[PR]

日別キーワード

第1位  箱根駅伝 - 2019年01月03日


関連するイメージは見つかりませんでした



箱根駅伝
『東京箱根間往復大学駅伝競走』より : 東京箱根間往復大学駅伝競走(とうきょうはこねかんおうふくだいがくえきでんきょうそう)は、例年1月2日と翌3日の2日間にわたって行われる大学駅伝の競技会(地方大会)である。関東学生陸上競技連盟が主催し読売新聞社が共催する。一般には箱根駅伝(はこねえきでん)と呼ばれ、その実施については関東学生陸上競技連盟が定める「東京箱根間往復大学駅伝競走に関する内規」に定められている(以下、「東京箱根間往復大学駅伝に関する内規」は単に「内規」として説明する)。 現在開催されている駅伝の中で最長の距離を持ち、1987年から放送を開始したテレビ中継によって国内の学生スポーツ競技会の中でも極めて高い人気も誇る。 「箱根駅伝」は読売新聞東京本社の登録商標(第5565518号)である。 出場校は20校で、これとは別に出場校以外の競技者による関東学生連合チーム(オープン参加)が参加する(2015年の第91回東京箱根間往復大学駅伝競走以降の編成)。 (Wikipedia:箱根駅伝)

箱根駅伝の人物一覧
箱根駅伝の人物一覧は東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)出場者からオリンピック、世界陸上選手権、アジア大会などの国際大会に出場した選手や、主要マラソン優勝者、日本記録保持者などをまとめた人物一覧である(校名は当時のものを記載)。 区間記録樹立者一覧 箱根駅伝の各区間において記録更新を達成した者の一覧である。 1区 石井隆士(日本体育大学) - 第53回(1977年) 21.8km 1時間04分09秒 西弘美(日本大学) - 第54回(1978年) 21.8km 1時間03分42秒 佐藤和也(東洋大学) - 第59回(1983年) 21.3km 1時間03分30秒 武井隆次(早稲田大学) - 第67回(1991年) 21.3km 1時間03分26秒、第68回(1992年) 21.3km 1時間03分22秒 櫛部静二(早稲田大学) - 第69回(1993年) 21.3km 1時間02分09秒 渡辺康幸(早稲田大学) - 第70回(1994年) 21.3km 1時間01分13秒 佐藤悠基(東海大学) - 第83回(2007年) 21.4km 1時間01分06秒 2区 服部誠(東京農業大学) - 第51回(1975年) 25.2km 1時間13分21秒 瀬古利彦(早稲田大学) - 第55回(1979年) 24.4km 1時間12分18秒、第56回(1980年) 24.4km 1時間11分37秒 大塚正美(日本体育大学) - 第59回(1983年) 22.7km 1時間07分34秒 渡辺康幸 - 第71回(1995年) 23.0km 1時間06分48秒 三代直樹(順天堂大学) - 第75回(1999年) 23.0km 1時間06分46秒 メクボ・ジョブ・モグス(山梨学院大学) - 第84回(2008年) 23.2km 1時間06分23秒、第85回(2009年) 23.2km 1時間06分04秒 3区 森近繁則(日本大学) - 第54回(1978年) 22.2km 1時間03分45秒 小林正幹(早稲田大学) - 第71回(1995年) 21.3km 1時間02分49秒 佐藤悠基 - 第82回(2006年) 21.5km 1時間02分12秒 竹澤健介(早稲田大学) - 第85回(2009年) 21.5km 1時間01分40秒 オンディバ・コスマス(山梨学院大学) - 第88回(2012年) 21.5km 1時間01分38秒 4区 中島修三(順天堂大学) - 第59回(1983年) 21.0km 1時間02分40秒 山田和人(順天堂大学) - 第66回(1990年) 20.9km 1時間02分45秒 花田勝彦(早稲田大学) - 第69回(1993年) 20.9km 1時間02分07秒 小林雅幸(早稲田大学) - 第71回(1995年) 20.9km 1時間01分35秒 藤田敦史(駒澤大学) - 第75回(1999年) 20.9km 1時間00分56秒 三田裕介(早稲田大学) - 第85回(2009年) 18.5km 55分04秒 西村知修(帝京大学) - 第87回(2011年) 18.5km 54分34秒 田村和希(青山学院大学) - 第91回(2015年) 18.5km 54分28秒 5区 大久保初男(大東文化大学) - 第51回(1975年) 21.4km 1時間12分02秒、第53回(1977年) 21.4km 1時間11分48秒 岡俊博(日本体育大学) - 第59回(1983年) 20.5km 1時間11分44秒 木下哲彦(早稲田大学) - 第61回(1985年) 20.6km 1時間11分59秒 奈良修(大東文化大学) - 第68回(1992年) 20.7km 1時間11分13秒 小林雅幸 - 第72回(1996年) 20.7km 1時間10分27秒 中井祥太(東海大学) - 第79回(2003年) 20.7km 1時間11分29秒 今井正人(順天堂大学) - 第81回(2005年) 20.9km 1時間09分12秒、第83回(2007年) 23.4km 1時間18分05秒 柏原竜二(東洋大学) - 第85回(2009年) 23.4km 1時間17分18秒、第86回(2010年) 23.4km 1時間17分08秒、第88回(2012年) 23.4km 1時間16分39秒 6区 塩塚秀夫(日本体育大学) - 第52回(1976年) 21.4km 58分57秒、第53回(1977年) 21.4km 58分57秒 谷口浩美(日本体育大学) - 第58回(1982年) 20.5km 58分04秒、第59回(1983年) 20.5km 57分47秒 黒沢一道(中央大学) - 第63回(1987年) 20.6km 1時間00分31秒 仲村明(順天堂大学) - 第64回(1988年) 20.6km 59分26秒 島嵜貴之(大東文化大学) - 第66回(1990年) 20.6km 59分21秒 小栗一秀(専修大学) - 第73回(1997年) 20.7km 59分07秒 中澤晃(神奈川大学) - 第74回(1998年) 20.7km 58分44秒、第75回(1999年) 20.7km 58分06秒 金子宣隆(大東文化大学) - 第77回(2001年) 20.7km 58分21秒 千葉健太(駒澤大学) - 第87回(2011年) 20.7km 58分11秒 7区 野中三徳(日本大学) - 第50回(1974年) 21.9km 1時間04分39秒 松本卓也(専修大学) - 第63回(1987年) 21.2km 1時間05分00秒 大場康成(駒澤大学) - 第67回(1991年) 21.2km 1時間04分44秒 武井隆次 - 第69回(1993年) 21.2km 1時間02分53秒 佐藤悠基(東海大学) - 第84回(2008年) 21.3km 1時間02分35秒 設楽悠太(東洋大学) - 第88回(2012年) 21.3km 1時間02分32秒 8区 大塚正美(日本体育大学) - 第56回(1980年) 21.3km 1時間06分20秒 榎木和貴(中央大学) - 第71回(1995年) 21.3km 1時間06分03秒 川波貴臣(中央大学) - 第72回(1996年) 21.3km 1時間05分48秒 古田哲弘(山梨学院大学) - 第73回(1997年) 21.3km 1時間04分05秒 9区 浜野健(順天堂大学) - 第73回(1997年) 23.0km 1時間09分30秒 高橋謙介(順天堂大学) - 第75回(1999年) 23.0km 1時間09分17秒 西田隆維(駒澤大学) - 第76回(2000年) 23.0km 1時間09分00秒 塩川雄也(駒澤大学) - 第81回(2005年) 23.2km 1時間08分38秒 篠藤淳(中央学院大学) - 第84回(2008年) 23.2km 1時間08分01秒 10区 小山輝夫(順天堂大学) - 第57回(1981年) 21.3km 1時間05分51秒 遠藤司(早稲田大学) - 第60回(1984年) 21.3km 1時間04分05秒 高橋正仁(駒澤大学) - 第76回(2000年) 23.0km 1時間10分26秒 真名子圭(大東文化大学) 第77回(2001年) 23.0km 1時間10分19秒 櫻井勇樹(早稲田大学) 第78回(2002年) 23.0km 1時間10分18秒 北浦政史(駒澤大学) 第79回(2003年) 23.0km 1時間09分54秒 山田紘之(日本体育大学) 第81回(2005年) 23.1km 1時間09分05秒 松瀬元太(順天堂大学) - 第83回(2007年) 23.1km 1時間08分59秒 主要海外大会出場選手 なお、オリンピックと世界陸上選手権のメダリスト及び入賞者(8位まで、ただしモントリオール五輪以前は6位まで)、それ以外の主要海外大会のメダリスト、及び日本記録保持者欄で世界記録保持者は太字で示してある。 (Wikipedia:箱根駅伝の人物一覧)

箱根駅伝の記録一覧
箱根駅伝の記録一覧(はこねえきでん の きろくいちらん)とは箱根駅伝にまつわる様々な記録の一覧である。 基本的には各項目上位10傑を掲載(項目によっては「最大」「最小」の記録のみ)。タイムは各区間と往路・復路・総合のみにとどめている。各記録は第92回大会(2016年)までのものを記述してある。 歴代本戦出場校一覧 ※出場回数、初出場大会、優勝回数並びに最高順位の各項目の集計は第92回大会(2016年)でのもの 出場回数順で表記。同数の場合は初出場が古い順、総合成績の優勝回数順、最高位順で表記。 なお、上記大学以外に選抜チームの一員として、関東学生連合(関東学連選抜を含む)で国際武道大学、流通経済大学、麗澤大学、学習院大学、松蔭大学、東京工業大学、東京経済大学、駿河台大学の選手が、日本学連選抜で徳山大学、京都産業大学、岡山大学、北海道教育大学の選手が走っている。 (Wikipedia:箱根駅伝の記録一覧)


箱根駅伝 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

箱根駅伝 - アマゾン検索


「箱根駅伝」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す