[PR]

日別キーワード

第51位  山田宏 - 2019年01月04日


関連するイメージは見つかりませんでした



山田宏
山田 宏(やまだ ひろし、1958年1月8日 - )は、日本の政治家。 東京都議会議員(2期)、東京都杉並区長(3期)、日本創新党党首、大阪市特別顧問、大阪府特別顧問、社会福祉法人佐久コスモス福祉会評議員、衆議院議員(2期)、次世代の党幹事長を歴任。 東京都八王子市生まれ。国分寺市立第三中学校、東京都立国立高等学校、京都大学法学部卒業後、松下政経塾に入塾した(第2期生)。熊谷弘衆議院議員の秘書を経て、1985年の東京都議会議員選挙に新自由クラブ公認で出馬し当選。 松下政経塾の評議員を務めていた細川護煕から新党への参加を請われ、1993年に自民党を離党して日本新党に入党。同年の第40回衆議院議員総選挙に旧東京4区から日本新党公認で出馬し、当選。党立法調整委員長(国会対策委員長)に就任する。 1994年、日本新党の解党により新進党結党に参加。新進党では1995年の党首選挙で鳩山邦夫擁立の中心的役割をになった。1996年の第41回衆議院議員総選挙には小選挙区比例代表並立制導入に伴い東京8区から出馬したが、自民党の石原伸晃に敗れ、落選した。 (Wikipedia:山田宏)

山田宏一
山田 宏一(やまだ こういち、1938年 - )は、日本の映画評論家、翻訳家。 インドネシア・ジャカルタ生まれ。東京外国語大学フランス語学科卒業。1964~1967年にパリ在住。その間「カイエ・デュ・シネマ」の同人となり、ジャン=リュック・ゴダール、フランソワ・トリュフォーらと交友する。この時代の経験は後に、著書『友よ映画よ』で描いている。 帰国後、『キネマ旬報』『話の特集』などに連載を行い、映画評論活動に入る。フランスの前衛的な映画から、マキノ雅弘などの娯楽映画まで、同じスタンスで論じる評論スタイルで注目される。また、翻訳、インタビュー、聞き書きなども多数ある。なお、マキノ雅弘の自伝『映画渡世』も、マキノの著書となっているが、山根貞男と山田による聞き書きである。 青山学院大学や学習院大学で講師をした時期は、自身はほとんど語らず「映像を持って語らせる」手法で、映画論を講じた。 表彰 1992年 「トリュフォー ある映画的人生」で、第1回Bunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞(選考:蓮實重彦)。 (Wikipedia:山田宏一)

山田宏臣
山田宏臣(やまだ ひろおみ、1942年3月4日 - 1981年10月21日)は、日本の陸上競技選手。元男子走幅跳日本記録保持者で、1964年東京オリンピックとメキシコオリンピックに出場した。 1942年3月4日、愛媛県松山市出身。父は出征中であった為、母の実家で生誕した。 オリンピックへ 幼少時から抜群の俊足で有名だった。のちに本格的に陸上競技に取り組んだが、その抜群の身体能力に指導者が指導の方針を見失ったという逸話がある。 聖学院高等学校、順天堂大学を経て、東京急行電鉄に所属。 最初は走高跳の選手だった、人望があり大学4年時に陸上部の主将に推されたものの2mはおろか自分の身長も跳べない二流選手で、悶々とする日々を送っていたが、ある日遊びでやった幅跳びで軽く7mを跳んだ。それを見た当時の順天堂大学陸上競技部監督の帖佐寛章が山田の幅跳びへの適性を見抜く。 山田を本格的に幅跳びに転向させたのは、愛知学芸大学(現・愛知教育大学)陸上競技部監督を務めていた竹内伸也であったという。 (Wikipedia:山田宏臣)


山田宏 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

山田宏 - アマゾン検索


「山田宏」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す