[PR]

日別キーワード

第83位  慶應義塾大学 - 2019年01月05日


関連するイメージは見つかりませんでした



慶應義塾大学
慶應義塾大学(けいおうぎじゅくだいがく、英語: Keio University)は、東京都港区三田二丁目15番45号に本部を置く日本の私立大学である。1920年に設置された。大学の略称は慶應(けいおう)、または慶大(けいだい)。タイムズ・ハイアー・エデュケーションが発表した大学のランキングでは、世界で501位から600位、上海交通大学が発表したランキングでは世界で301位から400位、QS World Rankingが発表したランキングでは219位にランクインしている。 文部科学省が実施しているスーパーグローバル大学事業のトップ型指定校である。 大学の概要 慶應義塾大学は、中津藩士の福澤諭吉が藩命により江戸築地鉄砲洲(現在の東京都中央区明石町)の中津藩中屋敷内に1858年(安政5年)冬に開校した蘭学塾を起源に持つ大学である。1868年(慶應4年/明治元年)に木村摂津守の世話により、芝新銭座(現在の港区浜松町)の有馬家控屋敷跡に移転し、年号をとって「慶應義塾」と塾名を定めた。 (Wikipedia:慶應義塾大学)

慶應義塾大学の教員一覧
『慶應義塾大学の人物一覧』より : 慶應義塾大学の人物一覧(けいおうぎじゅくだいがくのじんぶついちらん)は、慶應義塾大学に関係する人物の一覧記事。 ※数多くの卒業生・関係者が存在するためウィキペディア日本語版内に既に記事が存在する人物のみを記載する(創立者・役員・名誉教授・公職者等は除く)。 創立者及び関係者 福澤諭吉 - 大坂生まれ、中津藩士、のちに旗本、慶應義塾開設者。東京学士会院(現・日本学士院)初代会長 木村芥舟 - 目付、摂津守兵庫頭、軍艦奉行、勘定奉行、長崎海軍伝習所総監 奥平昌邁 - 四品、従五位下美作守、伯爵、中津藩第9代藩主 奥平壱岐(中金正衡) - 中津藩家老、江戸詰老中 岡見清熙 - 中津藩江戸御留守居役、蘭学塾創立者 牧野忠毅 - 越後長岡藩第13代藩主 太田資美 - 子爵、掛川藩第7代藩主、松尾藩藩主 吉田賢輔 - 幕臣、幕府儒者勤方 白石照山 - 漢学者・儒学者、晩香堂、藩校学古館主宰 杉亨二 - 統計学者、法学博士 松木弘安(寺島宗則) - 伯爵、参議、外務卿 松下元芳 - 適塾第9代目塾頭、医学者 塩路嘉一郎(岸嘉一郎) - 紀州藩戊営副都督、和歌山藩権大参事 長屋喜弥太 - 紀州藩軍目付、陸軍少佐 前田政四郎 - 紀州藩騎兵仕官、帝国陸軍軍医監 杉田玄端 - 幕臣、慶應義塾医学所尊王舎主任 松山棟庵 - 紀州藩士、慶應義塾医学所初代校長、東京医学会・成医会・大日本私立衛生会設立、存生堂開業 北里柴三郎 - 慶応義塾大学医学科(現在の慶應義塾大学医学部)創立者兼初代医学科長 大童信太夫 - 仙台藩江戸定府城使公議使 横尾東作 - 仙台藩士、額兵隊 甘糟継成 - 米沢藩士、備後守、北越戦争軍務参謀、待詔院 曽根俊虎 - 米沢藩士、海軍大尉、興亜会(亜細亜協会)創立者、大陸浪人、漢詩人 柏木忠俊 - 江戸幕府韮山代官 林金兵衛 - 草薙隊隊長 高島嘉右衛門 - 易断家、藍謝堂(横浜高島学校)主宰者 古川正雄 - 幕府海軍軍艦頭並、「長崎丸」・「高雄丸」艦長、築地軍艦操練所教官 児玉淳一郎 - 長州藩士、大審院判事、慶應義塾夜間法律科初代講師 相馬永胤 - 彦根藩士、横浜正金銀行頭取、慶應義塾夜間法律科講師、専修学校創立者 金子堅太郎 - 慶應義塾夜間法律科講師、従一位大勲位伯爵 植木枝盛 - 土佐藩士、立志社 (政治団体)以下、「慶應義塾仮憲法」制定以前の塾長(12名いるとされているがそれ以上いた可能性が高い) 古川正雄(岡本周吉、古川節蔵) - 「慶應義塾仮憲法」制定以前の初代塾長 岡田摂蔵 - 肥後藩士、幕臣、「慶應義塾仮憲法」制定以前の第2代慶應義塾長 小幡甚三郎 - 中津藩家臣団、藩校・進脩館塾頭並 増田宋太郎 - 国学者、中津藩士、中津隊長、西南戦争・薩摩軍合流 足立寛 - 陸軍軍医学校校長、陸軍軍医総監 城泉太郎 - 越後長岡藩家臣、土佐藩立志学舎教師 門野幾之進 - 土佐藩共志学舎教頭、貴族院議員 藤野善蔵 - 越後長岡藩士、長岡洋学校主宰、三菱商業学校校長 役員 歴代塾長(「慶應義塾仮憲法」以後) 塾長は、学校法人の理事長と、慶應義塾大学の学長を基本的に兼ねる。 (Wikipedia:慶應義塾大学の教員一覧)

慶應義塾大学の人物一覧
慶應義塾大学の人物一覧(けいおうぎじゅくだいがくのじんぶついちらん)は、慶應義塾大学に関係する人物の一覧記事。 ※数多くの卒業生・関係者が存在するためウィキペディア日本語版内に既に記事が存在する人物のみを記載する(創立者・役員・名誉教授・公職者等は除く)。 創立者及び関係者 福澤諭吉 - 大坂生まれ、中津藩士、のちに旗本、慶應義塾開設者。東京学士会院(現・日本学士院)初代会長 木村芥舟 - 目付、摂津守兵庫頭、軍艦奉行、勘定奉行、長崎海軍伝習所総監 奥平昌邁 - 四品、従五位下美作守、伯爵、中津藩第9代藩主 奥平壱岐(中金正衡) - 中津藩家老、江戸詰老中 岡見清熙 - 中津藩江戸御留守居役、蘭学塾創立者 牧野忠毅 - 越後長岡藩第13代藩主 太田資美 - 子爵、掛川藩第7代藩主、松尾藩藩主 吉田賢輔 - 幕臣、幕府儒者勤方 白石照山 - 漢学者・儒学者、晩香堂、藩校学古館主宰 杉亨二 - 統計学者、法学博士 松木弘安(寺島宗則) - 伯爵、参議、外務卿 松下元芳 - 適塾第9代目塾頭、医学者 塩路嘉一郎(岸嘉一郎) - 紀州藩戊営副都督、和歌山藩権大参事 長屋喜弥太 - 紀州藩軍目付、陸軍少佐 前田政四郎 - 紀州藩騎兵仕官、帝国陸軍軍医監 杉田玄端 - 幕臣、慶應義塾医学所尊王舎主任 松山棟庵 - 紀州藩士、慶應義塾医学所初代校長、東京医学会・成医会・大日本私立衛生会設立、存生堂開業 北里柴三郎 - 慶応義塾大学医学科(現在の慶應義塾大学医学部)創立者兼初代医学科長 大童信太夫 - 仙台藩江戸定府城使公議使 横尾東作 - 仙台藩士、額兵隊 甘糟継成 - 米沢藩士、備後守、北越戦争軍務参謀、待詔院 曽根俊虎 - 米沢藩士、海軍大尉、興亜会(亜細亜協会)創立者、大陸浪人、漢詩人 柏木忠俊 - 江戸幕府韮山代官 林金兵衛 - 草薙隊隊長 高島嘉右衛門 - 易断家、藍謝堂(横浜高島学校)主宰者 古川正雄 - 幕府海軍軍艦頭並、「長崎丸」・「高雄丸」艦長、築地軍艦操練所教官 児玉淳一郎 - 長州藩士、大審院判事、慶應義塾夜間法律科初代講師 相馬永胤 - 彦根藩士、横浜正金銀行頭取、慶應義塾夜間法律科講師、専修学校創立者 金子堅太郎 - 慶應義塾夜間法律科講師、従一位大勲位伯爵 植木枝盛 - 土佐藩士、立志社 (政治団体)以下、「慶應義塾仮憲法」制定以前の塾長(12名いるとされているがそれ以上いた可能性が高い) 古川正雄(岡本周吉、古川節蔵) - 「慶應義塾仮憲法」制定以前の初代塾長 岡田摂蔵 - 肥後藩士、幕臣、「慶應義塾仮憲法」制定以前の第2代慶應義塾長 小幡甚三郎 - 中津藩家臣団、藩校・進脩館塾頭並 増田宋太郎 - 国学者、中津藩士、中津隊長、西南戦争・薩摩軍合流 足立寛 - 陸軍軍医学校校長、陸軍軍医総監 城泉太郎 - 越後長岡藩家臣、土佐藩立志学舎教師 門野幾之進 - 土佐藩共志学舎教頭、貴族院議員 藤野善蔵 - 越後長岡藩士、長岡洋学校主宰、三菱商業学校校長 役員 歴代塾長(「慶應義塾仮憲法」以後) 塾長は、学校法人の理事長と、慶應義塾大学の学長を基本的に兼ねる。 (Wikipedia:慶應義塾大学の人物一覧)

慶應義塾大学通信教育部
『慶應義塾大学』より : 慶應義塾大学(けいおうぎじゅくだいがく、英語: Keio University)は、東京都港区三田二丁目15番45号に本部を置く日本の私立大学である。1920年に設置された。大学の略称は慶應(けいおう)、または慶大(けいだい)。タイムズ・ハイアー・エデュケーションが発表した大学のランキングでは、世界で501位から600位、上海交通大学が発表したランキングでは世界で301位から400位、QS World Rankingが発表したランキングでは219位にランクインしている。 文部科学省が実施しているスーパーグローバル大学事業のトップ型指定校である。 大学の概要 慶應義塾大学は、中津藩士の福澤諭吉が藩命により江戸築地鉄砲洲(現在の東京都中央区明石町)の中津藩中屋敷内に1858年(安政5年)冬に開校した蘭学塾を起源に持つ大学である。1868年(慶應4年/明治元年)に木村摂津守の世話により、芝新銭座(現在の港区浜松町)の有馬家控屋敷跡に移転し、年号をとって「慶應義塾」と塾名を定めた。 (Wikipedia:慶應義塾大学通信教育部)

慶應義塾大学法学部
『慶應義塾大学』より : 慶應義塾大学(けいおうぎじゅくだいがく、英語: Keio University)は、東京都港区三田二丁目15番45号に本部を置く日本の私立大学である。1920年に設置された。大学の略称は慶應(けいおう)、または慶大(けいだい)。タイムズ・ハイアー・エデュケーションが発表した大学のランキングでは、世界で501位から600位、上海交通大学が発表したランキングでは世界で301位から400位、QS World Rankingが発表したランキングでは219位にランクインしている。 文部科学省が実施しているスーパーグローバル大学事業のトップ型指定校である。 大学の概要 慶應義塾大学は、中津藩士の福澤諭吉が藩命により江戸築地鉄砲洲(現在の東京都中央区明石町)の中津藩中屋敷内に1858年(安政5年)冬に開校した蘭学塾を起源に持つ大学である。1868年(慶應4年/明治元年)に木村摂津守の世話により、芝新銭座(現在の港区浜松町)の有馬家控屋敷跡に移転し、年号をとって「慶應義塾」と塾名を定めた。 (Wikipedia:慶應義塾大学法学部)

慶應義塾大学体育会ソッカー部
慶應義塾体育会ソッカー部(けいおうぎじゅく たいいくかい ソッカーぶ、英語: Keio University Soccer Team)は、神奈川県横浜市港北区にある慶應義塾大学のサッカー部である。 当時の日本各地のサッカー先進地から、広島一中の深山静夫、神戸一中の範田竜平および千野正人、明倫中学の下出重喜、東京高師附属中(現・筑波大附属中・高)の斉藤久敏らが慶應義塾大学に進学し、1919年か1920年頃から、学内でボールを蹴り始めクラブを組織したのが始まり。 1921年、彼らと同好の士を糾合して「慶應ブルー・サッカー」を創立。後に「慶應アソシエーション・フットボール倶楽部」と改称した。しかし、ラグビー部が、既に"蹴球部"と名乗っており、またアソシエーション・フットボールという名称もラグビー部から紛らわしいと横槍が入ったこともあって、当時はあまり知られていないソッカー(サッカー)を使うことで、1927年大学公認の体育会の部となり「慶應義塾体育会ソッカー部」に名称変更された。 (Wikipedia:慶應義塾大学体育会ソッカー部)

慶應義塾大学ソッカー部
『慶應義塾大学体育会ソッカー部』より : 慶應義塾体育会ソッカー部(けいおうぎじゅく たいいくかい ソッカーぶ、英語: Keio University Soccer Team)は、神奈川県横浜市港北区にある慶應義塾大学のサッカー部である。 当時の日本各地のサッカー先進地から、広島一中の深山静夫、神戸一中の範田竜平および千野正人、明倫中学の下出重喜、東京高師附属中(現・筑波大附属中・高)の斉藤久敏らが慶應義塾大学に進学し、1919年か1920年頃から、学内でボールを蹴り始めクラブを組織したのが始まり。 1921年、彼らと同好の士を糾合して「慶應ブルー・サッカー」を創立。後に「慶應アソシエーション・フットボール倶楽部」と改称した。しかし、ラグビー部が、既に"蹴球部"と名乗っており、またアソシエーション・フットボールという名称もラグビー部から紛らわしいと横槍が入ったこともあって、当時はあまり知られていないソッカー(サッカー)を使うことで、1927年大学公認の体育会の部となり「慶應義塾体育会ソッカー部」に名称変更された。 (Wikipedia:慶應義塾大学ソッカー部)

慶應義塾大学環境情報学部
慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(けいおうぎじゅくだいがくしょうなんふじさわキャンパス、英称:Keio University Shonan Fujisawa Campus)は、神奈川県藤沢市遠藤5322番地に所在する慶應義塾大学のキャンパスである。1990年に開設された。略称はSFC。 学部は総合政策学部、環境情報学部、看護医療学部、大学院は政策・メディア研究科、健康マネジメント研究科、中学・高校として慶應義塾湘南藤沢中・高等部が設置されている。 SFCは日本の大学の中で先陣を切って大学改革に着手し、その多種多様なアイディアはのちに多くの大学のお手本となった。1980年代終焉、明治以来の工業化=物的大量生産の時代が終わり、「脱工業化社会」・「第三の波」・「知価社会」を模索する中、設立された。画一的・単線的教育システムからの脱却を掲げ、語学教育や入試制度の改革などを行った。日本におけるインターネット(JUNET)の起源として知られる。 SFCが日本で初めて導入した教育制度 AO入試 セメスター制度 学生による授業評価 (FD) 総合政策学部 環境情報学部特徴は、脳科学、身体科学、生命科学、情報科学、環境科学などと、テクノロジー(インフォメーションテクノロジー、空間情報技術、エレクトロニクス、バイオテクノロジーなど)、デザイン(メディアデザイン、デジタルアート、建築・環境デザインなど)を駆使し、柔軟に人文・社会科学と融合させ、美術・藝術分野まで幅広い複合領域となっている。 (Wikipedia:慶應義塾大学環境情報学部)

慶應義塾大学出版会
慶應義塾大学出版会株式会社(けいおうぎじゅくだいがくしゅっぱんかい、英称:Keio University Press Inc.)は東京都港区三田に本社を構える日本の出版社である。ほとんどの大学出版社は大学の傘下に置かれているが、慶應義塾大学出版会は学校法人である慶應義塾とは独立した株式会社である。 設立以来、慶應義塾大学通信教育課程の標準教材の製作や配本を行っており、同課程の学生向けの事務処理の多くを大学より請け負っている。その際の宛先表記は、「慶應義塾大学通信教育部事務局分室」となる。 社名変更以降、大学出版会としても活動するようになった。代表的な出版物に、『福澤諭吉著作集(全12巻)』をはじめ、『福澤諭吉事典』『慶應義塾史事典』、『写真集 慶應義塾150年』などがある。 慶應義塾の機関誌である『三田評論』の編集や、教育と医学の会の機関誌である月刊誌『教育と医学』を刊行している。 書籍以外では、大学で行われている学術研究活動支援や公開講座の運営を行っている。 2012年に設立65周年となる。 事業内容 1. 学術書・教科書・教養書・実用書等の出版および販売 2. 教育および学術研究に関する事務受託と制作受託 3. 慶應義塾大学通信教育の教科書・教材の制作と供給ならびに事務受託 4. 月刊誌『教育と医学』の刊行 主な刊行物 福澤諭吉事典(慶應義塾 発行、2010.12.25) 慶應義塾史事典(慶應義塾史事典編集委員会 編、2008.11.8) 写真集 慶應義塾150年史事典(慶應義塾 発行、2008.11.8) レポート・論文の書き方入門(河野哲也 著, 2002.12.25) 現代語訳 文明論之概略(福澤諭吉 著、伊藤正雄 訳, 2010.9.25) 神秘哲学——ギリシアの部(井筒俊彦 著、2010.12.25) シリーズ刊行物 福澤諭吉著作集 Keio up 選書 慶應義塾大学教養研究センター選書 総合政策学の最先端 肢体不自由教育シリーズ 西脇順三郎コレクション 慶應義塾大学産業研究所叢書 The Izutsu Library Series on Oriental Philosophy The Thought of Fukuzawa 現代アジア研究 オックスフォード ブリテン諸島の歴史 慶應義塾大学三田哲学会叢書 ars incognita - 読みは「アルス インコグニタ」。 (Wikipedia:慶應義塾大学出版会)

慶應義塾大学病院
慶應義塾大学病院(けいおうぎじゅくだいがくびょういん) は、東京都新宿区信濃町35番地にある慶應義塾設置の大学病院。略称は慶應病院、もしくは慶大病院。 ベッド数1,072床、外来患者数は年間延べ人数 :789,541人 / 1日平均 :2,892人、入院患者数は年間延べ人数 :317,165人 / 1日平均 :867人、年間救急患者数 :23,860人。 休診日は、日曜・祝日、第1・3土曜日、年末年始(12月30日~1月4日)、慶應義塾の休日(1月10日・4月23日)である。 石原裕次郎、夏目雅子、藤子不二雄、岡本太郎、遠藤周作、田中角栄らをはじめとした多くの芸能人、著名人、政治家が当該病院を利用している。 医療用ロボットの導入にも積極的で、2000年3月にアジアで初めて手術用ロボットda Vinci (医療ロボット)を導入した。 2009年(平成21年)、複雑心奇形の患児の生体肝移植の手術を行い、世界で初めて成功。 2013年(平成25年)、難聴のマウスの内耳にある細胞を再生し、聴力を回復させることに成功(岡野栄之教授)。 (Wikipedia:慶應義塾大学病院)

慶應義塾大学蹴球部
『慶應義塾體育會蹴球部』より : 慶應義塾體育會蹴球部(けいおうぎじゅくたいいくかいしゅうきゅうぶ)は、慶應義塾大学のラグビー部である。関東大学ラグビー対抗戦Aグループに所属し、全国大学タイトル計5回(東西対抗2回、選手権3回)、日本選手権優勝1回などの実績がある。 日本で初めてのラグビーチームとして知られ、日吉のグランドにはラグビー発祥の地として記念碑が建てられている。チームの歴史は1899年(明治32年)、当時慶應義塾の英文学教員であったイギリス人エドワード・B・クラークがケンブリッジ大学留学から戻った田中銀之助とともに、慶應義塾の学生達に指導したことに始まる。当時チームは、麻布・仙台坂の坂下にあった「仙台原」と呼ばれる野原を練習場としていた。 部の名称はかつて、ラグビーが「蹴球」と呼ばれていたことに由来する。現代では「蹴球」とはサッカーのことを指すことが多いが、改名は行われていない。ちなみに慶應義塾のサッカー部はソッカー部の名称になっており、「蹴球」の名称を使用していない(詳細は慶應義塾体育会ソッカー部を参照)。 (Wikipedia:慶應義塾大学蹴球部)

慶應義塾大学野球部
慶應義塾体育会野球部(けいおうぎじゅくたいいくかいやきゅうぶ、Keio University Baseball Club)は、東京六大学野球連盟に所属する大学野球チーム。慶應義塾大学の学生によって構成されている。球界に幾多の人材を送り出し、早稲田大学野球部とともに日本の野球の発展を支えてきた、今日ではルーツ校的存在である。OB組織の名称は「三田倶楽部」。 ユニフォームは、グレー色の生地に「KEIO」と表記されたもの。野球帽には、「K」の一文字が取り付けられている。 1884年ごろからアメリカ人教師ストーマーの指導で野球を始める塾生が現れ始め、日本初の野球チームといわれる「新橋アスレチック倶楽部」にも参加し練習を行っていた。1888年にアメリカから帰国した岩田伸太郎が塾内に野球を奨励し、「三田ベースボール倶楽部」が発足した。この時を野球部の創設としている。1892年には塾体育会創設とともにその傘下となり、翌1893年6月19日には当時最強といわれた一高に初挑戦で勝利を収めた。 (Wikipedia:慶應義塾大学野球部)

慶應義塾大学ラグビー部
『』より : (Wikipedia:慶應義塾大学ラグビー部)

慶應義塾大学出版会株式会社
『』より : (Wikipedia:慶應義塾大学出版会株式会社)

慶應義塾大学文学部
『』より : (Wikipedia:慶應義塾大学文学部)

慶應義塾大学大学院経営管理研究科
『』より : (Wikipedia:慶應義塾大学大学院経営管理研究科)

慶應義塾大学医学部
『』より : (Wikipedia:慶應義塾大学医学部)

慶應義塾大学硬式庭球同好会連盟
『』より : (Wikipedia:慶應義塾大学硬式庭球同好会連盟)


慶應義塾大学 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

慶應義塾大学 - アマゾン検索


「慶應義塾大学」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す