[PR]

日別キーワード

第53位  駿河湾 - 2019年01月04日


関連するイメージは見つかりませんでした



駿河湾
駿河湾(するがわん)は伊豆半島先端にある石廊崎と御前崎を結ぶ線より北側の海域。最深部は水深2500mに達し、日本で最も深い湾である。 駿河湾は湾口幅が56km、奥行が約60kmあり、 表面積は約2,300km2。約60万年前にフィリピン海プレートに載った火山島であった伊豆半島が本州に衝突して駿河湾ができた。湾はフィリピン海プレートとユーラシアプレートの境界、その北端部である駿河トラフが湾の南北に通るために深度が深い。富士川河口部にあたる湾の最奥部では、海岸からわずか2km地点で水深500mに達する。 伊豆半島や伊豆諸島から沖縄県の各諸島までは、太平洋の一海域であるフィリピン海であり、駿河湾もその一海域に含まれる。 湾の西側は大井川、安倍川、富士川などの一級水系が多く、河川水の影響を強く受けている。また、海底地形が複雑で多くの海底谷を有する。これに対し、湾の東側は伊豆半島の中央を流れる一級水系の狩野川の河口が、湾奥にあるため流入河川が少なく表層水が比較的、澄んでいる。 (Wikipedia:駿河湾)

駿河湾フェリー
『エスパルスドリームフェリー』より : 株式会社エスパルスドリームフェリー(S-Pulse Dream Ferry)とは、静岡県静岡市清水区にある海運会社である。鈴与グループの企業であり、カーフェリー運航の他、清水港周辺で遊覧船事業・水上バス運航事業を営んでいる。 会社概要(沿革等) 沿革 1953年(昭和28年) - 静岡観光汽船株式会社として創業。 1996年(平成8年) - オーシャンプリンセス号・清水港クルーズに就航。 1998年(平成10年) - 西伊豆フェリー「駿河」就航。所要時間が従来の90分が55分に短縮される。 2002年(平成14年) - カーフェリーの運航区間を、田子の浦 - 土肥から清水 - 土肥へ変更。名称を駿河湾フェリーとする。 2003年(平成15年) - 静岡観光汽船より鈴与に営業承継。鈴与のエスパルス命名戦略の一環としてエスパルスドリームフェリーとなる。 2005年(平成17年) - 駿河湾フェリー「富士」就航。 2007年(平成19年) - 清水港内遊覧船の運航を4月から9月まで休止 2009年(平成21年) - 「駿河」引退、フィリピンへ売却。 (Wikipedia:駿河湾フェリー)


駿河湾 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

駿河湾 - アマゾン検索


「駿河湾」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す