[PR]

日別キーワード

第1位  ゴールデンカムイ - 2018年12月25日


関連するイメージは見つかりませんでした



ゴールデンカムイ
『ゴールデンカムイ』は、野田サトルによる日本の漫画作品。『週刊ヤングジャンプ』(集英社)2014年38号より連載中。明治末期の北海道を舞台にした作品で、公式からは「冒険(バトル)」と「歴史(ロマン)」と「狩猟(グルメ)」と打ちだされている。アイヌ語研究者の中川裕が作中のアイヌ語監修を務めている。2015年度コミックナタリー大賞・第2位。「このマンガがすごい! 2016」(宝島社)オトコ編・第2位。「マンガ大賞2016」大賞受賞作。 あらすじ 日露戦争(明治37年)に従軍した元陸軍兵・杉元佐一は、除隊後一攫千金を夢見て北海道の地を踏み砂金を採っていた。戦死した親友・寅次の「妻の梅子の眼病を治してやりたい」という願いを叶えるためだ。ある日杉本は、アイヌが秘蔵していた八万円(現代の価値にして約8億円)相当の金塊の噂を耳にする。アイヌから金塊を奪った男・のっぺらぼうは、収監された網走刑務所の獄中で、同房の囚人たちの体に全員合わせてひとつとなる入れ墨を彫り、金塊の隠し場所の暗号にしたという。 (Wikipedia:ゴールデンカムイ)


ゴールデンカムイ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  ボヘミアン・ラプソディ - 2018年12月27日


関連するイメージは見つかりませんでした



ボヘミアン・ラプソディ
「ボヘミアン・ラプソディ」(Bohemian Rhapsody)は、クイーンが1975年10月31日に発表した、フレディ・マーキュリー作の楽曲。 アルバム『オペラ座の夜』に収録。演奏時間が長すぎるために、内部で議論となったが、同年にそのままシングルカットされ(B面はロジャー・テイラー作の「アイム・イン・ラヴ・ウィズ・マイ・カー」。アルバムバージョンの冒頭に、効果音が付加されたバージョン)、世界中で大ヒットした。本国イギリスの全英シングルチャートでは9週連続1位を獲得した。アメリカのビルボード誌では、1976年4月24日に週間ランキングの最高位第9位を獲得。ビルボード誌1976年年間ランキングは第18位。ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500では163位。2010年現在、この曲はビートルズやレッド・ツェッペリン、エルトン・ジョンなどの楽曲を抑えて、イギリスで最も売れた曲とされている。クイーンの楽曲としては珍しく、歌詞中にタイトル(Bohemian Rhapsody)が一切登場しない。 (Wikipedia:ボヘミアン・ラプソディ)

ボヘミアン・ラプソディー
『ボヘミアン・ラプソディ』より : 「ボヘミアン・ラプソディ」(Bohemian Rhapsody)は、クイーンが1975年10月31日に発表した、フレディ・マーキュリー作の楽曲。 アルバム『オペラ座の夜』に収録。演奏時間が長すぎるために、内部で議論となったが、同年にそのままシングルカットされ(B面はロジャー・テイラー作の「アイム・イン・ラヴ・ウィズ・マイ・カー」。アルバムバージョンの冒頭に、効果音が付加されたバージョン)、世界中で大ヒットした。本国イギリスの全英シングルチャートでは9週連続1位を獲得した。アメリカのビルボード誌では、1976年4月24日に週間ランキングの最高位第9位を獲得。ビルボード誌1976年年間ランキングは第18位。ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500では163位。2010年現在、この曲はビートルズやレッド・ツェッペリン、エルトン・ジョンなどの楽曲を抑えて、イギリスで最も売れた曲とされている。クイーンの楽曲としては珍しく、歌詞中にタイトル(Bohemian Rhapsody)が一切登場しない。 (Wikipedia:ボヘミアン・ラプソディー)


ボヘミアン・ラプソディ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  サウンド - 2018年12月27日


関連するイメージは見つかりませんでした



サウンド
サウンド (sound) 音 音楽。 パーソナルコンピュータにおいて、スピーカから音を出力するためのデータ(サウンドファイル)、およびその音。 コンピュータゲームで使用されるBGMおよび効果音の総称。 海峡 エーレスンド海峡 (The Sound、サウンド海峡) サウンドロゴ 健全性 (soundness) - 数理論理学の用語。 (Wikipedia:サウンド)

サウンドギラー
『ウルトラマンAの登場怪獣』より : ウルトラマンAの登場怪獣(ウルトラマンエースのとうじょうかいじゅう)は、特撮テレビ番組『ウルトラマンA』に登場する超獣、異次元人、怪獣、宇宙人、ロボット、その他の生物の一覧である。 異次元人 ヤプール 第1話「輝け! ウルトラ五兄弟」他に登場。 異次元超人 巨大ヤプール 第23話「逆転! ゾフィ只今参上」に登場。 異次元人 女ヤプール 第48話「ベロクロンの復讐」に登場。 遊牧星人 サイモン星人 第52話「明日のエースは君だ!」に登場。 ミサイル超獣 ベロクロン 第1話「輝け! ウルトラ五兄弟」に登場。 ミサイル超獣 ベロクロン二世 第48話「ベロクロンの復讐」に登場。 古代超獣 カメレキング 第2話「大超獣を越えてゆけ!」に登場。 身長:60メートル 体重:4万5千トンヤプールが古代カメレオンの卵と宇宙翼竜の卵を融合させて作った超獣。劇中では古代アトランティスを滅ぼしたと語られる。卵の時は人間を食べ、ミサイルでは撃墜不能。 (Wikipedia:サウンドギラー)

サウンドバカチョン
『ドラえもんの道具 (さ)』より : ドラえもんのひみつ道具 (さ) では、藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』、『大長編ドラえもん』(VOL.1〜17)、藤子・F・不二雄のその他の著作に登場するひみつ道具のうち、読みが「さ」で始まるものを列挙する。 サーカスぐつ サーカスぐつは、「サーカスぐつ」(てんとう虫コミックススペシャル『ドラえもん カラー作品集』6巻に収録)に登場する。 この靴を履くと、サーカスの綱渡りのように、高い塀の上、空中に張られたロープの上、さらには電柱に張られた電線の上でも、絶対に落ちずに歩くことができる。 サイオー馬 サイオー馬(サイオーば)は、「サイオー馬」(てんとう虫コミックス44巻に収録)に登場する。 ウマを模した、目測30センチメートル程度の道具。ロボットか生物かは不明。『塞翁が馬』をモチーフにしている。良い事や悪い事が起きたときにこのウマに蹴飛ばされると、良い事の後には悪い事、悪い事の後には良い事が起きるようになる。悪い事の後に蹴飛ばしてもらって良い事が起きた時も再び蹴飛ばそうとする為、悪い事が起きないようにすかさず捕まえる必要があるが、馬は素早く動き回る為、捕まえにくい。 (Wikipedia:サウンドバカチョン)

サウンドノベル 街
『街 ~運命の交差点~』より : 『街 〜運命の交差点〜』(まち うんめいのこうさてん)はチュンソフトが制作したコンピュータゲーム。また、『弟切草』・『かまいたちの夜』に続く同社のサウンドノベルシリーズ第3弾である。 原作・監修は長坂秀佳。 渋谷の街を舞台に、8人の主人公とそれを取り巻く登場人物が物語を繰り広げる。基本的にそれぞれの主人公に面識はないが、あるシナリオで何気なく行った主人公の行為が、別の主人公の未来に重大な影響を与えることがある。時にはそれがバッドエンドなど悪影響を及ぼす場合があり、それを回避するために、ザッピング(zapping)を行ってシナリオを切り替えながら読み進めていく。 本作は実写を使用した作品であり、膨大な数の俳優が出演している。発売当時は無名だった伊藤さおり(北陽)・窪塚洋介(当時の芸名・ヨースケ)なども出演。使用した静止画の枚数は6000枚、登場人物の数は400人にもおよぶ。 初めてのリリースは1998年1月22日にセガサターンで発売された『サウンドノベル 街 -machi-』。 (Wikipedia:サウンドノベル 街)

サウンド・オブ・ミュージック (映画)
作品名 サウンド・オブ・ミュージックw:The Sound of Music (film) The Sound of Music
監督 ロバート・ワイズ
製作総指揮
製作 ロバート・ワイズソウル・チャップリン
脚本 アーネスト・レーマン
出演者 ジュリー・アンドリュースクリストファー・プラマーエリノア・パーカーリチャード・ヘイドンペギー・ウッド
音楽 リチャード・ロジャースオスカー・ハマースタイン2世 オスカー・ハマースタイン二世アーウィン・コスタル
撮影 テッド・マッコード
編集 ウィリアム・レイノルズ
配給 20世紀フォックス
上映時間 174分
製作国 アメリカ
言語 英語
制作費 $8,200,000
興行収入
前作
次作
allcinema_id 8508
(Wikipedia:サウンド・オブ・ミュージック (映画))

サウンド・オブ・ミュージック
『サウンド・オブ・ミュージック』(英語:The Sound of Music )は、リチャード・ロジャース作曲、オスカー・ハマースタイン2世作詞、ハワード・リンゼイ、ラッセル・クラウス脚本による1959年のミュージカル作品である。 オーストリア出身のマリア・フォン・トラップによる自叙伝『トラップ・ファミリー合唱団物語』(The Story of the Trapp Family Singers)を基にしている。「エーデルワイス」や「私のお気に入り」、「すべての山に登れ」、「ドレミの歌」、表題曲「サウンド・オブ・ミュージック」といったミュージカルの多くの曲がスタンダードとなっている。 メアリー・マーティンとセオドア・ビケル主演のオリジナルブロードウェイ公演は1959年11月16日に開幕した。以後、数多くの上演やリバイバル公演が行われている。1965年にジュリー・アンドリュースとクリストファー・プラマーでミュージカル映画化され、アカデミー賞5部門を受賞した。『サウンド・オブ・ミュージック』はロジャース&ハマースタインによって書かれた最後のミュージカルであった。 (Wikipedia:サウンド・オブ・ミュージック)

サウンドオブミュージック
『サウンド・オブ・ミュージック』より : 『サウンド・オブ・ミュージック』(英語:The Sound of Music )は、リチャード・ロジャース作曲、オスカー・ハマースタイン2世作詞、ハワード・リンゼイ、ラッセル・クラウス脚本による1959年のミュージカル作品である。 オーストリア出身のマリア・フォン・トラップによる自叙伝『トラップ・ファミリー合唱団物語』(The Story of the Trapp Family Singers)を基にしている。「エーデルワイス」や「私のお気に入り」、「すべての山に登れ」、「ドレミの歌」、表題曲「サウンド・オブ・ミュージック」といったミュージカルの多くの曲がスタンダードとなっている。 メアリー・マーティンとセオドア・ビケル主演のオリジナルブロードウェイ公演は1959年11月16日に開幕した。以後、数多くの上演やリバイバル公演が行われている。1965年にジュリー・アンドリュースとクリストファー・プラマーでミュージカル映画化され、アカデミー賞5部門を受賞した。『サウンド・オブ・ミュージック』はロジャース&ハマースタインによって書かれた最後のミュージカルであった。 (Wikipedia:サウンドオブミュージック)

サウンド・オブ・ミュージック/映画版あらすじ
『サウンド・オブ・ミュージック』より : 『サウンド・オブ・ミュージック』(英語:The Sound of Music )は、リチャード・ロジャース作曲、オスカー・ハマースタイン2世作詞、ハワード・リンゼイ、ラッセル・クラウス脚本による1959年のミュージカル作品である。 オーストリア出身のマリア・フォン・トラップによる自叙伝『トラップ・ファミリー合唱団物語』(The Story of the Trapp Family Singers)を基にしている。「エーデルワイス」や「私のお気に入り」、「すべての山に登れ」、「ドレミの歌」、表題曲「サウンド・オブ・ミュージック」といったミュージカルの多くの曲がスタンダードとなっている。 メアリー・マーティンとセオドア・ビケル主演のオリジナルブロードウェイ公演は1959年11月16日に開幕した。以後、数多くの上演やリバイバル公演が行われている。1965年にジュリー・アンドリュースとクリストファー・プラマーでミュージカル映画化され、アカデミー賞5部門を受賞した。『サウンド・オブ・ミュージック』はロジャース&ハマースタインによって書かれた最後のミュージカルであった。 (Wikipedia:サウンド・オブ・ミュージック/映画版あらすじ)

サウンドガーデン
サウンドガーデン (Soundgarden) は、1984年にアメリカ合衆国ワシントン州シアトルで結成されたロックバンドである。1997年に解散するが、2010年に解散時のメンバーで復活する。 90年代初頭にブームとなるグランジの先駆けとされ、レッド・ツェッペリンのようであると言われる攻撃的かつうねりの激しいギター・サウンド、ブラック・サバス的のようであると言われる重低音の利いたベース・ドラムのリズム隊、そして高音、低音とを使い分けるソウルフルなヴォーカルが特徴。ニルヴァーナのカート・コバーンにも「こんな奴等にかなうわけがない」と絶賛されていた。 1984年に、シアトル出身のクリス・コーネル (Chris Cornell) が、シカゴ出身ギタリストであるキム・セイル (Kim Thayil) と日系人ベーシストのヒロ・ヤマモト (Hiro Yamamoto) とともに結成。 (Wikipedia:サウンドガーデン)

サウンド・システム
サウンド・システム (sound system) は、野外ダンスパーティを提供する移動式の音響設備、および提供する集団を指す。略して単にサウンドとも言う。ジャマイカの音楽史、とりわけダンスホールレゲエにおいては欠かすことのできない要素である。 また、ジャマイカのサウンド・システムという形式および言葉から派生して、現在ではテクノやレイヴ、ヒップホップ、カリプソなど、レゲエ以外の音楽ジャンルでも使用されている。 この項では主にレゲエにおいての事柄について示す。 構成 一般的にサウンド・システムは、移動式の巨大なスピーカー・セットとアンプ・セット、ターンテーブル、レコード(その多くはダブ・プレート)を保有している。集団を指しては特にサウンド・クルーまたはサウンド・マンとも呼び、一般的には、曲を掛けるセレクター、かけた曲の説明をするなどして場を盛り上げるMC、スピーカー・セットの状態を良好に保つエンジニアで構成される。 (Wikipedia:サウンド・システム)

サウンドシステム
『サウンド・システム』より : サウンド・システム (sound system) は、野外ダンスパーティを提供する移動式の音響設備、および提供する集団を指す。略して単にサウンドとも言う。ジャマイカの音楽史、とりわけダンスホールレゲエにおいては欠かすことのできない要素である。 また、ジャマイカのサウンド・システムという形式および言葉から派生して、現在ではテクノやレイヴ、ヒップホップ、カリプソなど、レゲエ以外の音楽ジャンルでも使用されている。 この項では主にレゲエにおいての事柄について示す。 構成 一般的にサウンド・システムは、移動式の巨大なスピーカー・セットとアンプ・セット、ターンテーブル、レコード(その多くはダブ・プレート)を保有している。集団を指しては特にサウンド・クルーまたはサウンド・マンとも呼び、一般的には、曲を掛けるセレクター、かけた曲の説明をするなどして場を盛り上げるMC、スピーカー・セットの状態を良好に保つエンジニアで構成される。 (Wikipedia:サウンドシステム)

サウンドトラック
サウンドトラック(英語:soundtrack)は、映画および映画音楽の用語で、映画のフィルム上における音声が収録されている部分を指す。映画用語から派生した言葉であり、映画、テレビドラマ、テレビゲーム、アニメ、コマーシャルソングなどの「劇伴音楽」や「付随音楽」を収録したアルバムを指す場合もある。略称はサントラが多いが、OSTと略されることもある。 フィルム動画および映画におけるサウンドトラック サウンドトラックは、元来はトーキーが実用化された際、フィルムの長手方向に画像コマとは独立に設けた音声用トラックを指した技術用語である。台詞・効果音・BGMなどが含まれ、上映に際して再生される。右画像の赤い矢印がついている帯の部分がサウンドトラックである。この方式を使って公開された最初の映画は、ディズニー映画の『蒸気船ウィリー』である。 サウンドトラックには、「光学式・磁気式」があり、光学式の中にさらに「面積式・濃淡式」がある。また両方式を通じて「モノラル・ステレオ」の種別がある。 歴史的には、光学式の中では濃淡式が古く、面積式が新しい。 (Wikipedia:サウンドトラック)

サウンドジャンプ
サウンドジャンプ(SOUND JUMP)は、千葉テレビ放送 千葉テレビで放送されていたフィラー音楽番組。当項では前身のフィラー音楽番組でもあるお茶の間BGM(おちゃのまビージーエム)、兄弟番組ともいえるサウンドホップ(SOUND HOP)、サウンドステップ(SOUND STEP)も扱う。
千葉テレビは開局からやや経過した頃、昼(午後のテレポート)の生ワイドを放送するなど番組制作に意欲的であったが、南関東初の、しかも独立UHF局とあってハンデも大きく、数年で経営危機が訪れる。そのため、関東の独立UHFでは唯一1990年代前半頃までは日中に(事実上の)中断時間が存在し、その時間帯はフィラー音楽番組を放送していた時期があった。一時期は単にカラーバーをバックにバックグラウンドミュージック BGMを流していたスタイル、1980年前後-1980年代中期までは「お茶の間BGM」という静止画に曲目リストのテロップにBGMいうスタイルのフィラー番組、のちに音楽ビデオクリップ番組「サウンドホップ」「―ステップ」「―ジャンプ」へ変更となった。このため一部の視聴者からは「ラジオ顔負けな事をやる局だ」と言われていた。
(Wikipedia:サウンドジャンプ)

サウンドドラマ
『ラジオドラマ』より : ラジオドラマ(英語: radio drama、ドイツ語: Hörspiel)は、ラジオで放送され、主に俳優または声優が演じるドラマのことである。放送劇・オーディオドラマ・サウンドドラマ・声劇とも言われる。 世界最初のラジオドラマは、リチャード・ヒューズの作品であるとされている。 ラジオドラマの脚本は、既に発表されている小説などを原作としているものと、最初からラジオドラマ用に書き下ろされるものとある。 映像がなく、音声のみでリスナー(聴取者)に対して情景イメージを起こさせるかが問われるため、声優の能力もさることながら、各種効果音の作り方・出し方(いわゆる音作り)などの表現が重要になる。臨場感を出すためにバイノーラル録音が利用されることもある。 テレビが普及していない時代(1960年代まで)には、ラジオドラマがよく放送されていたが、その後は減少傾向にある。 日本において 日本では、1925年のラジオ放送の開始と同時にその歴史が始まった。この当時は、映画台詞劇、放送舞台劇、ラジオ劇とも言われたという。 (Wikipedia:サウンドドラマ)

サウンドロップ
サウンドロップ(SOUNDROP)とは、株式会社バンダイが発売しているカプセルトイ(バンダイではガシャポンという登録商標で販売)である。販売価格は200円。形状などから名称を「サウンドドロップ」と間違える人が多い。
サウンドロップは、卵形の形状をしたプラスチック製の外観の中心に円形のボタンがあり、これを押すと内蔵された音声が流れる仕組みになっている。これまでも同様の仕組みを利用した玩具は数多くあったが、サウンドロップは従来の幼児向け(所謂「はたらくじどうしゃ」の音声など)に加え、後述する有名ゲームやアニメを題材とし、2006年9月末にはシリーズ累計約200万個、2008年6月に2000万個突破を出荷するヒット商品となった。サウンドロップの前には、「サウンドギア」「ワタナベプロ ネタボイス」といった、いわばプロトタイプサウンドロップもあった。
(Wikipedia:サウンドロップ)

サウンドノベル
サウンドノベル(sound novel)はアドベンチャーゲームの一種で、スパイク・チュンソフトの登録商標である。それまでのアドベンチャーゲームとは異なり小説をモチーフとしているため、区切られたメッセージウィンドウにではなく画面全体にテキストが表示されるのが特徴。コンピュータゲームである特性を活かし、効果音、BGM、映像効果が盛り込まれている。 第一作はスパイク・チュンソフトの前身であるチュンソフトから1992年3月7日に発売されたスーパーファミコン用ソフト『弟切草』である。 「サウンドノベル」は、テレビ画面に背景映像とサウンド(BGMや効果音)をともなって表示される文章を追って、読み進めていくことで進行するものである。以前から存在するものでいえば「ゲームブック」に近く「サウンドノベル」もその影響を受けたものであった。紙の本ではありえない音や、絵の動きといった演出が加わることで、プレイヤーに臨場感・緊張感を与えている。文章を追っていく途中で選択肢が提示され、物語の展開にプレイヤーが働きかけることが可能で、クリア回数やストーリーの進行具合によっては、出現する選択肢が増えたり、変わったりするなど、従来のアドベンチャーゲームでは見られなかった特徴を持っている。 (Wikipedia:サウンドノベル)

サウンドストームDJANGO
『サウンドストームDJANGO』(サウンドストームジャンゴ)は、かつてTBSラジオ&コミュニケーションズ TBSラジオをキー局 キーステーションにJapan Radio Network JRN系の深夜の時間帯で放送されていたラジオ番組。1982年8月から1983年3月まで放送されていた。
15年間にわたり放送され、深夜放送ブームの一翼を担った『パックインミュージック』の後継番組。本格的ディスクジョッキーが日替わりで登場し、音楽を前面に出したラジオ#超短波放送(FM放送・BSデジタルラジオ) FMに近いような番組のカラーとなった。大瀧詠一は、それまで土曜日深夜に放送されていた『GO! GO! NIAGARA (ラジオ番組) GO! GO! NIAGARA』をこの番組の枠に移動させてまでの起用だった。
しかし、安定した人気を誇った『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)、女子大生ブームと共に盛り上がりを見せていた『ミスDJリクエストパレード』(文化放送)の各裏番組に圧され、わずか8か月で終了した。
(Wikipedia:サウンドストームDJANGO)

サウンドエフェクト
株式会社サウンドエフェクト (Sound Effect) は、テレビの音響効果・音楽制作・MAの制作プロダクションである。1979年(昭和54年)6月19日に設立された。株主は、讀賣テレビ放送株式会社他各社である。 2011年2月1日、同じ讀賣テレビ放送の関連子会社であるよみうりテレビ映像・映像企画と統合し、ytv Nextryを設立した。 会社概要 所在地 本社 : 大阪市城東区新喜多1-5-26 アカツキ京橋ビル 東京支社 : 東京都渋谷区南平台町1-9 南平台宝来ビル8F 役員構成 取締役会長 : 青地瑛久 代表取締役社長 : 喜多村健二 常務取締役 : 松元敦 取締役 : 中村康治 主な取引先会社 讀賣テレビ放送株式会社 日本テレビ放送網株式会社 吉本興業株式会社 朝日放送株式会社 関西テレビ放送株式会社 ワイズビジョン株式会社 所属スタッフ 音効担当 = 大阪本社 = 船富潤司 中谷誠 平戸健史 松井久美子 村木綾 鈴木宗寿 中谷奈穂子 神田彩 河本崇文 荒畑暢宏 生本竜典 圓谷真穂 住田知香 笹 優子 = 東京 = 磯川浩己 山倉恭一 遠藤治朗 MA担当 中澤哲矢 山本晋 川口純一 堀内孝太郎 松田勝也 六車誠 品川泰宏 西山英晃 古庄陽 音声担当 山﨑泰和 高田哲也 川本賢太郎 今堀晃行 久川智敬 南谷良美 山﨑多佳彦 元所属スタッフ 久保秀夫(現:株式会社戯音工房・代表取締役社長) 主な担当番組 印は★=東京支社担当番組である。 (Wikipedia:サウンドエフェクト)

サウンドアリーナ
『SOUND ARENA』より : 『SOUND ARENA』(サウンド・アリーナ)は、1992年4月15日から同年9月23日までフジテレビ系列局で生放送されたフジテレビ製作の音楽番組。放送時間は毎週水曜 21:00 - 21:54 (JST) 、最終回の2時間スペシャルのみ21:00 - 22:54に放送。 1992年、フジテレビが『夜のヒットスタジオSUPER』以来1年半ぶりにプライム枠に歌謡番組を投入した。司会には、金曜23:00台で放送の音楽番組『G-STAGE』で司会を務めていた徳光和夫、堺正章、田代まさしの3人を引き続き起用した。 1時間の生放送で、毎週6 - 9組の豪華アーティストが出演。TBSの『ザ・ベストテン』と同様に、スタジオ以外にも各地からの中継も結ぶ方式を採用していた。目玉として「THE SPECIAL」のコーナーがあり、大物アーティストによる競演が見物だった。 当番組終了後、後継番組として『MJ -MUSIC JOURNAL-』が放送された。 出演者 司会 徳光和夫 堺正章 田代まさし - ラッツ&スターの一員。 (Wikipedia:サウンドアリーナ)

サウンドカード
サウンドカード (Sound card) 、またはサウンドボード (Sound board) は、コンピュータに音響信号の入出力機能を付加または強化する拡張用の回路基板である。 コンピュータに内蔵する形態を採り、主に、PCIやPCI Expressといった内部バスによって接続する。また、ノートパソコン用にExpressCard型のサウンドカードも存在する。 サウンドカードと同類のものに、ノートパソコンなどに手軽に接続できるようにUSBバス接続やIEEE 1394接続等の製品があるが、これらはオーディオインターフェースと呼ばれることが多い(後述)。 2014年6月現在のパーソナルコンピュータにおいて、音響信号の入出力機能はもはや標準機能となっており、多くの機種にオンボード形式であらかじめ装備されている。かつて普及価格帯にあったサウンドカードは、その価値を標準装備のサウンド機能に譲り、一般ユーザーにおいてはサウンドカードを買い足す必要が薄れた。現在市販されているサウンドカードは、標準装備のサウンド機能を超えた付加価値を持つ製品である。 (Wikipedia:サウンドカード)

サウンドボード
『サウンドカード』より : サウンドカード (Sound card) 、またはサウンドボード (Sound board) は、コンピュータに音響信号の入出力機能を付加または強化する拡張用の回路基板である。 コンピュータに内蔵する形態を採り、主に、PCIやPCI Expressといった内部バスによって接続する。また、ノートパソコン用にExpressCard型のサウンドカードも存在する。 サウンドカードと同類のものに、ノートパソコンなどに手軽に接続できるようにUSBバス接続やIEEE 1394接続等の製品があるが、これらはオーディオインターフェースと呼ばれることが多い(後述)。 2014年6月現在のパーソナルコンピュータにおいて、音響信号の入出力機能はもはや標準機能となっており、多くの機種にオンボード形式であらかじめ装備されている。かつて普及価格帯にあったサウンドカードは、その価値を標準装備のサウンド機能に譲り、一般ユーザーにおいてはサウンドカードを買い足す必要が薄れた。現在市販されているサウンドカードは、標準装備のサウンド機能を超えた付加価値を持つ製品である。 (Wikipedia:サウンドボード)


サウンド - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  フィギュアスケート - 2018年12月27日


関連するイメージは見つかりませんでした



フィギュアスケート
フィギュアスケート(英: figure skating)は、スケートリンクの上でステップ、スピン、ジャンプなどの技を組み合わせ、音楽に乗せて滑走する競技。名称はリンクの上に図形(フィギュア)を描くように滑ることに由来するもので、立体造形物のフィギュアとは関係ない。シングルスケーティング、ペアスケーティング、アイスダンスは冬季オリンピック正式競技。また、団体で演技するシンクロナイズドスケーティングも世界選手権が行われている。 スケートの起源についてははっきりしないが、すでに先史時代には北欧で動物の骨をブレードにしたスケート靴が用いられていた。それが南下してオランダに伝わり、運河の発達により国民各層で行われるようになった。 農民たちは凍った運河の上で目的地にできるだけ早く到着するスケートに熱心であったが、貴族たちの間では競技性よりも優雅さやマナーを重んじた芸術的スケートが好まれた。彼らの滑走様式はオランダ人の弧線滑走という意味の「ダッチロール」と呼ばれるようになり、フィギュアスケートの原型となった。 (Wikipedia:フィギュアスケート)

フィギュアスケート競技 (冬季オリンピック)
種目 / 年 ロンドンオリンピック (1908年) におけるフィギュアスケート競技 08 アントワープオリンピックにおけるフィギュアスケート競技 20 シャモニーオリンピックにおけるフィギュアスケート競技 24 サンモリッツオリンピック (1928年) におけるフィギュアスケート競技 28 レークプラシッドオリンピック (1932年) におけるフィギュアスケート競技 32 ガルミッシュパルテンキルヒェンオリンピックにおけるフィギュアスケート競技 36 サンモリッツオリンピック (1948年) におけるフィギュアスケート競技 48 オスロオリンピックにおけるフィギュアスケート競技 52 コルティナダンペッツォオリンピックにおけるフィギュアスケート競技 56 スコーバレーオリンピックにおけるフィギュアスケート競技 60 インスブルックオリンピック (1964年) におけるフィギュアスケート競技 64 グルノーブルオリンピックにおけるフィギュアスケート競技 68 札幌オリンピックにおけるフィギュアスケート競技 72 インスブルックオリンピック (1976年) におけるフィギュアスケート競技 76 レークプラシッドオリンピック (1980年) におけるフィギュアスケート競技 80 サラエボオリンピックにおけるフィギュアスケート競技 84 カルガリーオリンピックにおけるフィギュアスケート競技 88 アルベールビルオリンピックにおけるフィギュアスケート競技 92 リレハンメルオリンピックにおけるフィギュアスケート競技 94 長野オリンピックにおけるフィギュアスケート競技 98 ソルトレイクシティオリンピックにおけるフィギュアスケート競技 02 トリノオリンピックにおけるフィギュアスケート競技 06 合計
(Wikipedia:フィギュアスケート競技 (冬季オリンピック))

フィギュアスケート選手一覧
フィギュアスケート選手一覧(フィギュアスケートせんしゅいちらん)は、フィギュアスケートの選手、および元選手、コーチ等の一覧。 各国の選手一覧 あ行 Category:アイルランドのフィギュアスケート選手 Category:アゼルバイジャンのフィギュアスケート選手 Category:アメリカ合衆国のフィギュアスケート選手 Category:アルゼンチンのフィギュアスケート選手 Category:アルメニアのフィギュアスケート選手 Category:アンドラのフィギュアスケート選手 Category:イギリスのフィギュアスケート選手 Category:イスラエルのフィギュアスケート選手 Category:イタリアのフィギュアスケート選手 Category:インドのフィギュアスケート選手 Category:ウクライナのフィギュアスケート選手 Category:ウズベキスタンのフィギュアスケート選手 Category:エストニアのフィギュアスケート選手 Category:オーストラリアのフィギュアスケート選手 Category:オーストリアのフィギュアスケート選手 Category:オランダのフィギュアスケート選手 か行 Category:カザフスタンのフィギュアスケート選手 Category:カナダのフィギュアスケート選手 Category:韓国のフィギュアスケート選手 Category:北朝鮮のフィギュアスケート選手 Category:ギリシャのフィギュアスケート選手 Category:グルジアのフィギュアスケート選手 Category:クロアチアのフィギュアスケート選手 さ行 Category:シンガポールのフィギュアスケート選手 Category:スイスのフィギュアスケート選手 Category:スウェーデンのフィギュアスケート選手 Category:スペインのフィギュアスケート選手 Category:スロバキアのフィギュアスケート選手 Category:スロベニアのフィギュアスケート選手 Category:セルビアのフィギュアスケート選手 Category:セルビア・モンテネグロのフィギュアスケート選手 Category:ソビエト連邦のフィギュアスケート選手 た行 Category:タイのフィギュアスケート選手 Category:台湾のフィギュアスケート選手 Category:チェコのフィギュアスケート選手 Category:チェコスロバキアのフィギュアスケート選手 Category:中国のフィギュアスケート選手 Category:デンマークのフィギュアスケート選手 Category:ドイツのフィギュアスケート選手 Category:トルコのフィギュアスケート選手 な行 Category:日本のフィギュアスケート選手 Category:ニュージーランドのフィギュアスケート選手 Category:ノルウェーのフィギュアスケート選手 は行 Category:ハンガリーのフィギュアスケート選手 Category:フィリピンのフィギュアスケート選手 Category:フィンランドのフィギュアスケート選手 Category:プエルトリコのフィギュアスケート選手 Category:ブラジルのフィギュアスケート選手 Category:フランスのフィギュアスケート選手 Category:ブルガリアのフィギュアスケート選手 Category:ベラルーシのフィギュアスケート選手 Category:ベルギーのフィギュアスケート選手 Category:ボスニア・ヘルツェゴビナのフィギュアスケート選手 Category:ポーランドのフィギュアスケート選手 Category:香港のフィギュアスケート選手 ま行 Category:マレーシアのフィギュアスケート選手 Category:南アフリカのフィギュアスケート選手 Category:メキシコのフィギュアスケート選手 Category:モナコのフィギュアスケート選手 Category:モンテネグロのフィギュアスケート選手 や行 Category:ユーゴスラビアのフィギュアスケート選手 ら行 Category:ラトビアのフィギュアスケート選手 Category:リトアニアのフィギュアスケート選手 Category:ルクセンブルクのフィギュアスケート選手 Category:ルーマニアのフィギュアスケート選手 Category:ロシアのフィギュアスケート選手 あ行 あ ハンナ・アイゲル ロイド・アイスラー 青谷めぐみ マリナ・アガニナ オルガ・アキモワ マラート・アクバロフ ベンジャミン・アゴスト グロリア・アゴリアーティ 浅田舞 浅田真央 浅沼まり マリナ・アニシナ リサ・アーバイン サラ・アビトボル アレクサンドル・アブト 阿部奈々美 イリヤ・アベルブフ ジェレミー・アボット 天野真 荒井万里絵 荒川静香 有川梨絵 有坂隆祐 ジャネット・アルウェッグ パトリス・アルケット ラファエル・アルトゥニアン スコット・アレン デイモン・アレン (フィギュアスケート選手) リサ=マリー・アレン マックス・アーロン 安藤美姫 バーバラ・アンダーヒル フェドール・アンドレーエフ ナタリア・アンネンコ い イ・キュヒョン イ・ジュホン イ・ソンビン イ・チョングン 李東勳 五十嵐文男 井口耕二 石川翔子 石川憂佳 石田治子 伊藤みどり 伊奈恭子 稲田悦子 井上怜奈 今井遥 エレーナ・イワノワ キラ・イワノワ 岩本英嗣 う 于小洋 ティファニー・ヴァイス ブリタニー・ヴァイス テッサ・ヴァーチュ ジョフリー・ヴァーナー ポヴィラス・ヴァナガス ハンナ・ヴァルター ケビン・ヴァン・デル・ペレン カタリナ・ヴィット カティ・ウィンクラー クリス・ウィルツ クリスティン・ヴィツォレク ケイトリン・ウィーバー ショーン・ウィルツ ジョニー・ウィアー スコット・ウィリアムズ (フィギュアスケート選手) デヴィー・ウィルクス デヴィッド・ウィルソン (フィギュアスケート選手) トレイシー・ウィルソン ニール・ウィルソン ベージル・ウィリアムズ マシュー・ウィルキンソン メーガン・ウィング モントゴメリー・ウィルソン ヤニナ・ヴィルト パメラ・ウェイト ジェニファー・ウェスター ジーン・ウエストウッド 上野衣子 テレサ・ウェルド イングリート・ヴェンドル サビーナ・ヴォイタラ シャーリーン・ウォン アリーナ・ウシャコワ アレクサンドル・ウスペンスキー ウラジミール・ウスペンスキー マイア・ウソワ ティモシー・ウッド 宇野昌磨 梅谷英生 梅谷友紀 アンドレイ・ウラシェンコ アレクサンドル・ウラソフ (フィギュアスケート選手) ジュリア・ウラソフ アレクセイ・ウラノフ ニーナ・ウラノワ ナタリー・ウランディス オスカー・ウーリク グレゴール・ウルバス アレクセイ・ウルマノフ え ヴィタリー・エゴロフ ロルフ・エステルライヒ ガリーナ・エフレメンコ クリスティーネ・エラート トッド・エルドリッジ マリナ・エルツォワ エレク・アティッラ ヴァシリー・エレメンコ 閻涵 エドゥアルト・エンゲルマン ヘレーネ・エンゲルマン お 及川史弘 老松一吉 王月人 王晨 (フィギュアスケート選手) 太田由希奈 大西一美 大橋美和子 岡崎真 岡部由紀子 小川勝 小川れい子 萩原綾子 コリーン・オコーナー ブライアン・オーサー 長田樹里 ケイティー・オーシャー メーガン・オスター ヴァルダ・オズボーン ジャマル・オスマン ケイトリン・オズモンド 織田信成 (フィギュアスケート選手) 織田憲子 フラビア・オッタビアーニ クルト・オッペルト 帯谷竜一 オレグ・オフシアンニコフ クリスチーナ・オブラソワ ピーター・オペガード ユリア・オベルタス ライアン・オメラ リカルド・オラバリエタ オルゴニシュタ・オルガ テンリー・オルブライト 恩田美栄 か行 か 柏原由起子 オットー・カイザー 鍵山正和 郭政新 ジェニファー・カーク ウーベ・カゲルマン オクサナ・カザコワ ドミトリー・カザルリガ ゲンナジー・カスコフ フェリックス・カスパー スティーブン・カズンズ トリスタン・カズンズ ロビン・カズンズ 片山敏一 フリッツ・カチラー マーク・カックレル アンナ・カッペリーニ 加藤雅子 加藤礼子 ランディ・ガードナー 金沢由香 オースティン・カナラカン 加納誠 アーサー・カミング トゥーバ・カラデミル ジョン・カリー ルディ・ガリンド ヴァディム・カルカチェフ キティ・カルザース ピーター・カルザース ユリア・カルボフスカヤ ゲンナジー・カルポノソフ アラン・カルマ セシリア・カレッジ セルゲイ・カレフ 河合彩 川口悠子 川崎由紀子 関金林 神崎範之 き 岸本一美 北村明子 木戸章之 アナスタシア・ギマゼトディノワ キム・ウナ キム・ジンソ 金彩華 金羅英 キム・ヒョンジュン (フィギュアスケート選手) キム・ヘミン キム・ミヌ キム・ミンソク 金妍兒 キム・ヨンスク スティーブン・キャリエール フランク・キャロル ペルネル・キャロン フィリップ・キャンデロロ 許斌シュ キラーイ・エデ マリカ・キリウス マリナ・キールマン 金博洋 く ナム・グエン ミハイル・クズネツォフ ジェレッド・グズマン ヴァネッサ・グスメロリ アルテム・クニャゼフ ウェンディ・グライナー クセニア・クラシルニコワ ゲンナジー・クラスニツキー アレクサンドル・グラチェフ ヴィクター・クラーツ トーラー・クランストン シルヴィア・グランディアン ミシェル・グランディアン アンドレイ・グリアゼフ エレーナ・クリカノワ スヴェトラーナ・クリコワ パーシャ・グリシュク レゲーツィ・クリスチナ クラウディア・クリストフィクス=ビンダー イリヤ・クーリック イリヤ・クリムキン マリナ・クリモワ アンジェリカ・クリロワ セルゲイ・グリンコフ ドロシー・グリーンハウ=スミス アンドレイ・クルコフ (フィギュアスケート選手) エレーナ・グルシナ ギリス・グラフストローム メリッサ・グレゴリー ヘニング・グレナンダー エレーナ・グレボワ ジェームズ・グローガン アンドレアス・クログ マーゴット・グロクシュバー マヌエラ・グロス エヴェリン・グロスマン ヴァネッサ・クローン トニア・クワイトコウスキー ミシェル・クワン け シニード・ケアー ジョン・ケアー マシュー・ゲイツ コルネル・ゲオルゲ ケーケシ・アンドレア エレーネ・ゲデヴァニシヴィリ アレクサンダー・ケーニッヒ キャロル・ケネディ ピーター・ケネディ ティモシー・ゲーブル ナンシー・ケリガン ハンス・ゲルシュビラー ロミー・ケルマー こ 呉家亮 デニス・コイ 小岩井久美子 黄欣彤 高崧 ラトカ・コヴァジーコヴァー アンバー・コーウィン サーシャ・コーエン タチアナ・ココレワ カロリーナ・コストナー ロマン・コストマロフ マリアナ・コズロワ ジョルジュ・ゴーチ エゴール・コチェーエフ 小塚崇彦 小塚嗣彦 ペトリ・コッコ シモーネ・コッホ 小林幸子 (フィギュアスケート選手) 小林宏一 クリスチーナ・コバラゼ ウラジミール・コバリョフ マキシム・コフトゥン キャサリン・コペリー 小山朋昭 セバスチアン・コラシンスキー ニコラス・コール アレクサンドル・ゴルシコフ アナスタシア・ゴルシュコワ クリスチーナ・ゴルシュコワ エカテリーナ・ゴルデーワ グレイシー・ゴールド キーラ・コルピ アレクサンドル・ゴレリク ユリア・ゴロヴィナ エゴール・ゴロフキン アントン・コワレフスキー ルスラン・ゴンチャロフ 近藤琢哉 さ行 さ ゴーシャ・サー エドガー・サイアーズ マッジ・サイアーズ アンディー・サイツ アレクサンドル・ザイツェフ (フィギュアスケート選手) 斎藤直人 (フィギュアスケート選手) ガブリエル・ザイフェルト ヘルムート・ザイブト ヴァレリー・サウレー マガリ・サウリ 坂頂達也 坂頂みなみ ヴィアチェスラフ・ザゴロドニュク 佐々木彰生 佐々木亮輔 クリスティ・サージアント 佐藤久美子 佐藤信夫 佐藤紀子 (フィギュアスケート選手) 佐藤有香 アンナ・ザドロズニュク 佐野裕見 佐野稔 スタニスラフ・ザハロフ アリオナ・サフチェンコ セルゲイ・サフノフスキー ヘルマ・サボー マシュー・サボイ マキシム・ザボジン ヨゼフ・サボフチク エミリー・サミュエルソン ミリアン・サムソン ロザリン・サムナーズ エレイン・ザヤック サライ・シャーンドル ウルリッヒ・サルコウ ジェイミー・サレー アレクサンドラ・ザレツキー ロマン・ザレツキー 澤田亜紀 澤山璃奈 イエスタ・サンダール デヴィッド・サンティ エマニュエル・サンデュ トッド・サンド マッテオ・ザンニ し 椎名千里 ナタリア・シェスタコワ ロン・シェーバー カール・シェーファー タニヤ・シェフチェンコ シェベシュチェーン・ユーリア ヴァネッサ・ジェームス オットー・ジェリネク マリア・ジェリネク エカテリーナ・シェレメティエワ キャロル・ヘイス・ジェンキンス デヴィッド・ジェンキンス (フィギュアスケート選手) ヘイス・アラン・ジェンキンス オリヴィエ・シェーンフェルダー 重松直樹 エフゲーニヤ・シシコワ アリッサ・シズニー 柴田嶺 アントン・シハルリドゼ ヴァレリア・シマコワ ジョン・ジマーマン ジャン=クリストフ・シモン アレクサンドル・シャカロフ ドナルド・ジャクソン スタニック・ジャネット マキシム・シャバリン ユリア・シャピロ ヘンリー・グラハム・シャープ セルゲイ・シャフライ シャライ・アンドラーシュ オルガ・シャルテンコ イヴ・シャロム キャロライン・ジャン ジョゼ・シュイナール ヴォルフガング・シュヴァルツ ペギー・シュヴァルツ エリザベート・シュバルツ ミリアム・シュタイネル ドロタ・シュデク マリウス・シュデク インゴ・シュトイアー マンフレート・シュネルドルファー ベアトリクス・シューバ アレクサンドル・シュービン ブライアン・ジュベール ノルベルト・シュラム アドリアン・シュルタイス 徐健焜 徐銘 庄司理紗 ジェシカ・ジョセフ リリー・ショルツ コートニー・ジョーンズ ジェームズ・ヘンリー・ジョンソン ゾーイ・ジョーンズ フィリス・ジョンソン リン=ホリー・ジョンソン ヴィクトリア・シリアホワ ジェイミー・シルバースタイン アラン・ジレッティ 城田憲子 申芮智 シン・イェジ 申雪 申娜姫 す 水津瑠美 エフゲニー・スヴィリドフ エカテリーナ・スヴィリナ マリナ・ズエワ マッシモ・スカリ 杉田秀男 村主千香 村主章枝 クリスティン・ズコウスキー ティファニー・スコット バーバラ・アン・スコット ロマン・スコルニアコフ 鈴木明子 鈴木誠一 (フィギュアスケート選手) 鈴木弘幸 デイヴィダス・スタグニウナス マキシム・スタビスキー ミハイル・スチフーニン マルティン・スティクスルート フィリップ・スティラー エリザベータ・ステコルニコワ ディアナ・ステラート アリキ・ステルギアドゥ エルビス・ストイコ 須藤澄玲 チャールズ・スネーリング ドミトリー・スハノフ アレクサンドル・スミルノフ アントン・スミルノフ リュドミラ・スミルノワ アンドレイ・スライキン セルゲイ・スラフノフ マイケル・スリプチュク アレクサンドル・ズーリン イリーナ・スルツカヤ ゲンリフ・スレテンスキー ジェロード・スワロー せ 瀬尾妙実 ロベルト・ファン・ゼーベレック アンナ・セメノビッチ アルカジー・セルゲーエフ ラリサ・セレズネワ ロマン・セロフ そ 曹憲明 宋倫 アレクセイ・ソコロフ エレーナ・ソコロワ アデリナ・ソトニコワ 曾根美樹 ウラジスラフ・ゾフニルスキー 染矢慎二 ロビン・ゾルコーヴィ ユリア・ソルダトワ ソラーシュ・ラースロー ドミトリー・ソロビエフ ショーン・ソーヤー た行 た 高橋香奈子 高橋忠之 高橋大輔 (フィギュアスケート選手) 高橋成美 高山睦美 滝野薫 滝野賢治 竹内洋輔 武田奈也 田中刑事 田中衆史 田中総司 (フィギュアスケート選手) 田中智子 セルゲイ・ダヴィドフ (フィギュアスケート選手) エカテリーナ・ダビドワ フランセス・ダフォ 田村岳斗 タチアナ・タラソワ ジェイソン・ダンジェン エメリッヒ・ダンツァー ヴォルフガング・ダンネ フレデリック・ダンビエ ち 崔智恩 セルゲイ・チェトベルヒン マリナ・チェルカソワ ピーター・チェルニシェフ エフゲーニヤ・チェルニシェワ カレン・チェン アレクサンドル・チチコフ ゲオルゲ・チッパー ヴォーン・チピアー ガリト・チャイト マイケル・チャック パトリック・チャン アンドレイ・チュヴィラエフ タチヤナ・ジュク タチアナ・チュバエワ チョ・ヘリョム 張維娜 趙宏博 張樹斌 張丹 張民 丁楊 張昊 ティファニー・チン 陳露 つ ウラジミール・ツヴェトコフ 月岡芳子 都築章一郎 都築奈加子 て 鄭汛 スコット・デイヴィス (フィギュアスケート選手) マシュー・デイヴィス メリル・デイヴィス ブライス・デイヴィソン ショーケ・ディクストラ ウォーリス・ディーステルマイヤー チャールズ・ティックナー キャンディス・ディディエ グウェンドリン・ディディエ アネッテ・ディトルト イワン・ディネフ カロル・ディビン アレクセイ・ティホノフ スタニスラフ・ティムチェンコ ダリア・ティモシェンコ ケイティ・テイラー メーガン・テイラー タシーロ・ティールバッハ クリストファー・ディーン 手塚満子 サミュエル・テトロー ドレーン・デニー ジェイソン・デノミー ヤン・テファ メーガン・デュハメル イザベル・デュシュネー ポール・デュシュネー マリー=フランス・デュブレイユ ジェシカ・デュベ ローレンス・デミー フィリップ・デュレボーン デリック・デルモア デニス・テン アルベナ・デンコヴァ と エリザベータ・トゥクタミシェワ トウ健 東郷球子 ダイアン・トウラー イリヤ・トカチェンコ イリーナ・トカチュク アントン・トカレフ 徳江京子 トート・ゾルターン タチアナ・トトミアニナ ジェーン・トービル セルゲイ・ドブリン デヴィ・トーマス ポール・トマス アルトゥール・ドミトリエフ ドミトリー・ドミトレンコ オクサナ・ドムニナ マーヴィン・トラン マキシム・トランコフ 鳥居拓史 アリサ・ドレイ ジル・トレナリー ペル・トーレン デレク・トレント クセニア・ドロニナ マルガリータ・ドロビアツコ イザベル・ドロベル ジェニファー・ドン リチャード・ドーンブッシュ な行 な ドナルド・ナイト ドミトリー・ナウムキン ヴァディム・ナウモフ 長久保裕 長沢琴枝 長洲未来 中田誠人 中庭健介 中野友加里 長光歌子 ナジ・マリアンナ ナジ・ラースロー ジョン・ナス タチアナ・ナフカ ナオミ・ナリ・ナム 南里康晴 に アンジェラ・ニコディノフ スヴェトラーナ・ニコラエワ ローリー・ニコル 西上順三 西野友毬 ジェニファー・ニックス ジョン・ニックス 任重非 フランツ・ニンゲル ぬ エミリー・ヌッシーア ね オンドレイ・ネペラ リュドミラ・ネリディナ の シルヴィア・ノヴァク レネ・ノヴォトニー ヴィタリー・ノビコフ セルゲイ・ノビツキー ホフマン・ノーラ スベア・ノーレン は行 は 馬暁東 エルンスト・バイアー オクサナ・バイウル レギーネ・ハイツァー イナ・バウアー パヴク・ヴィクトーリア イルゼ・パウージン エーリヒ・パウージン エバ・パブリック アクセル・パウルゼン 朴小宴 パク・ビンナ ベラ・バザロワ イゴール・パシケビッチ シャーウィン・バジャー 長谷川次男 カトリーナ・ハッカー トーニャ・ハーディング エリザベス・パットナム スティーブ・ハートセル ダニエル・ハートセル チャールズ・バトラー デヴィン・パトリック ジェフリー・バトル ディック・バトン 羽生結弦 ニコライ・パニン タイ・バビロニア キーファー・ハベル マディソン・ハベル リュドミラ・パホモワ 濱田美栄 ドロシー・ハミル スコット・ハミルトン (フィギュアスケート選手) 林一会 セルゲイ・バラノフ ドミトリー・パラマルチュク ダニイル・バランツェフ エレーナ・ハリアヴィナ ペトル・ハルチェンコ マリナ・ハルトゥリナ ペトル・バルナ ハン・ジョンイン ハン・ジョンチョル ローラ・ハンディー ジョナソン・ハント ジェイ・ハンフリー ひ ジャクリーヌ・デュ・ビエフ 樋口豊 (フィギュアスケート選手) カミラ・ピストレッロ ポール・ビネボーズ グスタフ・ヒューゲル エミリー・ヒューズ クリッシー・ヒューズ サラ・ヒューズ アンナ・ヒュブラー 平岡露子 平松純子 エリオット・ヒルトン デニス・ビールマン エレーナ・ピンガチェワ マリベル・ビンソン ふ フェデリカ・ファイエラ ピーター・ファーストブルック カルロ・ファッシ アレクサンドル・ファデーエフ シンシア・ファヌフ パウル・ファルク リア・ファルク リナート・ファルクットディノフ デニス・ファン マイケル・フィリップス グジェゴシュ・フィリポフスキ ヴィクトール・ファイファー ジャン=セバスチャン・フェクトー ウラジミール・フェドロフ フェルトファーリ・ティボル ハビエル・フェルナンデス ベン・フェレイラ ブランドン・フォーサイス バーナード・フォード シルビア・フォンタナ スヴェトラーナ・ブカレワ アンドレイ・ブキン 福原美和 バーバラ・フーザル=ポリ 藤井辰哉 藤澤亮子 藤森美恵子 アンドレイ・ブシュコフ ヴィタリー・ブチコフ アンゲリーカ・ブック エーリヒ・ブック ギルベルト・フックス ガンディ・ブッシュ マリア・ブッテルスカヤ フランシス・ブードロー=オデ ジョーダン・ブラウニンガー カート・ブラウニング イザベル・ブラスール リンダ・フラチアニ ジェームス・ブラック (フィギュアスケート選手) レイチェル・フラット ライアン・ブラッドレイ アナスタシア・プラトノワ エフゲニー・プラトフ エフゲニー・プリウタ セバスチャン・ブリテン アンドレ・ブリュネ ピエール・ブリュネ マイケル・ブリュネ アレクシア・ブリン イングバル・ブリン ペトラ・ブルカ ハインリヒ・ブルガー フリーツィ・ブルガー ファビアン・ブルザ アリーナ・フルザーノワ エフゲニー・プルシェンコ ビビ=アンネ・フルテン メリタ・ブルナー ロックニ・ブルーベイカー アルバン・プレオベール ミハル・ブレジナ カレン・プレストン ルードビヒ・ブレーデ ペギー・フレミング カトリン・フロイデルスペルガー オレグ・プロトポポフ エリザベス・プンサラン クレイグ・ブンタン へ コディ・ヘイ ジェシカ・ローズ・ペイシュ エヴァン・ベイツ ジョン・ヘイマー ジャスティン・ペカレック イドラ・ヘーゲル ナタリー・ペシャラ サビーネ・ベース ナタリア・ベステミアノワ コンスタンチン・ベズマテルニフ グウェンダル・ペーゼラ エレーナ・ベチケ デニス・ペチュホフ ウィリー・ベックル アネット・ペッチ マンディ・ベッツェル ヴィクトール・ペトレンコ ウラジミール・ペトレンコ デニス・ペトロフ グリゴリー・ペトロフスキー マリア・ペトロワ ソニア・ヘニー パーカー・ペニングトン ジェニー・ベヘマー ウーベ・ベーベルスドルフ パトリック・ペラ アルフレート・ベルガー ヴィクトリア・ヘルゲソン ヴェロニカ・ペルシナ エレーナ・ベレズナヤ リュドミラ・ベルソワ エルンスト・ヘルツ デヴィッド・ペルティエ ステファン・ベルナディス トマシュ・ベルネル マキシ・ヘルバー セルゲイ・ベルビーロ タニス・ベルビン アニー・ベルマール クリストファー・ベルントソン ヴラディーミル・ベロモイン ステイシー・ペンスゲン カーリン・ヘンチュケ ほ スザンナ・ポイキオ オレグ・ボイコ ブライアン・ボイタノ ハンス=ユルゲン・ボイムラー ホウ清 方丹 クリストファー・ボウマン レスリー・ホーカー シドニー・ボーゲル アンナ・ポゴリラヤ アンドリュー・ポジェ ブライアン・ポッカー ノリス・ボーデン オクサナ・ポトディコワ エレーナ・ボドレゾワ スルヤ・ボナリー ピエール・ボーニエ セルゲイ・ポノマレンコ ナタリア・ポノマレワ マックス・ボハチュ ヤン・ホフマン ニコール・ボベック アレクサンドル・ポポフ (フィギュアスケート選手) イゴール・ボブリン エカテリーナ・ボブロワ ヤナ・ホフロワ ロバート・ポール セルゲイ・ボルコフ ジェフリー・ホール=セイ ヴィクトリア・ボルゼンコワ ビクトリア・ボルチコワ トーマス・ポールソン ジョン・ボルドウィン タチアナ・ボロソジャル アルチョム・ボロドゥリン セルゲイ・ボロノフ イリーナ・ボロビエワ チャーリー・ホワイト ポール・ポワリエ シェイ=リーン・ボーン 本郷理華 ヤニック・ポンセロ 本田武史 ま行 ま ジューン・マーカム アーミン・マーバヌーザデー サラ・マイアー キミー・マイズナー ロス・マイナー マヌエラ・マガー オレグ・マカロフ ヴィクトリア・マキシウタ アンドレイ・マキシミーシン デヴィッド・マギリヴレイ アンジェラ・マクスウェル フルール・マクスウェル アン・パトリス・マクドノー ドナルド・マクファーソン マイケル・マクファーソン カレン・マグヌセン キオーナ・マクラフリン ハナ・マシュコヴァー モーガン・マシューズ 町田樹 ジェナ・マッコーケル ロバート・マッコール 松下未瑠紅 松村充 リディア・マノン タチアナ・マリニナ マキシム・マリニン マウリツィオ・マルガリオ アレクサンドル・マルクンツォフ ヴァレンティーナ・マルケイ ヴァレリー・マルコー アルセニー・マルコフ オルガ・マルコワ (フィギュアスケート選手) ポール・マルティーニ エリザベス・マンリー み ドリュー・ミーキンス ナタリヤ・ミシュクテノク アレクセイ・ミーシン 水谷太洋 アンドレイ・ミネンコフ ナタリア・ミハイロワ 宮川恵子 宮原知子 宮本賢二 エセル・ミューケルト ミルコ・ミュラー ジェシカ・ミラー マリエル・ミラー ジェームズ・ミルンズ エリック・ミロー ルチアーノ・ミーロ む マリア・ムホルトワ 無良隆志 無良崇人 村上大介 村上佳菜子 村田光弘 村元小月 ブランドン・ムロズ め クリストファー・メイビー カール・メストリク エフゲーニャ・メドベデワ ジェニー・メノー イローナ・メルニチェンコ コンスタンティン・メンショフ も スコット・モイア イリーナ・モイセーワ ケンドラ・モイル タマラ・モスクビナ ソフィー・モニオット イアン・モラム スザンヌ・モロー スタニスラフ・モロゾフ ニコライ・モロゾフ マリア・モンコ や行 や 八木沼純子 アレクセイ・ヤグディン ウォルター・ヤコブソン ルドビカ・ヤコブソン 矢野美智子 (フィギュアスケート選手) クリスティー・ヤマグチ 山崎愛里彩 山下艶子 山田満知子 イゴール・ヤロシェンコ ライアン・ヤンキー ゆ 湯浅邦仁 結城幸枝 湯沢恵子 レティシア・ユベール マグダ・ユーリン よ 姚濱 横谷花絵 吉田万里子 (フィギュアスケート選手) 吉田行宏 マシュー・ヨスト リカルト・ヨハンソン リナ・ヨハンソン チョン・ヨンヒョク ら行 ら パスカル・ラヴァンシー エヴァン・ライサチェク クラウディア・ライストナー クラウディア・ラウシェンバッハ ユリア・ラウトワ クリスティアン・ラウフバウアー 欒波 ユーリス・ラザグリアエフ エレーナ・ラジオノワ エディ・ラダ ミシュリーヌ・ラノア ルカ・ラノッテ スザンナ・ラハカモ ユーリ・ラリオノフ ヴェラ・ラルストン ナオミ・ラング アナベル・ラングロワ ステファン・ランビエール り 李運飛 李佳祺 李子君 李成江 リ・ソンチョル エレーナ・リアシェンコ スヴェトラーナ・リアピナ エレーナ・リアブチュク イゴール・リソフスキー デイヴィット・リチャードソン ヴェルナー・リットベルガー アダム・リッポン キャシー・リード クリス・リード ナタリア・リニチュク タラ・リピンスキー ユリア・リプニツカヤ ペーター・リーベルス ベアトリサ・リャン ミラ・リャン アンソニー・リュウ 劉艶 クロンベルガー・リリー ジャネット・リン シュテファン・リンデマン る ルシンダ・ルー ギャレット・ルキャッシュ アンドレイ・ルータイ ナンシー・ルディントン ロナルド・ルディントン シャンタル・ルフェーブル ダグマル・ルルツ れ ケヴィン・レイノルズ (フィギュアスケート選手) アリョーナ・レオノワ エレーナ・レオノワ ヴァンサン・レステンクール ラウラ・レピスト ディアンネ・デ・レーブ テミストクレス・レフテリス パーヴェル・レベデフ ギー・レベル ウラジミール・レルフ エルザ・レントシュミット ろ アーロン・ロウ レネー・ロカ ジョアニー・ロシェット クリステン・ロス レネ・ローゼ パトリス・ローゾン ロッテル・エミーリア イリーナ・ロドニナ イリーナ・ロバチェワ ロナルド・ロバートソン ジェニファー・ロビンソン ナタリア・ロマニウタ エレーナ・ロマノフスカヤ イリーナ・ロマノワ エヴァ・ロマノワ パーヴェル・ロマン ベアトリクス・ローラン バーバラ・ロールズ わ行 わ マイケル・ワイス ポール・ワイリー 若松詩子 アシュリー・ワグナー バーバラ・ワグナー オレグ・ワシリエフ アレクセイ・ワシレフスキー 渡部絵美 渡辺しのぶ 渡辺善次郎 渡辺心 ジル・ワトソン エレーナ・ワロワ 外部リンク 国際スケート連盟 - 選手紹介。 (Wikipedia:フィギュアスケート選手一覧)

フィギュアスケートの歴史
フィギュアスケートの歴史は、スケート競技のひとつであるフィギュアスケートの起源から発生、現在に至るまでの経過。ただし、起源に関しては諸説あるため、現在最も有力とされている説を中心に話を進めることとする。 起源 スケートの起源は旧石器時代にまで遡る、とされる。スイスやイギリス、スカンディナヴィア半島などヨーロッパの広い地域でマンモス、シカ、ウシなどの骨を加工した獣骨スケートが見つかっている。このころのスケートはスキーやソリなどと同様に、物資を運ぶ手段として用いられたと考えられている。 時代が下り中世以降は、オランダのフリースラント州やイギリスのケンブリッジシャー州付近などの沼沢地帯でスケートは発展していった。オランダでは、12世紀ころから運河の建設が行われていたこともあり、17世紀には既に都市と都市とを網の目のように結ぶほど運河が発達した。この運河が結氷するとアイスリンク代わりとなり、スケートはあらゆる階層の人々の娯楽として発展していった。しかし、娯楽としてのスケートの発展とともに農民階級と貴族階級とではスケートに対する考え方の違いが生まれていく。 (Wikipedia:フィギュアスケートの歴史)

フィギュアスケートの採点法
フィギュアスケートの採点法(フィギュアスケートのさいてんほう)では、フィギュアスケート競技における採点法について説明する。採点法は大きくは、2003年シーズンから用いられているISUジャッジングシステムと2004年シーズンまで用いられていた6.0システムに分けられる。 ISUジャッジングシステム ISUジャッジングシステム=コード・オブ・ポイント (CoP;Code of Points) は、国際スケート連盟 (ISU) が規定しているフィギュアスケート競技の採点法。 6.0システムに対する呼称として、「new judging system(新採点システム)」と記載されることもあったが、2007年以降にISUが公開した文書にこの呼称は使われていない。近年では「International Judging System」とも呼称されている。 策定経緯 ISUジャッジングシステム策定以前、毎年行われるISU総会において6.0システムに替わる採点法の素案やアイデアが提案されることは珍しくなく、1994年よりISU会長に就任しているオッタビオ・チンクアンタも採点法としての規定性が大きく欠ける6.0システムによる競技運営が限界に近づいていることを懸念していたが、採点法の大幅変更は基本的に足踏みを続けていた。 (Wikipedia:フィギュアスケートの採点法)

フィギュアスケートジャパンオープン
フィギュアスケートジャパンオープン(Figure Skating Japan Open)は、日本国内に於いて行われているフィギュアスケートの国際大会である。 1997年にプロ選手とアマチュア選手が競演する混成大会として初めて開催された。2000年大会までホンダが冠スポンサーとなり、個人戦で争われたが、2001年大会を最後に一時中断。 2006年よりキノシタグループ(木下ホールディングス)が冠スポンサーとして特別協賛する形で再開、競技自体も地域毎にプロ・アマ混成にてシングル・スケーターの男女各2名の計4名から成るチームを3つ設定して互いに競わせる団体戦形式に改められ、今日に至っている。2006年以降の団体形式になってからの最多優勝は、日本の7回である。 この団体戦形式によるフィギュアスケート競技については、再開された2006年当時に於いては世界初の試みと宣伝されていた。この点が人々からの注目を集めるところとなり、その結果、再開初年の本大会に於いて用意されていた約15,000枚の入場券は前売り開始日当日のうちに完売となった。 (Wikipedia:フィギュアスケートジャパンオープン)


フィギュアスケート - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  宇野昌磨 - 2018年12月27日


関連するイメージは見つかりませんでした



宇野昌磨
宇野 昌磨(うの しょうま、1997年12月17日 - )は、日本のフィギュアスケート選手(男子シングル)。愛知県名古屋市出身。血液型はB型。 主な実績に2015年世界ジュニア選手権・2014年ジュニアグランプリファイナル各優勝、2014年全日本選手権2位。2015年グランプリファイナル3位。2015年全日本選手権2位。 名古屋市立冨士中学校、中京大学附属中京高等学校を卒業。2015年4月に同じくスケート選手の新田谷凜、加藤利緒菜、磯邉ひな乃等と共に中京大学スポーツ科学部へ入学。憧れの選手は高橋大輔。 5歳の頃に遊びに行ったスケートリンクで、浅田真央に声をかけられてスケートを始めた。偏食の傾向があり、野菜が苦手だが改善を図っている。 技術・演技 2種類の4回転ジャンプ(フリップ、トウループ)と6種類の3回転ジャンプをとぶことができる。 4回転ジャンプについては、フリップとトウループが跳べるほか、現在ループも練習中であり、2016年四大陸選手権の公式練習では着氷を成功させた。 (Wikipedia:宇野昌磨)


宇野昌磨 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す