[PR]

日別キーワード

第49位  秩父宮 - 2019年01月03日


関連するイメージは見つかりませんでした



秩父宮
秩父宮(ちちぶのみや)は、宮家の一つ。 1922年(大正11年)6月25日、大正天皇の第二皇子淳宮雍仁親王が、20歳の誕生日を迎えるとともに創設。 構成 なお、雍仁親王の弟宮にあたる光宮宣仁親王が高松宮を創設したのは、これより9年前の1913年のことである。これは、宣仁親王が旧有栖川宮家の祭祀を継承するため、最後の有栖川宮威仁親王の薨去直後に宮家を創設したことによる。 雍仁親王には子女が無く、1995年(平成7年)8月25日、雍仁親王妃勢津子の薨去により断絶した。 1932年、慶應義塾大学創立75年記念式典にて、皇室としては異例の大学への教育奨励を行う。 関連項目 霧藻ヶ峰 秩父地方 秩父神社 外部リンク 旧秩父宮 - 宮内庁。 (Wikipedia:秩父宮)

秩父宮妃勢津子
『雍仁親王妃勢津子』より : 雍仁親王妃勢津子(やすひとしんのうひ せつこ、1909年(明治42年)9月9日 - 1995年(平成7年)8月25日)は、日本の皇族で、秩父宮雍仁親王の妃。旧名は松平節子(まつだいら せつこ)。身位は親王妃。お印は菊(きく)。 成婚に際し、雍仁親王の実母である貞明皇后の名「節子(さだこ)」の同字を避け(避諱)、皇室ゆかりの伊勢と会津松平家ゆかりの会津から一字ずつ取り、同音異字の勢津子に改めた。 旧会津藩主・松平容保の六男で外交官の松平恆雄の長女。母は鍋島直大(侯爵、佐賀藩11代藩主)の娘・信子。 生涯 少女時代 父の任地イギリスのロンドンで生まれる。生後数か月で帰国し、その後北京、天津、ワシントンの領事館・大使館で少女期を過ごす。1928年、米国ワシントンD.C.のフレンドスクール(現シドウェル・フレンズ・スクール)を卒業する。いわゆる帰国子女で、英語に堪能なだけでなく、外国人を前にした英語のスピーチはお手のものだったという。 女子学習院初等科3年の時、伯爵・樺山愛輔の次女・正子と同級生となり、以後2人は生涯の友となった。 (Wikipedia:秩父宮妃勢津子)

秩父宮雍仁親王
秩父宮雍仁親王(ちちぶのみや やすひとしんのう、1902年(明治35年)6月25日 - 1953年(昭和28年)1月4日)は、日本の皇族。大正天皇と貞明皇后(同日の誕生日であった)の第二皇子。昭和天皇の弟宮、今上天皇の叔父にあたる。 妃は勢津子(旧会津藩主・松平容保の四男で外交官を務めた松平恆雄の長女)。御称号は淳宮(あつのみや)。身位は親王。お印は若松(わかまつ)。階級は陸軍少将。勲等功級は大勲位功三級。勢津子妃との間に子女はない。 生涯 幼少の頃は裕仁親王(当時)、宣仁親王と共に育ち、3人とも仲は良かったと言う。兄弟の中では最も活溌であり、そのことは1つ違いの兄とよく比較された。玩具の取り合いで兄と喧嘩し、先に手を出すことも多々あった。しかし兄がいない時は小心であり、自ら「内弁慶であった」と、戦後に回想している。 祖父である明治天皇には、よく玩具を与えられたと同じく回想しているが、明治天皇と触れ合う機会は、天皇自身が公務を優先したため生涯ほとんど無く、崩御寸前まで声を聞くこともなかった。 (Wikipedia:秩父宮雍仁親王)

秩父宮雍仁
『秩父宮雍仁親王』より : 秩父宮雍仁親王(ちちぶのみや やすひとしんのう、1902年(明治35年)6月25日 - 1953年(昭和28年)1月4日)は、日本の皇族。大正天皇と貞明皇后(同日の誕生日であった)の第二皇子。昭和天皇の弟宮、今上天皇の叔父にあたる。 妃は勢津子(旧会津藩主・松平容保の四男で外交官を務めた松平恆雄の長女)。御称号は淳宮(あつのみや)。身位は親王。お印は若松(わかまつ)。階級は陸軍少将。勲等功級は大勲位功三級。勢津子妃との間に子女はない。 生涯 幼少の頃は裕仁親王(当時)、宣仁親王と共に育ち、3人とも仲は良かったと言う。兄弟の中では最も活溌であり、そのことは1つ違いの兄とよく比較された。玩具の取り合いで兄と喧嘩し、先に手を出すことも多々あった。しかし兄がいない時は小心であり、自ら「内弁慶であった」と、戦後に回想している。 祖父である明治天皇には、よく玩具を与えられたと同じく回想しているが、明治天皇と触れ合う機会は、天皇自身が公務を優先したため生涯ほとんど無く、崩御寸前まで声を聞くこともなかった。 (Wikipedia:秩父宮雍仁)

秩父宮ラグビー場
秩父宮ラグビー場(ちちぶのみやラグビーじょう)は、東京・明治神宮外苑(港区北青山)にあるラグビー専用競技場である。独立行政法人日本スポーツ振興センターによって運営される国立霞ヶ丘競技場の一施設。 施設の概要・歴史 戦前の関東のラグビーの試合は、明治神宮競技場を専用グランドに近い格好で使用していたが、戦後はアメリカ軍が同グラウンドを接収し「ナイルキニックスタジアム」と名を変え、日本人は自由に使うことができなくなったため、神宮球場や後楽園球場(現・東京ドーム)でラグビーの試合を行わざるをえない状態となった。 そこで関東ラグビー協会は、昭和22年頃から新しい専用ラグビー場を建築すべく、候補地捜しを開始した。明治大学ラグビー部出身で協会理事であった伊集院浩(当時毎日新聞記者)が見つけてきた土地が、アメリカ軍による東京大空襲(山の手大空襲)によって焼失した女子学習院跡地で、アメリカ軍の駐車場になっていた現在の秩父宮ラグビー場の地であった。 (Wikipedia:秩父宮ラグビー場)

秩父宮ラクビー場
『秩父宮ラグビー場』より : 秩父宮ラグビー場(ちちぶのみやラグビーじょう)は、東京・明治神宮外苑(港区北青山)にあるラグビー専用競技場である。独立行政法人日本スポーツ振興センターによって運営される国立霞ヶ丘競技場の一施設。 施設の概要・歴史 戦前の関東のラグビーの試合は、明治神宮競技場を専用グランドに近い格好で使用していたが、戦後はアメリカ軍が同グラウンドを接収し「ナイルキニックスタジアム」と名を変え、日本人は自由に使うことができなくなったため、神宮球場や後楽園球場(現・東京ドーム)でラグビーの試合を行わざるをえない状態となった。 そこで関東ラグビー協会は、昭和22年頃から新しい専用ラグビー場を建築すべく、候補地捜しを開始した。明治大学ラグビー部出身で協会理事であった伊集院浩(当時毎日新聞記者)が見つけてきた土地が、アメリカ軍による東京大空襲(山の手大空襲)によって焼失した女子学習院跡地で、アメリカ軍の駐車場になっていた現在の秩父宮ラグビー場の地であった。 (Wikipedia:秩父宮ラクビー場)

秩父宮記念公園
秩父宮記念公園(ちちぶのみや きねんこうえん)は、秩父宮雍仁親王・勢津子妃が過ごした元別邸を整備、公開した公園。静岡県御殿場市の箱根外輪山の麓にあり、勢津子の遺言により御殿場市に寄贈されたのち公園となった。 名前から誤解されがちだが、埼玉県秩父市所在ではない。 沿革 元々は、血盟団事件で暗殺された井上準之助蔵相の元別荘であった。1941年(昭和16年)に宮家が購入して秩父宮御殿場御別邸とされ、戦中戦後の時期をここで過ごした。 1995年(平成7年)に遺贈され、2003年(平成15年)春にオープンした。敷地面積1万8千坪、標高500mの場所は夏も涼しくこの公園の周囲を1000本の檜林が囲っている。 園内には市内の農家から移築された1723年築の茅葺屋根の家があり母屋になっている。窓からは富士山を眺めることができる。敷地の中は高山植物などが育成され、また秩父宮が焼き物を作った窯「三峰窯」(みつみねがま、富士山・箱根山・愛鷹山にちなむ)が残されている。 (Wikipedia:秩父宮記念公園)


秩父宮 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

秩父宮 - アマゾン検索


「秩父宮」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す