[PR]

日別キーワード

第35位  スクールカースト - 2019年01月04日


関連するイメージは見つかりませんでした



スクールカースト
スクールカースト(または学校カースト)とは、現代の日本の学校空間において生徒の間に自然発生する人気の度合いを表す序列を、カースト制度のような身分制度になぞらえた表現。もともとアメリカで同種の現象が発生しており、それが日本でも確認できるのではないかということからインターネット上で「スクールカースト」という名称が定着した。 2006年11月16日の衆議院「青少年問題に関する特別委員会」で参考人となった教育学者の本田由紀が言及したあと、教育評論家の森口朗も著書『いじめの構造』で2007年に紹介し、その後教育や文芸批評の文脈で議論の対象とされるようになった。ただし、スクールカーストという言葉が流通するようになる前の1990年代から学校内に序列があること自体は研究者から指摘されており、欧米などでは、およそ1990年代初期頃からヒエラルキー化が意識されるようになった。雑誌『AERA』2007年11月19日号にはスクールカーストという言葉を初めてインターネット上に登録したと述べている当時29歳の男性への取材記事が掲載されているため、この記事を信じるならば、これがスクールカーストという語の初出といえる。 (Wikipedia:スクールカースト)


スクールカースト - 関連ブログ

データが取得できませんでした

スクールカースト - アマゾン検索


「スクールカースト」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す