[PR]

日別キーワード

第1位  皇紀 - 2019年01月02日


関連するイメージは見つかりませんでした



皇紀
『神武天皇即位紀元』より : 神武天皇即位紀元(じんむてんのうそくいきげん)または神武紀元は、『日本書紀』の記述をもとに設定された日本の紀年法である。古事記や日本書紀で日本の初代天皇とされる神武天皇は、日本書紀によれば紀元前660年1月1日 (旧暦)に即位したとされ、この即位年を明治に入り神武天皇即位紀元の元年と制定した。 異称は、皇紀(こうき)、即位紀元、皇暦(すめらこよみ、こうれき)、神武暦(じんむれき)、日紀(にっき)等。 なお、古事記や日本書紀のその神話的な内容や考古学上の確証がないことから、現在の歴史学では、神武天皇(古事記では137歳、日本書紀では127歳まで生存とある)が実在した人物と認めていない。またその内容・筋書きをそのまま史実であるとは考えられていない。 西暦2016年(本年)は、神武天皇即位紀元2676年に当たる。 神武天皇即位紀元は、キリスト紀元(西暦)に換算して紀元前660年とされている。明治5年(1872年)の太陽暦導入と同時に、神武天皇即位を紀元とすると定められた。暦の販売権をもつ弘暦者が改暦に伴い作成した『明治六年太陽暦』の表紙には「神武天皇即位紀元二千五百三十三年」が使用されている。 (Wikipedia:皇紀)

皇紀2600年奉祝曲
皇紀2600年奉祝曲(こうきにせんろっぴゃくねんほうしゅくきょく)とは、西暦1940年に行われた日本の紀元二千六百年記念行事 紀元2600年を祝うために作曲された数々の曲である。主に欧米各国に委嘱した曲だが、日本国内において同様の目的で作曲された曲も含む。
1940年が神武天皇即位紀元 皇紀2600年に当たることから、これを祝うためのイベントの一つとして演奏会が企画された。具体的には、「恩賜財団紀元二千六百年奉祝会」(総裁・秩父宮雍仁親王、副総裁・近衛文麿、会長・徳川家達)と「内閣二千六百年記念祝典事務局」が考案した計画に基づくもので、『我が国と友好の厚い数カ国から「音楽で祝いたい」と言ってきた』との意向が奉祝会に伝えられたのが企画の発端であった。その後、外務省、関係国大使の斡旋などもあり、企画は順調に進んでいったが、肝心の奉祝会に音楽に精通した人間がいなかったことから、急遽音楽家や日本放送協会 JOAKの洋楽担当者などが奉祝会のスタッフに名を連ねることになった。各国から贈られてくる楽譜の校正は山本直忠(山本直純の父)が当たり、この演奏会のために特別に結成される「紀元二千六百年奉祝交響楽団」の下ごしらえには齋藤秀雄が当たることになった。
(Wikipedia:皇紀2600年奉祝曲)

皇紀2600年
『1940年』より : 紀元二千六百年記念行事(きげんにせんろっぴゃくねんきねんぎょうじ)とは、1940年(昭和15年)に神武天皇即位紀元(皇紀)2600年を祝った一連の行事を指す。本ページでは記念行事に記念事業も加えて記述する。 西暦1940年(昭和15年)が神武天皇の即位から2600年目に当たるとされたことから、日本政府は1935年(昭和10年)に「紀元二千六百年祝典準備委員会」を発足させ、橿原神宮や陵墓の整備などの記念行事を計画・推進した。1937年(昭和12年)7月7日には官民一体の恩賜財団紀元二千六百年奉祝会(総裁・秩父宮雍仁親王、副総裁・近衛文麿、会長・徳川家達)を創設。「神国日本」の国体観念を徹底させようという動きが時節により強められていたため、これらの行事は押し並べて神道色の強いものであった。神祇院が設置され、橿原神宮の整備には全国の修学旅行生を含め121万人が勤労奉仕し、外地の神社である北京神社、南洋神社(パラオ)、建国神廟(満州国)などの海外神社もこの年に建立され、神道の海外進出が促進された。 (Wikipedia:皇紀2600年)


皇紀 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  ナショナリズム - 2019年01月04日


関連するイメージは見つかりませんでした



ナショナリズム
ナショナリズム(英: Nationalism)とは、思想や運動の一種。 ナショナリズムは日本では、文脈や立場によって国家主義、愛国主義、国粋主義、民族主義、国民主義とも訳されており、その一義的な定義は困難である。主要な論者のひとりであるアーネスト・ゲルナーは「政治的な単位と文化的あるいは民族的な単位を一致させようとする思想や運動」と定義しており、この定義が完全ではないが議論の出発点としてある程度のコンセンサスを得ている。 ナショナリズムには二つの大きな作用があり、文化が共有されると考えられる範囲まで政治的共同体の版図を拡大しようとする作用と、政治的共同体の掌握する領域内に存在する複数の文化を支配的な文化に同化しようとする作用がそれである。前者は19世紀の国民主義運動にその例を見て取ることができ、後者の例は「公定ナショナリズム」としていくつかの「国家」において見出すことができる。 しばしばナショナリズムはパトリオティズム(愛国心、郷土愛)と混同されるが、社会共同体としての「郷土(パトリア)」への愛情であるパトリオティズムという言葉を、近代になって登場したナショナリズムと峻別する意見もある。 (Wikipedia:ナショナリズム)


ナショナリズム - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  全日本実業団対抗駅伝競走大会 - 2019年01月04日


関連するイメージは見つかりませんでした



全日本実業団対抗駅伝競走大会
『全日本実業団対抗駅伝大会』より : 全日本実業団対抗駅伝競走大会(ぜんにほんじつぎょうだんたいこうえきでんきょうそうたいかい)とは日本実業団陸上競技連合が主催する日本の駅伝大会である。通称はニューイヤー駅伝(ニューイヤーえきでん)である。ただし、実施日が1月1日に変更になったのは、第32回(1988年)からである。 日本における実業団駅伝日本一を決定する競技大会である。ただし、クラブチームはこの大会に出場することができない(予選はこの限りではない)。箱根駅伝とともに正月の二大駅伝競走の1つとして親しまれている。 前年秋に各地区で予選が行われる。第52回(2008年(平成20年))までは、本大会上位15位までに入ることができれば次回は予選の順位に関係なく出場することができたが(シード権、競技要項より)、第53回(2009年(平成21年))からはシード制が廃止され、各予選での上位入賞チームが出場権を獲得する方式となった。 (Wikipedia:全日本実業団対抗駅伝競走大会)


全日本実業団対抗駅伝競走大会 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  明治神宮 - 2019年01月04日


関連するイメージは見つかりませんでした



明治神宮
明治神宮(めいじじんぐう)は、東京都渋谷区にある神社。明治天皇と昭憲皇太后を祭神とする。初詣では例年日本一の参拝者数を誇る。正式な表記は「宮」の「呂」の中間の線が入らない「明治神宫」。 明治神宮は、明治天皇と昭憲皇太后を御祭神とする神宮である。 面積約70万平方メートルの境内はそのほとんどが全国青年団の勤労奉仕により造苑整備されたもので、現在の深い杜の木々は全国よりの献木が植樹された。また、本殿を中心に厄除・七五三などを祈願を行う神楽殿、「明治時代の宮廷文化を偲ぶ御祭神ゆかりの御物を陳列する」宝物殿、「御祭神の大御心を通じて健全なる日本精神を育成する」武道場至誠館などがある。 明治天皇は崩御後、京都の伏見桃山陵に葬られたが、東京に神宮を建設したいとの運動が天皇を崇敬する東京市民(当時)から起こり、1914年(大正3年)になると天皇に縁の深かったこの地への神宮建設が決定した。 (Wikipedia:明治神宮)

明治神宮野球大会
明治神宮野球大会(めいじじんぐうやきゅうたいかい)は、毎年11月に明治神宮野球場で開催される学生野球のトーナメント大会。主催は明治神宮と日本学生野球協会。 大会概要 明治神宮鎮座50年を記念して行われた1970年(昭和45年)の奉納野球が同大会の始まりである。第3回までは大学野球のみであったが、第4回大会から高校野球も加わり、高校と大学の2つの部となり、現在に至っている。 なお、本大会開始の2年前にあたる1968年(昭和43年)秋(11月)には、明治維新百年記念明治神宮野球大会として、大学の部、高校の部、社会人の部がそれぞれ行われている。かつて早春(3月)に実施されていた日本学生野球協会結成記念野球大会(1946年-1964年の18年間毎年開催)が取りやめになって数年経ていたことに加え、この1968年に実施された大会が思いのほか好評だった事が現在の明治神宮野球大会の起草に繋がったとされている。 (Wikipedia:明治神宮野球大会)

明治神宮大会
『明治神宮野球大会』より : 明治神宮大会(めいじじんぐうたいかい) 明治神宮野球大会 明治神宮競技大会。 (Wikipedia:明治神宮大会)

明治神宮野球場
明治神宮野球場(めいじじんぐうやきゅうじょう)は、東京都の明治神宮外苑に所在する野球場。 所有者は宗教法人・明治神宮であり、「神宮球場(じんぐうきゅうじょう)」の通称で知られている。ここではメイン球場のほか、隣接する神宮第2球場(兼明治神宮外苑ゴルフ練習場西練習場)についても触れる。 東京六大学野球連盟のリーグ戦開催球場として1926年(大正15年)に開場以来、アマチュア野球においては大学野球の主要球場として長年使用され、六大学野球のほか東都大学野球1部リーグおよび入れ替え戦を中心に今日まで使用されている。 他にも高校野球の東東京大会および西東京大会や全日本大学野球選手権大会、明治神宮野球大会の他、社会人野球(JABA東京スポニチ大会。過去には都市対抗野球大会、現在も東京都予選が)、日本リトルシニア全日本選手権など多くのアマチュアの大会が開催されている。日本国内では阪神甲子園球場とならんで「野球の聖地」とうたわれる野球場でもある。 アマチュア専用として初期はプロ野球公式戦での使用は認められなかったが、徐々に緩和され現在では東京ヤクルトスワローズが専用球場(本拠地球場)として使用している。 (Wikipedia:明治神宮野球場)

明治神宮球場
『明治神宮野球場』より : 明治神宮野球場(めいじじんぐうやきゅうじょう)は、東京都の明治神宮外苑に所在する野球場。 所有者は宗教法人・明治神宮であり、「神宮球場(じんぐうきゅうじょう)」の通称で知られている。ここではメイン球場のほか、隣接する神宮第2球場(兼明治神宮外苑ゴルフ練習場西練習場)についても触れる。 東京六大学野球連盟のリーグ戦開催球場として1926年(大正15年)に開場以来、アマチュア野球においては大学野球の主要球場として長年使用され、六大学野球のほか東都大学野球1部リーグおよび入れ替え戦を中心に今日まで使用されている。 他にも高校野球の東東京大会および西東京大会や全日本大学野球選手権大会、明治神宮野球大会の他、社会人野球(JABA東京スポニチ大会。過去には都市対抗野球大会、現在も東京都予選が)、日本リトルシニア全日本選手権など多くのアマチュアの大会が開催されている。日本国内では阪神甲子園球場とならんで「野球の聖地」とうたわれる野球場でもある。 アマチュア専用として初期はプロ野球公式戦での使用は認められなかったが、徐々に緩和され現在では東京ヤクルトスワローズが専用球場(本拠地球場)として使用している。 (Wikipedia:明治神宮球場)

明治神宮外苑
明治神宮外苑(めいじじんぐうがいえん)は、東京都新宿区・港区(一部)にある洋風庭園である。 「明治天皇の業績を後世までに残そう」という趣旨で建設された洋風庭園で、内苑(代々木にある明治神宮)に対して、外苑と呼ぶ。明治神宮による管轄の関係から、神社の敷地の一画と見なされている。内苑である明治神宮は神社建築を基調としているのに対して、外苑は「洋風」を基調としているのが特徴である。通常は、略して神宮外苑と呼ばれることが多い。異称として神宮の杜とも呼ばれる。広大な敷地の中に、よく知られている銀杏並木などの多くの樹木がある園地や明治神宮野球場(神宮球場)がある。なお国立霞ヶ丘競技場は、戦前は外苑競技場として外苑の施設であったが、戦後は国有地に戻って神宮外苑の用地でも施設でもなくなった。 明治天皇崩御後に建設が計画され、全国からの寄付金とボランティアにより、明治天皇大喪儀に際し葬場殿の儀が行われた青山練兵場跡地に1926年に完成した。 (Wikipedia:明治神宮外苑)

明治神宮競技大会
明治神宮競技大会(めいじじんぐうきょうぎたいかい)は、1924年(大正13年)から1943年(昭和18年)にかけ14回にわたって行われた総合競技大会。現在の国民体育大会を創設するにあたって影響を与えた。
目的:明治天皇の聖徳を憬仰し、国民の身体鍛錬、精神の作興に資す
性格:神事的体育行事
主催:第1回~第2回は内務省 (日本) 内務省、第3回~第9回は明治神宮体育会、第10回~第13回は厚生省(第14回は地方予選のみ)
期日:毎年11月明治神宮例祭を含む一定期間
主会場:明治神宮外苑競技場
参加者:青年団、一般(学生を含む)
選手選出方法:青年団は道府県単位(1府県10名程度とする)。一般は北海道・東北・関東・北陸・東海・近畿・中国・四国・九州・台湾・朝鮮・関東州の12地域ごとに予選を行い選出。
(Wikipedia:明治神宮競技大会)

明治神宮前駅
明治神宮前駅(めいじじんぐうまええき)は、東京都渋谷区神宮前にある、東京地下鉄(東京メトロ)の駅である。2010年(平成22年)3月6日以降「〈原宿〉」(はらじゅく)を併記・併称する。 千代田線・副都心線が乗り入れる。駅番号は、千代田線がC 03、副都心線がF 15となっている。 また、東日本旅客鉄道(JR東日本)山手線の原宿駅の至近にあり、乗り換え駅として案内されるほか、千代田線を経路とする定期券では連絡運輸が実施されている(副都心線については対象外で渋谷駅経由での取り扱いとなる)。 2010年3月に行われた山括弧付きの「〈原宿〉」の併記は、人気地区である原宿にあることを強調し、特に休日の利用者を増加させることを意図されている。同日のダイヤ改正以降、土曜・休日ダイヤにおいて副都心線の急行列車が停車する。2015年度計画(PDF)では平日においても停車する計画がされ、2016年3月26日より停車するようになった。 1962年(昭和37年) - 都市交通審議会答申第6号において、東京8号線が規定される。 (Wikipedia:明治神宮前駅)

明治神宮外苑競技場
明治神宮外苑競技場(めいじじんぐうがいえんきょうぎじょう、Meiji Jingu Gaien Stadium)は東京・青山の明治神宮外苑内に1924年(大正13年)に完成し、1957年(昭和32年)に取り壊された陸上競技場で、翌58年に完成、2015年に取り壊された国立競技場の前身にあたる施設。近代日本における最初の大規模スタジアムである。 施設概要 設計は内務省明治神宮造営局技師小林政一。世界の有名なスタジアムを参考にし、当時として最新鋭の設備を備えた。基本構造は南北方向に配置されたトラックと西側に設置されたメインスタンドであった。メインスタンドの両端には塔がたてられ、北側の塔には大時計がついていた。よく「明治神宮外苑競技場はストックホルム・オリンピアスタディオン」(1912年完成)を範として建築」されたといわれることがあるが、後藤健生はこれを俗説であるとする。その理由として、設計においてさまざまなスタジアムを参考にしていることを小林自身が著作『明治神宮外苑工事に就て』の中で述べている点、さらに二つのスタジアムの共通点であるとされるメインスタンドの塔(時計塔)が、実際にはウェンブリースタジアムなどにみられるように当時の世界のスタジアム建築での流行であったことをあげている。 (Wikipedia:明治神宮外苑競技場)


明治神宮 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  Gackt - 2019年01月04日


関連するイメージは見つかりませんでした



Gackt
GACKT(がくと、1973年7月4日 - )及び神威 楽斗(かむい がくと、Gackt Camui)は、日本の男性シンガーソングライター、俳優。沖縄県出身。旧芸名:Gackt(読み同じ)。GACKTのファンの総称は「LOVERS」。身長180cm、血液型A型。 1994年以前 - ピアノと声楽を学び、CAINS:FEELにてドラムスとして活動。後に、ボーカルに転身。 1995年10月 - 1999年1月 - MALICE MIZERの2代目ボーカルとして活動。 1999年1月 - MALICE MIZERを脱退。 2002年9月22日 - 北京工人体育場で行われた「日中国交30周年記念コンサート」に出演。 2003年10月2日 - さいたまスーパーアリーナで行われたDream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴに出演。 2005年12月24日 - 自身初の東京ドームライブを決行。 2006年1月14日 - ソウルオリンピックスタジアムにおいて、日本と全く同じ規模と内容のコンサートを行う。 (Wikipedia:Gackt)

Gackt.C
『Gackt』より : GACKT(がくと、1973年7月4日 - )及び神威 楽斗(かむい がくと、Gackt Camui)は、日本の男性シンガーソングライター、俳優。沖縄県出身。旧芸名:Gackt(読み同じ)。GACKTのファンの総称は「LOVERS」。身長180cm、血液型A型。 1994年以前 - ピアノと声楽を学び、CAINS:FEELにてドラムスとして活動。後に、ボーカルに転身。 1995年10月 - 1999年1月 - MALICE MIZERの2代目ボーカルとして活動。 1999年1月 - MALICE MIZERを脱退。 2002年9月22日 - 北京工人体育場で行われた「日中国交30周年記念コンサート」に出演。 2003年10月2日 - さいたまスーパーアリーナで行われたDream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴに出演。 2005年12月24日 - 自身初の東京ドームライブを決行。 2006年1月14日 - ソウルオリンピックスタジアムにおいて、日本と全く同じ規模と内容のコンサートを行う。 (Wikipedia:Gackt.C)

GacktのFURACHIなオトコたち
GacktのFURACHIなオトコたち(がくとのふらちなおとこたち)は、ニッポン放送をキーステーションに、2003年4月5日から2005年3月26日まで放送されていたラジオ番組。パーソナリティーは、歌手のGackt。番組の略称はふらちお。 概略 2002年4月から1年間担当していた@llnightnippon.comが2003年3月に終了したのに伴い、2003年4月から(ニッポン放送で)毎週土曜日の21:30~22:00の時間帯で放送開始となったこの番組はリスナーから寄せられた悩み事を“不埒”になって解決するという番組。CM前のジングルでは『不埒になって既成概念を捨てて新しい発見を。』というフレーズをGacktが語るものもあった。 番組内ではリスナーと電話をつなぐときもあるが、その際Gacktは「もしもし。」ではなく、「もりもり。」と声をかける。当然、リスナー側も「もりもり。」と返答をする。 また、番組はインターネット上でオンデマンド放送を行っていた。ただし、聴くことが出来るのは1週間限定で、番組内で流れた曲とCMは放送されない。 (Wikipedia:GacktのFURACHIなオトコたち)

Gackt Job
『』より : (Wikipedia:Gackt Job)


Gackt - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す