[PR]

日別キーワード

第63位  プラーク - 2019年01月05日


関連するイメージは見つかりませんでした



プラーク
プラーク Plaque 銘板、記念板。 (commemorative plaque) 歯垢。 (dental plaque) 動脈硬化等で現れる血管の病変。 (アテローム性プラーク、atheromatous plaque) 細胞培養で菌が死滅した斑。ウイルスを分離するのに使われる。(viral plaque) Prag プラハ(ドイツ語読み)。 (Wikipedia:プラーク)

プラークシディケー
『ペルセポネ』より : ペルセポネー(古希: ΠΕΡΣΕΦΟΝΗ, Περσεφόνη, Persephonē)は、ギリシア神話に登場する死の女神で冥界の女王である。 ゼウスとデーメーテールの娘(一説にゼウスとステュクスの娘)で、ハーデース(ローマ神話のプルートーに相当)の妻として傍らに座しているとされる。しばしばコレー(「乙女」の意)とも言及される(地上にいる間はコレーと呼ばれ、冥界に入るとペルセポネーと呼ばれることもある)。 日本語では長母音を省略してペルセポネ、ペルセフォネとも呼ぶ。ローマ神話ではプロセルピナと呼ばれ、春をもたらす農耕の女神となっている。 神話 ペルセポネーの略奪 神話によると、ペルセポネー(当時のコレー)は、ニューサ(山地であるが、どこであるのか諸説ある)の野原でニュムペー(妖精)たちと供に花を摘んでいた。するとそこにひときわ美しい水仙の花が咲いていたのである。ペルセポネーがその花を摘もうとニュムペーたちから離れた瞬間、急に大地が裂け、黒い馬に乗ったハーデースが現れ彼女は冥府に連れ去られてしまう。 (Wikipedia:プラークシディケー)

プラークシディケ
『ペルセポネ』より : ペルセポネー(古希: ΠΕΡΣΕΦΟΝΗ, Περσεφόνη, Persephonē)は、ギリシア神話に登場する死の女神で冥界の女王である。 ゼウスとデーメーテールの娘(一説にゼウスとステュクスの娘)で、ハーデース(ローマ神話のプルートーに相当)の妻として傍らに座しているとされる。しばしばコレー(「乙女」の意)とも言及される(地上にいる間はコレーと呼ばれ、冥界に入るとペルセポネーと呼ばれることもある)。 日本語では長母音を省略してペルセポネ、ペルセフォネとも呼ぶ。ローマ神話ではプロセルピナと呼ばれ、春をもたらす農耕の女神となっている。 神話 ペルセポネーの略奪 神話によると、ペルセポネー(当時のコレー)は、ニューサ(山地であるが、どこであるのか諸説ある)の野原でニュムペー(妖精)たちと供に花を摘んでいた。するとそこにひときわ美しい水仙の花が咲いていたのである。ペルセポネーがその花を摘もうとニュムペーたちから離れた瞬間、急に大地が裂け、黒い馬に乗ったハーデースが現れ彼女は冥府に連れ去られてしまう。 (Wikipedia:プラークシディケ)

プラークコントロールレコード
プラークコントロールレコード(Plaque Control Record:PCR)は、歯周病に関する指数の一つ。歯頸部の歯垢の有無を判定する簡単な方法で、1972年に O'Leary、Dranke と Naylor が開発した。ブラッシング指導に用いられる。 PCRは歯周疾患そのものを表す指数ではなく、口腔内清掃状態をしめす指数であり、清掃の出来不出来が歯周疾患に対して大きな影響があるために混同される。歯周疾患そのものを表す指数は、gingival index(歯肉指数)breeding index(歯肉出血指数)などがある。 方法 全ての歯を近心、遠心、頬側(唇側)、舌側の4ブロックに分割し、歯頸部歯面に付着した歯垢を、歯垢染色剤で染色することで確認する。付着している量や区域に関係なく、付着していれば記入する。最終的に歯垢が付着していたブロックの数を全体のブロックの数(残存歯数の4倍)で割ることで、個人のPCRを出す。開発者である O'Leary は目標値を10%以下としたが、一般的には20%以下を目標とする。 (Wikipedia:プラークコントロールレコード)

プラークリット
プラークリット(サンスクリット語: Prākr̥tam, प्राकृतम्, シャウラセーニー語: pāuda, アルダマーガディー語: pāua)は、中期インド・アーリア語とも言い、おおむね10世紀以前に使われていた、サンスクリットに対して俗語的なインド・アーリア諸語の総称。具体的にはパーリ語、マーガディー語、アルダ・マーガディー語(半マーガディー語の意味)、マハーラーシュトリー語、シャウラセーニー語、アパブランシャ語などを指す。ジャイナ教の経典に用いられたプラークリットはジャイナ・プラークリットと呼ぶ。 プラークリットの早期の方言は、ブラーフミー文字で書かれた。 「プラークリット」という語の意味にはいくつかの説がある。 サンスクリットを基礎(prakr̥ti)として生じた言語。伝統的にはこの説をとることが多い。 (サンスクリットが人工的に洗練された言語であるのに対して)自然に発達した言語。 民衆の言語。「プラークリット」が具体的にどの言語を指すかは文献によって異なるが、もっとも広い意味では中期インド・アーリア語と同じ意味に用いられる。 (Wikipedia:プラークリット)

プラークリット語
『プラークリット』より : プラークリット(サンスクリット語: Prākr̥tam, प्राकृतम्, シャウラセーニー語: pāuda, アルダマーガディー語: pāua)は、中期インド・アーリア語とも言い、おおむね10世紀以前に使われていた、サンスクリットに対して俗語的なインド・アーリア諸語の総称。具体的にはパーリ語、マーガディー語、アルダ・マーガディー語(半マーガディー語の意味)、マハーラーシュトリー語、シャウラセーニー語、アパブランシャ語などを指す。ジャイナ教の経典に用いられたプラークリットはジャイナ・プラークリットと呼ぶ。 プラークリットの早期の方言は、ブラーフミー文字で書かれた。 「プラークリット」という語の意味にはいくつかの説がある。 サンスクリットを基礎(prakr̥ti)として生じた言語。伝統的にはこの説をとることが多い。 (サンスクリットが人工的に洗練された言語であるのに対して)自然に発達した言語。 民衆の言語。「プラークリット」が具体的にどの言語を指すかは文献によって異なるが、もっとも広い意味では中期インド・アーリア語と同じ意味に用いられる。 (Wikipedia:プラークリット語)


プラーク - 関連ブログ

データが取得できませんでした

プラーク - アマゾン検索


「プラーク」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す