[PR]

日別キーワード

第1位  有馬記念 - 2018年12月23日


関連するイメージは見つかりませんでした



有馬記念
有馬記念(ありまきねん)は、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。 正賞は日本馬主協会連合会会長賞、中山馬主協会賞。 1955年(昭和30年)まで、暮れの中山競馬場では中山大障害が最大の呼び物であったが、東京優駿(日本ダービー)などと比べ華やかさに欠けていたことから、当時の日本中央競馬会理事長であった有馬頼寧が中山競馬場の新スタンド竣工を機に「暮れの中山競馬場で日本ダービーに匹敵する大レースを」と提案。当時としては他に類を見ないファン投票で出走馬を選出する方式が採用され、1956年(昭和31年)に「中山グランプリ(なかやまグランプリ)」の名称で創設された。 しかし、第1回中山グランプリの興奮も冷めやらぬ1957年(昭和32年)1月9日に創設者の有馬理事長が急逝したため、有馬の功績を称えて第2回から「有馬記念」に改称。以来、中央競馬の一年を締めくくるレースとして定着した。施行場は創設時より中山競馬場で変わっておらず、施行時期も12月下旬で定着している。 (Wikipedia:有馬記念)

有馬記念フェスティバル
『有馬記念』より : 有馬記念(ありまきねん)は、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。 正賞は日本馬主協会連合会会長賞、中山馬主協会賞。 1955年(昭和30年)まで、暮れの中山競馬場では中山大障害が最大の呼び物であったが、東京優駿(日本ダービー)などと比べ華やかさに欠けていたことから、当時の日本中央競馬会理事長であった有馬頼寧が中山競馬場の新スタンド竣工を機に「暮れの中山競馬場で日本ダービーに匹敵する大レースを」と提案。当時としては他に類を見ないファン投票で出走馬を選出する方式が採用され、1956年(昭和31年)に「中山グランプリ(なかやまグランプリ)」の名称で創設された。 しかし、第1回中山グランプリの興奮も冷めやらぬ1957年(昭和32年)1月9日に創設者の有馬理事長が急逝したため、有馬の功績を称えて第2回から「有馬記念」に改称。以来、中央競馬の一年を締めくくるレースとして定着した。施行場は創設時より中山競馬場で変わっておらず、施行時期も12月下旬で定着している。 (Wikipedia:有馬記念フェスティバル)


有馬記念 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  オジュウチョウサン - 2018年12月25日


関連するイメージは見つかりませんでした



オジュウチョウサン
オジュウチョウサンは日本の競走馬。2016年の中山グランドジャンプに優勝した。 出自 2011年4月3日、平取町の坂東牧場にて産まれる。 平地競馬の新馬、未勝利戦を勝てず、1年の休養を挟み障害に転向、障害4戦目の2015年2月21日東京競馬場で行われた障害4歳以上未勝利で初勝利。続く3月21日に中京競馬場での障害4歳以上オープンを連勝。6月27日には東京ジャンプステークス(JG3)で重賞初出走(4着)。このレースから石神深一騎手が手綱を取るようになる。 翌2016年4月16日の中山グランドジャンプを2番人気で制し、初重賞勝利がJGIとなった。また管理する和田調教師は初の重賞優勝、石神騎手も初のGI優勝となった。 出典 外部リンク 競走馬成績と情報 netkeiba、Yahoo!スポーツ競馬、JBISサーチ。 (Wikipedia:オジュウチョウサン)


オジュウチョウサン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  iPad - 2018年12月25日


関連するイメージは見つかりませんでした




iPad - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  バーチャルリアリティー - 2018年12月25日


関連するイメージは見つかりませんでした



バーチャルリアリティー
『バーチャルリアリティ』より : バーチャルリアリティ(英: Virtual Reality, 英語発音: [ˈvəːrʧuəl riˈæləti])とは、実際の形はしていないか、形は異なるかも知れないが、機能としての本質は同じであるような環境を、ユーザの感覚を刺激することにより理工学的に作り出す技術およびその体系。略語としてVRとも。 日本語では「人工現実感」あるいは「仮想現実」と訳される。 バーチャルリアリティは、コンピュータなどによって作り出された世界(サイバースペース)をコンピュータグラフィックスなどを利用してユーザに提示するものと、現実の世界を何らかの方法で取得し、これをオフラインで記録するか、オンラインでユーザに提示するものとに大別される。 後者は、とくにユーザが遠隔地にいる場合、空間共有が必要となり、テレイグジスタンス、テレプレゼンス (en:Telepresence)、テレイマージョン (en:Teleimmersion) と呼ばれる。 (Wikipedia:バーチャルリアリティー)


バーチャルリアリティー - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  オフィシャル - 2018年12月25日


関連するイメージは見つかりませんでした



オフィシャルサイト
『』より : ホームページ (home page, homepage) とは、本来はウェブブラウザを起動した時や、多くのウェブブラウザに存在するホームボタンを押した時に表示されるウェブページなどの画面(ページ)である。また、SNSなどにログインすることで表示される各ユーザー専用のページのことでもある。また、後述のように本来の意味から誤って派生した用法もある。 ホームページの用法には現在でも揺れが見られるが、おおよそ以下のように分類できる。 ウェブブラウザの用語で、起動時やホームボタンを押すと表示されるように設定されたウェブページなどの画面。詳しくは後述。 インターネットの用語で、ウェブサイトの表紙にあたるフロントページのこと。またはFacebookやTwitterなど、ユーザー毎に表示が異なるウェブサイトのページ。 ウェブページの意。トップページ以外を含むウェブページ一般を指す言葉と誤った認識から発生したもの。 ウェブサイトの意(ワールド・ワイド・ウェブサイト)。ブログやSNSと区別して用いられる場合もある。 WWW、あるいはインターネットのシステムそのものととらえた誤った認識によるもの。 (Wikipedia:オフィシャルサイト)


オフィシャル - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す