[PR]

日別キーワード

第26位  五所川原 - 2019年01月03日


関連するイメージは見つかりませんでした



五所川原
『五所川原市』より : 五所川原市(ごしょがわらし)は、青森県西部、津軽半島の中南部に位置する市である。旧市浦村域は飛地となっている。 地理 河川 - 岩木川 湖沼 - 十三湖、境野沢ため池、藤枝ため池 ダム - 小田川ダム、飯詰ダム 隣接している自治体 青森市 つがる市 北津軽郡:板柳町、鶴田町、中泊町 東津軽郡:今別町、外ヶ浜町、蓬田村 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行にともない、北津軽郡に五所川原村、栄村、中川村、三好村、長橋村、七和村、松島村、飯詰村が誕生。 1898年(明治31年)7月1日 - 五所川原村が町制施行し五所川原町となる。 1952年(昭和27年)11月26日 - 五所川原税務署襲撃事件。 1954年(昭和29年)10月1日 - 五所川原町、栄村、中川村、三好村、長橋村、松島村、飯詰村が合併し、五所川原市誕生。 1956年(昭和31年)9月30日 -北津軽郡七和村(下石川を除く)を編入する。 1956年(昭和31年)11月1日 - 北津軽郡鶴田町梅田と中泉を編入。 (Wikipedia:五所川原)

五所川原~鶴田線(廻堰経由)
『弘南バス』より : 社名 弘南バス株式会社
英文社名
種類 株式会社
市場情報 非上場
郵便番号 036-8002
本社所在地 青森県弘前市駅前2-14-2
電話番号 0172-32-2241
設立 1930年7月
登記上の設立日1941年4月17日
業種 陸運業
事業内容 乗合バス事業,貸切バス事業他
代表者 代表取締役社長 山口健六
資本金 495百万円
売上高
総資産
(Wikipedia:五所川原~鶴田線(廻堰経由))

五所川原線
『五能線』より : 五能線(ごのうせん)は、秋田県能代市の東能代駅と青森県南津軽郡田舎館村の川部駅を結ぶ、東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線(地方交通線)である。 路線データ 管轄(事業種別):東日本旅客鉄道(第一種鉄道事業者) 区間・路線距離(営業キロ):147.2km 駅数:43(起終点駅含む) 五能線所属駅に限定した場合、奥羽本線所属の東能代駅と川部駅が除外され、41駅となる。 軌間:1067mm 複線区間:なし(全線単線) 電化区間:なし(全線非電化) 閉塞方式:特殊自動閉塞式(電子符号照査式) 運転指令所:秋田総合指令室 (CTC) 最高速度:85km/h全線秋田支社の管轄である。 運行形態 運転系統は途中の深浦駅を境におおむね区分されるが、深浦駅をまたいで運転される列車が一部ある。一部の臨時列車をのぞいて深浦駅で列車番号が変更される。 東能代側では、東能代駅 - 能代駅間の区間列車が多く、運転本数はこの区間の運転列車の3分の2を占める。これは奥羽本線から能代市の中心部にある能代駅を接続する役割があり、1、2時間あたり1本程度運転されている。 (Wikipedia:五所川原線)

五所川原市
五所川原市(ごしょがわらし)は、青森県西部、津軽半島の中南部に位置する市である。旧市浦村域は飛地となっている。 地理 河川 - 岩木川 湖沼 - 十三湖、境野沢ため池、藤枝ため池 ダム - 小田川ダム、飯詰ダム 隣接している自治体 青森市 つがる市 北津軽郡:板柳町、鶴田町、中泊町 東津軽郡:今別町、外ヶ浜町、蓬田村 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行にともない、北津軽郡に五所川原村、栄村、中川村、三好村、長橋村、七和村、松島村、飯詰村が誕生。 1898年(明治31年)7月1日 - 五所川原村が町制施行し五所川原町となる。 1952年(昭和27年)11月26日 - 五所川原税務署襲撃事件。 1954年(昭和29年)10月1日 - 五所川原町、栄村、中川村、三好村、長橋村、松島村、飯詰村が合併し、五所川原市誕生。 1956年(昭和31年)9月30日 -北津軽郡七和村(下石川を除く)を編入する。 1956年(昭和31年)11月1日 - 北津軽郡鶴田町梅田と中泉を編入。 (Wikipedia:五所川原市)

五所川原駅
五所川原駅(ごしょがわらえき)は、青森県五所川原市字大町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)五能線の駅である。 本記事では、隣接している津軽鉄道津軽鉄道線の津軽五所川原駅(つがるごしょがわらえき)についても記載する。 陸奥鉄道の終着駅として開業した。開業6年後に国鉄五所川原線が開通、後に能代線と合わさって現在の五能線となる。1927年(昭和2年)には陸奥鉄道が国鉄に買収され、1930年(昭和5年)には津軽鉄道も乗り入れを開始する。津軽鉄道の駅は1956年(昭和31年)に「津軽五所川原」に改称している。 1918年(大正7年)9月25日 - 陸奥鉄道の川部駅から当駅までの開通と共に現在のJR駅が五所川原駅として開業する38。 1924年(大正13年)10月21日 - 国鉄五所川原線が陸奥鉄道の延長線の形で当駅から陸奥森田駅まで開業する。 1927年(昭和2年)6月1日 - 陸奥鉄道が買収により国鉄五所川原線に編入される。 1930年(昭和5年)7月15日 - 津軽鉄道線五所川原駅開業。駅舎は国鉄との共同使用。 1936年(昭和11年)7月30日 - 現在の五能線が全通し東能代駅から川部駅までが五能線に改称される。 (Wikipedia:五所川原駅)

五所川原ターミナル
『五所川原駅』より : 五所川原駅(ごしょがわらえき)は、青森県五所川原市字大町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)五能線の駅である。 本記事では、隣接している津軽鉄道津軽鉄道線の津軽五所川原駅(つがるごしょがわらえき)についても記載する。 陸奥鉄道の終着駅として開業した。開業6年後に国鉄五所川原線が開通、後に能代線と合わさって現在の五能線となる。1927年(昭和2年)には陸奥鉄道が国鉄に買収され、1930年(昭和5年)には津軽鉄道も乗り入れを開始する。津軽鉄道の駅は1956年(昭和31年)に「津軽五所川原」に改称している。 1918年(大正7年)9月25日 - 陸奥鉄道の川部駅から当駅までの開通と共に現在のJR駅が五所川原駅として開業する38。 1924年(大正13年)10月21日 - 国鉄五所川原線が陸奥鉄道の延長線の形で当駅から陸奥森田駅まで開業する。 1927年(昭和2年)6月1日 - 陸奥鉄道が買収により国鉄五所川原線に編入される。 1930年(昭和5年)7月15日 - 津軽鉄道線五所川原駅開業。駅舎は国鉄との共同使用。 1936年(昭和11年)7月30日 - 現在の五能線が全通し東能代駅から川部駅までが五能線に改称される。 (Wikipedia:五所川原ターミナル)

五所川原~青森線
『弘南バス五所川原営業所』より : 弘南バス五所川原営業所(こうなんバスごしょがわらえいぎょうしょ)は、青森県五所川原市にある弘南バスの営業所である。 当記事では、営業所前のバス停である五所川原営業所前バス停についても記す。 沿革 1955年3月 - 開設。 1967年8月 - 新築移転。 2008年4月1日 - 金木車庫(現・金木案内所)での車両配置の廃止に伴い、所管路線を移管する。 金木車庫 ⇒ 五所川原営業所 金木 - 田茂木・長泥線 金木 - 喜良市線 スクールバス(五所川原市立金木小学校、五所川原市立金木保育所、つがる市立瑞穂小学校) 2009年4月1日 - 板柳案内所での車両配置の廃止に伴い、一部の所管路線を移管する。 板柳案内所 ⇒ 五所川原営業所 柏木経由 板柳 - 五所川原線 三世寺経由 弘前 - 板柳・笹館線 板柳 - 十腰内線 管理下にある案内所 五所川原駅前案内所 小泊案内所 閉鎖中の案内所 金木案内所 板柳案内所 高速バス所管路線 詳細は各路線記事を参照のこと。 (Wikipedia:五所川原~青森線)

五所川原~鶴田線 (横萢経由)
『弘南バス五所川原営業所』より : 弘南バス五所川原営業所(こうなんバスごしょがわらえいぎょうしょ)は、青森県五所川原市にある弘南バスの営業所である。 当記事では、営業所前のバス停である五所川原営業所前バス停についても記す。 沿革 1955年3月 - 開設。 1967年8月 - 新築移転。 2008年4月1日 - 金木車庫(現・金木案内所)での車両配置の廃止に伴い、所管路線を移管する。 金木車庫 ⇒ 五所川原営業所 金木 - 田茂木・長泥線 金木 - 喜良市線 スクールバス(五所川原市立金木小学校、五所川原市立金木保育所、つがる市立瑞穂小学校) 2009年4月1日 - 板柳案内所での車両配置の廃止に伴い、一部の所管路線を移管する。 板柳案内所 ⇒ 五所川原営業所 柏木経由 板柳 - 五所川原線 三世寺経由 弘前 - 板柳・笹館線 板柳 - 十腰内線 管理下にある案内所 五所川原駅前案内所 小泊案内所 閉鎖中の案内所 金木案内所 板柳案内所 高速バス所管路線 詳細は各路線記事を参照のこと。 (Wikipedia:五所川原~鶴田線 (横萢経由))

五所川原~鶴田線 (廻堰経由)
『弘南バス五所川原営業所』より : 弘南バス五所川原営業所(こうなんバスごしょがわらえいぎょうしょ)は、青森県五所川原市にある弘南バスの営業所である。 当記事では、営業所前のバス停である五所川原営業所前バス停についても記す。 沿革 1955年3月 - 開設。 1967年8月 - 新築移転。 2008年4月1日 - 金木車庫(現・金木案内所)での車両配置の廃止に伴い、所管路線を移管する。 金木車庫 ⇒ 五所川原営業所 金木 - 田茂木・長泥線 金木 - 喜良市線 スクールバス(五所川原市立金木小学校、五所川原市立金木保育所、つがる市立瑞穂小学校) 2009年4月1日 - 板柳案内所での車両配置の廃止に伴い、一部の所管路線を移管する。 板柳案内所 ⇒ 五所川原営業所 柏木経由 板柳 - 五所川原線 三世寺経由 弘前 - 板柳・笹館線 板柳 - 十腰内線 管理下にある案内所 五所川原駅前案内所 小泊案内所 閉鎖中の案内所 金木案内所 板柳案内所 高速バス所管路線 詳細は各路線記事を参照のこと。 (Wikipedia:五所川原~鶴田線 (廻堰経由))

五所川原~鶴田線(横萢経由)
『弘南バス五所川原営業所』より : 五所川原営業所(ごしょがわらえいぎょうしょ)は、青森県五所川原市姥萢にある弘南バスの営業所である。傘下には弘南バス金木営業所 金木営業所、弘南バス小泊案内所 小泊案内所がある。
青森県五所川原市大字姥萢字桜木10番地1号
1955年3月 - 開設。
1967年8月 - 新築移転。
ヨーデル号 「ヨーデル号」五所川原~盛岡線
ノクターン (高速バス) 「ノクターン号」五所川原~東京線
五所川原駅~五所川原営業所~広田~原子~大釈迦北口~鶴ヶ坂駅 鶴ヶ坂駅前~戸門~津軽新城駅 新城駅前~青森駅 青森駅前~新町二丁目~合浦町 ~県立中央病院通り~青森営業所
1933年 - 津軽急行自動車が運行開始(県道青森・五所川原線経由)。
(Wikipedia:五所川原~鶴田線(横萢経由))

五所川原営業所 (弘南バス)
『弘南バス五所川原営業所』より : 五所川原営業所(ごしょがわらえいぎょうしょ)は、青森県五所川原市姥萢にある弘南バスの営業所である。傘下には弘南バス金木営業所 金木営業所、弘南バス小泊案内所 小泊案内所がある。
青森県五所川原市大字姥萢字桜木10番地1号
1955年3月 - 開設。
1967年8月 - 新築移転。
ヨーデル号 「ヨーデル号」五所川原~盛岡線
ノクターン (高速バス) 「ノクターン号」五所川原~東京線
五所川原駅~五所川原営業所~広田~原子~大釈迦北口~鶴ヶ坂駅 鶴ヶ坂駅前~戸門~津軽新城駅 新城駅前~青森駅 青森駅前~新町二丁目~合浦町 ~県立中央病院通り~青森営業所
1933年 - 津軽急行自動車が運行開始(県道青森・五所川原線経由)。
(Wikipedia:五所川原営業所 (弘南バス))

五所川原~鯵ヶ沢線
『弘南バス鰺ヶ沢営業所』より : 弘南バス鰺ヶ沢営業所(こうなんバスあじがさわえいぎょうしょ)とは、青森県西津軽郡鰺ヶ沢町にある弘南バスの営業所である。 沿革 1954年11月 - 鰺ヶ沢出張所を開設。 1956年12月11日 - 大和田車庫が近火により類焼。 1958年1月 - 鰺ヶ沢出張所を鰺ヶ沢営業所へ改組。 1960年8月 - 組織改正により、鰺ヶ沢営業所を鰺ヶ沢支所(五所川原営業所所管)に降格。 196x年 - 鰺ヶ沢支所を鰺ヶ沢営業所へ復帰。 197x年 - 鯵ヶ沢町本町から鯵ヶ沢町舞戸へ鰺ヶ沢営業所を移転。 管理下にある案内所 鰺ヶ沢駅前案内所 所管路線 鰺ヶ沢 - 弘前線 和徳車庫と共管 (聖愛高校線を除く) 鰺ヶ沢本町 - 海の駅わんど - 鰺ヶ沢駅前(往路のみ停車) - 鰺ヶ沢病院 - K2マート前 - 川尻口 - 南浮田 - 鳴沢駅通り - 小屋敷 - 建石 - 天長園前 - 十腰内 - 十面沢 - 裾野中学校前 - 大森 - 貝沢 - 堂ヶ沢 - 鬼沢 - 住吉 - 高杉 - 独弧 - 石渡 - 浜の町 - 中央高校前 - 中央通り二丁目(復路:下土手町1) - 弘前バスターミナル前 - 弘前駅前 (復路は弘前バスターミナル始発) 聖愛高校線:(中央通り二丁目までは弘前駅行と同経路) - 上代官町 - 住吉入口 - 弘前大学前 - 三中校前 - 実業高校前 - 聖愛高校前 鰺ヶ沢本町6:00発は聖愛高校行(日曜・祝日は弘前駅行)。 (Wikipedia:五所川原~鯵ヶ沢線)

五所川原~鰺ヶ沢線
『弘南バス鰺ヶ沢営業所』より : 弘南バス鰺ヶ沢営業所(こうなんバスあじがさわえいぎょうしょ)とは、青森県西津軽郡鰺ヶ沢町にある弘南バスの営業所である。 沿革 1954年11月 - 鰺ヶ沢出張所を開設。 1956年12月11日 - 大和田車庫が近火により類焼。 1958年1月 - 鰺ヶ沢出張所を鰺ヶ沢営業所へ改組。 1960年8月 - 組織改正により、鰺ヶ沢営業所を鰺ヶ沢支所(五所川原営業所所管)に降格。 196x年 - 鰺ヶ沢支所を鰺ヶ沢営業所へ復帰。 197x年 - 鯵ヶ沢町本町から鯵ヶ沢町舞戸へ鰺ヶ沢営業所を移転。 管理下にある案内所 鰺ヶ沢駅前案内所 所管路線 鰺ヶ沢 - 弘前線 和徳車庫と共管 (聖愛高校線を除く) 鰺ヶ沢本町 - 海の駅わんど - 鰺ヶ沢駅前(往路のみ停車) - 鰺ヶ沢病院 - K2マート前 - 川尻口 - 南浮田 - 鳴沢駅通り - 小屋敷 - 建石 - 天長園前 - 十腰内 - 十面沢 - 裾野中学校前 - 大森 - 貝沢 - 堂ヶ沢 - 鬼沢 - 住吉 - 高杉 - 独弧 - 石渡 - 浜の町 - 中央高校前 - 中央通り二丁目(復路:下土手町1) - 弘前バスターミナル前 - 弘前駅前 (復路は弘前バスターミナル始発) 聖愛高校線:(中央通り二丁目までは弘前駅行と同経路) - 上代官町 - 住吉入口 - 弘前大学前 - 三中校前 - 実業高校前 - 聖愛高校前 鰺ヶ沢本町6:00発は聖愛高校行(日曜・祝日は弘前駅行)。 (Wikipedia:五所川原~鰺ヶ沢線)

五所川原市内循環100円バス
商店街循環バス(しょうてんがいじゅんかんばす)は青森県五所川原市内を運行するコミュニティバスである。 五所川原商工会議所が運営し、弘南バスが運行を受託している。 沿革 1999年4月15日 - 五所川原商工会議所が「中心市街地活性化に向けた賑わい創出事業」の一環として、「五所川原市内100円循環バス」の試行運行開始。 2000年4月1日 - 本格運行開始。 2004年5月1日 - 「新宮・若葉コース」と「一ッ谷・松島町コース」を統合・再編し、「若葉・松島町コース」の運行開始。 2008年12月25日 - 運賃を100円から120円に値上げし、「商店街循環バス」と改称。 2012年 - 車体更新と塗装変更を実施。 担当営業所 弘南バス五所川原営業所 運行経路 エルムの街直行バス 「立佞武多号」 五所川原駅前 - 布屋町 - 田町東北電力前 - 中央二丁目 - エルムの街 所要時間 - 約15分。 (Wikipedia:五所川原市内循環100円バス)

五所川原立佞武多
五所川原立佞武多(ごしょがわらたちねぷた)は、青森県五所川原市で8月4日から8月8日に開催される祭りである。 青森のねぶたと構造は基本的に同じだが、その名の通り、高さが最大で20m強にも達する巨大な山車が運行される。 「立倭武多」と誤植されることもある(その中には旅行会社のウェブページやパンフレットもある)が、佞(ネイ)と倭(ワ、イ)は別字である。 山車 この立佞武多とよばれる山車は、禊ぎ祓いとして行われた夏の行事において、燈籠を作られていたものがいつしか組み人形として作られるようになったのが原形と考えられている。明治時代から大正時代にかけて巨大なものとなり、市内の豪商や集落などで競って作られていた。しかし、電線が市街地に張り巡らされたことにより、巨大な山車の運行が困難になり、立佞武多は低形化された。結果、立佞武多そのものが幻となってしまう事となった。 1993年(平成5年)、市内のある家庭で先祖の遺品の整理をしていたところ、明治・大正期の立佞武多の設計図の一部が発見された。 (Wikipedia:五所川原立佞武多)

五所川原吾作
『Gosaku』より : gosaku(ごさく、1976年10月8日 - )は、日本の男子プロレスラー。青森県黒石市出身。フリーランス。 複数のリングネームを名乗ったことがあるが、現在はgosaku(ごさく)として活動している。本名は工藤 梓(くどう あづさ)。 一部で「隣のデスマッチ王」、「青森のデスマッチ王」と呼ばれている。 弘前大学附属中学校を卒業後、FMWに入団。同期には、田中正人(現:田中将斗)・PWCから移籍した黒田哲広がいる。 1993年11月21日、五所川原吾作としてデビュー(対戦相手は黒田哲広)。 デビュー直後はミスター珍とのコミカルな試合が定番となっていた。アンダーテイカー吾作と名乗って試合を行ったこともある。 体格が良く、要領も良かったため期待されたが、それに慢心したのと生来ののんびり屋の性格が災いして伸び悩む。ふがいない試合を続け、挙句にはリング上で田中や黒田にリンチ制裁を受ける破目になった。 技術・人気の伸び悩みから脱するため大矢剛功やミスター・ポーゴに弟子入りしたが、いずれも長続きせずファンの批判を浴びた。 (Wikipedia:五所川原吾作)

五所川原~板柳線 (柏木経由)
『弘南バス板柳案内所』より : 弘南バス板柳案内所(こうなんバスいたやなぎあんないしょ)は、青森県北津軽郡板柳町にある弘南バスの待機所である。 以前は車両・乗務員の配置があったが、現在は無人化され、バス待機所となっている。 沿革 1950年6月1日 - 板柳営業所を開設。 「三世寺経由 板柳 - 弘前線」「板柳 - 川村線」「板柳 - 十面沢線」の3路線を所管。 1952年12月24日 - 板柳バスを買収。 「胡桃館線」「柏木線」「川部線」を板柳バスから編入し、「板柳 - 青森線」「板柳 - 鯵ヶ沢線」の運行を開始する。 1960年8月 - 組織改正により、五所川原営業所所管の板柳案内所となる。 197x年 - 和徳営業所の開設に伴い、和徳営業所の所管に変更となる。 1987年 - 和徳営業所の廃止により、高崎営業所の所管に変更となる。 1998年 - 高崎営業所の廃止により、弘前営業所の所管に変更となる。藤代営業所の車庫降格に伴い、一部の弘前管内路線が移管される。 2009年4月1日 - 車両配置の廃止に伴い、所管路線を移管し、出札窓口の営業時間を短縮する。 (Wikipedia:五所川原~板柳線 (柏木経由))

五所川原西バイパス
五所川原西バイパス(ごしょがわらにしバイパス)は、青森県五所川原市の五所川原北ICからつがる市のつがる柏ICに至る全長 約3.8kmの自動車専用道路で、国道101号のバイパスである。 津軽自動車道の一部を構成し、五所川原市街地を迂回する環状道路という機能を併せ持つ。 起点 : 青森県五所川原市大字太刀打 終点 : 青森県つがる市柏稲盛岡本 全長 : 3.8km 規格 : 第1種第3級 道路幅員 : 12.0m 車線数 : 2車線 設計速度 : 80km/h 事業費 : 約138億円津軽自動車道・五所川原北ICに連結し、終点のつがる柏ICまで至る、五所川原市街地を迂回するバイパス機能を持った延長 3.8kmの自動車専用道路である。 (Wikipedia:五所川原西バイパス)

五所川原警察署
五所川原警察署(ごしょがわらけいさつしょ)は、青森県警察が管轄する警察署の一つである。
五所川原市
北津軽郡鶴田町、中泊町
青森県五所川原市字栄町6番地1
1875年:第5大区警察出張所として発足
1877年:つがる警察署 木造警察署五所川原分署となる
1880年:五所川原警察署に昇格
1948年:警察制度改革により、五所川原、金木、板柳、鶴田の各町に自治体警察が設置される 
1954年:県警察発足に伴い、五所川原警察署となる
駅前交番
鶴田駐在所
栄駐在所
西部駐在所
飯詰駐在所
松島団地駐在所
松島駐在所
長橋駐在所
七和駐在所
(Wikipedia:五所川原警察署)

五所川原東インターチェンジ
五所川原東インターチェンジ(ごしょがわらひがしインターチェンジ)は、青森県五所川原市福山にある津軽自動車道(浪岡五所川原道路)のインターチェンジである。 接続する道路 国道101号 青森県道156号福山五所川原線(間接接続) 2002年(平成14年)11月25日 青森市浪岡の徳才子交差点 - 五所川原東IC開通に伴い供用 2007年(平成19年)12月14日 五所川原東IC - 五所川原北IC開通に伴い、市街地・中泊町方面の通行が可能になる 周辺 ごしょつがる農業協同組合(本店・りんごセンター・まるっと新鮮館) 北都観光 隣 津軽自動車道(浪岡五所川原道路) 徳才子交差点 - 五所川原東IC - 五所川原IC 関連項目 日本のインターチェンジ一覧 か行。 (Wikipedia:五所川原東インターチェンジ)


五所川原 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

五所川原 - アマゾン検索


「五所川原」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す