが、公的には、社会福祉の他に公衆衛生をも含む、より広い概念である。 社会保障の目的は多くの国で共通するが、言葉の意味するところは国によって異なる。たとえばイギリスでは、Social Security(社会保障)は経済的保障のみを指す。国際労働機関や欧州連合などではSocial Securityに代えてSocial Protection(社会保護、社会的保護)という言葉も用い、経済協力開発機構(OECD)の統計ではSocial Expenditure(社会支出)の概念を採用するなど、国際比較や統計処理のために様々な分類を行っている。 (Wikipedia:社会保障制度)

社会保障法
社会保障法(しゃかいほしょうほう)とは、保障の必要な者に対して、日本国 国や地方公共団体などが行う給付行政 給付行為をめぐる権利・義務を中心として、その費用負担を定めた、社会保障に関する法 (法学) 法の総称である。
広義には、公的扶助や社会保険をはじめ、環境衛生や恩給なども含む。通常は狭義に解し、社会手当や福祉 社会福祉を主要な柱としている。
社会保障に関する法としては、公的扶助関連では生活保護法や児童扶養手当法などがあり、社会保険関連では、健康保険法や国民年金法、雇用保険法など、数多くの法律がある。
アメリカ合衆国においては、1935年にニューディール政策の一環として制定されている。
社会保険制度、公的扶助、社会福祉事業の3つを骨格とし、管轄機関として社会保障局が設置されている。
(Wikipedia:社会保障法)


社会保障 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  マティス - 2018年12月24日


関連するイメージは見つかりませんでした



マティス
マティス、マチス 人名 マティス・ゴートハルト・ナイトハルト(Mathis Gothart Neithart, 1470/75年? - 1528年) - ドイツの画家。マティアス・グリューネヴァルト(Matthias Grünewald)の名で知られる。 マティアス・ゲールング (Matthias Görung, 1500年-1570年) - ドイツの版画家。 アンリ・マティス(Henri Matisse, 1869年 - 1954年) - フランスの画家。 ジョニー・マティス(John Royce Mathis, 1935年 - ) - アメリカ合衆国の歌手。 エディト・マティス(Edith Mathis, 1938年 - ) - スイスのソプラノ歌手。 ブライアン・マティス(Brian Matusz, 1987年 - ) - アメリカ合衆国の野球選手。 その他 GM大宇・マティス(Matiz) - 韓国のGM大宇が製造する自動車。中国では「シボレー・スパーク」の名前で生産される。 株式会社マティス - 同車の日本正規輸入元、株式会社オートレックスの旧名。 (Wikipedia:マティス)

マティス (フォント)
マティスは、フォントワークスが発売した明朝体およびそのフォント製品。デザインはロダンを手がけた佐藤俊泰による。1991年にMacintoshDTP用PostScriptフォントとしてリリースされた。 字面を広めに確保した築地体風の仮名、および、漢字と仮名のバランスが特徴であり可読性に優れる。見出しミン、リュウミン(ともにモリサワ)のようにシャープな印象を持つ明朝体に対し、柔らな表情をもつ明朝体としてリリースされた。同様に築地体をその源流とするリュウミン-KOやA1明朝(ともにモリサワ)などにもない独特の雰囲気から、ロゴタイプやキャッチコピーなどを中心に、印刷媒体から映像分野まで幅広く使用例が見られる。 ファミリー構成 マティス-L マティス-M マティス-DB マティス-B マティス-EB マティス-UB 関連項目 新世紀エヴァンゲリオン - サブタイトルにマティス-EBが使われている 外部リンク フォントワークス 和文フォント大図鑑(マティスの書体見本)。 (Wikipedia:マティス (フォント))


マティス - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  乃木坂46 - 2018年12月24日


関連するイメージは見つかりませんでした



乃木坂46
乃木坂46(のぎざか フォーティーシックス、Nogizaka46)は、日本の女性アイドルグループ。秋元康のプロデュースにより、2011年8月21日に誕生した。 乃木坂46の「乃木坂」というグループ名は、レーベル会社のソニー・ミュージックエンタテインメントが所有する乃木坂46の最終オーディション会場として使用された「SME乃木坂ビル」を由来とする。乃木坂46の「46」という数字はAKB48より人数が少なくても負けないという意気込みを込めて総合プロデューサーの秋元康が命名した。乃木坂48と呼び間違えられやすい。 かつて、ソニー・ミュージックエンタテインメントグループ会社のデフスターレコーズに所属していたAKB48は、2008年のキングレコード移籍後にヒットしたため、ソニーミュージックの担当者が「やっぱり“逃した魚”は大きかったですよ」と語り、後の2010年にデフスターレコーズ所属時代の楽曲を収録した『逃した魚たち〜シングル・ビデオコレクション〜』というミュージック・ビデオ集が発売されるほどだった。 (Wikipedia:乃木坂46)

乃木坂46の「の」
『乃木坂46の「の」』(のぎざかフォーティーシックスの の、略称:乃木のの)は、2013年4月7日の日曜日18時から文化放送で毎週放送されている乃木坂46の初冠ラジオ番組である。 コーナー 風船を使った乃木坂46メンバー1分間アピールジングル 風船がふくらまされて割れるまでの1分以内に、自己アピールを行う。2014年5月現在、風船を使ったこのジングルは、初出演のメンバーに関して流れる。出演2回目以降は「まだブログに載せてないニュース」となる。CM明けに紹介(20秒間)×3回。 ふつうのおたより メンバーに聞いてみたいこと、報告したいこと。 モホロビチッチ 奇天烈用語についてメンバーが知ったかぶりトーク。 乃木坂探偵社 乃木坂46以外の他のアイドルグループ情報紹介コーナー。 乃木坂学園教員リスト 2013年5月5日開始。地域や世代関係なくどの学校にも一人はいる教授・教師をリスナーに教えてもらう。 乃木坂1/3 2013年6月2日開始。収録メンバー3人のうち1人に当てはまるようなお題をリスナーに考えてもらう。 (Wikipedia:乃木坂46の「の」)


乃木坂46 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  ジョジョの奇妙な冒険 - 2018年12月24日


関連するイメージは見つかりませんでした



ジョジョの奇妙な冒険
『ジョジョの奇妙な冒険』(ジョジョのきみょうなぼうけん、Part1 - 4, 6 - 8: JOJO'S BIZARRE ADVENTURE, Parte5: LE BIZZARRE AVVENTURE DI GIOGIO)は、荒木飛呂彦による日本の漫画作品。略称は「ジョジョ」。 作品解説 集英社の少年向け漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』に1986年から2004年まで、集英社の青年向け漫画雑誌『ウルトラジャンプ』に2005年からと長期にわたって連載されている。シリーズの単行本は100巻を越え、累計発行部数は2014年9月時点で9500万部超。2006年の文化庁による文化庁メディア芸術祭10周年記念アンケート企画、「日本のメディア芸術100選」にてマンガ部門で2位に選ばれた。 作品全体のテーマは「人間讃歌」。仲間たちとの絆・強敵との死闘など少年漫画の基本を押さえながらも、個性的な表現方法とホラーサスペンス的な不気味さで独自の世界観を築き上げており、その作風は「王道を行きながら実験的」と評されている。 (Wikipedia:ジョジョの奇妙な冒険)

ジョジョの奇妙な冒険 (対戦型格闘ゲーム)
Title ジョジョの奇妙な冒険
Plat アーケード(CPシステムIII)プレイステーション
Dev カプコン
Pub カプコン
Date AC:1998年12月PS:1999年10月14日
Price PS:5,800円(税別)
Sale PS:約26万本
Genre 対戦型格闘ゲーム
Play 1人 - 2人(対戦)
Media PS:CD-ROM
Device
ジョジョの奇妙な冒険(じょじょのきみょうなぼうけん ”JOJO”S BIZARRE ADVENTURE”)は、1998年12月に稼動を始めたカプコンのアーケードゲーム。漫画『ジョジョの奇妙な冒険』Part3『スターダストクルセイダース』を原作とした対戦型格闘ゲームである。1999年9月には続編の『#ジョジョの奇妙な冒険 未来への遺産 ジョジョの奇妙な冒険 未来への遺産』が稼働した。
10月にはオリジナルのモードを追加してプレイステーションに移植された。11月にはこの2本を同時収録した完全移殖版がドリームキャストで発売されている。
(Wikipedia:ジョジョの奇妙な冒険 (対戦型格闘ゲーム))

ジョジョの奇妙な冒険 (第一部)
『ファントムブラッド』より : 『ファントムブラッド』 (”JOJO”S BIZARRE ADVENTURE Part1” Phantom Blood) は、荒木飛呂彦の代表作である大河漫画作品『ジョジョの奇妙な冒険』のPart1(第1部)。波紋の戦士シリーズ・第1弾。
『ファントムブラッド』は後につけられた副題で、連載当時の副題は「第一部 ジョナサン・ジョースター ―その青春―」。なお、画集『JOJO A-GO!GO!』にて発表された当初は『ファントム ブラッドライン』という副題であったが、文庫版発行の際に現在のものに訂正されている。
単行本化されたときに、冒頭に「有名」とも言える誤植#『ジョジョの奇妙な冒険』 誤植があったが、文庫版発行までの約20年にわたって修正されなかった。
(Wikipedia:ジョジョの奇妙な冒険 (第一部))

ジョジョの奇妙な冒険 (コンピュータRPG)
Title ジョジョの奇妙な冒険
Plat スーパーファミコン
Dev ウィンキーソフト
Pub コブラチーム
Date 1993年3月5日
Price 9500円(税別)
Genre ロールプレイングゲーム
Play 1人
Media ロムカセット
Device
ジョジョの奇妙な冒険(じょじょのきみょうなぼうけん)は、1993年3月5日にコブラチームが発売した『スターダストクルセイダース』(荒木飛呂彦の原作漫画『ジョジョの奇妙な冒険』Part3)を題材にしたスーパーファミコン用ソフト。ジャンルはロールプレイングゲーム。『ジョジョの奇妙な冒険』初のコンピュータゲーム化作品『ファミコンジャンプ 英雄列伝』『ファミコンジャンプII 最強の7人』『カルトジャンプ』に登場しているが、『ジョジョの奇妙な冒険』単独でのゲーム化は初めて。。制作総指揮を橋本名人が担当した。
(Wikipedia:ジョジョの奇妙な冒険 (コンピュータRPG))

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の旋風
Title ジョジョの奇妙な冒険 黄金の旋風
Plat プレイステーション2
Dev カプコン
Pub カプコン
Date 2002年7月25日2007年9月20日(Best版)
Price 6800円(税別)1990円(Best版、税別)
Genre 黄金体験アドベンチャー、アクションゲーム
Play 1人
Media DVD-ROM
Device
ジョジョの奇妙な冒険 黄金の旋風(じょじょのきみょうなぼうけん おうごんのかぜ)は、2002年7月25日にカプコンが発売した『黄金の風』(荒木飛呂彦の原作漫画『ジョジョの奇妙な冒険』Parte5)を題材にしたプレイステーション2用ソフト。ジャンルは黄金体験アドベンチャー。2007年9月20日にBest版が発売された。
カプコン独自の技術「アーティストゥーン」(トゥーンレンダリングの一種)の採用によりジョジョのキャラクターを立体化することに成功した作品。
(Wikipedia:ジョジョの奇妙な冒険 黄金の旋風)

ジョジョの奇妙な冒険 未来への遺産
『ジョジョの奇妙な冒険』(ジョジョのきみょうなぼうけん JOJO'S BIZARRE ADVENTURE)は、漫画『ジョジョの奇妙な冒険』Part3『スターダストクルセイダース』を原作としたカプコンによる対戦型格闘ゲーム。続編の『ジョジョの奇妙な冒険 未来への遺産』についても記述。 1999年10月14日にはオリジナルのモードを追加してPlayStationに移植された。11月25日にはこの2本を同時収録した完全移殖版がドリームキャストで発売されている。 システム 1レバー+4ボタン(弱攻撃・中攻撃・強攻撃・スタンド)で操作する。 以下、数字はテンキーの位置と対応してレバーの入力方向を指し(例:236+攻なら波動拳コマンド)全て右向きの状態での操作(左向きの場合は左右を逆に入力)。スタートボタンで挑発。 画面上部に体力ゲージ、その下にスタンドゲージが、画面下部にスーパーコンボゲージがある。体力ゲージは本体の体力を表し、本体またはスタンドがダメージを受けるごとに減少。相手の体力ゲージを0にすることが目的。スタンドゲージはスタンドの防御力を現す(後述)。 (Wikipedia:ジョジョの奇妙な冒険 未来への遺産)

ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル
『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル』(ジョジョのきみょうなぼうけん オールスターバトル)は、2013年8月29日にバンダイナムコゲームスから発売された漫画『ジョジョの奇妙な冒険』を原作としたPlayStation 3用ゲームソフト。略称は「ジョジョASB」。 2012年7月5日に行われた作者の荒木飛呂彦による原画展「ジョジョ展」の記者発表会で発表された。 開発はサイバーコネクトツー。キャラクターモデリング、3Dモーション等の一部はグラフィニカが担当している。ジョジョの奇妙な冒険のPart1〜Part8までに登場した主要キャラクターたちを操作し、1対1で戦う3D対戦格闘ゲーム。ジョジョ25周年を記念し、すべての部が登場するクロスオーバー作品として制作された。 グラフィック面では荒木の独特の画風をゲームで再現するために独自のシェーディングエンジン「JOJO・シェーディング・レクイエム」が開発された。「レクイエム」の名がついているのは最初のシェーディングプログラムを一度捨てて生まれ変わらせているためである。 (Wikipedia:ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル)

ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン
『ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン』(ジョジョのきみょうなぼうけん アイズオブヘブン、Eyes of Heaven)は、バンダイナムコエンターテインメントより2015年12月17日に発売された、漫画『ジョジョの奇妙な冒険』を原作としたPlayStation 3およびPlayStation 4用ゲームソフト。略称は「ジョジョEoH」。 2014年12月に制作が発表された。 2013年に発売された『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル』(以下ASB)から引き続き、サイバーコネクトツーが開発を担当している。 対戦型格闘ゲームであった『ASB』とは異なり、本作は2対2のタッグで戦うアクションゲームとなっている。 システム 戦闘関連 一部、前作との比較を加えての解説を記載する。 概要 本作はASBのそれと異なり横スクロールの格闘ゲームではなく、360度自由に動き回るアクションゲームとなっている。 そのためか、技の発動はコマンド式ではなくL1ボタンに○・×・△・□のいずれかのボタンを組み合わせて発動するという簡素なものとなった。 (Wikipedia:ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン)

ジョジョの奇妙な冒険 (テレビアニメ)
『ジョジョの奇妙な冒険』(ジョジョのきみょうなぼうけん、JOJO'S BIZARRE ADVENTURE)は、david production制作による日本のテレビアニメ作品。荒木飛呂彦による同名の漫画を原作としている。 1st Seasonは2012年10月から2013年3月まで、2nd Seasonは2014年4月から9月までと2015年1月から6月まで放送され、3rd Seasonは2016年4月より放送中。 原作のPart1『ファントムブラッド』とPart2『戦闘潮流』を描いた1st Seasonは、「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展」の記者発表会が2012年7月5日に行われた際に製作が発表され、2012年10月5日から2013年4月5日まで、TOKYO MX、MBS、CBC、東北放送、RKB毎日放送、BS11にて放送された。 (Wikipedia:ジョジョの奇妙な冒険 (テレビアニメ))

ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド
『』より : (Wikipedia:ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド)


ジョジョの奇妙な冒険 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す