[PR]

日別キーワード

第69位  マンリョウ - 2018年12月23日


関連するイメージは見つかりませんでした



マンリョウ
マンリョウ(万両、学名: Ardisia crenata)は、サクラソウ科(またはヤブコウジ科)ヤブコウジ属の常緑小低木。林内に生育し、冬に熟す果実が美しいので栽培され、特に名前がめでたいのでセンリョウ(千両)などとともに正月の縁起物とされる。 形態・生態 高さは1mほど。同属のヤブコウジと似ているが、ヤブコウジは高さ10cmほどなので区別ができる。根元から新しい幹を出して株立ちとなる。 葉は縁が波打ち、互生する。葉の波状に膨れた部分には、共生細菌が詰まった部屋が内部に形成されている。また、葉は光に透かすと黒点が見える。 花は白色で、7月頃に咲き、小枝の先に散形花序をなす。 果実は液果で、10月頃に赤く熟し、翌年2月頃まで枝に見られる。栽培品種には白や黄色の果実もある。 分布 東アジア〜インドの温暖な場所に広く分布する。日本では、関東地方以西~四国・九州・沖縄に自生するほか、庭木などとしても植えられている。なお、アメリカ合衆国フロリダ州では外来有害植物として問題になっている。 (Wikipedia:マンリョウ)


マンリョウ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

マンリョウ - アマゾン検索


「マンリョウ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す