[PR]

日別キーワード

第31位  砂原良徳 - 2019年01月03日


関連するイメージは見つかりませんでした



砂原良徳
砂原 良徳(すなはら よしのり、1969年9月13日 - )は、日本のテクノミュージシャン。北海道札幌市豊平区出身。1991年から1999年まで電気グルーヴのメンバーとして活動。愛称は「まりん」。2013年現在はプライベートスタジオ「Y.Sunahara's STUDIO」(YSST)を設け、活動の拠点としている。 小学4年の時、地元のロボット展示会で耳にしたYMOの『中国女』が、自らの音楽的な出発点という。中学生でシンセサイザーを始め、YMOやクラフトワークなどの、テクノポップ・ニューウェーブの影響を強く受ける。メガドライブ版ゲームソフトギャラクシーフォースの音楽担当や自らのバンド「オーティズム」、1991年には平沢進のコンサートツアー「ヴァーチュアル・ラビット・ツアー」でのサポートメンバーを経て、1991年かねてから交流のあった石野卓球に渡したデモテープがきっかけとなり、CMJK脱退後の電気グルーヴのメンバーとして同年夏に加入。 (Wikipedia:砂原良徳)


砂原良徳 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

砂原良徳 - アマゾン検索


「砂原良徳」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す