[PR]

日別キーワード

第21位  Iフィールド - 2019年01月04日


関連するイメージは見つかりませんでした



Iフィールド
『ミノフスキー物理学』より : ミノフスキー粒子(ミノフスキーりゅうし、Minovsky particle)は、アニメ『機動戦士ガンダム』及び、そのシリーズ作品」に登場する架空物質。作中に登場する多くの架空技術に関わる物質で、その効果や技術について作品や関連資料で広く言及されている。 本記事ではミノフスキー粒子が関係しているその他の技術の設定についても扱う。 ミノフスキー粒子は、元々はアニメ『機動戦士ガンダム』劇中で登場した仮想物質で、当初は巨大人型兵器(モビルスーツ)による白兵戦の理由づけとして設定されたものだった。『機動戦士ガンダム』のSF設定を行ったスタジオぬえの松崎健一によると、「ミノフスキー」という名称はガンダムシリーズ総監督の富野由悠季の名前をもじって、「富野さんが好きな粒子」→「トミノスキー」→「ミノフスキー」と名づけたという。 当初は通信障害を生じ、レーダーを機能させなくする物質としての設定のみがあり、劇中でもそのように使われている。しかし、その後は宇宙艦艇を重力下で浮遊させる効果など、多くの設定が追加されることになる。 (Wikipedia:Iフィールド)

Iフィールドバリアー
『ミノフスキー物理学』より : ミノフスキー粒子(ミノフスキーりゅうし、Minovsky particle)は、アニメ『機動戦士ガンダム』及び、そのシリーズ作品」に登場する架空物質。作中に登場する多くの架空技術に関わる物質で、その効果や技術について作品や関連資料で広く言及されている。 本記事ではミノフスキー粒子が関係しているその他の技術の設定についても扱う。 ミノフスキー粒子は、元々はアニメ『機動戦士ガンダム』劇中で登場した仮想物質で、当初は巨大人型兵器(モビルスーツ)による白兵戦の理由づけとして設定されたものだった。『機動戦士ガンダム』のSF設定を行ったスタジオぬえの松崎健一によると、「ミノフスキー」という名称はガンダムシリーズ総監督の富野由悠季の名前をもじって、「富野さんが好きな粒子」→「トミノスキー」→「ミノフスキー」と名づけたという。 当初は通信障害を生じ、レーダーを機能させなくする物質としての設定のみがあり、劇中でもそのように使われている。しかし、その後は宇宙艦艇を重力下で浮遊させる効果など、多くの設定が追加されることになる。 (Wikipedia:Iフィールドバリアー)

Iフィールドジェネレーター
『ミノフスキー物理学』より : ミノフスキー粒子(ミノフスキーりゅうし、Minovsky particle)は、アニメ『機動戦士ガンダム』及び、そのシリーズ作品」に登場する架空物質。作中に登場する多くの架空技術に関わる物質で、その効果や技術について作品や関連資料で広く言及されている。 本記事ではミノフスキー粒子が関係しているその他の技術の設定についても扱う。 ミノフスキー粒子は、元々はアニメ『機動戦士ガンダム』劇中で登場した仮想物質で、当初は巨大人型兵器(モビルスーツ)による白兵戦の理由づけとして設定されたものだった。『機動戦士ガンダム』のSF設定を行ったスタジオぬえの松崎健一によると、「ミノフスキー」という名称はガンダムシリーズ総監督の富野由悠季の名前をもじって、「富野さんが好きな粒子」→「トミノスキー」→「ミノフスキー」と名づけたという。 当初は通信障害を生じ、レーダーを機能させなくする物質としての設定のみがあり、劇中でもそのように使われている。しかし、その後は宇宙艦艇を重力下で浮遊させる効果など、多くの設定が追加されることになる。 (Wikipedia:Iフィールドジェネレーター)

Iフィールドビーム駆動
『ミノフスキー物理学』より : ミノフスキー粒子(ミノフスキーりゅうし、Minovsky particle)は、アニメ『機動戦士ガンダム』及び、そのシリーズ作品」に登場する架空物質。作中に登場する多くの架空技術に関わる物質で、その効果や技術について作品や関連資料で広く言及されている。 本記事ではミノフスキー粒子が関係しているその他の技術の設定についても扱う。 ミノフスキー粒子は、元々はアニメ『機動戦士ガンダム』劇中で登場した仮想物質で、当初は巨大人型兵器(モビルスーツ)による白兵戦の理由づけとして設定されたものだった。『機動戦士ガンダム』のSF設定を行ったスタジオぬえの松崎健一によると、「ミノフスキー」という名称はガンダムシリーズ総監督の富野由悠季の名前をもじって、「富野さんが好きな粒子」→「トミノスキー」→「ミノフスキー」と名づけたという。 当初は通信障害を生じ、レーダーを機能させなくする物質としての設定のみがあり、劇中でもそのように使われている。しかし、その後は宇宙艦艇を重力下で浮遊させる効果など、多くの設定が追加されることになる。 (Wikipedia:Iフィールドビーム駆動)

Iフィールドビームドライブ
『ミノフスキー物理学』より : ミノフスキー物理学(ミノフスキーぶつりがく、Minovsky Physics)は、アニメ「ガンダムシリーズ」のうち、宇宙世紀及び正暦の世界観をもつ作品に登場する、架空の学問。架空の素粒子であるミノフスキー粒子の存在を前提としており、「ガンダムシリーズ」内の多くの技術はこの学問によって成り立っている。
ミノフスキー物理学の設定自体はそのほとんどがアニメ『機動戦士ガンダム』への後付設定としてみのり書房発行の雑誌「月刊OUT」別冊『宇宙翔ける戦士達 GUNDAM CENTURY』(ガンダムセンチュリー)に登場し、後に公式設定となったものである。
ミノフスキー物理学仮説は、ロシア系スペースノイドであるジオン公国在住の物理学者モビルスーツバリエーションの登場人物#トレノフ・Y・ミノフスキー トレノフ・Y・ミノフスキー(T・Y・ミノフスキー、Y・T・ミノフスキーと表記される事もある)博士が提唱した学説である。ミノフスキー粒子という素粒子の存在を仮定し、自然界の4つの力(万有引力 重力、電磁相互作用 電磁力、強い相互作用 強い力、弱い相互作用 弱い力)の統一場理論に決着をつけようとした仮説であった。
(Wikipedia:Iフィールドビームドライブ)


Iフィールド - 関連ブログ

データが取得できませんでした

Iフィールド - アマゾン検索


「Iフィールド」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す