[PR]

日別キーワード

第45位  シートン - 2019年01月05日


関連するイメージは見つかりませんでした



シートン
『アーネスト・トンプソン・シートン』より : シートン 英語圏の姓 元の綴りは Seton と Seaton がある。 Seton アーネスト・トンプソン・シートン - イギリス出身の北米の博物学者、作家、画家。日本で『シートン動物記』と総称される一連の著作で知られる。 ヒュー・シートン=ワトソン - イギリスの歴史学者・政治学者 Seaton ジョージ・シートン - アメリカの映画監督、脚本家。 その他 シートン (漫画) - 谷口ジロー作画の漫画。アーネスト・トンプソン・シートンを題材とする。 SETON - メディコムトイが発売した玩具シリーズ。 (Wikipedia:シートン)

シートン動物記
『シートン動物記』(シートンどうぶつき)とはアメリカ合衆国 アメリカの博物学者アーネスト・トンプソン・シートンによって書かれた複数の著作(主に動物作品全55編)を総称して、日本でつけられた題名である。
したがって、正確に対応する原題や他国語での訳題は存在しない。
シートンの著作に「動物記」というものはなく、翻訳家・内山賢次による邦訳本が初出となる(ジャン・アンリ・ファーブル ファーブルの「昆虫記」に合わせている)。戦前シートンはその著作で世界的に大変有名であったが、内山賢次が1935年、初めてその邦訳を『動物文学』誌上に発表するまで日本人はほとんど誰もシートンについて知らなかった。1937年6月から1938年12月にかけて、内山は単行本『動物記』全6巻を白揚社から刊行、それの爆発的人気を受け、1939年11月から1940年4月にかけて4冊に纏め再発行(1944年2月にもう1冊追加し全5巻とする)。1941年に『シートン自叙伝』(白揚社)、『シートン動物手帖』(三笠書房)も発行。戦後、それらに新たに訳したものを追加し纏め、1951年6月から1953年12月にかけて『シートン全集』全19巻(18冊+別巻/評論社)を発行した。
(Wikipedia:シートン動物記)

シートン動物記 くまの子ジャッキー
シートン動物記 くまの子ジャッキー(シートンどうぶつき くまのこジャッキー)は、朝日放送系列(All-nippon News Network ANN・テレビ朝日)で放映されたテレビアニメ。1977年6月7日から同年12月6日まで、毎週火曜日の夜19:30〜20:00に放送された。全26話。
舞台はアメリカ合衆国 アメリカ独立から100年が経った19世紀末期のアメリカ。カリフォルニア・シェラネバダ山脈の一角に高くそびえる:en:Mount Tallac タラク山の麓に、インディアンの少年ランが暮らしていた。ある日冬眠から覚めた母熊ピントーを、ランの父ケルヤンが誤って撃ち殺してしまう。ピントーには冬眠中に誕生したジャッキーとジルの2匹の子熊の兄妹がいた。ランはせめてもの償いとしてジャッキーとジルのお母さんになり2匹を育てようと決意する。子熊と人間との交流をアメリカの大自然を舞台に描いた動物アニメーション。
(Wikipedia:シートン動物記 くまの子ジャッキー)

シートン動物記 (アニメ)
シートン動物記(シートンどうぶつき)は、アメリカの作家アーネスト・トンプソン・シートンが発表した文学作品『シートン動物記』を原作に、1989年10月14日から1990年12月22日まで日本テレビ放送網 日本テレビ系『三井不動産アニメワールド』枠で放送していた日本のテレビアニメ作品。アーネスト・トンプソン・シートン原作の同名小説のアニメ化。全45話
『三井不動産アニメワールド』の第1作。なお日本テレビで名作アニメが放送されるのは、1978年10月8日 - 1979年3月25日放送の『宝島』以来10年半振り。
しかし裏番組に、『おそ松くん#第2作 おそ松くん』→『天才バカボン (アニメ) 平成天才バカボン』(双方ともフジテレビジョン フジテレビ)といった赤塚不二夫原作のアニメが放送されたため、視聴率的には振るわなかった。また、ニュース枠が移動した事により、プロ野球中継の土曜日のみの開始時刻が18:30と早まり、巨人戦が東京ドームで行うため、プロ野球中継で休止する事もしばしば有った(1年3ヶ月放送なのに回数が45回なのはそのため)。
(Wikipedia:シートン動物記 (アニメ))

シートン動物記 りすのバナー
シートン動物記 りすのバナー(シートンどうぶつき りすのバナー)は、朝日放送系列(All-nippon News Network ANN・テレビ朝日)で放映されたテレビアニメ。放映期間は1979年4月7日から同年9月29日で全26話。
舞台はカナダ国境に近いアメリカ合衆国 アメリカ北部の大自然。ある農家に母ねこに育てられた灰色リス、バナーがいた。バナーがまだ赤ん坊の時、人間のきこりに住んでいた木を切り倒されてしまい、そばにいた人間の少年に見つかりひろわれたのだった。ある夜、野焼きの火の不始末から農家が火事になってしまう。必死に逃げるバナーだったが、母ねこと離ればなれになってしまい、気づくと森の奥深くに来ていた。北アメリカの大自然を背景に動物・自然界の日々を描いた動物アニメーション。
(Wikipedia:シートン動物記 りすのバナー)

シートン動物記シリーズ1 くまの子ジャッキー
『シートン動物記 くまの子ジャッキー』(シートンどうぶつき くまのこジャッキー)は、1977年6月7日から同年12月6日まで、テレビ朝日系列で毎週火曜 19:30 - 20:00に全26話が放送された、日本アニメーション・朝日放送(ABC)制作のテレビアニメである。  日本アニメーションのシートン動物記シリーズ第1作。原作はシートン動物記の『グリズリー・ジャック』で、後にモナークの名で人々に恐れられた熊がその幼少期、ジャックと呼ばれていた頃のエピソードを元に映像化。原作における人間側の主人公ラン・ケルヤンが、ランとケルヤンの親子として分けて再設定されているのをはじめ、原作からはかなり大幅なアレンジが施されている。 同じ日本アニメーションの世界名作劇場シリーズと同様にリアリティを重視した演出がなされており、動物同士の会話シーンでは口パクを使わずに台詞を話すという独特な趣向が施されている。 ストーリー 舞台はアメリカ独立から100年が経った19世紀末期のアメリカ。 (Wikipedia:シートン動物記シリーズ1 くまの子ジャッキー)

シートン動物記シリーズ2 りすのバナー
『シートン動物記 りすのバナー』(シートンどうぶつき りすのバナー)は、1979年4月7日から同年9月29日まで、テレビ朝日系列で毎週土曜日19:00 - 19:30に全26話が放送された、朝日放送(ABC)・日本アニメーション制作のテレビアニメである。 日本アニメーションのシートン動物記シリーズ第2作。原作はシートン動物記の『バナーテイル(旗尾リス)』。リアル志向だった前作『くまの子ジャッキー』とは打って変わり、動物をかなり漫画的に擬人化して描いており、バナーが猫に育てられたことと催眠キノコを食べてしまうエピソード以外はほぼ完全にアニメオリジナルの内容で、原作の要素はほとんど残っていない。 ストーリー 舞台はカナダ国境に近いアメリカ北部の大自然。ある農家に母ねこに育てられた灰色リス、バナーがいた。バナーがまだ赤ん坊の時、人間のきこりに住んでいた木を切り倒されてしまい、そばにいた人間の少年に見つかりひろわれたのだった。ある夜、野焼きの火の不始末から農家が火事になってしまう。必死に逃げるバナーだったが、母ねこと離ればなれになってしまい、気づくと森の奥深くに来ていた。 (Wikipedia:シートン動物記シリーズ2 りすのバナー)

シートン・デラヴァル
『シートン・デラヴァル・ホール』より : シートン・デラヴァル・ホール (Seaton Delaval Hall) はイングランド、ノーサンバーランドにあるカントリー・ハウス。シートン・スルース (Seaton Sluice) (英語版) とシートン・デラヴァルの間に位置し、1718年に海軍提督ジョージ・デラヴァル (George Delaval、1667年-1723年) (英語版) により、ジョン・ヴァンブラ卿 (John Vanbrugh、1664年-1726年) (英語版) の設計で建てられた。 デラヴァルの一族はこの所領をノルマン・コンクエスト時より所有していた。デラヴァルは海軍の提督として獲得した巨額の報奨金を基に一族の男からこの土地を買収した。アン女王時代には外交使節にも任命されている。提督はこの邸宅を近代的なものに改修させる為にジョン・ヴァンブラに依頼をおこなったが、ヴァンブラは建物を見るなり改修は不可能であり、邸宅に付属して存在したチャペルを除いて取り壊すべきだと進言した。 (Wikipedia:シートン・デラヴァル)

シートン・デラヴァル・ホール
シートン・デラヴァル・ホール (Seaton Delaval Hall) はイングランド、ノーサンバーランドにあるカントリー・ハウス。シートン・スルース (Seaton Sluice) (英語版) とシートン・デラヴァルの間に位置し、1718年に海軍提督ジョージ・デラヴァル (George Delaval、1667年-1723年) (英語版) により、ジョン・ヴァンブラ卿 (John Vanbrugh、1664年-1726年) (英語版) の設計で建てられた。 デラヴァルの一族はこの所領をノルマン・コンクエスト時より所有していた。デラヴァルは海軍の提督として獲得した巨額の報奨金を基に一族の男からこの土地を買収した。アン女王時代には外交使節にも任命されている。提督はこの邸宅を近代的なものに改修させる為にジョン・ヴァンブラに依頼をおこなったが、ヴァンブラは建物を見るなり改修は不可能であり、邸宅に付属して存在したチャペルを除いて取り壊すべきだと進言した。 (Wikipedia:シートン・デラヴァル・ホール)

シートン動物記シリーズ2 りすのバナー
『シートン動物記 りすのバナー』(シートンどうぶつき りすのバナー)は、1979年4月7日から同年9月29日まで、テレビ朝日系列で毎週土曜日19:00 - 19:30に全26話が放送された、朝日放送(ABC)・日本アニメーション制作のテレビアニメである。 日本アニメーションのシートン動物記シリーズ第2作。原作はシートン動物記の『バナーテイル(旗尾リス)』。リアル志向だった前作『くまの子ジャッキー』とは打って変わり、動物をかなり漫画的に擬人化して描いており、バナーが猫に育てられたことと催眠キノコを食べてしまうエピソード以外はほぼ完全にアニメオリジナルの内容で、原作の要素はほとんど残っていない。 ストーリー 舞台はカナダ国境に近いアメリカ北部の大自然。ある農家に母ねこに育てられた灰色リス、バナーがいた。バナーがまだ赤ん坊の時、人間のきこりに住んでいた木を切り倒されてしまい、そばにいた人間の少年に見つかりひろわれたのだった。ある夜、野焼きの火の不始末から農家が火事になってしまう。必死に逃げるバナーだったが、母ねこと離ればなれになってしまい、気づくと森の奥深くに来ていた。 (Wikipedia:シートン動物記シリーズ2 りすのバナー)

シートン (漫画)
『シートン -旅するナチュラリスト-』は谷口ジロー作画、今泉吉晴監修による漫画作品。『漫画アクション』(双葉社)で単行本3巻分までを連載。その後『双葉社Webマガジン』・『Web漫画アクション』と連載の場を移している。
アーネスト・トンプソン・シートンの半生と実情を描く、『シートン動物記』の漫画版ともいえる。
『シートン -旅するナチュラリスト-』双葉社〈アクションコミックス〉
狼王ロボ、2005年3月発売、ISBN 4-575-93939-0
少年とオオヤマネコ、2005年12月発売、ISBN 4-575-93979-X
サンドヒルスタッグ、2006年8月発売、ISBN 4-575-94025-9
タラク山の熊王、2008年2月28日発売、ISBN 978-4-575-94151-7
漫画作品 し いとんとうふつき
動物を主人公にした物語
漫画アクション
(Wikipedia:シートン (漫画))

シートン動物記シリーズ1 くまの子ジャッキー
『シートン動物記 くまの子ジャッキー』(シートンどうぶつき くまのこジャッキー)は、1977年6月7日から同年12月6日まで、テレビ朝日系列で毎週火曜 19:30 - 20:00に全26話が放送された、日本アニメーション・朝日放送(ABC)制作のテレビアニメである。  日本アニメーションのシートン動物記シリーズ第1作。原作はシートン動物記の『グリズリー・ジャック』で、後にモナークの名で人々に恐れられた熊がその幼少期、ジャックと呼ばれていた頃のエピソードを元に映像化。原作における人間側の主人公ラン・ケルヤンが、ランとケルヤンの親子として分けて再設定されているのをはじめ、原作からはかなり大幅なアレンジが施されている。 同じ日本アニメーションの世界名作劇場シリーズと同様にリアリティを重視した演出がなされており、動物同士の会話シーンでは口パクを使わずに台詞を話すという独特な趣向が施されている。 ストーリー 舞台はアメリカ独立から100年が経った19世紀末期のアメリカ。 (Wikipedia:シートン動物記シリーズ1 くまの子ジャッキー)

シートン (漫画作品)
『シートン-旅するナチュラリスト-』は双葉社「漫画アクション」にて連載中の、作画:谷口ジロー 監修:今泉吉晴による漫画作品。
アーネスト・トンプソン・シートンの半生と実情を描く、「シートン動物記」の漫画版ともいえる。
アクションコミックスより
1巻 副題「狼王ロボ」2005年3月発売 ISBN 4-575-93939-0
2巻 副題「少年とオオヤマネコ」2005年12月発売 ISBN 4-575-93979-X
3巻 副題「サンドヒルスタッグ」2006年8月発売 ISBN 4-575-94025-9
漫画作品 し いとん
漫画アクション しいとん
(Wikipedia:シートン (漫画作品))


シートン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

シートン - アマゾン検索


「シートン」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す