[PR]

日別キーワード

第1位  箱根駅伝 - 2019年01月03日


関連するイメージは見つかりませんでした



箱根駅伝
『東京箱根間往復大学駅伝競走』より : 東京箱根間往復大学駅伝競走(とうきょうはこねかんおうふくだいがくえきでんきょうそう)は、例年1月2日と翌3日の2日間にわたって行われる大学駅伝の競技会(地方大会)である。関東学生陸上競技連盟が主催し読売新聞社が共催する。一般には箱根駅伝(はこねえきでん)と呼ばれ、その実施については関東学生陸上競技連盟が定める「東京箱根間往復大学駅伝競走に関する内規」に定められている(以下、「東京箱根間往復大学駅伝に関する内規」は単に「内規」として説明する)。 現在開催されている駅伝の中で最長の距離を持ち、1987年から放送を開始したテレビ中継によって国内の学生スポーツ競技会の中でも極めて高い人気も誇る。 「箱根駅伝」は読売新聞東京本社の登録商標(第5565518号)である。 出場校は20校で、これとは別に出場校以外の競技者による関東学生連合チーム(オープン参加)が参加する(2015年の第91回東京箱根間往復大学駅伝競走以降の編成)。 (Wikipedia:箱根駅伝)

箱根駅伝の人物一覧
箱根駅伝の人物一覧は東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)出場者からオリンピック、世界陸上選手権、アジア大会などの国際大会に出場した選手や、主要マラソン優勝者、日本記録保持者などをまとめた人物一覧である(校名は当時のものを記載)。 区間記録樹立者一覧 箱根駅伝の各区間において記録更新を達成した者の一覧である。 1区 石井隆士(日本体育大学) - 第53回(1977年) 21.8km 1時間04分09秒 西弘美(日本大学) - 第54回(1978年) 21.8km 1時間03分42秒 佐藤和也(東洋大学) - 第59回(1983年) 21.3km 1時間03分30秒 武井隆次(早稲田大学) - 第67回(1991年) 21.3km 1時間03分26秒、第68回(1992年) 21.3km 1時間03分22秒 櫛部静二(早稲田大学) - 第69回(1993年) 21.3km 1時間02分09秒 渡辺康幸(早稲田大学) - 第70回(1994年) 21.3km 1時間01分13秒 佐藤悠基(東海大学) - 第83回(2007年) 21.4km 1時間01分06秒 2区 服部誠(東京農業大学) - 第51回(1975年) 25.2km 1時間13分21秒 瀬古利彦(早稲田大学) - 第55回(1979年) 24.4km 1時間12分18秒、第56回(1980年) 24.4km 1時間11分37秒 大塚正美(日本体育大学) - 第59回(1983年) 22.7km 1時間07分34秒 渡辺康幸 - 第71回(1995年) 23.0km 1時間06分48秒 三代直樹(順天堂大学) - 第75回(1999年) 23.0km 1時間06分46秒 メクボ・ジョブ・モグス(山梨学院大学) - 第84回(2008年) 23.2km 1時間06分23秒、第85回(2009年) 23.2km 1時間06分04秒 3区 森近繁則(日本大学) - 第54回(1978年) 22.2km 1時間03分45秒 小林正幹(早稲田大学) - 第71回(1995年) 21.3km 1時間02分49秒 佐藤悠基 - 第82回(2006年) 21.5km 1時間02分12秒 竹澤健介(早稲田大学) - 第85回(2009年) 21.5km 1時間01分40秒 オンディバ・コスマス(山梨学院大学) - 第88回(2012年) 21.5km 1時間01分38秒 4区 中島修三(順天堂大学) - 第59回(1983年) 21.0km 1時間02分40秒 山田和人(順天堂大学) - 第66回(1990年) 20.9km 1時間02分45秒 花田勝彦(早稲田大学) - 第69回(1993年) 20.9km 1時間02分07秒 小林雅幸(早稲田大学) - 第71回(1995年) 20.9km 1時間01分35秒 藤田敦史(駒澤大学) - 第75回(1999年) 20.9km 1時間00分56秒 三田裕介(早稲田大学) - 第85回(2009年) 18.5km 55分04秒 西村知修(帝京大学) - 第87回(2011年) 18.5km 54分34秒 田村和希(青山学院大学) - 第91回(2015年) 18.5km 54分28秒 5区 大久保初男(大東文化大学) - 第51回(1975年) 21.4km 1時間12分02秒、第53回(1977年) 21.4km 1時間11分48秒 岡俊博(日本体育大学) - 第59回(1983年) 20.5km 1時間11分44秒 木下哲彦(早稲田大学) - 第61回(1985年) 20.6km 1時間11分59秒 奈良修(大東文化大学) - 第68回(1992年) 20.7km 1時間11分13秒 小林雅幸 - 第72回(1996年) 20.7km 1時間10分27秒 中井祥太(東海大学) - 第79回(2003年) 20.7km 1時間11分29秒 今井正人(順天堂大学) - 第81回(2005年) 20.9km 1時間09分12秒、第83回(2007年) 23.4km 1時間18分05秒 柏原竜二(東洋大学) - 第85回(2009年) 23.4km 1時間17分18秒、第86回(2010年) 23.4km 1時間17分08秒、第88回(2012年) 23.4km 1時間16分39秒 6区 塩塚秀夫(日本体育大学) - 第52回(1976年) 21.4km 58分57秒、第53回(1977年) 21.4km 58分57秒 谷口浩美(日本体育大学) - 第58回(1982年) 20.5km 58分04秒、第59回(1983年) 20.5km 57分47秒 黒沢一道(中央大学) - 第63回(1987年) 20.6km 1時間00分31秒 仲村明(順天堂大学) - 第64回(1988年) 20.6km 59分26秒 島嵜貴之(大東文化大学) - 第66回(1990年) 20.6km 59分21秒 小栗一秀(専修大学) - 第73回(1997年) 20.7km 59分07秒 中澤晃(神奈川大学) - 第74回(1998年) 20.7km 58分44秒、第75回(1999年) 20.7km 58分06秒 金子宣隆(大東文化大学) - 第77回(2001年) 20.7km 58分21秒 千葉健太(駒澤大学) - 第87回(2011年) 20.7km 58分11秒 7区 野中三徳(日本大学) - 第50回(1974年) 21.9km 1時間04分39秒 松本卓也(専修大学) - 第63回(1987年) 21.2km 1時間05分00秒 大場康成(駒澤大学) - 第67回(1991年) 21.2km 1時間04分44秒 武井隆次 - 第69回(1993年) 21.2km 1時間02分53秒 佐藤悠基(東海大学) - 第84回(2008年) 21.3km 1時間02分35秒 設楽悠太(東洋大学) - 第88回(2012年) 21.3km 1時間02分32秒 8区 大塚正美(日本体育大学) - 第56回(1980年) 21.3km 1時間06分20秒 榎木和貴(中央大学) - 第71回(1995年) 21.3km 1時間06分03秒 川波貴臣(中央大学) - 第72回(1996年) 21.3km 1時間05分48秒 古田哲弘(山梨学院大学) - 第73回(1997年) 21.3km 1時間04分05秒 9区 浜野健(順天堂大学) - 第73回(1997年) 23.0km 1時間09分30秒 高橋謙介(順天堂大学) - 第75回(1999年) 23.0km 1時間09分17秒 西田隆維(駒澤大学) - 第76回(2000年) 23.0km 1時間09分00秒 塩川雄也(駒澤大学) - 第81回(2005年) 23.2km 1時間08分38秒 篠藤淳(中央学院大学) - 第84回(2008年) 23.2km 1時間08分01秒 10区 小山輝夫(順天堂大学) - 第57回(1981年) 21.3km 1時間05分51秒 遠藤司(早稲田大学) - 第60回(1984年) 21.3km 1時間04分05秒 高橋正仁(駒澤大学) - 第76回(2000年) 23.0km 1時間10分26秒 真名子圭(大東文化大学) 第77回(2001年) 23.0km 1時間10分19秒 櫻井勇樹(早稲田大学) 第78回(2002年) 23.0km 1時間10分18秒 北浦政史(駒澤大学) 第79回(2003年) 23.0km 1時間09分54秒 山田紘之(日本体育大学) 第81回(2005年) 23.1km 1時間09分05秒 松瀬元太(順天堂大学) - 第83回(2007年) 23.1km 1時間08分59秒 主要海外大会出場選手 なお、オリンピックと世界陸上選手権のメダリスト及び入賞者(8位まで、ただしモントリオール五輪以前は6位まで)、それ以外の主要海外大会のメダリスト、及び日本記録保持者欄で世界記録保持者は太字で示してある。 (Wikipedia:箱根駅伝の人物一覧)

箱根駅伝の記録一覧
箱根駅伝の記録一覧(はこねえきでん の きろくいちらん)とは箱根駅伝にまつわる様々な記録の一覧である。 基本的には各項目上位10傑を掲載(項目によっては「最大」「最小」の記録のみ)。タイムは各区間と往路・復路・総合のみにとどめている。各記録は第92回大会(2016年)までのものを記述してある。 歴代本戦出場校一覧 ※出場回数、初出場大会、優勝回数並びに最高順位の各項目の集計は第92回大会(2016年)でのもの 出場回数順で表記。同数の場合は初出場が古い順、総合成績の優勝回数順、最高位順で表記。 なお、上記大学以外に選抜チームの一員として、関東学生連合(関東学連選抜を含む)で国際武道大学、流通経済大学、麗澤大学、学習院大学、松蔭大学、東京工業大学、東京経済大学、駿河台大学の選手が、日本学連選抜で徳山大学、京都産業大学、岡山大学、北海道教育大学の選手が走っている。 (Wikipedia:箱根駅伝の記録一覧)


箱根駅伝 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  一般参賀 - 2019年01月05日


関連するイメージは見つかりませんでした



一般参賀
一般参賀(いっぱんさんが)とは、1948年(昭和23年)から毎年、新年1月2日と天皇誕生日に開催されている皇室行事である。 天皇誕生日の一般参賀は、昭和天皇以降在位中の天皇の誕生日に行われる。 最初に開かれた昭和23年新年一般参賀(1948年)では、宮内庁庁舎屋上から昭和天皇が一人で民衆に対し手を振るというものであったが、昭和40年代には左翼活動が激化し、昭和天皇に対しパチンコを撃った、昭和天皇パチンコ狙撃事件などもあり、長和殿に厚いガラスを設け、ガラスの向こうから天皇・皇后を筆頭に成年皇族が参加するようになった。民衆は長和殿前の庭で日の丸の小旗を振りながら皇族を迎えるようになった。 昭和天皇の病状が悪化の一途をたどり、テレビなどでも血圧などの情報が流れるようになった1989年(昭和64年)の新年一般参賀は中止となった。昭和天皇は同月7日に崩御したため、翌1990年(平成2年)の一般参賀も中止となったが、この2年以外に中止となった年はない。 参賀 新年一般参賀 開催日:1月2日新年一般参賀は、新年を祝うために行われる。 (Wikipedia:一般参賀)


一般参賀 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  LOVEオーディション - 2019年01月05日


関連するイメージは見つかりませんでした




LOVEオーディション - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  RSS - 2019年01月05日


関連するイメージは見つかりませんでした



RSS
RSSは、ニュースやブログなど各種のウェブサイトの更新情報を簡単にまとめ、配信するための幾つかの文書フォーマットの総称である。 RDF site summary(RSS 0.9、RSS 1.0) rich Site summary(RSS 0.91) really simple syndication(RSS 2.0)上記の様に「RSS」という語には、名称の異なる複数の規格が存在しており、それぞれ記述方法や用途が異なるために、多少の混乱が見られる。 ブログでの更新情報の配信として用いられている場合が大半を占めているが、ニュース配信サイトでは最新ニュースを、放送局では番組情報を、その他各種企業においてプレスリリースや新製品情報、サポート情報を、RSSを使ったヘッドライン情報として配信する事例も増えている。また、音声データファイルを公開するための方法であるポッドキャスティングにも使われている。 また、RSSに対応しているウェブサイトではRSSに対応していることを明確にするために下記のような表示が使われていることが多い。 (Wikipedia:RSS)

RSSリーダー
フィードリーダー(feed reader)、またはフィード・アグリゲーター(feed aggregator)は、ブログやポッドキャスト、ニュースサイトなどが配信するフィードを取得・購読するためのアプリケーションソフトウェアの総称。フィードのファイルフォーマットとしてRSSが先行していたことから、現在でも「RSSリーダー」と呼ばれることが多い。英語圏では「news reader」や、単に「aggregator」と呼ばれることもある。 機能 ウェブ上にある様々なフィード(RSSまたはAtom)を取得し、フィードの管理を行うのが、フィードリーダーの役目である。 フィード管理 利用するフィードの管理を行う。タイトル、取得間隔、データの保存する / しないなどを管理する。 未読・既読管理 取得した情報をユーザーが読んだ(開いた)か、まだ読んでない(開いてない)かを管理する。これにより、既に取得したデータを排除することが出来る。 OPMLによるフィードのインポート、エクスポート フィードを一括して処理するため、OPMLという規格を利用して、インポート、エクスポートを行うのが主流である。 (Wikipedia:RSSリーダー)

RSS Reader
『RSSリーダー』より : フィードリーダー(feed reader)、またはフィード・アグリゲーター(feed aggregator)は、ブログやポッドキャスト、ニュースサイトなどが配信するフィードを取得・購読するためのアプリケーションソフトウェアの総称。フィードのファイルフォーマットとしてRSSが先行していたことから、現在でも「RSSリーダー」と呼ばれることが多い。英語圏では「news reader」や、単に「aggregator」と呼ばれることもある。 機能 ウェブ上にある様々なフィード(RSSまたはAtom)を取得し、フィードの管理を行うのが、フィードリーダーの役目である。 フィード管理 利用するフィードの管理を行う。タイトル、取得間隔、データの保存する / しないなどを管理する。 未読・既読管理 取得した情報をユーザーが読んだ(開いた)か、まだ読んでない(開いてない)かを管理する。これにより、既に取得したデータを排除することが出来る。 OPMLによるフィードのインポート、エクスポート フィードを一括して処理するため、OPMLという規格を利用して、インポート、エクスポートを行うのが主流である。 (Wikipedia:RSS Reader)

RSS Aggregator
『RSSリーダー』より : フィードリーダー(feed reader)、またはフィード・アグリゲーター(feed aggregator)は、ブログやポッドキャスト、ニュースサイトなどが配信するフィードを取得・購読するためのアプリケーションソフトウェアの総称。フィードのファイルフォーマットとしてRSSが先行していたことから、現在でも「RSSリーダー」と呼ばれることが多い。英語圏では「news reader」や、単に「aggregator」と呼ばれることもある。 機能 ウェブ上にある様々なフィード(RSSまたはAtom)を取得し、フィードの管理を行うのが、フィードリーダーの役目である。 フィード管理 利用するフィードの管理を行う。タイトル、取得間隔、データの保存する / しないなどを管理する。 未読・既読管理 取得した情報をユーザーが読んだ(開いた)か、まだ読んでない(開いてない)かを管理する。これにより、既に取得したデータを排除することが出来る。 OPMLによるフィードのインポート、エクスポート フィードを一括して処理するため、OPMLという規格を利用して、インポート、エクスポートを行うのが主流である。 (Wikipedia:RSS Aggregator)

RSSアグリゲータ
『RSSリーダー』より : フィードリーダー(feed reader)、またはフィード・アグリゲーター(feed aggregator)は、ブログやポッドキャスト、ニュースサイトなどが配信するフィードを取得・購読するためのアプリケーションソフトウェアの総称。フィードのファイルフォーマットとしてRSSが先行していたことから、現在でも「RSSリーダー」と呼ばれることが多い。英語圏では「news reader」や、単に「aggregator」と呼ばれることもある。 機能 ウェブ上にある様々なフィード(RSSまたはAtom)を取得し、フィードの管理を行うのが、フィードリーダーの役目である。 フィード管理 利用するフィードの管理を行う。タイトル、取得間隔、データの保存する / しないなどを管理する。 未読・既読管理 取得した情報をユーザーが読んだ(開いた)か、まだ読んでない(開いてない)かを管理する。これにより、既に取得したデータを排除することが出来る。 OPMLによるフィードのインポート、エクスポート フィードを一括して処理するため、OPMLという規格を利用して、インポート、エクスポートを行うのが主流である。 (Wikipedia:RSSアグリゲータ)

RSSリーダ
『RSSリーダー』より : フィードリーダー(feed reader)、またはフィード・アグリゲーター(feed aggregator)は、ブログやポッドキャスト、ニュースサイトなどが配信するフィードを取得・購読するためのアプリケーションソフトウェアの総称。フィードのファイルフォーマットとしてRSSが先行していたことから、現在でも「RSSリーダー」と呼ばれることが多い。英語圏では「news reader」や、単に「aggregator」と呼ばれることもある。 機能 ウェブ上にある様々なフィード(RSSまたはAtom)を取得し、フィードの管理を行うのが、フィードリーダーの役目である。 フィード管理 利用するフィードの管理を行う。タイトル、取得間隔、データの保存する / しないなどを管理する。 未読・既読管理 取得した情報をユーザーが読んだ(開いた)か、まだ読んでない(開いてない)かを管理する。これにより、既に取得したデータを排除することが出来る。 OPMLによるフィードのインポート、エクスポート フィードを一括して処理するため、OPMLという規格を利用して、インポート、エクスポートを行うのが主流である。 (Wikipedia:RSSリーダ)

RSS (曖昧さ回避)
RSS -- ブログなど各種のウェブサイトの更新情報を配信するフィードの一種。
Resident Set Size -- 物理メモリの消費量
Random Shutdown Syndrome -- MacBookの電源の不具合による「突発的シャットダウン症候群」。MacBook#電源の停止を参照。
Reduced Space Symbology -- 一次元バーコードの一種
Rotating Service Structure -- 回転式整備構造物。スペースシャトルの発射に用いられる
recombination signal sequences --
residual sum of squares -- 残差平方和(回帰モデル)
Repetitive Strain Syndrom -- 反復性緊張症候群
Russell-Silver syndrome -- ラッセル・シルバー症候群
Royal Statistical Society -- 王立統計学会(イギリスの統計学会)
Roland Sound Space -- ローランドが開発した仮想立体音響システム
Regional Security System -- 西インド諸島の軍事協定
(Wikipedia:RSS (曖昧さ回避))


RSS - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  イエス・キリスト - 2019年01月05日


関連するイメージは見つかりませんでした



イエス・キリスト
イエス・キリスト(紀元前2年頃 - 紀元後33年頃、ギリシア語: Ίησοῦς Χριστός、ヘブライ語ラテン文字転記:Yhoshuah ha-Mashiah)は、ギリシア語で「キリストであるイエス」、または「イエスはキリストである」という意味である。すなわち、キリスト教においてはナザレのイエスをイエス・キリストと呼んでいるが、この呼称自体にイエスがキリストであるとの信仰内容が示されている。イエスの存在についてはフラウィウス・ヨセフス(1世紀)、タキトゥス(1世紀)、スエトニウス(1世紀)などの歴史家がその著作の中で言及している。 本項では、ナザレのイエスについてのキリスト教における観点とその他について述べる。 日本正教会では中世以降のギリシャ語と教会スラヴ語に由来する転写により「イイスス・ハリストス」と呼ばれる。かつてはカトリック教会ではイエスは「イエズス」と表記されていたが、現在ではあまり用いられない。戦国時代から江戸時代初期にかけてのキリシタンは、「ゼス(ゼスス)・キリシト」を用いていた。 キリスト教の多くの教派(正教会、東方諸教会、カトリック教会、聖公会、プロテスタント)において、三位一体(至聖三者)の教義の元に、神の子が受肉(藉身)して人となった、真の神であり真の人である救い主として(一部の教派では、単性論と通称される、神としての属性を強調する立場で)信仰の対象となっている。 (Wikipedia:イエス・キリスト)


イエス・キリスト - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す