[PR]

日別キーワード

第49位  タモリ - 2019年01月05日


関連するイメージは見つかりませんでした



タモリ
タモリ(1945年8月22日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優、歌手、ラジオパーソナリティー、作詞家、作曲家、作家、実業家。本名:森田 一義(もりた かずよし)。 福岡県福岡市南区出身。田辺エージェンシー所属。血液型はO型。妻は2歳年上の一般人で自身の個人事務所の社長を務めている。妻との間に子どもはいない。 女優の伊佐山ひろ子とは遠戚。 生い立ち 太平洋戦争終戦から一週間後の1945年8月22日に福岡県福岡市、現在の南区に生まれる。乳児時代は「赤ちゃんコンテスト」で優勝した経験を持つ。実姉がいて、いいとも!を観覧に来たことがある。 本人曰く、幼少時代より大人びており、「偽善」という言葉を知っていたと語り、幼稚園入園時期が迫り、園を見に行ったおり「ギンギンギラギラ夕日が沈む(童謡『夕日』葛原しげる作詞・室崎琴月作曲)」を両手を回転しながらお遊戯している園児達を見て、自分には出来ないと入園拒否。 (Wikipedia:タモリ)

タモリ倶楽部
『タモリ倶楽部』(タモリくらぶ、英称:Tamori Club)は、テレビ朝日系列で1982年(昭和57年)10月8日から放送されている日本の深夜バラエティ番組。タモリが司会を務める冠番組であり、司会を務める番組の中では33年続く長寿番組。モノステレオ放送、ハイビジョン制作(2010年7月9日放送分より)、字幕放送(2015年1月16日放送分より)が実施されている。 番組サブタイトルとして、英称:「FOR THE SOPHISTICATED PEOPLE」が使用されている(番組タイトルの節も参照のこと)。 1981年(昭和56年)10月4日から1982年9月26日までの1年間、同局で放送されていた報道番組『日曜夕刊!こちらデスク』のパロディ番組として、最初の半年は毎週日曜日の18:30 - 19:00、後半の半年は17:40 - 17:55(JST)に放送されていた、タモリ司会のバラエティ番組『夕刊タモリ!こちらデス』(ゆうかんタモリ!こちらデス)を原点とした番組であり、“元祖脱力系番組”をコンセプトとしている。 (Wikipedia:タモリ倶楽部)

タモリのSuperボキャブラ天国
『タモリのボキャブラ天国』より : 『ボキャブラ天国』(ボキャブラてんごく、英称:VOCABULA)は、1992年10月14日から2008年9月29日(9月28日深夜)までフジテレビ系列局で断続的に放送されていたフジテレビ製作のお笑いバラエティ番組シリーズである。通称「ボキャブラ天国」「ボキャブラ」「ボキャ天」。 当初のタイトルは『タモリのボキャブラ天国』(以下「初代」と呼称)で、司会を務めるタモリの冠番組であった。この番組シリーズで人気が出たお笑い芸人が多数存在する。 レギュラー放送ではSD画質で、音声もモノラル放送だったが、後の『大復活祭スペシャル』ではハイビジョン制作になり、かつステレオ放送と文字多重放送も行われていた。 番組の沿革 放送時間はすべて日本標準時。 レギュラー放送 スペシャル放送 内容 内容は番組によって異なる。 主なルール = 「初代」から「Super-」 = 概要視聴者から投稿される「ボキャブった」作品(格言・物や人の名前・歌の歌詞などのダジャレ・替え歌をVTR化したもの)を品評する。 (Wikipedia:タモリのSuperボキャブラ天国)

タモリの超ボキャブラ天国
『タモリのボキャブラ天国』より : 『ボキャブラ天国』(ボキャブラてんごく、英称:VOCABULA)は、1992年10月14日から2008年9月29日(9月28日深夜)までフジテレビ系列局で断続的に放送されていたフジテレビ製作のお笑いバラエティ番組シリーズである。通称「ボキャブラ天国」「ボキャブラ」「ボキャ天」。 当初のタイトルは『タモリのボキャブラ天国』(以下「初代」と呼称)で、司会を務めるタモリの冠番組であった。この番組シリーズで人気が出たお笑い芸人が多数存在する。 レギュラー放送ではSD画質で、音声もモノラル放送だったが、後の『大復活祭スペシャル』ではハイビジョン制作になり、かつステレオ放送と文字多重放送も行われていた。 番組の沿革 放送時間はすべて日本標準時。 レギュラー放送 スペシャル放送 内容 内容は番組によって異なる。 主なルール = 「初代」から「Super-」 = 概要視聴者から投稿される「ボキャブった」作品(格言・物や人の名前・歌の歌詞などのダジャレ・替え歌をVTR化したもの)を品評する。 (Wikipedia:タモリの超ボキャブラ天国)

タモリのスーパーボキャブラ天国
『タモリのボキャブラ天国』より : 『ボキャブラ天国』(ボキャブラてんごく、英称:VOCABULA)は、1992年10月14日から2008年9月29日(9月28日深夜)までフジテレビ系列局で断続的に放送されていたフジテレビ製作のお笑いバラエティ番組シリーズである。通称「ボキャブラ天国」「ボキャブラ」「ボキャ天」。 当初のタイトルは『タモリのボキャブラ天国』(以下「初代」と呼称)で、司会を務めるタモリの冠番組であった。この番組シリーズで人気が出たお笑い芸人が多数存在する。 レギュラー放送ではSD画質で、音声もモノラル放送だったが、後の『大復活祭スペシャル』ではハイビジョン制作になり、かつステレオ放送と文字多重放送も行われていた。 番組の沿革 放送時間はすべて日本標準時。 レギュラー放送 スペシャル放送 内容 内容は番組によって異なる。 主なルール = 「初代」から「Super-」 = 概要視聴者から投稿される「ボキャブった」作品(格言・物や人の名前・歌の歌詞などのダジャレ・替え歌をVTR化したもの)を品評する。 (Wikipedia:タモリのスーパーボキャブラ天国)

タモリのボキャブラ天国
『ボキャブラ天国』(ボキャブラてんごく、英称:VOCABULA)は、1992年10月14日から2008年9月29日(9月28日深夜)までフジテレビ系列局で断続的に放送されていたフジテレビ製作のお笑いバラエティ番組シリーズである。通称「ボキャブラ天国」「ボキャブラ」「ボキャ天」。 当初のタイトルは『タモリのボキャブラ天国』(以下「初代」と呼称)で、司会を務めるタモリの冠番組であった。この番組シリーズで人気が出たお笑い芸人が多数存在する。 レギュラー放送ではSD画質で、音声もモノラル放送だったが、後の『大復活祭スペシャル』ではハイビジョン制作になり、かつステレオ放送と文字多重放送も行われていた。 番組の沿革 放送時間はすべて日本標準時。 レギュラー放送 スペシャル放送 内容 内容は番組によって異なる。 主なルール = 「初代」から「Super-」 = 概要視聴者から投稿される「ボキャブった」作品(格言・物や人の名前・歌の歌詞などのダジャレ・替え歌をVTR化したもの)を品評する。 (Wikipedia:タモリのボキャブラ天国)

タモリ・たけし・さんまBIG3 世紀のゴルフマッチ
『タモリ・たけし・さんま BIG3 世紀のゴルフマッチ』(タモリ・たけし・さんま ビッグスリー せいきのゴルフマッチ)は、1988年(1990年・1995年は開催されなかった)から1999年に、フジテレビ系列で正月(1月1日・1月3日)の夕方から夜にかけて放送されていたゴルフをメインとしたバラエティ番組・新春特別番組である。ステレオ放送、文字多重放送を実施していた。 通称は「ゴルフマッチ」「BIG3ゴルフマッチ」「世紀のゴルフマッチ」「BIG3ゴルフ」。お笑いタレントタモリ・ビートたけし・明石家さんまの『BIG3』3名の冠番組である。 番組概要 『お笑いBIG3』の競演 お笑いタレントの大御所であるタモリ・ビートたけし・明石家さんまの『BIG3』3名が、関東近県(放送回により異なるが、箱根や筑波山周辺)のゴルフ場を舞台にした、9ホールのストローク・プレーを展開する。 (Wikipedia:タモリ・たけし・さんまBIG3 世紀のゴルフマッチ)

タモリ・たけし・さんまお笑いBIG3 世紀のゴルフマッチ
『タモリ・たけし・さんまBIG3 世紀のゴルフマッチ』より : 『タモリ・たけし・さんま BIG3 世紀のゴルフマッチ』(タモリ・たけし・さんま ビッグスリー せいきのゴルフマッチ)は、1988年(1990年・1995年は開催されなかった)から1999年に、フジテレビ系列で正月(1月1日・1月3日)の夕方から夜にかけて放送されていたゴルフをメインとしたバラエティ番組・新春特別番組である。ステレオ放送、文字多重放送を実施していた。 通称は「ゴルフマッチ」「BIG3ゴルフマッチ」「世紀のゴルフマッチ」「BIG3ゴルフ」。お笑いタレントタモリ・ビートたけし・明石家さんまの『BIG3』3名の冠番組である。 番組概要 『お笑いBIG3』の競演 お笑いタレントの大御所であるタモリ・ビートたけし・明石家さんまの『BIG3』3名が、関東近県(放送回により異なるが、箱根や筑波山周辺)のゴルフ場を舞台にした、9ホールのストローク・プレーを展開する。 (Wikipedia:タモリ・たけし・さんまお笑いBIG3 世紀のゴルフマッチ)

タモリ・たけし・さんま(BIG3)世紀のゴルフマッチ
『タモリ・たけし・さんまBIG3 世紀のゴルフマッチ』より : タモリ・たけし・さんまBIG3 世紀のゴルフマッチは、1988年から1999年のフジテレビジョン フジテレビ系列の新春特別番組として放送された。スタート当初は逸見政孝を司会に迎えたが、逸見逝去後の1994年からは川端健嗣アナウンサーの司会で毎年行われていた。ナレーターは第一回から関根勤(1991年と1994年は松尾伴内)。1988年~1989年は「タモリ・たけし・さんま世紀のゴルフマッチ」、1991年以降、「タモリ・たけし・さんまBIG3 世紀のゴルフマッチ」と番組名が変更された。しかし、1991年以前からもちろんこの3人はBIG3と言われている。
番組は日本を代表するトップコメディアン、タモリ・ビートたけし・明石家さんまの3人が関東近県のゴルフ場を舞台にした9ホールのストローク・プレーを展開するが、単なるストローク・プレーでは面白味がないので、各ホールにアトラクションを設けてエンターテインメント性を重視した中身で展開した。
(Wikipedia:タモリ・たけし・さんま(BIG3)世紀のゴルフマッチ)

タモリのジャングルTV
『ジャングルTV~タモリの法則~』より : 『ジャングルTV 〜タモリの法則〜』(ジャングルテレビ 〜タモリのほうそく〜、英称:JUNGLE TV)は、TBS系列で毎日放送(MBS)とイーストの共同制作で、1994年4月12日から2002年9月17日まで毎週火曜日の22:00 - 22:54(JST)に放送されていたバラエティ番組。司会を務めるタモリの冠番組。通称は『ジャングルTV』。新聞のテレビ欄には「ジャングルクッキング」のコーナーが開始した1995年頃から『タモリのジャングルTV』と表記されていた。ステレオ放送、文字多重放送が実施されていた。 TBS系列で、毎日放送(MBS)とイーストとの共同制作で、お笑いタレントのタモリがメイン司会を務めたバラエティ番組。お笑いタレント・タモリにとっては、初のTBS系列のレギュラー冠番組となった。 放送開始初期は、タモリをメイン司会とした、関根勤、ナインティナイン(岡村隆史・矢部浩之)、伊集院光(1994年4月〜1994年6月)らによるコント主体の番組であった。 (Wikipedia:タモリのジャングルTV)

タモリのジャポニカロゴス
『タモリのジャポニカロゴス』(英称:JAPONICA LOGOS)は、フジテレビ系列で2005年10月11日から2008年9月9日まで毎週火曜日の23:00 - 23:30(JST、火曜日バラパラ枠内)に放送されていた日本語を取り扱う教養・バラエティ番組。司会を務めたタモリの冠番組。モノラル放送、字幕放送、ハイビジョン制作が実施されていた。 2005年1月3日・4月3日・9月21日には特別番組(パイロット放送)が放送されており、2005年10月11日よりレギュラー放送に昇格した。 『清く正しい日本語で行こう!』をコンセプトとし、何気なく使用している日本語について、現代人に必要な日本語知識をクイズ形式で学び、日本語の不思議さ奥深さを楽しく理解していく番組。 タモリが主宰する『日本語アカデミー(スタジオは『日本語アカデミー講義室』という設定)』に、関根勤、松嶋尚美(オセロ)をレギュラー受講生として、毎回ゲスト2〜3人を加えた5人程度の受講生らが毎回1つのテーマ・くくりを軸に出題される問題に挑戦する。 (Wikipedia:タモリのジャポニカロゴス)

タモリの週刊ダイナマイク
『タモリの週刊ダイナマイク』(タモリのしゅうかんダイナマイク)は、ニッポン放送にて1990年4月14日から2005年3月27日にかけて(断続的に)生放送されていたラジオ番組である。タモリの冠番組。 当番組のメインパーソナリティのタモリと、時折合いの手を入れる放送作家橋克弘の暴走も名物だった。 1996年度以降は、ナイターオフシーズンの10月から翌年3月までの生放送を実施していた。2005年10月からは、番組タイトル名や主なコーナー・企画が全面的に変更(『ブリタモリ大百科事典』参照)されたため、当番組名での放送は2004年度のシーズンが最終となった。 エンディングテーマ曲は、1994年10月1日の放送から「A列車で行こう」が用いられている。 タモリの口から「やる気のある者は去れ」「焼きそばになるな」「全裸に○○してバイナラプー」などの名フレーズも飛び出した。 タモリと堂尾の吹っ切れた演技が聴きどころの「ゴン太くんとミー子ちゃんのどんな塩梅かな?」を始め、数々のコント、年初めに「今年の予定」として完全にテーマを決めてマラソンや展覧会等月別に世界各国のイベントを紹介。 (Wikipedia:タモリの週刊ダイナマイク)

タモリの週間ダイナマイク
『タモリの週刊ダイナマイク』より : 『タモリの週刊ダイナマイク』(タモリのしゅうかんダイナマイク)は、ニッポン放送にて1990年4月14日から2005年3月27日にかけて(断続的に)生放送されていたラジオ番組である。タモリの冠番組。 当番組のメインパーソナリティのタモリと、時折合いの手を入れる放送作家橋克弘の暴走も名物だった。 1996年度以降は、ナイターオフシーズンの10月から翌年3月までの生放送を実施していた。2005年10月からは、番組タイトル名や主なコーナー・企画が全面的に変更(『ブリタモリ大百科事典』参照)されたため、当番組名での放送は2004年度のシーズンが最終となった。 エンディングテーマ曲は、1994年10月1日の放送から「A列車で行こう」が用いられている。 タモリの口から「やる気のある者は去れ」「焼きそばになるな」「全裸に○○してバイナラプー」などの名フレーズも飛び出した。 タモリと堂尾の吹っ切れた演技が聴きどころの「ゴン太くんとミー子ちゃんのどんな塩梅かな?」を始め、数々のコント、年初めに「今年の予定」として完全にテーマを決めてマラソンや展覧会等月別に世界各国のイベントを紹介。 (Wikipedia:タモリの週間ダイナマイク)

タモリの音楽は世界だ!
『タモリの音楽は世界だ』(タモリのおんがくはせかいだ、英称:TAMORI's The World Of Music)とは、テレビ東京系列にて電通、イーストの共同制作で、1990年10月13日から1994年9月10日までは、毎週土曜日の22:00 - 22:54(JST)に、1995年4月14日から1996年3月22日までは、毎週金曜日の21:00 - 21:54(JST)に放送されていた音楽をテーマとした音楽クイズバラエティ番組。タモリが司会を務めた冠番組。ステレオ放送、文字多重放送を実施していた。通称は「音楽は世界だ」。 “あらゆる時代のあらゆる国のあらゆるジャンルの音楽”を視聴者へ紹介する、音楽を題材にしたクイズバラエティ番組である。 当初はクラシック音楽を中心とした内容が多かったため、一部の音楽ファンにしか受け入れられなかったが、オペラや声楽、ロックやパンク、ヒップホップなど様々な音楽を取り上げるにつれ、徐々に視聴者に受け入れられるようになっていった。 (Wikipedia:タモリの音楽は世界だ!)

タモリの音楽は世界だ
『タモリの音楽は世界だ!』より : 『タモリの音楽は世界だ』(タモリのおんがくはせかいだ、英称:TAMORI's The World Of Music)とは、テレビ東京系列にて電通、イーストの共同制作で、1990年10月13日から1994年9月10日までは、毎週土曜日の22:00 - 22:54(JST)に、1995年4月14日から1996年3月22日までは、毎週金曜日の21:00 - 21:54(JST)に放送されていた音楽をテーマとした音楽クイズバラエティ番組。タモリが司会を務めた冠番組。ステレオ放送、文字多重放送を実施していた。通称は「音楽は世界だ」。 “あらゆる時代のあらゆる国のあらゆるジャンルの音楽”を視聴者へ紹介する、音楽を題材にしたクイズバラエティ番組である。 当初はクラシック音楽を中心とした内容が多かったため、一部の音楽ファンにしか受け入れられなかったが、オペラや声楽、ロックやパンク、ヒップホップなど様々な音楽を取り上げるにつれ、徐々に視聴者に受け入れられるようになっていった。 (Wikipedia:タモリの音楽は世界だ)

タモリのネタでNIGHTフィーバー!
『タモリのネタでNIGHTフィーバー!』(タモリのネタでないとフィーバー)は、1997年10月15日から1998年3月18日までフジテレビ系列局で毎週水曜 22:00 - 22:54 (JST) に放送されたバラエティ番組。司会を務めたタモリの冠番組でもある。ハウフルスとフジテレビの共同製作で、キリンビールとキリンビバレッジの2社提供(1998年2月以降はキリンビールの一社提供)。全21回。 芸能人(「ネタティナー」)の面白話などのネタを観て、若手女性アイドルで結成された20人の「フィーバーズ」が0点から5点の得点をランプを点灯させることで評価し、「フィーバーズ」たちの手元に点灯したランプ数の合計から「大フィーバー」「中フィーバー」「小フィーバー」の3ランクで評価される。 (Wikipedia:タモリのネタでNIGHTフィーバー!)

タモリのオールナイトニッポン
『タモリのオールナイトニッポン』は、ニッポン放送をキーステーションに、1976年10月6日から1983年9月28日まで毎週水曜日の25:00 - 27:00(JST)に生放送されていた、ラジオバラエティ番組。メインパーソナリティーはタモリであり、自身の冠番組。 タモリ起用の背景 1975年のある日、『高信太郎のオールナイトニッポン』のディレクターを担当していた、岡崎(近衛)正通は、メインパーソナリティの高からある男について話を聞く。それは「福岡から来た早稲田出身の変な男が夜な夜な新宿のバーでデタラメな外国語を話している」というものだった。 それを聞いた岡崎は、その変な男は以前早稲田大学のモダンジャズ研究会にいた森田一義、のちのタモリではないかと直感する。かつて自身も所属した同研究会で異彩を放った同い年の後輩を岡崎は記憶していた。高に名前を確認すると、やはりタモリであった。そこで岡崎は、高からタモリの連絡先を聞き、当時赤塚不二夫宅にて居候をしていたタモリと久方ぶりの再会を果たすこととなる。 (Wikipedia:タモリのオールナイトニッポン)

タモリの新・哲学大王!
『タモリの新・哲学大王!』(タモリのしん・てつがくだいおう)は、フジテレビ系列で1997年4月16日から同年9月17日まで毎週水曜日の22:00 - 22:54(JST)に放送されていた日本のトークバラエティ番組。通称は『哲学大王!』。司会を務めたタモリの冠番組。ハウフルスとフジテレビの共同製作で、キリンビールとキリンビバレッジの2社提供。モノラル放送、文字多重放送を実施。 これまで同時間帯で放送されていた『ボキャブラ天国』シリーズが、1997年春の改編を機に日曜深夜枠へ移動。同シリーズで司会を務めていたタモリは『ボキャブラ天国』の司会をヒロミに任せ、引き続き水曜22時台の番組の司会を務めることになった。 当番組は毎週、日常生活に即した様々なテーマを哲学的に、かつユーモアを交えながら考察するという主旨で番組を展開。豪華な各界の賢者(VTR出演者)らが登場し、「命」「お金」「才能」「父親」「青春」などをテーマにした各々の哲学を紹介。司会のタモリと進行役の木佐彩子(当時フジテレビアナウンサー)、そして主なパネラーたちが各回のテーマに沿って哲学トークや意見交換を繰り広げていた。 (Wikipedia:タモリの新・哲学大王!)

タモリの新・哲学大王
『タモリの新・哲学大王!』より : 『タモリの新・哲学大王!』(タモリのしん・てつがくだいおう)は、フジテレビ系列で1997年4月16日から同年9月17日まで毎週水曜日の22:00 - 22:54(JST)に放送されていた日本のトークバラエティ番組。通称は『哲学大王!』。司会を務めたタモリの冠番組。ハウフルスとフジテレビの共同製作で、キリンビールとキリンビバレッジの2社提供。モノラル放送、文字多重放送を実施。 これまで同時間帯で放送されていた『ボキャブラ天国』シリーズが、1997年春の改編を機に日曜深夜枠へ移動。同シリーズで司会を務めていたタモリは『ボキャブラ天国』の司会をヒロミに任せ、引き続き水曜22時台の番組の司会を務めることになった。 当番組は毎週、日常生活に即した様々なテーマを哲学的に、かつユーモアを交えながら考察するという主旨で番組を展開。豪華な各界の賢者(VTR出演者)らが登場し、「命」「お金」「才能」「父親」「青春」などをテーマにした各々の哲学を紹介。司会のタモリと進行役の木佐彩子(当時フジテレビアナウンサー)、そして主なパネラーたちが各回のテーマに沿って哲学トークや意見交換を繰り広げていた。 (Wikipedia:タモリの新・哲学大王)

タモリのグッジョブ!胸張ってこの仕事
『タモリのグッジョブ!胸張ってこの仕事』(タモリのグッジョブ!むねはってこのしごと)とは、TBS系列にて、毎日放送(MBS)とイーストの共同制作で、2002年10月8日から2003年3月11日までの半年間、毎週火曜日の22:00 - 22:54(JST)に放送されていたドキュメンタリーバラエティ番組である。タモリが司会を務めていた冠番組。通称は『グッジョブ!』『タモリのグッジョブ!』『胸張ってこの仕事』。モノラル放送、文字多重放送が実施されていた。 1994年4月12日〜2002年9月17日の約8年間に渡り放送されていた、タモリがメイン司会の大ヒット番組であった、バラエティ番組『ジャングルTV 〜タモリの法則〜』の後継番組枠として放送開始をした。 『ジャングルTV 〜タモリの法則〜』時代に最終回までレギュラー出演をしていた、関根勤・小池栄子はこの番組を以ってレギュラーを卒業し、当番組の司会者であるタモリとレギュラーとしてナインティナイン(岡村隆史・矢部浩之)、他にゲストを毎週2組迎えてのバラエティ番組・ドキュメンタリー番組となって放送された。 (Wikipedia:タモリのグッジョブ!胸張ってこの仕事)


タモリ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

タモリ - アマゾン検索


「タモリ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す