[PR]

日別キーワード

第52位  自由主義 - 2019年01月04日


関連するイメージは見つかりませんでした



自由主義
自由主義(じゆうしゅぎ、英: liberalism、リベラリズム)とは、政治や経済などにおける思想や運動や体制の類型のひとつ。 啓蒙思想から生まれた近代思想の一つであり、人間は理性を持ち従来の権威から自由であり自己決定権を持つとの立場から、政治的には「政府からの自由」である自由権や個人主義、「政府への自由」である国民主権などの民主主義、経済的には私的所有権と自由市場による資本主義などの思想や体制の基礎となり、またそれらの総称ともなった。自由主義は政治や経済における多元主義でもある。自由主義の対比語は、政治学的には権威主義や全体主義、経済的には社会主義の計画経済などの集産主義である。必ずしも保守主義との対立概念とはいえない。日本では革新主義が「リベラル」と呼称されることが多いが、米国の市場経済を前提にした福祉国家の概念の影響を受けた表現であり、市場経済の否定を内包する狭義の革新主義と同一ではない。 (Wikipedia:自由主義)

自由主義者
『自由主義』より : 自由主義(じゆうしゅぎ、英: liberalism、リベラリズム)とは、政治や経済などにおける思想や運動や体制の類型のひとつ。 啓蒙思想から生まれた近代思想の一つであり、人間は理性を持ち従来の権威から自由であり自己決定権を持つとの立場から、政治的には「政府からの自由」である自由権や個人主義、「政府への自由」である国民主権などの民主主義、経済的には私的所有権と自由市場による資本主義などの思想や体制の基礎となり、またそれらの総称ともなった。自由主義は政治や経済における多元主義でもある。自由主義の対比語は、政治学的には権威主義や全体主義、経済的には社会主義の計画経済などの集産主義である。必ずしも保守主義との対立概念とはいえない。日本では革新主義が「リベラル」と呼称されることが多いが、米国の市場経済を前提にした福祉国家の概念の影響を受けた表現であり、市場経済の否定を内包する狭義の革新主義と同一ではない。 (Wikipedia:自由主義者)

自由主義インターナショナル
自由主義インターナショナル(じゆうしゅぎインターナショナル、英語: Liberal International、LI)は、自由主義(リベラリズム)政党の国際組織である。本部はロンドン。創設は1947年。 自由主義インターナショナルは、全世界を網羅した自由主義政党の国際ネットワークであり、国際社会における自由民主主義の強化の一翼を担ったと言われている。アジア、アフリカ、アメリカおよび、ヨーロッパの多くの自由主義政党が参加している。人権、自由かつ公正な選挙と複数政党制に基づく民主主義、社会的正義、寛容、社会的市場経済、自由貿易、環境保全、国際的連帯の強固な意識など、共通する原則を共有する諸政党によって立脚しているといわれる。 2014年の総会にて、自由主義インターナショナルはアンドラの元外務大臣ジュリ・ミノーベス(Juli Minoves)前副議長を議長として選出した。副議長は南アフリカ共和国民主同盟の元党首ヘレン・ツィレ(Helen Zille)、事務局長はエミール・カージャス(Emil Kirjas)である。 (Wikipedia:自由主義インターナショナル)

自由主義神学
自由主義神学(じゆうしゅぎしんがく、Liberal、リベラル、リベラリズム)は、キリスト教のプロテスタントの神学的立場の一つ。その発生以来、プロテスタント教会の主流エキュメニカル派の多くが採用する立場。 「自由主義」の語は社会学・政治学用語からの仮借であり、神学分野では「歴史的・組織的な教理体系から自由に、個人の理知的判断に従って再解釈する」の意である。教義・教理の批判的研究である教義史を確立させた。 かつては新神学(New Theology)とも呼ばれ、日本のキリスト教界にも大きな影響を与えた。 自由主義神学の特徴 科学的な見方(進化論等)を許容し、聖書に記されている神話的要素(天地創造、ノアの箱舟、バベルの塔、ヨシュア記等)を必ずしも科学的・歴史的事実とは主張せず、宗教的に有益な寓話(若しくは神話・説話・物語等々)とみなす。 (Wikipedia:自由主義神学)

自由主義史観
自由主義史観(じゆうしゅぎしかん)とは、日本の社会科教育学者の藤岡信勝(当時東京大学教授)の唱えた歴史検証法および史観。 定義 提唱者や支持者は、「大東亜戦争肯定史観」と「東京裁判史観」「コミンテルン史観」のいずれにも与しない立場を取っているとしており、「自由主義」という名前を冠しているのも、これらを廃した自由な史観だからだという意味で、(政治思想の)自由主義とはもともと関係がないので注意を要する。 藤岡の著書『自由主義史観とは何か』によると、ここでの自由主義は「個人主義ないし個人の自律性にそれぞれ志向するイデオロギー」ということで、左翼的な史観が支配的だった戦後の歴史学や教育学から、「自由」ということであり、具体的には、東京裁判や南京事件など自虐史観とされる特定の論点について、疑問を投げかけて再考を促し、批判する。 (Wikipedia:自由主義史観)

自由主義史観研究会
『自由主義史観』より : 自由主義史観(じゆうしゅぎしかん)とは、日本の社会科教育学者の藤岡信勝(当時東京大学教授)の唱えた歴史検証法および史観。 定義 提唱者や支持者は、「大東亜戦争肯定史観」と「東京裁判史観」「コミンテルン史観」のいずれにも与しない立場を取っているとしており、「自由主義」という名前を冠しているのも、これらを廃した自由な史観だからだという意味で、(政治思想の)自由主義とはもともと関係がないので注意を要する。 藤岡の著書『自由主義史観とは何か』によると、ここでの自由主義は「個人主義ないし個人の自律性にそれぞれ志向するイデオロギー」ということで、左翼的な史観が支配的だった戦後の歴史学や教育学から、「自由」ということであり、具体的には、東京裁判や南京事件など自虐史観とされる特定の論点について、疑問を投げかけて再考を促し、批判する。 (Wikipedia:自由主義史観研究会)

自由主義国家論
自由主義国家論(じゆうしゅぎこっかろん)は自由主義の元で、国家の機能を安全保障や治安維持など最小限にとどめた自由主義国家を目指すべきとする考え方。夜警国家(英: Night-watchman state)とも。 意味 日本では、夜警国家論とも呼ばれるのが通例であるが、夜警国家の語はフェルディナント・ラッサールが自由主義国家を批判して用いた語(Nachtwächterstaat)に由来するもので本来の名称は自由主義国家論である。 19世紀末期から20世紀初頭までは広がりを見せたが、世界恐慌によって、自由主義国家論的な「自由な資本主義」は抑制されていった。 自由主義国家の対義語で、福祉国家や警察国家などがある。 関連項目 最小国家主義 小さな政府 暴力の独占。 (Wikipedia:自由主義国家論)

自由主義国家
『自由主義国家論』より : 自由主義国家論(じゆうしゅぎこっかろん)は自由主義の元で、国家の機能を安全保障や治安維持など最小限にとどめた自由主義国家を目指すべきとする考え方。夜警国家(英: Night-watchman state)とも。 意味 日本では、夜警国家論とも呼ばれるのが通例であるが、夜警国家の語はフェルディナント・ラッサールが自由主義国家を批判して用いた語(Nachtwächterstaat)に由来するもので本来の名称は自由主義国家論である。 19世紀末期から20世紀初頭までは広がりを見せたが、世界恐慌によって、自由主義国家論的な「自由な資本主義」は抑制されていった。 自由主義国家の対義語で、福祉国家や警察国家などがある。 関連項目 最小国家主義 小さな政府 暴力の独占。 (Wikipedia:自由主義国家)


自由主義 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

自由主義 - アマゾン検索


「自由主義」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す