[PR]

日別キーワード

第74位  平家物語 - 2019年01月04日


関連するイメージは見つかりませんでした



平家物語
『平家物語』(へいけものがたり)は、鎌倉時代に成立したと思われる、平家の栄華と没落を描いた軍記物語である。 保元の乱・平治の乱勝利後の平家と敗れた源家の対照、源平の戦いから平家の滅亡を追ううちに、没落しはじめた平安貴族たちと新たに台頭した武士たちの織りなす人間模様を見事に描き出している。平易で流麗な名文として知られ、「祇園精舎の鐘の声……」の有名な書き出しをはじめとして、広く知られている。 成り立ち 平家物語という題名は後年の呼称であり、当初は『保元物語』や『平治物語』と同様に、合戦が本格化した治承(元号)年間より『治承物語』(じしょうものがたり)と呼ばれていたと推測されているが、確証はない。 正確な成立時期は分かっていないものの、仁治元年(1240年)に藤原定家によって書写された『兵範記』(平信範の日記)の紙背文書に「治承物語六巻号平家候間、書写候也」とあるため、それ以前に成立したと考えられている。 (Wikipedia:平家物語)


平家物語 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

平家物語 - アマゾン検索


「平家物語」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す