[PR]

日別キーワード

第1位  天皇陛下 - 2018年12月24日


関連するイメージは見つかりませんでした



天皇陛下
『天皇』より : 天皇(てんのう。英: The Emperor of Japan)は日本国首脳。大日本帝国憲法は「神聖にして侵すべからざる存在かつ統治権を総攬(そうらん)する国家元首」と規定しているが、改正・大日本帝国憲法(日本国憲法)は「日本国の象徴かつ日本国民統合の象徴」と規定していて「元首は誰である・誰でない」とは規定していない。天皇は漢風諡号(しごう)であり生前に「天皇または天皇陛下」と呼ぶ慣習は江戸時代までは無かった。古くは「スメラミコト」「スメロキ」「スベラギ」等と呼んだ。現天皇(今上天皇)は昭和天皇の第一皇子・明仁。現時点では「世界で唯一の『皇帝』」と認識されている。 現憲法である日本国憲法は「天皇は日本国の象徴かつ日本国民統合の象徴」「天皇の地位は主権の存する国民の総意に基づく」(第1条)・「天皇は国政に関する権能を持たず憲法に記載されている国事行為だけを行う」(第4条)などと規定している。 (Wikipedia:天皇陛下)

天皇陛下御在位六十年記念硬貨
幅=250px
1=Japanese commemorative coin03.jpg
2=天皇陛下御在位60年記念500円白銅貨
3=Gozaii60nen-10000yen.jpg
4=天皇陛下御在位60年記念10000円銀貨
天皇陛下御在位六十年記念硬貨(てんのうへいかございいろくじゅうねんきねんこうか)は、昭和天皇の在位60年を記念して1986年(一部は1987年)に日本で発行された記念硬貨である。臨時補助貨幣でもある。10万円金貨、1万円銀貨、500円硬貨 500円白銅貨が発行された。
横書きでは天皇陛下御在位60年記念硬貨とも。本稿でも以下では主に算用数字を使う。
!! 金貨 !! 銀貨 !! 白銅貨
額面 10万円 1万円 500円
素材 純金 純銀 白銅(銅 Cu75:ニッケル Ni25)
質量 20グラム g 20g 13g
直径 30ミリメートル mm 35mm 30mm
発行年 1986年-1987年 1986年 1986年
発行枚数 1000万枚(1986)100万枚(1987) 1000万枚 5000万枚
(Wikipedia:天皇陛下御在位六十年記念硬貨)

天皇陛下御即位十年をお祝いする国民祭典
天皇陛下御即位十年をお祝いする国民祭典(てんのうへいかごそくいじゅうねんをおいわいするこくみんさいてん)は、1999年(平成11年)11月12日に皇居前広場で開催された、今上天皇の即位10周年の祝典行事である。 主催は、天皇陛下御即位十年奉祝委員会(会長・稲葉興作)と天皇陛下御即位十年奉祝国会議員連盟(会長・森喜朗)。 出席者 芸能界 森繁久彌、北島三郎、森進一、橋幸夫、布施明、谷村新司、西城秀樹、松崎しげる、藤岡弘、、高知東生、中西圭三、GLAY(TAKUROとJIROが出席)、黒木瞳、竹下景子、宝塚歌劇団・星組、斉藤慶子、高島礼子、安室奈美恵、SPEED、YOSHIKI、草野仁(司会進行を担当) 狂言師 和泉元彌 漫画家 加藤芳郎、松本零士、小林よしのり バレリーナ 草刈民代 野球 王貞治、長嶋茂雄、星野仙一、野茂英雄、松坂大輔 サッカー ラモス瑠偉、中山雅史、井原正巳、川口能活、城彰二 テニス 松岡修造、伊達公子、沢松奈生子 柔道 吉田秀彦、田村亮子 スケート 清水宏保、岡崎朋美 格闘技 武蔵、アンディ・フグ 奉祝曲の演奏 式典ではピアノ協奏曲形式の奉祝曲「Anniversary」(作曲:YOSHIKI)が指揮・川本統脩、ピアノ・YOSHIKIによって御前演奏された。 (Wikipedia:天皇陛下御即位十年をお祝いする国民祭典)

天皇陛下御即位十周年をお祝いする国民祭典
『天皇陛下御即位十年をお祝いする国民祭典』より : 天皇陛下御即位十年をお祝いする国民祭典(てんのうへいかごそくいじゅうねんをおいわいするこくみんさいてん)は、1999年(平成11年)11月12日に皇居前広場で開催された、今上天皇の即位10周年の祝典行事である。 主催は、天皇陛下御即位十年奉祝委員会(会長・稲葉興作)と天皇陛下御即位十年奉祝国会議員連盟(会長・森喜朗)。 出席者 芸能界 森繁久彌、北島三郎、森進一、橋幸夫、布施明、谷村新司、西城秀樹、松崎しげる、藤岡弘、、高知東生、中西圭三、GLAY(TAKUROとJIROが出席)、黒木瞳、竹下景子、宝塚歌劇団・星組、斉藤慶子、高島礼子、安室奈美恵、SPEED、YOSHIKI、草野仁(司会進行を担当) 狂言師 和泉元彌 漫画家 加藤芳郎、松本零士、小林よしのり バレリーナ 草刈民代 野球 王貞治、長嶋茂雄、星野仙一、野茂英雄、松坂大輔 サッカー ラモス瑠偉、中山雅史、井原正巳、川口能活、城彰二 テニス 松岡修造、伊達公子、沢松奈生子 柔道 吉田秀彦、田村亮子 スケート 清水宏保、岡崎朋美 格闘技 武蔵、アンディ・フグ 奉祝曲の演奏 式典ではピアノ協奏曲形式の奉祝曲「Anniversary」(作曲:YOSHIKI)が指揮・川本統脩、ピアノ・YOSHIKIによって御前演奏された。 (Wikipedia:天皇陛下御即位十周年をお祝いする国民祭典)


天皇陛下 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  烏賊 - 2018年12月26日


関連するイメージは見つかりませんでした



烏賊
『イカ』より : イカ(烏賊・柔魚、英:Squid(ツツイカ)または Cuttlefish(コウイカ))は、海生軟体動物の一群である。分類学上は軟体動物門頭足綱十腕形上目(または十腕形目) Decapodiformes とされる。十腕目 Decapoda・Decembrachiata とも。 形態 神経系や筋肉がよく発達していて、たいていの種類は夜に行動する。漏斗からの噴水と外套膜の収縮・ひれを使って前後に自在に泳ぐ。 10本の腕は筋肉質でしなやかに伸縮し、腕の内側にはキチン質の吸盤が並んでいる。吸盤にスパイクのような鋭いトゲが並ぶ種類もおり、これは獲物を逃さないための適応と考えられる。実際の腕は8本で、残りの腕2本は吸盤が先端に集中する「触腕(しょくわん)」とよばれる構造である。この触腕を伸縮させて魚類や甲殻類を捕食するが、釣りの時に触腕をちぎって逃げることや、テカギイカの仲間では成長に伴い触腕を欠くことから、必ずしも必要というわけではないようである。 (Wikipedia:烏賊)

烏賊飯
烏賊飯(いかめし)は、イカの中に米を入れて炊き上げた日本の料理。北海道渡島地方の郷土料理。 下足(げそ)を取り外し、腹ワタを取り除いたイカの胴身に、洗った米を詰め込み醤油ベースの出し汁で炊き上げたもの。爪楊枝等で米が飛び出さないように留める事がある。米はもち米とうるち米を混ぜる。胴身に詰める具材として、下足を細かく刻んだものや筍、人参、油揚げなどを入れることもある。 駅弁 函館本線森駅の駅弁調製業者だった阿部弁当店(現在のいかめし阿部商店)が、第二次世界大戦中の1941年、戦時体制による食糧統制で米が不足していたために、当時豊漁だったスルメイカを用いて米を節約しても作れる料理として考案した。ソ連の侵攻に備えて北海道に配置された若い兵士たちに、もち米入りで腹持ちが良いと評判を呼んだという。 戦後の1966年に京王百貨店で『第1回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会』が行われ、阿部弁当店はこの大会に烏賊飯を出品した。第2回には早くも売り上げ1位となり、以後同大会をはじめとする「駅弁大会」の常連となった。 (Wikipedia:烏賊飯)

烏賊のポンポン焼
『ポンポン焼き』より : ポンポン焼きは青森県八戸市とその周辺の太平洋沿岸に伝わる、イカを使った郷土料理。 ぽっぽ焼きとも呼ばれる。(ただし、単にぽっぽ焼きと呼ぶと別の料理になるため、「イカのぽっぽ焼き」と、「イカの」をつけることが多い。) 調理方法の一例 イカの胴体からゴロ(内臓)とゲソ(下足)を抜き取り、水洗いする。 ゴロからスミ袋を取り去る。 ゴロ、ゲソ、ネギ、しょうが、味醂、砂糖、味噌等を混ぜて炒める。 3を胴体に詰め、爪楊枝で閉じて、フライパンや網で焼く。 関連項目 烏賊飯 - 北海道渡島地方のイカを使った郷土料理。 (Wikipedia:烏賊のポンポン焼)

烏賊のぽんぽん焼
『ポンポン焼き』より : ポンポン焼きは青森県八戸市とその周辺の太平洋沿岸に伝わる、イカを使った郷土料理。 ぽっぽ焼きとも呼ばれる。(ただし、単にぽっぽ焼きと呼ぶと別の料理になるため、「イカのぽっぽ焼き」と、「イカの」をつけることが多い。) 調理方法の一例 イカの胴体からゴロ(内臓)とゲソ(下足)を抜き取り、水洗いする。 ゴロからスミ袋を取り去る。 ゴロ、ゲソ、ネギ、しょうが、味醂、砂糖、味噌等を混ぜて炒める。 3を胴体に詰め、爪楊枝で閉じて、フライパンや網で焼く。 関連項目 烏賊飯 - 北海道渡島地方のイカを使った郷土料理。 (Wikipedia:烏賊のぽんぽん焼)

烏賊のぽんぽん焼き
『ポンポン焼き』より : ポンポン焼きは青森県八戸市とその周辺の太平洋沿岸に伝わる、イカを使った郷土料理。 ぽっぽ焼きとも呼ばれる。(ただし、単にぽっぽ焼きと呼ぶと別の料理になるため、「イカのぽっぽ焼き」と、「イカの」をつけることが多い。) 調理方法の一例 イカの胴体からゴロ(内臓)とゲソ(下足)を抜き取り、水洗いする。 ゴロからスミ袋を取り去る。 ゴロ、ゲソ、ネギ、しょうが、味醂、砂糖、味噌等を混ぜて炒める。 3を胴体に詰め、爪楊枝で閉じて、フライパンや網で焼く。 関連項目 烏賊飯 - 北海道渡島地方のイカを使った郷土料理。 (Wikipedia:烏賊のぽんぽん焼き)

烏賊のポンポン焼き
『ポンポン焼き』より : ポンポン焼きは青森県八戸市とその周辺の太平洋沿岸に伝わる、イカを使った郷土料理。 ぽっぽ焼きとも呼ばれる。(ただし、単にぽっぽ焼きと呼ぶと別の料理になるため、「イカのぽっぽ焼き」と、「イカの」をつけることが多い。) 調理方法の一例 イカの胴体からゴロ(内臓)とゲソ(下足)を抜き取り、水洗いする。 ゴロからスミ袋を取り去る。 ゴロ、ゲソ、ネギ、しょうが、味醂、砂糖、味噌等を混ぜて炒める。 3を胴体に詰め、爪楊枝で閉じて、フライパンや網で焼く。 関連項目 烏賊飯 - 北海道渡島地方のイカを使った郷土料理。 (Wikipedia:烏賊のポンポン焼き)

烏賊そうめん
イカそうめん(同義異字:烏賊素麺、いかソーメン、等々)は、生のイカを麺状に細く切り、醤油やつゆ(めんつゆ)を付けて「文字通りそうめんのように」啜って食べる日本料理。北海道、特にイカの水揚げで知られる函館の名産として紹介される。 語源 「イカそうめん」は、古くから定着した言葉ではない。北海道出身の渡辺淳一『これを食べなきゃ―わたしの食物史』(1995年)によれば、当時の感覚で「最近」流行ってきた呼称で、「もとをただせば、イカ刺しを細かく切ったものに過ぎない」という。これより四半世紀遡る著作で、楠本憲吉は、イカそうめんと同じく「丼一杯、生イカをトコロテンのように切って盛ったものと、土しょうがのおろしと醬油」のことを、〈海のそうめん〉と紹介するが、ただしその言い方には語弊がある。 イカの身を2枚あるいは3枚に分け、包丁で細切りに引いていく。文字通り「素麺のように細く」とする文献もあるが、「トコロテンのよう」、「幅5mm」などと太さについての記述はまちまちである。 (Wikipedia:烏賊そうめん)

烏賊素麺
『烏賊そうめん』より : イカそうめん(同義異字:烏賊素麺、いかソーメン、等々)は、生のイカを麺状に細く切り、醤油やつゆ(めんつゆ)を付けて「文字通りそうめんのように」啜って食べる日本料理。北海道、特にイカの水揚げで知られる函館の名産として紹介される。 語源 「イカそうめん」は、古くから定着した言葉ではない。北海道出身の渡辺淳一『これを食べなきゃ―わたしの食物史』(1995年)によれば、当時の感覚で「最近」流行ってきた呼称で、「もとをただせば、イカ刺しを細かく切ったものに過ぎない」という。これより四半世紀遡る著作で、楠本憲吉は、イカそうめんと同じく「丼一杯、生イカをトコロテンのように切って盛ったものと、土しょうがのおろしと醬油」のことを、〈海のそうめん〉と紹介するが、ただしその言い方には語弊がある。 イカの身を2枚あるいは3枚に分け、包丁で細切りに引いていく。文字通り「素麺のように細く」とする文献もあるが、「トコロテンのよう」、「幅5mm」などと太さについての記述はまちまちである。 (Wikipedia:烏賊素麺)


烏賊 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  ドラえもん - 2018年12月26日


関連するイメージは見つかりませんでした



ドラえもん
『ドラえもん』は、藤子・F・不二雄による日本の児童漫画・SF漫画作品である。小学館の発行している学年別学習雑誌やコロコロコミックで連載されていた。 22世紀の未来からやってきたネコ型ロボット「ドラえもん」と、勉強もスポーツも駄目で何をやらせてもドジばかりの小学生「野比のび太」の日常生活を描いた作品である。 劇中でのドラえもんは、(ロボットであることを意識しなければならない場合を除いて)ロボットとして扱われる事がほとんどなく、通常の人間関係を築いている。本作において欠かすことのできない要素であり、作品の魅力の1つとなっているのが、不思議な効力を持った数々のアイテム「ひみつ道具」である。舞台となる時代は基本的に現代の日本であるが、ドラえもんの道具を使って外国や宇宙、過去や未来へも行き来する。 メディアミックスも盛んに行われている(ドラえもんの派生作品を参照)。テレビアニメは放送30年を超える長寿番組になっており、毎年春に公開されるアニメーション映画も安定した興行収入を上げ続けている。 (Wikipedia:ドラえもん)

ドラえもんWii
『ドラえもん』より : タイトル ドラえもん 画像
サイズ
説明
ジャンル 児童漫画
作者 藤子・F・不二雄
出版社 小学館
掲載誌 小学館の学習雑誌
コロコロコミック
てれびくん
開始 1969年
終了
冊数 45冊(未収録版を除く)
ドラえもんは藤子・F・不二雄によるギャグ漫画、SF漫画。また、その作品に登場するネコ型ロボットの名前でもあるが、それについてはドラえもん (架空のキャラクター)に記述する。
本作は1969年に小学館発行学年誌の一部(よいこ、小学一年生~四年生)で連載開始した。いずれも1970年1月号で、当時の作者名義は藤子不二雄。当初は1話ごとに完結する短編として執筆された。ちなみに、「ドラえもん」は「ウメ星デンカ」の後継連載だが、そのアイデアは入稿期日まで思い浮かばなかった。(正確には、その日までにアイディアをまとめ描き始めねばならなかった。)あせって起き上がりこぼしにつまずいたことが、「ドラえもん」のキャラクターを思いつくきっかけとなる。
(Wikipedia:ドラえもんWii)

ドラえもん (1979年のテレビアニメ)
タイトル=ドラえもん
ジャンル=漫画
原作=藤子・F・不二雄
監督=もとひら了→芝山努
企画=
シリーズ構成=
脚本=
キャラクターデザイン=中村英一
メカニックデザイン=
アニメーション制作=シンエイ動画
製作=テレビ朝日・シンエイ動画・アサツー ディ・ケイ ADK
放送局=テレビ朝日系列
放送開始=1979年4月2日
放送終了=2005年3月18日
その他=ジャンル=一般向けアニメ
コピーライト=藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK
ドラえもんは、藤子・F・不二雄の漫画作品『ドラえもん』を原作とするアニメ テレビアニメである。
『ドラえもん』のアニメには以下の3作品が存在する。
(Wikipedia:ドラえもん (1979年のテレビアニメ))

ドラえもんの道具 (しは-しん)
ドラえもん > ドラえもんの道具一覧 > ドラえもんの道具 (しは-しん)
ドラえもんの道具 (しは-しん)では、藤子・F・不二雄の漫画及びアニメ『ドラえもん』に登場するキャラクターであるドラえもん (架空のキャラクター) ドラえもんが、腹部の4次元ポケットから出す道具(ひみつ道具)のうち、読みが「しは」で始まるものから「しん」で始まるものまでを列挙する。
シミュレーションホログラムは、藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』に登場する架空の道具。映画『のび太と竜の騎士』に登場する。
様々な出来事をコンピューターで計算し、立体映像で虚空に投影して再現する機械。劇中では白亜紀の巨大隕石による恐竜絶滅の様子を、これで再現した。
(Wikipedia:ドラえもんの道具 (しは-しん))

ドラえもんの道具一覧 (原作以外)
ドラえもんの道具一覧 (原作以外) は、(藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』を原作とした)藤子・F・不二雄以外の手による『ドラえもん』関連作品に登場する、未来の道具「ドラえもん#ひみつ道具 ひみつ道具」の一覧である。
ドラえもん#大長編ドラえもん 『映画ストーリー』および『大長編ドラえもん VOL.18 - 24〈まんが版▷映画シリーズ〉』(藤子・F・不二雄プロ作画)に登場するひみつ道具の一覧。
伝説復元機(『大長編ドラえもん のび太の南海大冒険』)
おしり印のきび団子(同上)
カラオケマイク(同上)
インディラジョンソンの冒険(同上)
宇宙クリームスプレータイプ(『大長編ドラえもん のび太の宇宙漂流記』)
おざしき宇宙船(同上)
スタークラッシュゲーム(同上)
(Wikipedia:ドラえもんの道具一覧 (原作以外))

ドラえもんの道具 (は)
ドラえもんの道具 (は) ドラえもんのひみつ道具 (はあ-はと) ドラえもんのひみつ道具 (はな-はん)。 (Wikipedia:ドラえもんの道具 (は))

ドラえもんの登場人物一覧
ドラえもんの登場人物一覧(ドラえもんのとうじょうじんぶついちらん)では、藤子・F・不二雄の漫画および、それを原作としたアニメ『ドラえもん』に登場する人物を記述する。また、アナウンサー、動物、少年、少女など、クレジットでは役割名が表示されていない、もしくは各人物のクレジットが表記されていないことも稀にあるため、役割名、声優については、判明できるもののみを掲載する。 本項ではドラえもん (1973年のテレビアニメ)(日本テレビ版)をテレビアニメ第1作、ドラえもん (1979年のテレビアニメ)(テレビ朝日版)をテレビアニメ第2作第1期、ドラえもん (2005年のテレビアニメ)(テレビ朝日版)をテレビアニメ第2作第2期と表記する。 主要人物 ここでは、本作の主要人物を記述する。 作者の発言や関連書籍などではドラえもんが主人公とされる場合が多いが、初期ではのび太が主人公とされる事もあった。作者はインタビュー等で「ドラえもんが主人公でのび太は副主人公」であると発言した一方で、のび太に関しては作者の自己投影であり読者が共感を持ちやすい人物とも発言しており、物語の主な視点人物はのび太となっている。 (Wikipedia:ドラえもんの登場人物一覧)

ドラえもんの道具 (しあ-しの)
ドラえもん > ドラえもんの道具一覧 > ドラえもんの道具 (しあ-しの)
ドラえもんの道具 (しあ-しの)では、藤子・F・不二雄の漫画及びアニメ『ドラえもん』に登場するキャラクターであるドラえもん (架空のキャラクター) ドラえもんが、腹部の4次元ポケットから出す道具(ひみつ道具)のうち、読みが「しあ」で始まるものから「しの」で始まるものまでを列挙する。
しあわせカイロは、藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』に登場する架空の道具。『しあわせカイロでにっこにこ』(藤子不二雄ランド10巻収録)に登場する。
ハート型のカイロで、これを持っているとどんなことがあっても幸せな気分に浸ることができる。たとえば、道端でドブに落ちても「ドブでなく川に落ちたら溺れるところだった、ここがドブで助かった」という具合に、物事をプラス思考で考えられるようになる。
(Wikipedia:ドラえもんの道具 (しあ-しの))

ドラえもんの道具 (こ)
ドラえもん > ドラえもんの道具一覧 > ドラえもんの道具 (こ)
ドラえもんの道具 (こ)では、藤子・F・不二雄の漫画及びアニメ『ドラえもん』に登場するキャラクターであるドラえもん (架空のキャラクター) ドラえもんが、腹部の4次元ポケットから出す道具(ひみつ道具)のうち、読みが「こ」で始まるものを列挙する。
こいこいマークは、藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』に登場する架空の道具。『こいこいマークでお中元』(藤子不二雄ランド7巻収録)に登場する。
Uターンの矢印の形をしたシールで、これを地面に貼ると、その上を通った者は無意識のうちにその矢印の方角へと歩いてしまう。
(Wikipedia:ドラえもんの道具 (こ))

ドラえもんの道具 (み)
ドラえもん > ドラえもんの道具一覧 > ドラえもんの道具 (み)
ドラえもんの道具 (み)では、藤子・F・不二雄の漫画及びアニメ『ドラえもん』に登場するキャラクターであるドラえもん (架空のキャラクター) ドラえもんが、腹部の4次元ポケットから出す道具(ひみつ道具)のうち、読みが「み」で始まるものを列挙する。
見えなくなる目薬(みえなくなるめぐすり)は藤子・F・不二雄のSF漫画「ドラえもん」中に登場する架空の道具。『見えなくなる目ぐすり』(てんとう虫コミックス10巻収録)に登場する。
この目薬は、挿した人が他人に見えなくなる(ドラえもんの道具 (とあ-とこ)#透明人間目薬 透明人間目薬)のではなく、他人が見えなくなる目薬である。他人が見えないから、大変危険である。しかも、自転車などは見えるので、のび太はオバケと勘違いした。本来の用途がよく分からない道具。
(Wikipedia:ドラえもんの道具 (み))

ドラえもんの道具一覧
ドラえもん > ドラえもんの道具一覧
ドラえもんの道具一覧(ドラえもんのどうぐいちらん)は、藤子・F・不二雄の漫画及びアニメ『ドラえもん』に登場するキャラクターであるドラえもんが、腹部の4次元ポケットから出す道具(ひみつ道具)の一覧である。
藤子・F・不二雄本人は、かつてファンの子供からドラえもんの道具の数を訊ねられて、とっさに「1293個」と答えたエピソードがあったが、ドラえもんの学術的研究を行なっている富山大学教育学部の横山泰行教授が、単行本や雑誌などに掲載された全作品を調査した結果、ドラえもんの道具は計1963個あることが分かっている。ただし、テレビアニメで出した秘密道具の数は、2006年1月31日放送の「Matthew”s Best Hit TV+」で、2100個にも及ぶことがわかった。
(Wikipedia:ドラえもんの道具一覧)

ドラえもんの道具
『ドラえもんの道具一覧』より : ひみつ道具(ひみつどうぐ)は、藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』、『大長編ドラえもん』、および他者の『ドラえもん』派生作品に登場する、未来の道具を指す総称。作中では、未来の国(22世紀のトーキョー)で生まれたロボット「ドラえもん」が四次元ポケットから取り出したりすることで登場する。 子守ロボットならではの道具が多く存在し、ほとんどは人間業を遥かに凌ぐ力を誇る。基本的には便利とされる物を中心とし、子供から大人まで射幸性を刺激する。尚、中には攻撃的な道具も存在するが、生命に関わる程の攻撃が出来る物は少ない。 物を無限に収納できる四次元ポケットには、ボタン電池ほどのロボッターから、巨大な風雲ドラえもん城まで、さまざまな大きさの物品をいろいろと収納している。そういった性格のポケットをドラえもんが装備しているため、作品全体を通して数多くのひみつ道具が登場する。 定義範囲 小学館や藤子・F・不二雄プロといった正当な著作権者が監修しているため、『ドラえもん』派生作品に登場するひみつ道具と、藤子の『ドラえもん』、『大長編ドラえもん』(VOL.1 - VOL.17)に登場するひみつ道具は、名目上は同列に扱われていることになる。 (Wikipedia:ドラえもんの道具)

ドラえもんのひみつ道具
『ドラえもんの道具一覧』より : ひみつ道具(ひみつどうぐ)は、藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』、『大長編ドラえもん』、および他者の『ドラえもん』派生作品に登場する、未来の道具を指す総称。作中では、未来の国(22世紀のトーキョー)で生まれたロボット「ドラえもん」が四次元ポケットから取り出したりすることで登場する。 子守ロボットならではの道具が多く存在し、ほとんどは人間業を遥かに凌ぐ力を誇る。基本的には便利とされる物を中心とし、子供から大人まで射幸性を刺激する。尚、中には攻撃的な道具も存在するが、生命に関わる程の攻撃が出来る物は少ない。 物を無限に収納できる四次元ポケットには、ボタン電池ほどのロボッターから、巨大な風雲ドラえもん城まで、さまざまな大きさの物品をいろいろと収納している。そういった性格のポケットをドラえもんが装備しているため、作品全体を通して数多くのひみつ道具が登場する。 定義範囲 小学館や藤子・F・不二雄プロといった正当な著作権者が監修しているため、『ドラえもん』派生作品に登場するひみつ道具と、藤子の『ドラえもん』、『大長編ドラえもん』(VOL.1 - VOL.17)に登場するひみつ道具は、名目上は同列に扱われていることになる。 (Wikipedia:ドラえもんのひみつ道具)

ドラえもん (テレビ朝日版テレビアニメ)
タイトル ドラえもん 画像
サイズ
説明
ジャンル 児童漫画
タイトル ドラえもん (テレビ朝日版テレビアニメ) ドラえもん(テレビ朝日版)
監督 もとひら了
芝山努
楠葉宏三(総監督)
アニメーション制作 シンエイ動画
製作 テレビ朝日
アサツー ディ・ケイ ADK
シンエイ動画
放送局 テレビ朝日系列
放送開始 1979年4月2日
放送終了 放映中
(Wikipedia:ドラえもん (テレビ朝日版テレビアニメ))

ドラえもん (テレビ朝日版アニメ)
『ドラえもん (テレビ朝日版テレビアニメ)』より : タイトル ドラえもん 画像
サイズ
説明
ジャンル 児童漫画
タイトル ドラえもん (テレビ朝日版テレビアニメ) ドラえもん(テレビ朝日版)
監督 もとひら了
芝山努
楠葉宏三(総監督)
アニメーション制作 シンエイ動画
製作 テレビ朝日
アサツー ディ・ケイ ADK
シンエイ動画
放送局 テレビ朝日系列
放送開始 1979年4月2日
放送終了 放映中
(Wikipedia:ドラえもん (テレビ朝日版アニメ))

ドラえもんの道具 (1979-2005年のテレビアニメ)
このページではドラえもんの道具(ドラえもんのどうぐ)、いわゆるドラえもん#ひみつ道具 ひみつ道具のなかで、藤子・F・不二雄原作のアニメ『ドラえもん』(ドラえもん (1979年のテレビアニメ)#第1期 第2作1期)に登場するものを列挙する。
あげま賞は、「あげま賞」(2000年3月27日放送、ビデオソフト未収録)に登場する。
賞状の形をしている道具。この道具で「――を――したで賞」という感じに賞を作り、その賞のとおりのことを実際にやると、賞のとおりにしてもらった人から賞状がもらえる。
ただし、できそうにないことを賞にすると、賞をもらう前にひどい目に遭う。作中ではのび太が「テストで百点を取ったで賞」を作ったところ、猛勉強をする羽目になってしまった。
(Wikipedia:ドラえもんの道具 (1979-2005年のテレビアニメ))

ドラえもんの道具 (ひ)
ドラえもん > ドラえもんの道具一覧 > ドラえもんの道具 (ひ)
ドラえもんの道具 (ひ)では、藤子・F・不二雄の漫画及びアニメ『ドラえもん』に登場するキャラクターであるドラえもん (架空のキャラクター) ドラえもんが、腹部の4次元ポケットから出す道具(ひみつ道具)のうち、読みが「ひ」で始まるものを列挙する。
ピーアールは藤子・F・不二雄のSF漫画・ギャグ漫画『ドラえもん』に登場する架空の道具。てんとう虫コミックス第25巻『な、なんと!!のび太が百点とった!!』にて登場。
どんな出来事でも人に知らせて望み通りの反応をさせることが出来る、文字通りピーアール用の道具。ピーアールの段階には並・中・上・特上の4種類があり、好きな段階を選べる。
(Wikipedia:ドラえもんの道具 (ひ))

ドラえもんの道具 (す)
ドラえもん > ドラえもんの道具一覧 > ドラえもんの道具 (す)
ドラえもんの道具 (す)では、藤子・F・不二雄の漫画及びアニメ『ドラえもん』に登場するキャラクターであるドラえもん (架空のキャラクター) ドラえもんが、腹部の4次元ポケットから出す道具(ひみつ道具)のうち、読みが「す」で始まるものを列挙する。
※ドラえもんの道具 (かあ-かそ)#海底ハイキングセット 海底ハイキングセットの項目を参照。
※空気砲#水圧砲 空気砲の項目を参照。
すいかストローは、藤子・F・不二雄のSF漫画・ギャグ漫画『ドラえもん』に登場する架空の道具。「ドラえもん大事典」(てんとう虫コミックス11巻に収録)に登場する。
(Wikipedia:ドラえもんの道具 (す))

ドラえもんの道具 (ほ)
ドラえもん > ドラえもんの道具一覧 > ドラえもんの道具 (ほ)
ドラえもんの道具 (ほ)では、藤子・F・不二雄の漫画及びアニメ『ドラえもん』に登場するキャラクターであるドラえもん (架空のキャラクター) ドラえもんが、腹部の4次元ポケットから出す道具(ひみつ道具)のうち、読みが「ほ」で始まるものを列挙する。
望遠メガフォン(ぼうえん -)は、藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』に登場する架空の道具。『望遠メガフォン』(「小学五年生」1986年4月号掲載)に登場する。
この道具に付いているスコープで遠くにいる誰かに照準を合わせ、さらにこの道具に声や音を吹き込むと、照準内の相手がどんなに遠くにいようとも、その声や音を聞かせることができる。
(Wikipedia:ドラえもんの道具 (ほ))

ドラえもんの道具 (とあ-とこ)
ドラえもん > ドラえもんの道具一覧 > ドラえもんの道具 (とあ-とこ)
ドラえもんの道具 (とあ-とこ)では、藤子・F・不二雄の漫画及びアニメ『ドラえもん』に登場するキャラクターであるドラえもん (架空のキャラクター) ドラえもんが、腹部の4次元ポケットから出す道具(ひみつ道具)のうち、読みが「とあ」で始まるものから「とこ」で始まるものまでを列挙する。
桃源壷(とうげんつぼ)は、藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』に登場する架空の道具。てんとう虫コミックススペシャル「ザ・ドラえもんズスペシャル」4巻収録「桃源壷」に登場する。
ザ・ドラえもんズ ドラえもんズの一員・ザ・ドラえもんズ#王ドラ 王ドラの道具。壷の中に、特殊空間による桃源郷が広がっている。中に入ると、俗世間から離れ、一切の苦痛と無縁の快楽に満ちた生活を送る事ができる。不老不死の桃や、永遠に喉の渇きを感じなくなる水の流れる川もあるので、飢えや渇きを感じることもない。
(Wikipedia:ドラえもんの道具 (とあ-とこ))


ドラえもん - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  一般参賀 - 2018年12月26日


関連するイメージは見つかりませんでした



一般参賀
一般参賀(いっぱんさんが)とは、1948年(昭和23年)から毎年、新年1月2日と天皇誕生日に開催されている皇室行事である。 天皇誕生日の一般参賀は、昭和天皇以降在位中の天皇の誕生日に行われる。 最初に開かれた昭和23年新年一般参賀(1948年)では、宮内庁庁舎屋上から昭和天皇が一人で民衆に対し手を振るというものであったが、昭和40年代には左翼活動が激化し、昭和天皇に対しパチンコを撃った、昭和天皇パチンコ狙撃事件などもあり、長和殿に厚いガラスを設け、ガラスの向こうから天皇・皇后を筆頭に成年皇族が参加するようになった。民衆は長和殿前の庭で日の丸の小旗を振りながら皇族を迎えるようになった。 昭和天皇の病状が悪化の一途をたどり、テレビなどでも血圧などの情報が流れるようになった1989年(昭和64年)の新年一般参賀は中止となった。昭和天皇は同月7日に崩御したため、翌1990年(平成2年)の一般参賀も中止となったが、この2年以外に中止となった年はない。 参賀 新年一般参賀 開催日:1月2日新年一般参賀は、新年を祝うために行われる。 (Wikipedia:一般参賀)


一般参賀 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  亀井絵里 - 2018年12月26日


関連するイメージは見つかりませんでした



亀井絵里
亀井 絵里(かめい えり、1988年12月23日 - )は、日本のタレント、元アイドル。女性アイドルグループ、女性ダンス&ボーカルグループモーニング娘。の元メンバー(第6期)である。アップフロントエージェンシー(現・アップフロントプロモーション)に所属していた。 東京都出身。妹は女優の亀井理那。2010年より自身の持病の治療に専念しているため無期限活動休止中。 2002年12月 - 2003年1月19日の『LOVEオーディション2002』において応募総数約1万4千人の中から道重さゆみ、田中れいなと共に合格。 2003年3月・5月、オーディション組6期メンバー3名にて、ファンクラブ限定握手会。 2003年7月、モーニング娘。19thシングル「シャボン玉」でCDデビュー。 2003年9月、モーニング娘。さくら組に加入。 2006年1月、キックベースボールチーム 「メトロラビッツH.P.」に入団。 2007年4月、FM-FUJIの新番組『Hello! Project Night』内で、自身初のレギュラーラジオ『GAKI・KAME』がスタート。 (Wikipedia:亀井絵里)


亀井絵里 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す