[PR]

日別キーワード

第70位  熱田神宮 - 2019年01月04日


関連するイメージは見つかりませんでした



熱田神宮
熱田神宮(あつたじんぐう)は、愛知県名古屋市熱田区にある神社。式内社(名神大社)、尾張国三宮。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。宮中の四方拝で遥拝される一社。神紋は「五七桐竹紋」。 名古屋市南部の熱田台地の南端に鎮座する。古くは伊勢湾に突出した岬上に位置していたが、周辺の干拓が進んだ現在はその面影は見られない。 三種の神器の1つである草薙剣(くさなぎのつるぎ)を祀る神社として知られる。なおこの剣は、鎮座の後も、盗難に遭ったり(「草薙剣盗難事件」を参照)、(形代が壇ノ浦の戦いで遺失するなどの受難にみまわれている。(「天叢雲剣」を参照)。また、景行天皇43年創建と伝えられており、同年は西暦に換算した場合に113年とされることから、2013年(平成25年)に創祀1900年を迎えるとされ、同年5月8日に「創祀千九百年大祭」が行われた。 建物は伊勢神宮と同じ神明造であるが、1893年(明治26年)までは尾張造と呼ばれる独特の建築様式だった(境外摂社の氷上姉子神社に尾張造の建築様式が残っている)。 (Wikipedia:熱田神宮)

熱田神宮公園野球場
スタジアム名称 熱田神宮公園野球場
愛称  Atsuta Baseball Stadium
所在地 名古屋市熱田区旗屋町1-10-45
開場 1950年
所有者 愛知県
管理・運用者 愛知県都市整備協会(指定管理者)
グラウンド 内野:クレー舗装外野:芝 天然芝
照明 なし
設計者
使用チーム、大会
収容能力 13,000人
規模 グラウンド面積:-m²両翼:91.44m中堅:115.82m
フェンスの高さ
熱田神宮公園野球場(あつたじんぐうこうえんやきゅうじょう)は、愛知県名古屋市熱田区の熱田神宮公園内にある野球場である。
熱田神宮宮域整備事業の一環として1950年に建設された野球場で、一般には単に熱田球場と呼ばれる。愛知県の高校野球の聖地として全国高等学校野球選手権愛知大会の決勝が開かれるなど、長い間親しまれてきたが、2005年からは決勝と準決勝(2006年は決勝のみ)はナゴヤドームで開かれるようになった。2008年は高校野球選手権西愛知大会の準決勝と決勝でも使用された。
(Wikipedia:熱田神宮公園野球場)

熱田神宮能楽殿
熱田神宮能楽殿(あつたじんぐうのうがくでん)は愛知県名古屋市熱田区神宮の熱田の杜(熱田神宮)内にあった能楽殿。 1955年(昭和30年)に地元政財界や能楽愛好家の基金によって建設されたもので、檜造りの能舞台に500席の客席を備え、能楽協会名古屋支部の定式能が催されるなど第二次大戦後の東海地方において永らく能や狂言の拠点であった。消防法上の問題があった事から1997年(平成9年)に改修を行ない、客席が354席に減少。1999年に名古屋能楽堂が開館した事で舞台利用件数が激減した事に加えて、雨漏りなどの老朽化が激しく改修費用に見合わないとして、2006年(平成18年)10月8日をもって閉鎖された。 閉鎖決定と合わせて能舞台は三重県伊勢市の皇學館大学に無償譲渡される予定と報じられたが、1997年の改修の際には約1億円の募金を募っており、当時募金に応じた能楽師の間から閉鎖に関して「事前の相談もなかった」との反発の声も上がったという。 (Wikipedia:熱田神宮能楽殿)

熱田神宮宝物館
『』より : (Wikipedia:熱田神宮宝物館)


熱田神宮 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

熱田神宮 - アマゾン検索


「熱田神宮」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す