[PR]

日別キーワード

第100位  排他的経済水域 - 2019年01月03日


関連するイメージは見つかりませんでした



排他的経済水域
排他的経済水域(はいたてきけいざいすいいき、英: Exclusive Economic Zone; 略称EEZ、仏: Zone économique exclusive, ZEE, 独: Ausschließliche Wirtschaftszone, AWZ)とは、国連海洋法条約に基づいて設定される、天然資源及び自然エネルギーに関する「主権的権利」、並びに人工島・施設の設置、環境保護・保全、海洋科学調査に関する「管轄権」がおよぶ水域のことを指す。 主権的権利 国連海洋法条約では、沿岸国は自国の基線 (海)から200海里(370.4km)の範囲内に排他的経済水域を設定することができるとしている。 設定水域の海上、海中、海底及び海底下に存在する水産・鉱物資源並びに海水、海流、海風から得られる自然エネルギーに対して、探査、開発、保全及び管理を行う排他的な権利(他国から侵害されない独占的に行使できる権利)を有することが明記されている。 (Wikipedia:排他的経済水域)


排他的経済水域 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

排他的経済水域 - アマゾン検索


「排他的経済水域」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す