[PR]

日別キーワード

第1位  東芝 - 2018年12月29日


関連するイメージは見つかりませんでした



東芝
株式会社東芝(とうしば、英称:TOSHIBA CORPORATION)は、大手総合電機メーカー。大手電機8社(日立製作所、パナソニック、東芝、三菱電機、ソニー、シャープ、NEC、富士通)の一角。重電8社(日立製作所、東芝、三菱電機、富士電機、明電舎、日新電機、ダイヘン、東光高岳)の一角。また、大手重電3社(日立製作所、東芝、三菱電機)の一角。半導体メーカー国内最大手。売上高で、日立製作所に次ぐ総合電機メーカー第2位。2016年度に総合電機の看板を下ろすことが決定した。 東芝は製品の製造からサービスに至るまでの間に、多岐に渡る子会社や関連会社を形成しており、東芝グループの中核に位置する巨大企業である。 東芝の事業は家電や半導体などの他にも、重電機、軍事機器、鉄道車両などの重工業分野にも事業展開をしており大手重電4社(日立製作所、パナソニック、東芝、三菱電機)の一角と呼ばれ、世界的知名度を誇っている。 (Wikipedia:東芝)

東芝日曜劇場
『日曜劇場』より : 『日曜劇場』(にちようげきじょう)は、TBS系列で放送されているテレビドラマ枠である。ステレオ放送。連動データ放送(2009年4月より)を実施している。 1956年に放送を開始した、半世紀以上の長い歴史を持つ民放ドラマ番組枠である。放送開始当初より2002年までは東芝の一社提供であり、『東芝日曜劇場』の名称で放送されていた。 放送中のドラマ枠としては、自局の金曜ドラマ(金10)、フジテレビの月曜9時台(月9)・木曜劇場(木10)、日本テレビの土曜ドラマ、テレビ朝日の水曜21時刑事ドラマ、NHKの連続テレビ小説(朝ドラ)・大河ドラマと共に日本を代表するドラマ枠と言える。 放送開始当時は一話完結ものの単発ドラマを放映していたが、1993年4月より連続ドラマの放送枠に移行した。一話完結時代には、キー局のラジオ東京(KR)→TBSテレビ(TBS)だけではなく、TBSを含むJNN基幹局である北海道放送(HBC)・中部日本放送(CBC)・毎日放送(MBS)・RKB毎日放送(RKB)の計5局が持ち回りで競作していた。 (Wikipedia:東芝日曜劇場)

東芝クレーマー事件
東芝クレーマー事件(とうしばクレーマーじけん)とは、1999年(平成11年)に起きた、東芝の顧客クレーム処理に端緒とする事件である。「東芝ユーザーサポート事件(問題)」と称されることもある。 マスメディアや報道機関を介さずとも、一般人がインターネットを使って、世論を喚起できることを示した。一方の企業側にとっては、クレーマーが世界に向けて言論情報を発信できるという、インターネットの時代における、企業のクレーム対応処理に対する、大きな危機管理の教訓となった。 表面化までのあらまし 1998年(平成10年)12月、福岡市内の家電量販店・ベスト電器で、東芝のビデオテープレコーダを購入したハンドルネーム「Akky」(以降「ユーザー」と表記)が、購入直後に製品の点検・修理の依頼をしたところ、勝手に改造されたうえに、購入した販売店、東芝系列のサービスマン、そして東芝本社に交渉相手が変わり、たらい回しされたあげく、東芝の「渉外管理室」担当者が暴言を吐くなど暴力団まがいの応対を行ったとして、経緯や電話応答を秘密録音した音声を「東芝のアフターサービスについて(修理を依頼し、東芝本社社員から暴言を浴びるまで)」と題する自身のウェブサイトにてリアルオーディオ形式の配信で公開した。 (Wikipedia:東芝クレーマー事件)

東芝EMI社
『東芝EMI』より : 東芝EMI(とうしばイーエムアイ)は、キャピトル・レコード キャピトルEMIと東芝が出資するレコード会社。正式社名は、東芝イーエムアイ株式会社(とうしばイーエムアイかぶしきがいしゃ、”Toshiba-EMI Ltd.”)。
キャピトルEMIは英国に本社がある5大メジャーレコード会社・EMIの米国子会社で東芝EMIに55%出資。残りの45%を出資している東芝は三井財閥 三井系の総合電機メーカーで二木会(三井グループの社長会)・三井業際研究所・綱町三井倶楽部に加盟している。従って東芝EMIはEMI EMIグループと三井グループの両グループに所属しているレコード会社といえる。
吹奏楽のニュー・サウンズ・イン・ブラスシリーズをリリースしていることでも有名。
(Wikipedia:東芝EMI社)

東芝EMI
株式会社EMIミュージック・ジャパン(イーエムアイミュージックジャパン、EMI Music Japan Inc.)は、かつて存在していた日本のレコード会社。元々は東芝グループの会社として成立したが、解散時にはユニバーサル ミュージック グループ傘下となっていた(詳細は後述)。旧称は東芝音楽工業株式会社(とうしばおんがくこうぎょう)→東芝イーエムアイ株式会社(とうしばイーエムアイ、TOSHIBA-EMI LIMITED、通称・東芝EMI)。2013年4月にユニバーサル ミュージック合同会社に吸収合併された。その際、邦楽制作部門がユニバーサル ミュージック傘下のレーベル「EMI Records Japan」として残り、レーベルの統合を経て同社の傘下レーベル「Virgin Music」(ヴァージン・ミュージック)、「EMI RECORDS」(イーエムアイ・レコーズ)となっている。 (Wikipedia:東芝EMI)

東芝レコード
『東芝EMI』より : 株式会社EMIミュージック・ジャパン(イーエムアイミュージックジャパン、EMI Music Japan Inc.)は、かつて存在していた日本のレコード会社。元々は東芝グループの会社として成立したが、解散時にはユニバーサル ミュージック グループ傘下となっていた(詳細は後述)。旧称は東芝音楽工業株式会社(とうしばおんがくこうぎょう)→東芝イーエムアイ株式会社(とうしばイーエムアイ、TOSHIBA-EMI LIMITED、通称・東芝EMI)。2013年4月にユニバーサル ミュージック合同会社に吸収合併された。その際、邦楽制作部門がユニバーサル ミュージック傘下のレーベル「EMI Records Japan」として残り、レーベルの統合を経て同社の傘下レーベル「Virgin Music」(ヴァージン・ミュージック)、「EMI RECORDS」(イーエムアイ・レコーズ)となっている。 (Wikipedia:東芝レコード)

東芝機械ココム違反事件
東芝機械ココム違反事件(とうしばきかいココムいはんじけん)とは、1987年に日本で発生した外国為替及び外国貿易法違反事件である。共産圏へ輸出された工作機械によりソビエト連邦の潜水艦技術が進歩しアメリカ軍に潜在的な危険を与えたとして日米間の政治問題に発展した。 事件の発生 静岡県沼津市に本社を置く東芝機械は、国内工作機械の大手メーカーであり総合電気メーカー東芝が50.1%の資本を出資した子会社である。東芝グループ全体における東芝機械の売上は10%程度であり、東芝機械の共産圏への輸出額は売上全体の20%以下であった。 東芝機械は1982年12月から1984年にかけて、ソビエト連邦技術機械輸入公団へ『工作機械』8台と当該工作機械を制御するためのNC装置及びソフトウェアを輸出した。この機械は同時9軸制御が可能な高性能モデルであった。1982年から1983年にかけて機械本体が輸出され、修正ソフトは1984年に輸出された。担当した社員は、ソ連から引合のあった『工作機械』は共産圏への輸出が認められていない点を認識した上で、輸出する機械は同時2軸制御の大型立旋盤の輸出であるとの偽りの輸出許可申請書を作成し、海外にて組み立て直すとして契約を交わした。 (Wikipedia:東芝機械ココム違反事件)

東芝ブレイブサンダース
東芝ブレイブサンダース神奈川 (TOSHIBA BraveThunders KANAGAWA) はナショナル・バスケットボール・リーグ(NBL)に所属するバスケットボールチーム。母体は東芝。全国タイトルは計10回。 概略 1950年創部。1971年にバスケットボール日本リーグ2部(当時は全国実業団リーグ)加入。1983年に1部(2000年にスーパーリーグと改称)に昇格し、その後は一度も降格していない。 川崎市と横須賀市を本拠地とし、川崎市中原区のとどろきアリーナなどでホームゲームを開催。練習場は幸区の東芝小向工場にあり、創部当初は「東芝小向バスケットボール部」だった。2004年9月には川崎市ホームタウンスポーツ推進パートナーに認定され、ホームゲームへの市民招待、バスケットボールクリニックの開催、トークショーへの参加など地域への活動に積極的に関わるようになった。また、2008-09シーズンからはそれまで日本バスケットボールオペレーションズ(JBO)が保持していた興行権の譲渡を受け、神奈川県バスケットボール協会へ委託、ホームゲームのほとんどを県内各地で実施している。 (Wikipedia:東芝ブレイブサンダース)

東芝キヤリア
『キヤリア (会社)』より : キヤリア(Carrier Corporation、キャリア)は、アメリカ合衆国の企業である。複合企業であるユナイテッド・テクノロジーズの一部門で、エア・コンディショナーや冷凍庫の製造を行っており、空調機器においては世界有数のシェアをもつ。 社名の「キヤリア」は創業者で近代エア・コンディショナーの発明者とされるウィリス・キャリア (Willis Carrier) に因んでいる。 現在、本社はコネチカット州ファミングトンにある。また、テキサス州タイラーの工場では家庭用のパッケージ・ユニットと商業用のコンデンシング・ユニット、ノースカロライナ州シャルロットの工場では付属品や付属機器を、インディアナ州インディアナポリスの工場では家庭用および商業用暖房機器とエア・ハンドラーを、テネシー州コリアービルでは家庭用コンデンシング・ユニットとヒートポンプを製造している。 (Wikipedia:東芝キヤリア)

東芝硬式野球部
東芝野球部(とうしばやきゅうぶ)は、神奈川県川崎市に本拠地を置き、日本野球連盟に所属する社会人野球チームである。(合宿所・練習グラウンドは神奈川県横浜市に所在する。) 獲得した全国タイトルは、全国社会人チームでJX-ENEOSに次ぐ第2位の計10回(全日本アマチュア王座決定戦優勝1回・都市対抗優勝7回・日本選手権優勝2回)である。 解説 創部は1958年で、列強の居並ぶ神奈川地区においては比較的後発チームであるが、積極的なチーム作りが奏功し、早いうちから全国大会に出場している。また、プロ野球選手や日本代表選手を多数輩出し、全国の強豪チームの一角を担っている。 1999年の秋に府中工場内のチーム・東芝府中硬式野球部と統合され、会社唯一の硬式野球部として活動を続けている。府中チームと統合後、全国大会への出場を逃すなど低迷期を迎えるも、中堅・ベテラン陣の活躍で盛り返し、2007年には都市対抗野球大会で6度目の優勝を勝ち取った。 (Wikipedia:東芝硬式野球部)

東芝テック
東芝テック株式会社(とうしばテック、TOSHIBA TEC CORPORATION)は、東京都品川区に本社を置く電気通信機器メーカーで、東芝デジタルプロダクト事業の中核組織。IBMよりRSS事業を買収。POSシステムシェア世界首位。 TECブランドのPOSシステムなど流通系システム機器、官公庁、製造業等に利用される自動認識装置およびシステムと、TOSHIBAブランドのデジタル複合機の3本柱からなる。 POS等流通端末で国内首位(国内シェア50%超) 自動認識装置(国内シェア30%) 複合機(世界シェア20%、中国、インド等ではトップシェア)POS以外では官公庁、製造業、物流業とBtoBの事業を行っている。また複合機に関しては8割が海外での展開。 沿革 1919年(大正8年)2月 - 間宮勝三郎により株式会社間宮堂が設立される。現在の大仁事業所に社屋を建設し、金庫、加減算機を製造 1926年(大正15年)4月 - 国内初の金銭登録機を発売 1928年(昭和3年)12月 - 藤山愛一郎が間宮堂を買収、資本金200万円で日本金銭登録機株式会社を設立本格的な金銭登録機の製造の基礎を確立 1935年(昭和10年) - 日本金銭登録機はアメリカNCRと提携し、同社の日本法人となる。 (Wikipedia:東芝テック)

東芝ライテック
東芝ライテック株式会社(とうしばライテック、Toshiba Lighting & Technology Corporation)は、東芝グループの照明器具・管球メーカーである。本社は神奈川県横須賀市船越町1-201-1(横須賀事業所内)。 沿革 1937年 - 東京輸出電球株式会社を設立。 1943年 - 東京輸出電球株式会社が、東輝電気工業株式会社に商号変更。 1974年5月1日 - 東芝電材株式会社(とうしばでんざい)が設立され、東芝から電材事業部門、東芝商事株式会社から照明電材・電材機器営業部門をそれぞれ譲受。 1987年 - 東輝電気工業株式会社が、東輝電気株式会社(とうきでんき)に商号変更。 1989年 2月 - 株式会社東芝が照明事業部門を分社し、東芝ライテック株式会社(旧法人)を設立。 4月1日 - 東芝電材株式会社が、(旧)東芝ライテック株式会社と東輝電気株式会社を吸収合併し、(新)東芝ライテック株式会社に商号変更。 (Wikipedia:東芝ライテック)

東芝ブレイブルーパス
東芝ブレイブルーパス(とうしばブレイブルーパス、TOSHIBA Brave Lupus)は、ジャパンラグビートップリーグに加盟するラグビーチーム。練習場は東京都府中市の東芝府中事業所敷地内グラウンドである。 チームの概要 1948年創部。1988年から2003年のトップリーグ創設までは東日本社会人リーグに所属していた。 1983年度の全国社会人大会で初めて決勝進出を果たすが、新日鉄釜石に敗れた。そして1987年度の全国社会人大会で優勝するが、日本選手権で学生王者の早稲田大に敗れて金星を献上する格好となった。1990年代に薫田真広、梶原宏之、村田亙、松田努などの日本代表選手が所属し戦力が充実、当時連覇を続けていた神戸製鋼とも接戦を演じ、1992年度、1994年度に全国社会人大会準優勝。1994年から就任した向井昭吾監督のもと「PからGO」を合言葉に1996年度から日本選手権3連覇を達成した。 2006年度シーズンより東芝府中ブレイブルーパスからチーム名を東芝ブレイブルーパスに変更した。 (Wikipedia:東芝ブレイブルーパス)

東芝府中ブレイブルーパス
『東芝ブレイブルーパス』より : 東芝ブレイブルーパス(とうしばブレイブルーパス、TOSHIBA Brave Lupus)は、ジャパンラグビートップリーグに加盟するラグビーチーム。練習場は東京都府中市の東芝府中事業所敷地内グラウンドである。 チームの概要 1948年創部。1988年から2003年のトップリーグ創設までは東日本社会人リーグに所属していた。 1983年度の全国社会人大会で初めて決勝進出を果たすが、新日鉄釜石に敗れた。そして1987年度の全国社会人大会で優勝するが、日本選手権で学生王者の早稲田大に敗れて金星を献上する格好となった。1990年代に薫田真広、梶原宏之、村田亙、松田努などの日本代表選手が所属し戦力が充実、当時連覇を続けていた神戸製鋼とも接戦を演じ、1992年度、1994年度に全国社会人大会準優勝。1994年から就任した向井昭吾監督のもと「PからGO」を合言葉に1996年度から日本選手権3連覇を達成した。 2006年度シーズンより東芝府中ブレイブルーパスからチーム名を東芝ブレイブルーパスに変更した。 (Wikipedia:東芝府中ブレイブルーパス)

東芝ファミリーホール特ダネ登場!?
『東芝ファミリーホール特ダネ登場!?』(とうしばファミリーホールとくダネとうじょう)は、1970年10月から1979年9月まで日本テレビ系列局で放送されていた、日本テレビ製作のクイズ番組形式のトーク番組である。東京芝浦電気(現・東芝)の一社提供。 クイズ番組形式でユニークな人物を紹介していた番組である。収録は日本各地のホールで行われていた。 司会は、当時東芝のCMキャラクターも務めていた押阪忍が担当。解答者は長門裕之・南田洋子夫妻、山本直純、金田正一、山東昭子、江木俊夫、芳村真理、萩本欽一、桂三枝(現・六代桂文枝)、青島美幸ほかで、男女対抗戦形式で行われていた(通常は3対3だった)。さらに毎回ゲスト歌手を1人招いていた。江木とともにフォーリーブスのメンバーを務める北公次、青山孝、おりも政夫もたびたびゲスト出演していた。 1問目に行っていたのは「珍名さんクイズ」で、有名人と同姓同名の人物や、「世界平和」、「一一」(にのまえはじめ)、「藤本太郎喜左衛門将時能」(日本一長い名前)、「明治(くん)・百年(くん)」(明治百年生まれの双子)などの珍しい名を持つ人物が自身の名前を書いた掛軸を持って登場していた。 (Wikipedia:東芝ファミリーホール特ダネ登場!?)

東芝ファミリーホール特ダネ登場!!
『東芝ファミリーホール特ダネ登場!?』より : 『東芝ファミリーホール特ダネ登場!?』(とうしばファミリーホールとくダネとうじょう)は、1970年10月から1979年9月まで日本テレビ系列局で放送されていた、日本テレビ製作のクイズ番組形式のトーク番組である。東京芝浦電気(現・東芝)の一社提供。 クイズ番組形式でユニークな人物を紹介していた番組である。収録は日本各地のホールで行われていた。 司会は、当時東芝のCMキャラクターも務めていた押阪忍が担当。解答者は長門裕之・南田洋子夫妻、山本直純、金田正一、山東昭子、江木俊夫、芳村真理、萩本欽一、桂三枝(現・六代桂文枝)、青島美幸ほかで、男女対抗戦形式で行われていた(通常は3対3だった)。さらに毎回ゲスト歌手を1人招いていた。江木とともにフォーリーブスのメンバーを務める北公次、青山孝、おりも政夫もたびたびゲスト出演していた。 1問目に行っていたのは「珍名さんクイズ」で、有名人と同姓同名の人物や、「世界平和」、「一一」(にのまえはじめ)、「藤本太郎喜左衛門将時能」(日本一長い名前)、「明治(くん)・百年(くん)」(明治百年生まれの双子)などの珍しい名を持つ人物が自身の名前を書いた掛軸を持って登場していた。 (Wikipedia:東芝ファミリーホール特ダネ登場!!)

東芝ファイナンス
イオンプロダクトファイナンス株式会社(AEON Product Finance Co., Ltd.)は、東京都千代田区に本社を置くイオングループの金融会社。旧商号は東芝ファイナンス株式会社。 割賦販売、信用保証、債権買取、集金代行などの個人向け事業を行う金融会社。かつては株式会社東芝の完全子会社で、東芝クレジット株式会社及び東芝不動産総合リース株式会社(現・NREG東芝不動産株式会社)のリース事業を統合し、2002年に現在の形となった。 2013年5月に東芝グループを外れイオンフィナンシャルサービスの傘下となったことでイオングループ入りし、同年10月に商号変更した。なお、グループ並びに商号変更後も東芝グループ社員向けクレジットカード、東芝ストアー向けクレジットカードの取り扱いは継続されており、東芝グループとの関係は保持されている。また、社名は有効期限更新時に順次新社名入りのカードが発送されるが、クレジットカードの名称そのものは従来通りとなる。 元々、オートローン分野では他社(オリコ・アプラス・ジャックスなど)信販会社などと比べる加盟店数がかなり少ない為取扱高が伸びなかった。 (Wikipedia:東芝ファイナンス)

東芝エンタテインメント
株式会社博報堂DYミュージック&ピクチャーズ(はくほうどうディーワイミュージック アンド ピクチャーズ)は、アニメーション作品の製作・出資、イベント・プロモーション事業の制作、映画の製作・配給、海外映画・海外ドラマの買い付け及び映像ソフトの制作・発売を主な事業内容とする日本の企業。「ショウゲート」のブランドで映像事業を展開する。 日本の芸能事務所であるアミューズのメディアビジュアル事業の中核会社として設立された「株式会社アミューズビデオ」が発祥である。「アミューズピクチャーズ株式会社」への商号変更、東芝との事業提携を経て、その後東芝へ株式譲渡され「東芝エンタテインメント株式会社」(とうしばエンタテインメント)となる。そして2007年、東芝グループの事業再編成計画による株式譲渡で博報堂DYメディアパートナーズの子会社「株式会社ショウゲート」となった。その後2015年に親会社博報堂DYメディアパートナーズからエンタテインメント事業の機能を引き継ぎ、同時に社名を「株式会社博報堂DYミュージック&ピクチャーズ」と改めた。 (Wikipedia:東芝エンタテインメント)

東芝エレベータ
東芝エレベータ株式会社(とうしばエレベータ、TOSHIBA ELEVATOR AND BUILDING SYSTEMS CORPORATION)は、神奈川県川崎市幸区に本社を置く東芝グループのエレベーター・エスカレーターの製造会社。 経営理念は『Customer DELIGHT』。 元々は親会社の東芝が製造した昇降機の保守会社だったが、2001年に東芝の昇降機事業が全面移管され、開発・設計・製造・販売・据付・保守を一貫して行う企業となった。 東芝は、フィンランドのコネ社と1998年から協力関係(2002年からは資本提携)があり、相互部品供給、共同調達、共同開発を行っている。 そのため、コネ社のテストセンターには東芝・コネ社のブランドロゴが入った高速ダブルデッキエレベーターが設置されている。なお、片方のかごは東芝の操作盤が、もう片方のかごには、コネ社の操作盤が設置されている。 東芝は1958年から1972年まで東洋オーチス・エレベータ(現・日本オーチス・エレベータ=元パナソニック資本)と業務資本提携関係があった関係上、自社での昇降機事業は総合電機メーカー御三家の中で後発(1966年参入)であるため、国内シェアは上位2社の三菱電機(三菱電機ビルテクノサービス、菱電エレベータ施設)・日立製作所(2014年に日立ビルシステムに全面移管)の後塵を拝して万年3位に甘んじている。 (Wikipedia:東芝エレベータ)

東芝エレベーター
『東芝エレベータ』より : 東芝エレベータ株式会社(とうしばエレベータ、TOSHIBA ELEVATOR AND BUILDING SYSTEMS CORPORATION)は、神奈川県川崎市幸区に本社を置く東芝グループのエレベーター・エスカレーターの製造会社。 経営理念は『Customer DELIGHT』。 元々は親会社の東芝が製造した昇降機の保守会社だったが、2001年に東芝の昇降機事業が全面移管され、開発・設計・製造・販売・据付・保守を一貫して行う企業となった。 東芝は、フィンランドのコネ社と1998年から協力関係(2002年からは資本提携)があり、相互部品供給、共同調達、共同開発を行っている。 そのため、コネ社のテストセンターには東芝・コネ社のブランドロゴが入った高速ダブルデッキエレベーターが設置されている。なお、片方のかごは東芝の操作盤が、もう片方のかごには、コネ社の操作盤が設置されている。 東芝は1958年から1972年まで東洋オーチス・エレベータ(現・日本オーチス・エレベータ=元パナソニック資本)と業務資本提携関係があった関係上、自社での昇降機事業は総合電機メーカー御三家の中で後発(1966年参入)であるため、国内シェアは上位2社の三菱電機(三菱電機ビルテクノサービス、菱電エレベータ施設)・日立製作所(2014年に日立ビルシステムに全面移管)の後塵を拝して万年3位に甘んじている。 (Wikipedia:東芝エレベーター)


東芝 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  海上自衛隊 - 2018年12月31日


関連するイメージは見つかりませんでした



海上自衛隊
海上自衛隊(かいじょうじえいたい、略称:海自(かいじ)、英語:Japan Maritime Self-Defense Force、略称:JMSDF)は、日本の官公庁の一つであり、防衛省の特別の機関 の集合体である。自衛隊のうちの海上部門にあたる。 海上幕僚監部並びに統合幕僚長および海上幕僚長の監督を受ける部隊および機関からなる。各部隊および各機関は防衛省の特別の機関である。他国からは海軍とみなされている。 主として海において活動し、日本の平和と独立を守り、国の安全を保つため、直接侵略及び間接侵略に対し日本を防衛することを主たる任務とし、必要に応じ、公共の秩序の維持に当る。その最上級者は海上幕僚監部を統括する海上幕僚長。 英語の呼称はJapan Maritime Self-Defense Forceである。日本国外の艦艇雑誌ではJMSDFという略称が定着しているが、Japanese Navy(日本海軍)と呼ばれることも多い。 規模と能力 2015年3月31日現在、主たる戦力として通常動力型潜水艦16隻(約4万5,000トン)、護衛艦47隻(約22万2,000トン)、機雷艦艇27隻(約2万6,000トン)、哨戒艦艇6隻(約1,000トン)、輸送艦艇11隻(約2万8,000トン)、補助艦艇30隻(約12万6,000トン)、航空機は、哨戒ヘリコプター86機(SH-60J 42機、SH-60K 44機)、固定翼哨戒機78機(P-1 9機、P-3C 69機)、電子戦機(EP-3 5機)、救難機等を保有する。 (Wikipedia:海上自衛隊)

海上自衛隊の礼式
海上自衛隊の礼式(かいじょうじえいたいのれいしき)とは、海上自衛隊において実施されている礼式である。 「自衛隊の礼式に関する訓令」(昭和39年5月8日防衛庁訓令第14号)及び「海上自衛隊礼式規則」(昭和40年5月24日海上自衛隊達第33号)等によって規定されている。概ね一般的な海軍の礼式に同じである。なお、以下の記述は、平成16年4月8日庁訓第49号及び平成16年4月6日海上自衛隊達第11号による改正時のものを原則として基準としている。 本記事は、原則として、自衛隊の中で海上自衛隊に特有の礼式を記述しているので、自衛隊の礼式一般及び警衛隊及び警衛の敬礼については自衛隊の礼式を参照。 各個の敬礼 営門等の出入又は短艇の乗降の場合の各個の敬礼 海上自衛官は、営門又は舷門を出入し、若しくは短艇に乗降するときは、当直士官、警衛又は短艇指揮(短艇指揮不在のときは短艇長。以下同じ。)との間に敬礼を行う。海上自衛官は、外国の艦船の舷門を出入する場合は、当該艦船に掲揚された軍艦旗に対し敬礼を行う。 (Wikipedia:海上自衛隊の礼式)

海上自衛隊の装備品一覧
海上自衛隊の装備品一覧(かいじょうじえいたいのそうびひんいちらん、List of JMSDF Equipment)は、海上自衛隊が現在保有している装備品(兵器)の一覧である。 また、過去に導入していた、あるいは将来導入予定の装備品も含めて記述する。 艦艇 航空機 回転翼機 = 哨戒機・対潜哨戒機 = 退役 = 救難機 = 退役 = 掃海機・輸送機 = 退役 = 練習機・連絡機 = 退役 固定翼機 = 哨戒機・対潜哨戒機 = 退役 = 救難機 = 退役 = 多用機 = 退役 = 練習機・輸送機・連絡機 = 退役 無人機 退役 艦砲・誘導弾・魚雷・爆弾・機雷 艦砲 退役 対空誘導弾 退役 対艦誘導弾 対潜ロケット・誘導弾 退役 魚雷 = 長魚雷 = Mk14Mod5魚雷(退役済) 54式魚雷(退役済) 72式魚雷(退役済) 89式魚雷 = 中魚雷 = Mk37Mod0-N魚雷(退役済) 80式魚雷 = 短魚雷 = Mk32魚雷(退役済) Mk34魚雷(退役済) Mk44魚雷(退役済) Mk46魚雷 73式短魚雷(退役済) 97式短魚雷 12式短魚雷 爆雷・対潜爆弾 Mk6爆雷(退役済) Mk9爆雷(退役済) 固定式対潜弾投射機Mk10/68式対潜弾投射機(退役済) 旋回式対潜弾投射機Mk15(退役済) マウストラップ4連装発射機Mk20(退役済) 67式150kg対潜爆弾 機雷 機雷はその性能が知られると容易に対抗手段が採られるので、最も機密の壁が厚いとされる。 (Wikipedia:海上自衛隊の装備品一覧)

海上自衛隊の航空母艦建造構想
海上自衛隊の航空母艦建造構想(かいじょうじえいたいのこうくうぼかんけんぞうこうそう)では、海上自衛隊の航空母艦等の類似艦艇建造構想について述べる。 護衛空母取得の試み (警備隊時代) 保安庁警備隊は、その創設期より、航空母艦の取得(旧帝国海軍との連続性を重視するなら再取得)を志向していた。海上保安庁海上警備隊から改編された直後の1952年(昭和27年)、Y委員会においてまとめられた新日本海軍再建案では、アメリカ海軍からの供与により護衛空母4隻の整備が盛り込まれていた。このときには、要求過大であったことから新日本海軍再建案そのものがアメリカ側に受け入れられなかったものの、1953年(昭和28年)3月ごろには、対潜掃討群(HUKグループ)の編成という具体的な運用構想のもと、その中核艦として護衛空母(CVE)ないし対潜空母(CVS)の貸与を受けることが構想された。 (Wikipedia:海上自衛隊の航空母艦建造構想)

海上自衛隊の空母建造問題
『海上自衛隊の航空母艦建造構想』より : 海上自衛隊の航空母艦建造構想(かいじょうじえいたいのこうくうぼかんけんぞうこうそう)では、海上自衛隊の航空母艦等の類似艦艇建造構想について述べる。 護衛空母取得の試み (警備隊時代) 保安庁警備隊は、その創設期より、航空母艦の取得(旧帝国海軍との連続性を重視するなら再取得)を志向していた。海上保安庁海上警備隊から改編された直後の1952年(昭和27年)、Y委員会においてまとめられた新日本海軍再建案では、アメリカ海軍からの供与により護衛空母4隻の整備が盛り込まれていた。このときには、要求過大であったことから新日本海軍再建案そのものがアメリカ側に受け入れられなかったものの、1953年(昭和28年)3月ごろには、対潜掃討群(HUKグループ)の編成という具体的な運用構想のもと、その中核艦として護衛空母(CVE)ないし対潜空母(CVS)の貸与を受けることが構想された。 (Wikipedia:海上自衛隊の空母建造問題)

海上自衛隊カレー
『海軍カレー』より : 海軍カレー(かいぐんカレー)とは、大日本帝国海軍の糧食に由来する、カレーおよびカレーライスのことである。特徴はカレーに小麦粉を炒めて作ったルーを使うことであり、一般的に日本のカレーライスと言う場合、この海軍カレーに類するものを指す場合が多い。 帝国海軍の流れを汲む海上自衛隊のカレーライスは、副食として、サラダ、牛乳、ゆで卵等が付けられ、艦内での乗組員の栄養に配慮している。 江戸時代後期から明治に西洋の食文化が日本へ入ると、カレーライスが紹介された。 当時、大日本帝国海軍軍人の病死の最大の原因となっていた脚気の原因が、軍内の栄養が偏った白米中心の食事であることを突き止めた海軍軍医の高木兼寛は、同盟関係にあったイギリス海軍を参考に、糧食の改善を行うことを試みた。 イギリスにおいても、元来カレーは米(ライス)と併せるものであり、パンを併せるのはあくまで軍隊食である。 日露戦争当時、主に農家出身の兵士たちに白米を食べさせることとなった海軍の横須賀鎮守府が、調理が手軽で肉と野菜の両方がとれるバランスのよい食事としてカレーライスを採用し、海軍当局が1908年発行の海軍割烹術参考書に掲載して(後述)普及させ、海軍内の脚気の解消に成功した。 (Wikipedia:海上自衛隊カレー)

海上自衛隊第1術科学校
海上自衛隊第1術科学校(かいじょうじえいたい だいいちじゅっかがっこう、JMSDF 1st Service School)は、江田島基地(広島県江田島市)に所在している術科学校 (海上自衛隊) 術科学校の一つ。機関及び潜水艦に関係する術科を除く艦艇術科教育を担当している。砲術、水雷、掃海、航海、通信、応急、陸上警備等に必要な知識及び技能を修得させるための教育訓練を行うとともに、これらの術科に関する部隊の運用等に関する調査研究を実施している。また、生徒部にて自衛隊生徒の教育も行っている。
総務部
教務部
教育第1部…砲術・水雷・船務の訓練及び、統率・防衛・航空及び陸上警備に関する教育
教育第2部…航海・気象・通信・電子・体育に関する教育
教育第3部…掃海・港湾防備・運用・潜水の訓練及び、教育技術・陸上警備に関する教育
(Wikipedia:海上自衛隊第1術科学校)

海上自衛隊の基地一覧
海上自衛隊の基地一覧(かいじょうじえいたいのきちいちらん)は日本各地に置かれている海上自衛隊の基地の一覧である。
稚内基地(北海道稚内市)
余市基地(北海道余市郡余市町)
松前基地(北海道松前郡松前町 (北海道) 松前町字建石):松前警備所
白神地区(北海道松前郡松前町 (北海道) 松前町字白神):松前警備所白神支所
函館基地(北海道函館市)
大湊基地(青森県むつ市)
大湊地方総監部(青森県むつ市大湊町4-1)
基地業務隊 大湊基地業務隊(青森県むつ市大湊町2-50)
大湊造修補給所(青森県むつ市大湊町1-20)
大湊弾薬整備補給所(青森県むつ市大字大湊)
自衛隊病院 自衛隊大湊病院(青森県むつ市大湊町14-47)
大湊航空基地(青森県むつ市大字城ヶ沢)
(Wikipedia:海上自衛隊の基地一覧)

海上自衛隊の掃海船 (編入船)
本項では、警備隊発足時に海上保安庁航路啓開本部から移管された掃海艇について扱う。 大日本帝国海軍では、磁気機雷に対抗して、まず通電式の二式掃海具(対艇式)を開発するとともに、開戦直後にシンガポール等で鹵獲したイギリス海軍制式品をもとに開発した磁桿式の三式掃海具(単艇式)による磁気掃海を行なっていた。しかしこれらは、磁針式磁気機雷には有効であったが、1944年(昭和19年)2月よりアメリカ海軍が投入した新式のMk25機雷等の誘導磁気機雷には対抗できなかったことから、同年12月より通電式の五式掃海具(三艇式)が開発された。またこれらの磁気機雷に対しては、従来の鋼鉄製掃海艇では触雷のリスクが非常に高く危険であったことから、1945年春以降、当時大量に建造されていた木造の駆潜特務艇や哨戒特務艇が掃海任務に投入されることとなった。これらの掃海部隊は、終戦後の海軍解体の渦中で組織体制が変遷するさなかも任務を継続することになった。 旧駆潜特務艇 太平洋戦争中に建造された駆潜特務艇。転用に際して、待機室の設置、兵装の撤去、掃海具の装備が行われた。 (Wikipedia:海上自衛隊の掃海船 (編入船))

海上自衛隊生徒及び航空自衛隊生徒
海上自衛隊生徒(かいじょうじえいたいせいと)及び航空自衛隊生徒(こうくうじえいたいせいと)とは、海上自衛隊、航空自衛隊において、専ら教育訓練のみを受ける下士官 曹予定者のことである(自衛隊法施行規則(昭和29年総理府令第40号)第24条第2項ただし書き参照)。若年時から教育を施して、技術部門における中堅となる曹を養成するための制度である。従来の自衛隊生徒は3等海士及び3等空士の階級に指定され、学年とともに昇任していった。なお、海上自衛隊及び航空自衛隊は平成18年度をもって生徒募集を終了した。
1955年(昭和30年):生徒教育開始
2006年(平成18年):第53期生の採用をもって事後の募集を打ち切る。
海上自衛隊生徒及び航空自衛隊生徒は、中学校卒業者から採用される非任期制隊員で、3等海・空士に採用された。
(Wikipedia:海上自衛隊生徒及び航空自衛隊生徒)

海上自衛隊の隊一覧
海上自衛隊の隊一覧(かいじょうじえいたいのたいいちらん、List of JMSDF Troop)は、現在編成されている海上自衛隊の隊等の一覧である。
第1護衛隊
第2護衛隊
第3護衛隊
第4護衛隊
第5護衛隊
第6護衛隊
第7護衛隊
第8護衛隊
第11護衛隊
第12護衛隊
第13護衛隊
第14護衛隊
第15護衛隊
第16護衛隊
第1練習隊
第1潜水隊
第2潜水隊
(Wikipedia:海上自衛隊の隊一覧)

海上自衛隊第2術科学校
海上自衛隊第2術科学校(かいじょうじえいたい だいにじゅつかがっこう、JMSDF 2nd Service School)は、横須賀基地 (海上自衛隊) 横須賀基地田浦地区(神奈川県横須賀市)に所在している術科学校 (海上自衛隊) 術科学校のひとつ。主として機関科関係、情報、外国語等の教育訓練を担当している。
具体的には、機関、電機、工作、情報、外国語等に必要な知識及び技能を修得させるための教育訓練を行うとともに、これらの術科に関する部隊の運用等に関する調査研究を行う。
総務部
教務部
教育第1部
教育第2部
研究部
学生隊
主任教官(2人)
学校教官
研究部員
職名 氏名 階級 就任日 出身校・期 前職
学校長 金久保和司 海将補 2008年12月1日 防大22期 自衛艦隊司令部作戦主任幕僚
(Wikipedia:海上自衛隊第2術科学校)

海上自衛隊第4術科学校
海上自衛隊第4術科学校(かいじょうじえいたい だいよんじゅつかがっこう、JMSDF 4th Service School)は、舞鶴基地(京都府舞鶴市)に所在している術科学校 (海上自衛隊) 術科学校のひとつ。主として経理・補給関係術科の教育訓練を担当している。1975年(昭和50年)10月に設立された。
具体的には、経理、調達、保管、補給、給養及び業務管理に必要な知識及び技能を修得させるための教育訓練を行うとともに、これらの術科に関する部隊の運用等に関する調査研究を行っている。
総務課
教務課
教育第1部
教育第2部
研究部
学生隊
主任教官(2人)
学校教官
研究部員
職名 氏名 階級 就任日 出身校・期 前職
学校長 槻木新二 海将補 2008年3月26日 防大24期 海上幕僚監部総務部副部長
(Wikipedia:海上自衛隊第4術科学校)

海上自衛隊幹部候補生学校
『幹部候補生学校』より : 海上自衛隊幹部候補生学校(かいじょうじえいたいかんぶこうほせいがっこう、JMSDF Officer Candidate School)は、海上自衛隊幹部を養成するための教育機関であり、初級幹部としての職務を遂行するに必要な知識及び技能を修得させるための教育訓練を行う。所在地は江田島地区(広島県江田島市江田島町国有無番地)。海上自衛隊第1術科学校とともに海軍兵学校の主要施設を継承使用している。 約150名の一般幹部候補生(防衛大学校卒業者が半数と一般大学等卒業者が半数)、航空学生出身の飛行幹部候補生、海上自衛隊部内から選抜された一般幹部候補生(部内)、海曹長・准海尉で昇任試験に合格した幹部予定者、防衛医科大学校及び一般の医科歯科大学の出身者からなる医科歯科幹部候補生等の教育を行っている。 (Wikipedia:海上自衛隊幹部候補生学校)

海上自衛隊呉史料館
名称=海上自衛隊呉史料館JMSDF Kure Museum
正式名称=
愛称=てつのくじら館
前身=
専門分野=海上自衛隊の広報
事業主体=海上自衛隊
管理運営=
開館=2007年4月5日
所在地郵便番号=
所在地=広島県呉市宝町5-32
海上自衛隊呉史料館(かいじょうじえいたいくれしりょうかん JMSDF Kure Museum)は、広島県呉市にある海上自衛隊の広報を目的とした施設で、愛称は「てつのくじら館」。2007年4月5日より一般公開された。
展示は海上自衛隊の歴史や装備品の紹介などで、1階部分では海上自衛隊の歴史について、2階では機雷の脅威と掃海艇の活躍、3階では潜水艦の活躍について、実物・模型・絵図や映像などの資料を駆使してわかりやすく紹介している。
そして、展示の目玉は国内では初めてとなる実物の潜水艦の屋外展示で、この潜水艦は実際に海上自衛隊で就役していたゆうしお型潜水艦の「あきしお (潜水艦) あきしお」 (SS-579) で、「あきしお」は2004年3月に除籍となった後、展示用に内部機器の交換や汚れを落とすなどし、2006年9月24日から26日に建設中の呉史料館への搬入が実施された。この様子はマスコミでも報じられ、巨大な船体などは関心をよんだ。この「あきしお」は展示の一環として艦内にも入ることができる。
(Wikipedia:海上自衛隊呉史料館)

海上自衛隊第3術科学校
海上自衛隊第3術科学校(かいじょうじいえたい だいさんじゅつかがっこう、JMSDF 3rd Service School)は、下総航空基地(千葉県柏市)に所在している術科学校 (海上自衛隊) 術科学校のひとつ。主として航空機関係、航空基地関係等の教育訓練を担当している。
航空機及び航空機用機器並びに航空機又は航空機の航行に関する通信器材、電波器材その他の器材の整備並びに施設の工事に必要な知識及び技能を修得させるための教育訓練を行うとともに、これらの術科に関する部隊の運用等に関する調査研究を行う。航空整備及び航空基地業務に関する要員の養成に当たっている。
総務課
教務部
教育第1部
教育第2部
教育第3部
研究部
学生隊
主任教官(5人)
学校教官
研究部員
(Wikipedia:海上自衛隊第3術科学校)

海上自衛隊佐世保史料館
海上自衛隊佐世保史料館(かいじょうじえいたいさせぼしりょうかん)は長崎県佐世保市にある海上自衛隊及び大日本帝国海軍に関する史料館。愛称は「セイルタワー」。1997年(平成9年)3月10日に現在地に開館した。 1968年(昭和43年)、佐世保市平瀬町の佐世保補給所内(現・平瀬庁舎)に設けられた海自防衛資料館が前身。旧日本海軍・佐世保鎮守府時代から海上自衛隊にいたる現在までの資料約4,400点を収蔵、そのうち約1,300点を常設展示している。映像や写真、模型、当時の資料などを通じ、旧海軍、自衛隊の変遷を知ることができる。 建物は7階建て。1・2階部分は、旧海軍時代に将校の宿泊、福利厚生施設として利用していた「佐世保水交社」の建物の一部を再利用している。国際通り側に突き出た石張りの八角屋根がかつての雰囲気を感じさせる。3階以上はガラス張りの現代的な建物となっている。屋上部の構造物が船の帆にも見えることから「セイルタワー」の愛称で親しまれている。 施設 7階 展望所、映像ホール 展望所からは佐世保港や米海軍佐世保基地などが一望できる。 (Wikipedia:海上自衛隊佐世保史料館)

海上自衛隊佐世保資料館
『海上自衛隊佐世保史料館』より : 海上自衛隊佐世保史料館(かいじょうじえいたいさせぼしりょうかん)は長崎県佐世保市にある海上自衛隊及び大日本帝国海軍に関する史料館。愛称は「セイルタワー」。1997年(平成9年)3月10日に現在地に開館した。 1968年(昭和43年)、佐世保市平瀬町の佐世保補給所内(現・平瀬庁舎)に設けられた海自防衛資料館が前身。旧日本海軍・佐世保鎮守府時代から海上自衛隊にいたる現在までの資料約4,400点を収蔵、そのうち約1,300点を常設展示している。映像や写真、模型、当時の資料などを通じ、旧海軍、自衛隊の変遷を知ることができる。 建物は7階建て。1・2階部分は、旧海軍時代に将校の宿泊、福利厚生施設として利用していた「佐世保水交社」の建物の一部を再利用している。国際通り側に突き出た石張りの八角屋根がかつての雰囲気を感じさせる。3階以上はガラス張りの現代的な建物となっている。屋上部の構造物が船の帆にも見えることから「セイルタワー」の愛称で親しまれている。 施設 7階 展望所、映像ホール 展望所からは佐世保港や米海軍佐世保基地などが一望できる。 (Wikipedia:海上自衛隊佐世保資料館)

海上自衛隊航空補給処
海上自衛隊航空補給処(かいじょうじえいたいこうくうほきゅうしょ)は海上自衛隊の補給処の一つ。訓練、有事の際の行動を円滑にするための後方支援を担当する。計画部、航空機部など多くの部署がある。本部は木更津市。
主に調達にかかわり、装備の入札の際の受け皿となる。
地方隊の航空機や航空機に用いる装備の調達を担当する。
1962年(昭和37年)10月1日 - 横須賀地方隊隷下の「木更津航空補給所」として新編。
1998年(平成10年)12月8日 - 海上自衛隊補給本部 補給本部隷下の「航空補給処」に改編。
航空補給処本処
下総支処
管理部
計画部
航空機部
保管部
+歴代の航空補給処長
代数 氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職
colspan="6" 木更津航空補給所長(横須賀地方隊隷下)
(Wikipedia:海上自衛隊航空補給処)

海上自衛隊艦艇一覧
海上自衛隊艦艇一覧(かいじょうじえいたいかんていいちらん)は、海上自衛隊が過去保有した、または現在保有する、または将来保有する予定の、未完成・計画中止を含めた歴代艦艇一覧である。現役艦型を太字で示す。 海上保安庁の船艇一覧は海上保安庁船艇一覧を参照のこと。 警備艦 護衛艦 = ヘリコプター搭載護衛艦 (DDH) = 退役 = ミサイル護衛艦 (DDG) = 退役 = 護衛艦 (DD) = 退役 = 護衛艦 (DE) = 退役 = 護衛艦 (PF) = 退役 = 警備艇 (LSSL) = 退役 潜水艦 = AIP潜水艦 (SS) = = 通常動力型潜水艦 (SS) = 退役 機雷艦艇 = 掃海母艦 (MST) = 退役 = 掃海艦 (MSO) = = 掃海艇・掃海船 = == 掃海艇 (MSC) 退役 == 掃海艇 (MSB) 退役 == 掃海船 (MS) 退役 = 掃海管制艇 (MCL) = 退役 = 機雷敷設艦 (MMC) = 退役 哨戒艦艇 = ミサイル艇 (PG) = 退役 = 駆潜艇 (PC) = 退役 = 哨戒艇 (PB) = 退役 = 魚雷艇 (PT) = 退役 輸送艦艇 = 輸送艦 (LST) = 退役 = 輸送艦 (LSU) = 退役 = 輸送艇 (LCU) = 退役 = 輸送艇 (LCM) = 退役 = 輸送艇 (LCM) = 退役 = エアクッション艇 (LCAC) = 補助艦艇 練習艦 (TV) 護衛艦に復帰 やまぎり型 ※元・あさぎり型やまぎり (TV-3515) ※元・DD-152→(護衛隊に復帰) あさぎり (TV-3516) ※元・DD-151→(護衛隊に復帰)退役 練習潜水艦 (TSS) 退役 訓練支援艦 (ATS) 退役 多用途支援艦 (AMS) 海洋観測艦 (AGS) 退役 音響測定艦 (AOS) 砕氷艦 (南極観測船・AGB) 退役 敷設艦艇 = 敷設艦 (ARC) = 退役 = 敷設艇 (AMC) = 退役 潜水艦救難艦・潜水艦救難母艦 = 潜水艦救難艦 (ASR) = 退役。 (Wikipedia:海上自衛隊艦艇一覧)


海上自衛隊 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  2ch - 2018年12月31日


関連するイメージは見つかりませんでした



2ch
2チャンネル(英語:2/two channel(s)/2ch、にチャンネル/ツー チャンネル) 一般的な定義では、2つのチャンネルや2番目のチャンネルを表す。そこから派生して、次のような意味がある。 テレビチャンネルのひとつ。 2ちゃんねる 2ちゃんねる (2ch.net) - 1999年に西村博之によって開設されたインターネット上の電子掲示板。 2ちゃんねる (2ch.sc) - 2014年4月に西村博之によって開設されたインターネット上の電子掲示板。 音声再生時に別音声を別途のスピーカーで再生するのをチャンネルと数えることより、ステレオのこと。 このことによりドルビーデジタルなどは5.1chとなる。 (Wikipedia:2ch)

2chan
『2ちゃんねらー』より : 2chan (にちゃん、ツーチャン) インターネット掲示板群『2ちゃんねる』の略。 2つのチャンネル、2番目のチャンネル。 →『2チャンネル』参照。 2chan.net → インターネット掲示板群『ふたば☆ちゃんねる』。 ほか。 (Wikipedia:2chan)

2ch用語
『2ちゃんねる用語』より : 2ちゃんねる用語(にちゃんねるようご)とは、インターネットスラングの一種。 インターネットスラングのうち、巨大掲示板群である2ちゃんねる内などで発祥し、同掲示板内において頻繁に使用されるに至ったものの一群である。略して「2ちゃん語」と呼ばれることもある。 2ちゃんねる外のインターネットでは通用するものの、ネット外の日常生活ではほとんど使用されず、もっぱら2ちゃんねらー同士の“業界用語”的な隠語として使用されていた。 2ちゃんねる用語は2ちゃんねる内において、一般の流行語よりも遙かに偶発的な発生の仕方をしている事が多く、すぐに死語と化している言葉も多い。これらの中で、共通理解語としての認定を多くの2ちゃんねらーからなされ、2ちゃんねる内で広く流布するに至った用語が、たまたま2ちゃんねる用語として確立されるとされるが、実際には世間や他所のウェブサイトで流行している用語をそのまま借用する事例も少なくない。 (Wikipedia:2ch用語)

2ch批判要望板
『批判要望板』より : 雑談系2(ざつだんけいに)とは、匿名掲示板2ちゃんねるの中において、複数の掲示板を方針や趣旨ごとにまとめたカテゴリの中の1つである。 主に他の掲示板からの隔離板として扱われる掲示板がこのカテゴリに分類される。過疎板や悪意ある利用者の多い掲示板もこのカテゴリに分類されることがある。 現在、このカテゴリに分類されているニュース速報(VIP)板は、2ちゃんねる内で最も1日の書き込み数が多い。 1999年5月30日 メイン板、学生、学校板設立。 1999年7月22日 メイン板を案内所板に板名変更 1999年7月24日 案内所板をロビー板に板名変更 1999年8月4日 批判要望板設立。 1999年8月14日 厨房板設立。 1999年11月15日 学生、学校板を学歴ランキング板に板名変更 1999年12月18日 モーニング娘。板設立。 2000年1月15日 案内カテゴリ・雑談カテゴリから分離され新カテゴリ「雑談系2」として誕生した。 2000年5月2日 なんでもあり板設立。 2000年6月9日 人権問題板設立。 (Wikipedia:2ch批判要望板)

2ch (テレビ)
『』より : (Wikipedia:2ch (テレビ))

2ch語
『』より : (Wikipedia:2ch語)


2ch - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  Instagram - 2018年12月31日


関連するイメージは見つかりませんでした



Instagram
Instagram(インスタグラム)は、無料の画像共有アプリケーションソフトウェアである。デジタル画像を撮影し、画像編集(フィルター)をし、同サービスあるいは、Facebook、Twitter、foursquare、Tumblr、Flickr、ポスタラスといった他のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で共有する。 iPhone・iPod touch・iPadのうちiOS 3.1.2以降のシステムを搭載したデバイスには当初から適応していた。また、2012年4月にはAndroid 2.2以降とカメラを搭載したデバイスに対応した。 コダックのインスタマチック、ポラロイドのインスタントカメラの両方に敬意を払い、インスタグラムの投稿画像は正方形が基本となっている。 ケヴィン・シストロムとマイク・クリーガーが、ベースライン・ヴェンチャーズとアンドリーセン・ホロウィッツの2社から財政的支援を受けて、インスタグラムのグループは始動した。 (Wikipedia:Instagram)


Instagram - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  やがて君になる - 2018年12月31日


関連するイメージは見つかりませんでした




やがて君になる - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す